WWGM

Walk With God Ministries

11 12月

卓越するクリスチャン  12月11日


卓越するクリスチャン        
                      坂  達 也

 デニス・クレーマー師はその「マスターズ・コール(主の召命)」と言う著書で、平均的クリスチャンの問題点を取り上げ、そこからどのようにして抜け出せばよいかを扱っております。
師はこの「平均的クリスチャン」を次のように定義しています。
 「悲しいことですが、イエスキリストの教会は平均的な信者で一杯です。この平均的な信者とは、非常に誠実で、間違いなくよい人ではあるのですが、霊的には未熟で不健康、霊的身体障害者と言うか、多分不能者に近いようです。愛すべき親切な人たちですが、大分前から霊的な敵に脅威を与える人ではなくなりました。
 地獄(悪魔)はそのような平均的信者を霊的に無害な人と見ていますが、それは正確な見方です。彼らは、多分、自分が持っている霊的機能容量の40%程度しか働かせていない人たちです。そのような人たちが教会の中で何が問題かと言えば、彼らは自分の教会における召命が変わって来ているのに、それに気が付いてもいず、全く変わってもいないことにあります。
 この悲劇は、彼らの無知から起こっていることで、その人たちの不従順とか反抗からでは勿論ありません。彼らは確かに天国には行けますが、この地上の王国での貢献度はほとんど皆無で、霊的に全く取るに足らない、無能者でありましょう。彼らは人生をひどく無駄に過ごしているのです。
 平均的な人生を生きることは、重度の疫病にかかっているのに等しいことかを知り、平均的クリスチャンからの脱出を計らねばなりません。……あなたへの神の召しとは常に変化するもので、それを感知して適切に呼応することの重要性に素早く気がつくべきです。だれも単に平均値ではありたくはないはずです。」

 クレーマー師が描く「平均的クリスチャン」とは「ぬるま湯的(人間的)クリスチャン」であり、又、霊的な飢え乾きのないクリスチャンと言えます。

 日本人の伝統的思想の中には、「事なかれ主義」があり、又、「出る釘は打たれる」ことへの恐れからでしょうか、「凡人でよし」と言う、昔からの凡人容認の考え方があるように思います。しかしことクリスチャンに関する限り、聖書には絶対にそのような考え方はありません。
クリスチャンの目標は卓越することにあります。凡人が凡人であるのは、進歩が無い証拠です。凡人とは広い門から入る人であり、クリスチャンとは狭い門から入る人でなければならないはずです。
 狭い門から入る人はキリストの後を追う人であり、卓越する、ぬきんでる、秀でる人です。何に抜きん出るのでしょうか。それは「肉の人間」から「霊の人間」に生まれ変わることを意味します。それは「永遠のいのちを持つ、よみがえりの霊的な人間」に「抜きん出る」ことです。
 そのためには最大限の努力をしなければなりません。世の中には努力家と言う人たちが大勢いて、その多くの人たちは賞賛を受けます。彼らは人並み以上の努力をすれば物事に成功することを知っている人たちです。勿論、聖書においても、私たちが「あらゆる努力をする」ことを勧めております。しかしここで注意しなければならないのは、クリスチャンの場合はその努力する内容が違うことです。
 2ペテロ1:5-7の口語訳では「あなたがたは、力の限りをつくして(新改訳では「あらゆる努力をして」)、あなたがたの信仰に徳を加え、徳に知識を、知識に節制を、節制に忍耐を、忍耐に信心(敬虔)を、信心に兄弟愛を、兄弟愛に愛(アガペ)を加えなさい。」とありますが、言ってみれば、これが私たちクリスチャンの努力目標です。これは取りも直さず「永遠のいのちを持つ、よみがえりの霊の人間」になることであり、実際には、聖霊によって私たちがそのように変えられてゆくことのです。
それでは、そうなるために「力の限りをつくして」、「あらゆる努力をして」とは具体的にどうすることなのでしょうか。どうしたら信仰に徳と、知識と、節制、忍耐、信心(敬虔)兄弟愛、アガペの愛を加えることが出来るのでしょうか。

その答えは歴代志上22:19に書かれています。それは「あなたがたは心をつくし、精神をつくしてあなたがたの神、主を求めなさい。…」(口語訳)です。つまりその方法とは「主を求める」ことの一言に尽きるのです。ただ一つのこと「主を求める」ことに、常日頃、誠心誠意、私たちの最大の努力を傾注することであると思います。クリスチャン(キリスト者)の本質はこれ以外にありません。
IIペテロ1章では「神とわたしたちの主イエスとを知ることによって」とあり、その方法が少し違うように書かれているようですが、実際には「主を求める」ことによって「神とわたしたちの主イエスとを知る」ことができるのですから、同じ事ことを言っていると思います。
これをこの世で最も努力した方はイエス・キリストです。マルコ1:35に「朝はやく、夜の明けるよほど前に、イエスは起きて寂しい所へ出て行き、そこで祈っておられた。」とあります。イエスは常に父を求め、父に忠実に従うこと以外には何も求められませんでした。
主のあとを追う私たちも同じように、何も求めず、先ず主の前に立ち、ただ主ご自身だけを求めれば、後は総て主がなさって下さいます。
うそだと思う方は、毎朝早く起きて、主の前に座り、ただじっと一時間ほど主を求めてください。何も考えないで、ただ主の愛に満たされて、「心をつくし、精神をつくして」主を求めて座っているのです。毎日それを日課として忠実に実行して下さい。「石の上にも三年」と言うことわざがあります。努力とは決意して実行に移し、やり遂げることです。これなら誰でも出来るはずです。三年とは言いません。一ヶ月もそれを忠実にすれば、主があなたを放って置きません。必ず主があなたに現れ、あなたは主とのすばらしい時を過ごすようになり、主の御声が聞こえるようになります。
そうなる時、あなたはただの平凡で人間的なクリスチャンから抜き出て、主に特別に愛される非凡なる霊的なキリスト者(キリストに似た者)に変えられて行きます。
「これらのものがあなたがたに備わって、いよいよ豊かになるならば、わたしたちの主イエス・キリストを知る知識について、あなたがたは、怠る者、実を結ばない者となることはないであろう。これらのものを備えていない者は、盲人であり、近視の者であり、自分の以前の罪がきよめられたことを忘れている者である。兄弟たちよ。それだから、ますます励んで、あなたがたの 受けた召しと選びとを、確かなものにしなさい。そうすれば、決してあやまちに陥ることはない。こうして、わたしたちの主また救い主イエス・キリストの永遠の国に入る恵みが、あなたがたに豊かに与えられるからである。」(IIペテロ1:8-11)
                             
    
(終わり)
 

トップページへ戻る</a>
10 12月

緊急の祈りのリクエストです。 12月10日


緊急のとりなしのお願い
                              坂  達 也

 昨夜ホノルルでパラ・チャーチ・ミニストリーをしている(既に柚実子がご報告しております。)LMIのディーン牧師から下記のような緊急のメッセージを受け取りました。これはハワイに関する預言ですが、折から世界中で憂慮されている「鳥インフルエンザ」がハワイ諸島を襲ってくると言う警報です。発信先が信頼のおけるボブ・ジョーンズ師とか、キャシー・ウオルター師からのものですから、この知らせは主から発せられたものと信じます。ぜひとも私たちが今住むハワイの人たちのためにおとりなしをお願いいたします。下記がその預言です。

 緊急の祈りのリクエストがあります。どうか、出来るだけ多くのとりなし手に知らせてください。昨夜New Beginnings Christian Fellowship の集会に出席しました。 キャシー・ウオルターズがゲスト・スピーカーでしたが、彼女がボブ・ジョーンズからハワイの人々に伝えるようにと託された言葉を話してくれました。 ボブ・ジョーンズは現在のキリスト教会のなかで、大変正確に神の言葉を聞くことが出来る預言者です。彼の預言の言葉は、「ハワイのとりなし手たちにハワイ州の周りに祈りで防壁を立てあげるように伝えなさい。敵はアジアの鳥インフルエンザを送り込んで、攻撃しようとたくらんでいるから。」と言うものでした。
 そして今日、私は古くからの友人から電話をもらったのですが、彼女はキャシー・ウオルターズが昨夜話したことは何も知りませんでした。 その友人の話はボブ・ジョーンズからの警告を確証するものであると私は思います。彼女の祈り会のメンバーの一人が一つの大きな岩とアメリカ北西部から一羽の巨大な鳥が飛んでくるヴィジョンを見ました。この鳥には長いくちばしがあり、それで岩をつつきました。その岩はカワイ島でした。カワイ島から霧のようなものが立ち上り、オアフ島に向かって動いて行って、どんどん広がり、ハワイ諸島を全部覆ってしまいました。これを見た人は何のことなのか全くわからなかったのですが不審に思い、私の友人に電話をしてきたのでした。
 預言のシンボルの中では、鳥は悪魔が侵入することを表すシンボルです。 ですから、私はこれはボブの警告と同じで、敵がハワイ州に鳥インフルエンザを解き放つ計画があるからそれに対して私たちは祈るようにという警告を受けたのだと感じます。
どうか、主がこの敵の攻撃をそらして、ハワイ州を鳥インフルエンザから守ってくださるように祈ってください。主がハワイ州の周りに守りの外壁を建ててくださるように祈ってください。もし、鳥インフルエンザが流行ったら、ハワイの経済がどれほど打撃をこうむるかお分かりでしょうか。
 もちろん、何が起ころうとも、主は敵が企んだ悪をも善に変えてくださる方ですから、いつも希望はあります。もし、何か主から示されたことがありましたら、連絡してください。 ディーン牧師


 以上緊急の祈りのリクエストです。宜しくお願いします。 (終わり)


トップ・ページに戻る


07 12月

柚実子のハワイ便り  12月7日


マーケットプレイス・ミニストリー

今回も、ラウリマ・ミニストリーのディーンさんから聞いたお話です。
ホノルルの市役所にクリスチャンが集まって、週一度の祈り会を始めたそうです。最初はかなり集まったのですが、次第に人数が減ってきてしまいました。そこで、ディーンさんが、祈り会の代わりにヒーリング・サービス(癒しの集会)をしたらどうかと提案し、その案が受け入れられました。つまり、すでに市役所で働いている人たちがランチをしている所に行って、「癒しの必要な人はおりませんか? もし、いらしたらお祈りさせていただきます。」というのです。

 第一回目は3週間前だったのですが、二人の方が「祈ってください」と言われ、二人とも癒されました。そして、2週間後に行ったとき、別の方が来て、「2週間前に、私は祈ってもらいませんでしたが、あなたが他の人のために祈っておられたとき、神様の臨在を濃く感じて、私の神経痛が治ってしまいました。この2週間の間も、ずっと痛みは戻ってきていません。」と伝えてくださったそうです。神様の臨在はなんとすばらしいことでしょう。

この日は、新しく、車いすに乗った中年の婦人が、祈ってください、と来られたそうです。ディーンさんが祈ると、神様が7歳の少女が白いドレスを着て、くるくると回りながら、楽しそうに踊っているヴィジョンを見せてくださいました。それは、彼女が障害を持つ前の姿でした。彼女はディーンさんといろいろと話すうちに、神様がどれほど彼女をずっと見守り、慈しんでおられたかを感じ、心が喜びで満たされました。神様は「あなたは、身体が不自由だけれど、それだけに他の人が感じない霊的なことをもっと知ることが出来ているのです。あなたの心は自由なのです。」と彼女に言いました。彼女はこの日は車いすからは解放されませんでしたが、心はまったく変えられ、喜んで帰っていったのです。

この秋の日本旅行でも、悩みのある方がグルーバー師に祈って頂き、暗い顔つきだったのが、祈られたあとは表情が明るくなり、微笑みをうかべ、全く別人のように変わるのを何度も目撃してきました。「主にある喜び」を霊のうちに体験されたのですね。

ハワイでは今、多くのクリスチャンがハワイのトランスフォーメーションのために各所で祈り会を持っています。その中で、始まっているのが、マーケットプレイス・ミニストリーです。教会の中に人々を連れて来なければならない、というメンタリティーから開放されて、この世に出て行って、自分たちや人々が働いている場所でもクリスチャンとして証のある生活をしていこう、というムーブメントです。 レストランで食事をするときは、いつもの食事の前の感謝の祈りの中に、そのレストランとそこで働く人々を感謝し、神が祝福してくださるようにという祈りを入れます。職場でも、クリスチャンたちが集まって、祈りをし始めています。また、一軒ずつ家を訪ねて、「何かお祈りできることはありますか?」と聞いて祈りのリクエストがあればすぐ祈ってあげるという働きもあるそうです。クリスチャンがどこでも自分の行くところに「神様の臨在」を持ち運んでいくときに、神様がすばらしいことをしてくださるのですね。(終わり)


トップページへ戻る</a>
07 12月

主と個人的に深い交わりを持つ理由  12月6日


なぜ主の御声を聞く必要があるのか(1)
            
              坂  達 也



 パウロはアテネの町が偶像で一杯なのを見て心に憤りを感じたと、使徒行伝17:16に書いてありますが、日本も当時のギリシャに劣らず、至る所偶像だらけではないでしょうか。
 聖書では神様が偶像を極端に嫌われることが書かれています。その理由は、私たちが信じる真の生きている神様は、ものを言われる神様であるからであると思います。その事実を人間に知ってもらいたくないサタンは、人間にものを言わない偶像を作らせ、それを有難がって礼拝させようとして来ました。つまり偶像とは、私たちが真の神様と親しく語り合うことをさせないようにするためのサタンの策略である訳です。
 そのサタンの策略にまんまと引っかかったのは未信者だけではありません。多くのクリスチャンですら普通、神様が親しく個人的に「語られる神」だとは思わないようにさせてしまったのです。
 私はクリスチャンが偶像を見る度に、サタンの計画を逆手に取って、「私たちの神様は生きていて、ものを言う神様である」と偶像に向かって宣言すればよいと思います。そしてそのことを心から神様に感謝すべきであると思います。

 聖書を見ますと、私たちの信じる神様とは、初めから終わりまで徹頭徹尾、「語られる神」であることが明らかです。第一、神様の創造は、神様が言葉に出して命令されることによってなされましたから、神様の話す言葉にはものすごい力があることが分かります。サタンはそのことをよく知っています。ですから私たちが神様の御声を聞いてそれに従うことを、何よりもサタンは恐れるのです。
神様はアダムに地球上のすべてを支配する権威と責任を与えました。そしてアダムに親しく語られ、指示をしながら導いたことでしょう。神様の言われる通りに行う時、アダムは超自然的知恵と力が備えられることを知っていたはずです。
 同じように、神様は荒野で40年間毎日モーセに語り続けました。私は、神様の御声を聞いてそれに忠実に従う時に、物事がその通りになることをモーセほど経験した人はいないと思います。
 神様の御声を聞く時には、それを実行に移す信仰の力が与えられると私は信じます。それに反して、人間が自分の頭で考えて行動する時には、そのような神様の知恵と力が普通は得られないと思います。

 私たちの日常の生活において「信仰がなくては、神によろこばれることはできない。」(ヘブル11:6)とありますから、私たちが常に神様に喜ばれる信仰で生きるためには、神様の御心をいつも知り、それに忠実に従って生きる必要があります。
 それではどうしたら神様の御心を知ることが出来るのでしょうか。その答えは「神に近づき」「神を求める」ことであると書かれております。つまり分からない時は何事でも神様に聞くことです。そうすれば神様は忠実な方ですから、それに必ず「報いてくださる方」、答えて下さる方であると、同じヘブル11:6に書いてあります。
そこで、その神様が「報いてくださる」方法ですが、多くの場合、神様が聞いた人に答えを「語ってくださる」のです。これが「主の御声を聞く」ことです。

 御心を知るための最も重要な方法は聖書を読むことであることは、クリスチャンなら誰でも知っていることです。少なくとも、神様がどう言う方で私たちに何を望んでおられるかという基本的な知識を得ることが出来ます。しかし、聖書をいくら読んでも、それが頭だけで読むなら単なる頭の知識に過ぎず、しっかりと心の中(霊的)にとどまりません。
 ところが聖書を読んで、主にその意味するところを個人的に聞いて「祈りながら待つ」時に、主が語って下さいます。あるいはその御言葉の「はっきりとした理解」が自分の心に飛び込んで来ると言う表現も出来ます。それが聖書を通して主の御声を聞くと言うことです。ですから聖書を毎日読むことが大切なのです。
 しかし、主の御声を聞くのは聖書を読む時だけとは限りません。私たちに内在される聖霊様は、いつも私たちの霊に語っていて下さいますから、いつも霊の聞き耳を立てていれば主の御声が聞こえてくるはずです。
 主の御心を知ることは非常に大切ですが、それ以上に大切なことは、主の御心を知ってその御心を実行するだけの信仰を持つことであると思います。実はこの信仰を得るのも主からです。そのためには、主からの「御声を聞く」ことによってその信仰が得られると、私は信じております。

 さて、神様が「語られる神」であることが一番普遍的に知られているのは、神様が預言者を立てて、その預言者を通じて語られることです。預言者、あるいは預言的な賜物を持っている人は今の時代にも大勢おります。ですから、クリスチャンであるあなたが、自分の将来について神様がどのようなご計画を持っておられるかを知りたいと思う時に、そのような預言の賜物を持つ人を通して、主へ「おうかがい」を立ててもらうことが出来ます。そのこと事態は決して悪いことではありません。
 しかし大切なことは、そのいただいた「預言」をよく吟味することです。自分の牧師とか霊的に信頼の置ける友人にその預言の内容を吟味してもらうのがよい、と一般的に言われておりますが、それ以上に重要なことは、本人自身が主の前に出て、その預言が本当に主からのものであるかどうかを、直接主に確かめることであると思います。
 なぜかと言えば、主から直接いただく答えとしての「御声を聞くこと」によって初めて、私たちはその御言葉(預言)を本当に「信仰で受け取る」確信が得られるからです。その確信とそれだけの信仰が得られれば、それが実現・成就するまでに少々時間がかかっても(時には何十年も掛かる場合もあります。)その確かな信仰によってそれを祈り続け、そのための準備(の行動)をし続けることが可能になると思います。もしこの預言の吟味と確認を直接主にしないとすれば、それは未信者がよく求める、単なる「八卦見」で終わってしまうことになりかねません。

 又、本人が預言的な賜物を持つ人であっても(私たちは皆、預言的であるべきですが)、その人が重要なこと、あるいは自分の特に関心のあることだけは主におうかがいを立ててその答えを得るにしても、後のことは主に聞かないで自分の判断で勝手に行動をしながら生きているとすれば、これは真の信仰で生き、常に主に喜んでいただけるクリスチャンとは言えません。そう言う人のことを聖書は「 二心の人たち」(ヤコブ4:8)と言っていると思うのです。これは逆に、霊的に成熟しつつあるクリスチャンにとって大変危険な落とし穴であると言う気がします。
ヤコブ4:8には「神に近づきなさい。そうすれば、神はあなたがたに近づいてくださいます。罪ある人たち。手を洗いきよめなさい。二心の人たち。心を清くしなさい。」と書かれています。真の霊的なクリスチャンとは、必ずしも霊の賜物を多く持つことではありません。なぜなら賜物は肉で生きているクリスチャンでも用いることが出来るからです。霊的なクリスチャンとは、常に神に近づいた状態で生きる主と個人的に親しい人です。

 私たちクリスチャンとは、すべてを主に委ね、自分の十字架を負って(と言う意味は自分で生きることをやめることですが)イエス様のあとについて行く者なのですから、常に主を見上げ、主の御声に聞き耳を立てて、主に近く(とどまって)生きると言う霊的なライフスタイルを身に着けねばなりません。それが出来るようになるにつれて、私たちは段々と主の思いが自分の思いとなり、自然に主の御心の中で平安を得て、御心を生きられるようになると思います。それと同時に、人間的なもの、あるいは悪魔の策略をより敏感に察知し、忍び寄る敵の誘いの手を決然と退けることが出来るようになります。それが「主と共に歩く」ことではないでしょうか。
 そのために最も重要なことは、毎日主と個人的な深い交わりを持ち、主とは切っても切れない親密な関係になることです。そうすれば私たちは、単に聖書を読んで知る以上に、主の御心と思いが分かるようになると思います。(終わり)



トップページに戻る

No Response Filed under: 未分類
03 12月

聖霊は今御国の精鋭を用意しておられる  12月3日



   卵をひなに孵すめんどりのように
            今私たちを覆って下さっている主のご臨在
                                           ウエード・テーラー


  「ああ、エルサレム、エルサレム、預言者たちを殺し、おまえにつかわされた人々を石で打ち殺す者よ。ちょうどめんどりが翼の下にひなを集めるように、わたしはおまえの子らを幾たび集めようとしたことであろう。それだのに、おまえたちは応じようとしなかった。」(ルカ13:34)
 めんどりは、次の世代を生み出すために、本能的に卵の上に坐って卵を温めます。それと同じように、主が私たちをより高い霊的領域と使命へと生み出したいと思われる時には、聖霊がその人を卵を抱くように静かに覆われるのです。特に今の時代にそれが起こっています。

 「 勝利を得る者、わたしのわざを最後まで持ち続ける者には、諸国民を支配する権威を授ける。彼は鉄のつえをもって、ちょうど土の器を砕くように、彼らを治めるであろう。それは、わたし自身が父から権威を受けて治めるのと同様である。」(ヨハネの黙示録2:26,27)
 世の中は一段と混乱とフラストレーションの様相を呈しています。しかし、その間にも主は、主のご計画の時が満ちた時に、政府の高官となって「鉄の杖」で世を治める者たちを今静かに準備されています。
 卵の殻の内側で命が形作られていくのと同じように、今、聖霊によって命を与えられて胎動を始めた私たち一人一人の内に、新しい時代への生きた希望が形作られています。
 たとえ、私たちが自分に一体何が起こっているのか、又何のために自分が整えられているのかが分からなくても、聖霊の取り扱いを内に感じそれに呼応していく時に、聖霊は私たちを覆うことによって、私たちが主に取り扱われる過程を完成させて下さっているのですから、その聖霊の働きを妨げないで、積極的に協力していくことが大切です。その過程を経て初めて、私たちは終末の時に主の協力者として活動する者となる用意が出来上がるのです。

 「万軍の主は言われる、見よ、炉のように燃える日が来る。その時すべて高ぶる者と、悪を行う者とは、わらのようになる。その来る日は、彼らを焼き尽して、根も枝も残さない。しかしわが名を恐れるあなたがたには、義の太陽がのぼり、その翼には、いやす力を備えている。あなたがたは牛舎から出る子牛のように外に出て、とびはねる。また、あなたがたは悪人を踏みつけ、わたしが事を行う日に、彼らはあなたがたの足の裏の下にあって、灰のようになると、万軍の主は言われる。」(マラキ書4:1-3)
 この聖霊の内面的な深い取り扱いは、私たちの存在の中核に作用し、私たちを変え、それによって主のより高い使命(目的)にかなって用いられる者としてくれます。そうなってはじめて、主がこれからの時代に与えようとされている力を私たちが正しく使えると言う信頼を主から受けることが出来るのです。
 
 すべての被造物が終末の贖いの顕れを待ち望んでうめき始めています。イエス様は私たちに命を得させ、もっと豊かに得させようとこの世に来てくださいましたが、この世はまだイエス様のもとに来ようとはせず、むなしく探し続けています。それゆえに聖霊は、ご自分のしもべたちの上を静かに覆って、主が力をもって来られる時に効果的に働くことができるようにと今、備えをしておられるのです。
 主は今、ご自分が懐に抱いて暖め育てている人々にこう言われます。-「私をいまだに拒絶しているすべての者たちを、私は愛し、慈しんでいる。彼らが感じているフラストレーションを私も共に感じているのだ。」と。
 それ故に、主は今、聖霊によるひなに孵す覆いの臨在に喜んで応える者たちの内側を整える準備の作業を急ピッチでしておられます。これらの人々は、主がなさろうとしている準備の作業に、自分の存在、身体、魂、霊のすべてを無条件で差し出すことが要求されています。この主の働きに反するすべてのものを、私たちのうちから取り除かれようとする主の作業に私たちは一切を委ねなければなりません。

 「兄弟たちよ。そういうわけで、神のあわれみによってあなたがたに勧める。あなたがたのからだを、神に喜ばれる、生きた、聖なる供え物としてささげなさい。それが、あなたがたのなすべき霊的な礼拝である。」  (ロマ書12:1)
 主はご自分のしもべたちを今召しておられます。それは召された者が今の時に主への忠実な信仰で立つだけではなく、その生き方によってこの世の中で真の命を表現し、実演・実証してゆく者となるように召しておられるのです。この真の命こそ、主が、傷つき迷っている世の人々に与えたいと心から願っておられるものです。
 
 私たちが生み出され、より高い霊的領域で機能し始めるためには、「天が開く」ことを堅く信じ、又、それを勝ち取っていかねばなりません。私たちはその「開かれた天」の下で主を待ち望み、すべてをなさしめ、そのための力を与える主の恵みを受け取るのです。
 この終末のミニストリーを生み出すために、主が私たちの上を今はぐくみ覆っていて下さるのですから、私たちは主に対する愛と、又、聖霊が私たちの内に働いて私たちを変えようとしておられることを心から受け入れると共に、それへの感謝の念を常に言い表さねばなりません。それは、終末に主が解き放そうとしておられる王国の権威を私たちが正しく扱えるようにと今聖霊が私たちを整えていて下さるからです。
 聖霊様の覆いが続けられ、私たちがその聖霊の働きを受け入れて従う時に、主が私たちを整える準備の作業を必ず完成させて下さると言う望みを抱いて、私たちは安息に入ることが出来るのです。(終わり)



トップページに戻る



 Page 167 of 169  « First  ... « 165  166  167  168  169 »