WWGM

Walk With God Ministries

14 10月

神との関係をレベルアップする(その2) グラハム・クック 2019年10月14日


神との関係をレベルアップする(その2)

グラハム・クック

もしあなたが御国の実力者になりたいならば、イエスがあなたにとってどれほどの方かという深みを知らねばなりません。神の愛を本当に理解する時、あなたは高みに上るのです。神は今、「キリストが私たちにとってどういうお方か」という私たちの土台を強固なものとし、イエスの中に私たちがさらに深く入るようにと招いておられるのだと私は思います。


これからあなたのデボーションの時のために、あなたと神の関係のために預言をしたいと思います。どうかこれをいつも見て、どのように祈ればいいのかを学んでください。これをあなたの祈りのノートに書き留めて祈ってください。

あなたのための神のことば

わたしはあなたを永遠の愛で愛しました。そして慈しみと愛をもってあなたを私の臨在へと引き寄せました。わたしはあなたをわたしの息子イエスの中に入れ、わたしがイエスを扱うのと同じようにあなたを扱えるようにしました。イエスはわたしの愛する子であり、あなたも又彼の中にあって、神に愛されている者です。
あなたのうちに信仰を生まれさせたのは、わたしの愛です。あなたが困難な状況の中で、恐れや不安を抱かずに立つことができるのは、わたしの喜びがあるからです。わたしの威厳ある力があなたを勝利させるのです。「わたしはある」というものがあなたに信仰を与え、情熱を与え、勝利させるのです。わたしの計画はあなたに王のような威厳のある心と思いを与えることです。

わたしたちは(父、子、聖霊)、非常に強い期待をもってあなたを見守っています。わたしたちはあなたがキリストのうちにあって、キリストのようなることを学んでいることを大変喜んでいます。あなたがわたしたちのうちにあって今の新しいシーズンにどのような者になるかを、大きな期待をもって見守っています。

わたしたちはあなたのキリストにある旅路に深く関与しています。ですから、あなたがわたしたちから最大の厚意(フェイバー)を受けて生き、あなたのために整えてある溢れるばかりの豊かさを享受し、主のうちに住む許可をわたしたちは与えます。あなたが成長していく姿にわたしたちが心を奪われているように、あなたも人生を100%生きてください。わたしたちがあなたのためにしているすべての事にあなたが注意を払う許可を与えます。わたしたちがあなたのフォーカスであり、あなたの情熱であり、あなたの人脈です。あなたが今まで経験したことがないほど楽しみ、物事をよく見て、成長する許可を与えます。

あなたはこの人生の中でわたしたちと同じようになるのです。あなたの「新しい人」には、この世でイエスが生きたように生きることを一番の目的とする許可が与えられています。

あなたに与えたすべての約束は「しかり、アーメン」を携えています。あなたは2倍の祝福と厚意を神から受け、有利な立場に立っているのです。わたしたちはあなたが御国で何倍もの力を持つ人になって欲しいのです。ですから、わたしたちは言います。「わたしたちのところにきて、わたしたちと共にあなたの座に着きなさい。わたしたちがあなたのために整えたすべてのことにおいて、安息し、信頼し、感謝することを学びなさい。」

わたしたちは忠実さを好みます。ですからあなたが何よりもわたしたちの言葉を信頼することを求めます。あなたが「それは必ず起こる」と期待して生きるように今訓練しています。わたしたちは、あなたの人生で起こるすべての状況、出来事を用いてあなたを訓練し、啓発し、昇格させ、昇進させて、あなたが今まで以上にキリストの内に、そして御国に来るようにします。そしてキリストにあって、最早この世に束縛されることなく、荘厳な御国へと解き放たれることを宣言します。

わたしたちは、神の偉大さがあなたの新しい基準(普通のこと)になる許可を与えます。その代り、わたしたちは一つの事をあなたに求めます。あなたに対するわたしたちの忠実さを信頼し、どのような状況にあっても信仰を告白することです。なぜなら信仰の告白は、わたしたちと同じように見、考え、話すための力をあなたに与えるからです。それによってあなたが新しい人となり、わたしたちのようになるための力が与えられるからです。

あなたは将来をつねに喜びをもって期待し待ち望みます。あなたはすべての状況は好転すると予期し、すべての状況をわたしたちの尊厳のある目を通して見ます。それによってあなたの心は新しくされ、すべての事を御国の中の出来事に一変させることができます。

あなたは、御国の知恵と啓示の霊を与えられ、何ものにも阻まれない固い真理を掴むので、 イエスが真にあなたの道、あなたの真理、あなたの命となります。

わたしたちの輝く愛からあなたを引き離す告発や辱めはありません。却って、わたしたちとの交わりが与える力を放つ確信に満ちた大胆さが、あなたがそれを最も必要とする時のために育まれています。

あなたはわたしたちの中にいます。わたしたちは変ることがありません。わたしたちは永遠に真実であり、不変です。あなたがどれほど成功しても、又どれほど失敗しても、わたしたちは全く変ることはありません。ですから、あなたがどのような状況にあっても、わたしたちはあなたのそばにいてあなたを助けます。わたしたちはあなたに誠実であり、忠実であり続けます。

ですからわたしたちに対してあなたも同じように誠実で忠実であるように、あなたが自分を訓練する番です。あなたはわたしたちの内にあり、わたしたちは常に喜んでいるのですから、あなたも心配したり、恐れたり、不安になったり、くじけたりしないように訓練するのです。
わたしたちはいつもハッピーです。あなたに話す言葉はすべて、わたしたちの喜びがあなたのうちにあり、満ちあふれるためのものです。

わたしたちは大胆です。わたしたちは絶対的に自信があり、喜ばしい確信をもって語ります。わたしたちは二心ではありません。キリストにあってすべては「しかり、アーメン」なのです。わたしたちが赤信号に変えるまでは、あなたの前の信号は青なのです。ですから「今はその時でしょうか?」と聞くべきではありません。わたしたちは勿論、「そうです、今はその時です。」と答えるでしょう。なぜならば、あなたが前進するべき時はすでに過ぎているからです。

ですからあなたは今追いつかねばなりません。わたしたちは「あなたのタイミングは、今だ!」と言います。今日がそうです。今がその時であり、「しかり、アーメン」の時です。青信号ですから走ってください。

あなたが直面するすべての場所に、わたしたちはあなたの先に行っています。
わたしたちはそこにあるすべての問題を知っています。わたしたちはそこに必要なものを今置いていますから、あなたがその場所に着く時には、そこで必要なものをすぐ受けることができます。

ですから、あなたが今の地点で 必要なものはすでにわたしたちによって調えられているのです。「それをあなたは見つけます。」と宣言します。あなたは「ここに何があるのですか?
この事態のためにあなたはすでに何をしてくださったのですか? ここにすでに備えられたものは何ですか?
この問題を感謝します。ここにあなたが与えた可能性は何ですか?」とわたしたちに訊かねばなりません。すべての問題のすぐ横には必ず可能性がおかれていることをあなたに知ってほしいのです。

あなたは解決が伴わない問題に出会うことは決してないのです。すべての問題は必ず解決が用意されていて、わたしたちはあなたがそれを見つけるように助けます。それを見つけて掴み、使って、解決するのです。あなたは御国の住人であり、それが御国のやり方だからです。

「この世で霊的に生きる」というのは、この世に生きていても「この世の者」になってはいけないということです。あなたは御国の者になってください。もし、この世が野球をしているとするならば、御国ではもっと激しいアメリカン•フットボールをしています。誰かが怪我をします。けれどもイエスは地獄よりも頑丈です。あなたがイエスを信じ期待するならば、それはあなたの見方、考え方、話し方、行動
、信じ方を強固なものにしていくのです。

わたしたちの意図は、わたしたちとの交わりを通してあなたが強くなることです。わたしたちが許可していることとパワフルに出会ってほしいのです。あなたにすでに与えられているわたしたちとの人生を実践し喜ぶならば、あなたにはすべてが許可されているのです。

あなたをわたしたちの姿にするために意図しているのは、あなたがわたしたちと同じようないのちを持つことです。ですから、愛する者よ、立ち上がり、固く立つようにとわたしたちはあなたを召します。
過去は最早過ぎ去ったと宣言します。今は新しい日であり、新しい日にはすべてのものが新しくなるのです。あなたは、過去の失敗、間違い、誤解をもう捨て去ります。

あなたがわたしたちのところに来なかったのは不信仰の故でしたが、もうそれを捨てなさい。あなたは様々な状況をただ耐えるだけではなく、すべての状況を楽しむことを学ぶのです。わたしたちが発見の旅にあなたを就かせたからです。旅の途上、即ち、すべての状況、問題、人間関係の中に、あなたは贈り物を発見します。

天国はただ物をずっと貯蔵しておく倉庫ではないことを知ってください。天国の倉庫に貯えられたものは地上に下りて来なければなりません。
教会に「昇格」という贈り物が下りてくるならば、町の人々はみんな救われてきて、すべての人は神の厚意と祝福と豊かさを受けるようになるのです。天からの贈り物が、家族や地域社会に下りてくる必要があります。この地の人々が希望と期待を持つためには、
皆さんが祝福されていることを彼らが見る必要があるのです。

わたしたちはそのために働いているのです。どうかわたしたちのパートナーになってください。あなたは今までなかったほど力強くなります。あなたのために多くのことが用意されています。あなたが内なるキリストとの関係を強めるならば、最高の祝福が約束されているのです。あなたの用意が整ったならばいつでも始めましょう。わたしたちの用意は整っていますから。
(終り)


No Response Filed under: 未分類
07 10月

神との関係をレベルアップする(その1) グラハム・クック 2019年10月8日


神との関係をレベルアップする(その1)

グラハム・クック



今日は、私たちが主との関係をもっと深めることが主の御計画だということをお話したいと思います。それは私たちが今混迷の時代に生きているからです。世界で今混乱していない国は一つもありません。この無秩序な混乱に対して私たちは、イエスとの関係をもっと深めて立ち向うことが不可欠です。まず、今はエレミヤ31:3の時であると思います。

エレミヤ31:3「主は遠くから、私に現われた。『永遠の愛をもって、わたしはあなたを愛した。(I have loved you with an
everlasting love.)それゆえ、わたしはあなたに、誠実を尽くし続けた。(I have drawn you with
unfailing kindness. わたしは絶えることのない優しさであなたを引き寄せてきた。)』」

この聖句をよく読んで、次のように自分に問うことが大切だと思います。即ち、「私は本当に主に引き寄せられた所にいるだろうか?
引き寄せられることを自分に許しているだろうか? 私の人生に、又私の状況の中に永遠の神の愛を期待し待ち望んでいるだろうか?」と問うのです。

あなたの周りに問題はなくなりませんね。それは様々に形をかえてやってくるのです。状況や問題がやさしくなることはありませんから、私たちが成長し変ってゆかねばなりません。そうなるためには、自分の内におられるキリストがどのような方であり、神が私たちのためにどのような方になってくださるのかを、まず自分の人生の土台に据えねばなりません。

どのような事態、問題の中でも、私が神に好んでする質問は「この問題の中で、あなたは私のためにどのような方になってくださるのですか?」というものです。私たち一人ひとりに対する神の第一の目標は、私たちが神を大好きになることだからです。あなたの人生の状況や問題を用いて、私たちがどうしたら神のようになれるかを、神は教えようとしておられます。それが「御国における関係の学び Relational Learning in the Kingdom」と呼ばれるものです。

神は私たちを救助するためではなく、私たちを元気づけ、回復させ、私たちが問題の下敷きになって押しつぶされるのではなく、その上で生きるようにしてくださるために神はいてくださるのです。

イザヤ63:7にはこう書かれています。
「私は、主の恵みと、主のくすしいみわざをほめ歌おう。主が私たちに報いてくださったすべての事について、そのあわれみと、豊かな恵みによって報いてくださったイスラエルの家への豊かないつくしみについて。」

私たちはこの場所から生きるのです。即ち、完全に期待し、信じて待ち望む場所です。私たちに対する神の御思いが、そのまま私たちの思いになるのです。神があなたをどれほど愛しておられるかを知るとき、あなたはどれほど信じ期待してよいかを知るのです。

もしあなたに娘がいるならば、そのことが理解できると思います。私の娘はそばに来て、「あのね、お父さんは私をすごく愛しているよね。」と言います。私は「まあね。」と答えます。娘は「私をすごく愛しているのはお父さんの様子をみればわかるわ。」と言うので、私はまた、「まあね。」と言います。私は娘が何をねだるのかを待っています。娘は父親にねだることができることを知っているのです。でもそれがあまり高価なものである時は、買ってやることができない時もあります。娘が肉の父親である私にねだることができるように、天の父にもねだることができる事を、私は娘に教えました。そして天の父のほうが勿論、私よりもっとよくしてくださるのです。だから娘は私に期待するように、天の父に期待していいのです。

今娘は私が持っている会社の一つを経営していますが、私にお金をねだったように、御父を信じて期待しています。それは素晴らしいことだと私は思うのです。自分がどれほど相手に愛されているかを知るとき、その人との
関係が築けるのだと思います。自分はその人からどれほど厚意を得ているかを知るならば、その厚意を用いることができます。

神は私たちに願ってほしくないものもあります。神がすでに与えておられるものを私たちが更に願うことを、神はしてほしくないのです。考えてみてください。あなたが神に願ったのに、何も起こらなかったことが何度ありましたか?
それは神が「あなたが願っていることは、キリストにあってあなたはすでに持っています。 すでに与えているものを『下さい』と頼んではいけません。
あなたが持っているわたしとの関係を調べてみてください。その関係がどう改善されるべきかを知り、その関係に入ってください。」と言われるのです。


私たちは今日、そのような神との関係に入りたいと思います。私たちには果たすべき任務や召しがあり、それを果たすためには、
神との関係を今よりも深め強めなければなりません。これは皆さんを批判しているのではなく、神との関係はどんどんと深く強いものになる可能性があるということです。私たちは更に深いレベルでイエスからすべてを受け取ることができるのです。

神は私たちを情熱的に愛しておられ、それが私たちの内にも熱心さを生み出します。神が私に関わってくださる方法が私は大好きです。私はそれを探検するのが好きなのです。イエスは大きな国ですからね。私たちは彼がどのような方なのか、「キリストの内にある」とはどういうことなのか、「キリストを内に持つ」とはどういうことなのかを探求せねばなりません。

そのような領域をあなたは掴み取らねばなりません。あなたは その領域、
約束の地を今すでに受けているのです。約束の地とは、即ち、「あなたの内にキリストがおられ、キリストの内にあなたがいる」ことです。そして私たちはその領域を探求せねばなりません。ただ個人や家族としてだけではなく、地域社会としても探求するのです。私たちは今までとは違うレベルで祈り始め、必要からではなく、必ず答えられると予期して祈り始めねばなりません。

もしあなたが預言の言葉を受けているならば、それを祈りの中に組み込むことが必要です。もし神からの約束を頂いているのなら(約束は天国の通貨です)、その約束をあなたの思考や物の見方、言葉、祈り、讃美の中に組み込むことによって、あなたがそれに取り囲まれるようになることを神は望んでおられます。

あなたは約束を掴み、用いて、その上に立つのです。約束はその許可証です。聖書の言葉も許可証です。預言も許可証です。それは神が「そうだ!」と言っておられることなのです。

神が何年も前にすでにくださっている物を願うことを止めてください。ずっと以前に預言の言葉を受けているならば、その言葉を奥の方から一番前に出してください。
ずっと以前にその預言を受けた時、それはあなたにとっては耳慣れない言葉であり理解が出来なかったのですが、今のあなたにとっては、まさにそれは「今この時のための言葉」かもしれません。今はその預言が解き放たれる時です。神が必ずよくしてくださると期待し予期することによって、今は問題だとしか思えないことを、可能性として捉えることができるようになります。

もしあなたに問題があるならば、それと共に神は必ずそれを解決する可能性も用意されるのです。あなたがキリストにあり、キリストがあなたにあるならば、すべてのことは可能なのです。即ちすべての問題は可能性に変えられ、あなたは期待と確信をもって神に近づくことができるのです。

私は「Brilliant Perspectives」「Brilliant TV」「Brilliant Book
House」という3つの会社を経営していますが、スタッフには「私は、あなたたちを『問題』を取り扱うためにではなく、『可能性』について話し合うために雇ったんですよ。問題を可能性に変えるために皆さんに給料を払います。私のところには、問題についてではなく可能性について話すために来てください。神は可能性の神であり、私たちは御国の住人であり、御国では違う法則が適応されるのです。この世では艱難がありますが、御国では別のものを与えられるのです。

ですから、あなたはどの立ち位置から生きるのか、どなたの内に生きるのか、そして人生の土台は何かを決めねばなりません。個人的に、また家族、教会のキリストにある霊の土台がもっと強められる必要があります。
それによって私たちはただ期待するだけではなく、必ず良いことが起こると予期する生き方をすることができるのです。

今の混沌とした世界で、私たちは混沌の中の問題を見るのではなく、天にある可能性を見るのです。
私たちは今「地上のものを思わず、天にあるものを思いなさい。(コロサイ3:2)」という時に生きていて、そのレベルまで上る必要があるのです。そしてそうさせてくれるのが、期待、約束、預言、御言葉なのであり、クリスチャンに与えられた特権以下ではなく、それより上のレベルへ私たちを上げてくれるのです。

自分が神に愛されていると知り、神のあなたへの情熱は愛に根ざしていると知ることは不可欠です。神はあなたに情熱的であり、それは神があなたの中にいるキリストに情熱的であるからなのです。神はあなたの中にキリストを与えて、神がイエスを愛するのと同じようにあなたを愛することができるようにされたのです。

ヨハネ17:23−26でイエスは「わたしたち(御父とイエス)が一つであるように、彼らも一つであるように。あなたがわたしを愛されたように彼らをも愛するように。」と言われました。これこそがあなたがキリストのうちにある意味であり、これによりあなたがどれほど愛されているかを知ることができるのです。

あなたの人生の中でその愛を強めるために、神がどれほどつくしてくださったか、そしてあなたはその神の愛を知る故に、神にねだってもいいのです。
娘は私に愛されていることを知っていたので、それをいい事にしてつけこんだのです。それは娘への愛の故に私が許したからです。
そして神は私より何百万倍も大きい方であることを娘に知って欲しかったのです。それは娘の霊的学びのために本当に大切な事でした。娘は今そのような生き方を実践しています。

私たちは、イエスの慈しみと厚意をもっと高いレベルで
知ることがとても大切です。私たちは、神がどれほど自分を愛し助けくださる方であるかに感動することなしに、山を動かすことはできません。預言や約束を成就させるために神のパートナーとなりたいならば、イエスとの関係を今の生ぬるいままにしていてはいけないのです。

集会に来たら自分がレベルアップされると考えるのを止めねばなりません。レベルアップはあなたと神との関係によってなされるのです。怠惰であってはなりません。
私も怠惰なときがありました。自分は霊的に怠惰で、誰かのミニストリーに助けてもらっていました。でもイエスとの関係を深めることは、自分でしか出来ません。みんなそれは分かっていますね。何もしないで関係を深めることはできません。イエスが私たちと一生懸命に関係を持とうとしておられるのに、どうして私たちは努力をしないのでしょうか。神はそのような私たちが変るように助けたいと思っています。(続く)


30 09月

敵の真中で平安を保つ(その2) フランシス・フランジペイン(Ministries of Francis Frangipane)


敵の真中で平安を保つ(その2)


フランシス・フランジペイン(Ministries of Francis Frangipane)


平和をつくる者は神の子

平安は聖霊の力です。平安は聖霊の特性であり、平安のうちを歩むならば、あなたは力の中を歩んでいるのです。平和をつくる者とは、ただ戦争に反対する者のことではありません。その人の内なる霊と生き方がキリストに全く服従し、神の子と呼ばれるにふさわし者のことです。(マタイ5:9)その人が行く所には神も行かれ、神が行かれるところにはその人も行くのです。その人は恐れず、沈着で、大胆です。炎から光と熱が出るように、その人からは平安が周りに放たれ出ます。

人生の戦いの中で、あなたの平安は実際に武器となります。あなたの確信ある姿は「私はサタンの偽りに決して屈しない!」と宣言しているのです。敵に対して霊的権威を持つための第一歩は、どのような状況の中でも平安を持つことです。イエスがサタンに立ち向かった時、主は自分の感情や、恐れで立ち向ったのではありません。主はサタンが偽り者であることを知っておられたので、ただ神の声以外のものに影響を受けることを拒否されただけでした。主の平安はサタンを圧倒しました。そして主の権威は偽りを打ち砕き、悪霊は逃げ去ったのです。


支配する前に安息せよ

詩編23:4でダビデは「たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。あなたが私と共におられますから。」と宣言しています。神と共に歩くとき、「わざわいを全く恐れない」という境地になりえるのです。ダビデの生涯で多くの敵に直面しました。ライオン、熊、巨人、正気を無くした王、自分の息子などです。この詩編で彼は「死の陰」の中に立っていましたが、わざわいを恐れなかったのです。ダビデは主に信頼していました。「あなたが私とともにおられますから。」と言ったのです。


神がともにおられるのですから、私たちが神への信頼を保つかぎり直面するすべての敵に勝利することができるのです。ダビデは続けて5節で「私の敵の前で、あなたは私のために食事をととのえ、」と言っています。神を信頼してください。あなたが今戦っている戦いは、もうすぐ荒野での食事になるのです。それは即ち、あなたを霊的に養い建て上げる経験となるのです。

戦いの時、あなたの肉の反応を鎮めることが出来るのは神の平安だけです。
「御座の前は、水晶に似たガラスの海のようであった。」のです。(黙示録4:6)ガラスの海とは、さざ波もうねりもなく、神を悩ます何の不安もないことを象徴しています。主は決して心配せず、決して慌てません。主に解決できないことなど一つもないのです。主のまわりの海は、全く静かで、完全に穏やかです。私たちの勝利はすべてそこに主と共に座すところから流れ出てくるのです。

神は私たちの父です。天のエルサレムは私たちの母であり私たちの新しい性質が生まれたところです。(ガラテヤ4:26)そしてあなたは神に愛されている子供であり、御父の家に属し、神の家族の一員なのです。(エペソ2:19)あなたは天国に入るために努力しているのではなく、天国で霊的に生まれたものであることを啓示によって知らねばなりません。(ヨハネ3:1−8参照)あなたと万能の神との関係を正しく知り、確信をもってください。

天で新生した者たちに、御父は「わたしがあなたの敵をあなたの足台とするまでは、わたしの右の座に着いていよ。」と言われます。(詩編110:1)あなたが戦いに出かける前に、サタンが恐れているのはあなたではなく、あなたの中におられるキリストであることを知ってください!私たちはよみがえり、キリストと共に天の所に座っているのです。(エペソ2:6)

戦いの中で私たちが最初にするべきは「神を讃美することだ」と聖霊が語り続けている理由はここにあります。まず神の臨在の中にあなたの座を定めてください。
キリストがすでにあなたの敵をあなたの足の足台にしたことを知って安心して座してください。「主は、あなたの力強い杖をシオンから伸ばされる。『あなたの敵の真中で治めよ。』」(詩編110:2)

安息が統治の前にあります。平安が力の前にあります。神があなたを統治するのに服するまでは、敵を統治しようとしてはなりません。すべての勝利の焦点は、神を見つけ出すまで神を捜し、神を見つけたならば神の臨在があなたの霊を神の平安で満たすようにすることです。神の右の座で完全に保証され、神の勝利の中で安息するならば、あなたは敵の真中で治めるのです。
(終り)


No Response Filed under: 未分類
21 09月

敵の真中で平安を保つ (その1) フランシス・フランジペイン 2019年9月22日


敵の真中で平安を保つ (その1)

フランシス・フランジペイン(Ministries of Francis Frangipane)

真の平安は、私たちが神の愛を確信するときに実る果実です。どのような戦いの中にあっても「あなたがたのうちにおられる方が、この世のうちにいる、あの者よりも力がある。(1ヨハネ4:4)」という真理が啓示されるとき、平安は生まれるのです。あなたは自分自身を信じるのではなく、神を信じて平安を得るのです。

神の平安がサタンを打ち砕く

霊的戦いを効果的に戦うためには、私たちは「霊的権威」を理解し用いねばなりません。しかし、霊的権威を持つとは、自分の考えを他の人に押しつけることではありません。霊的権威を持っているならば、あなたは、以前葛藤と抑圧に満ちていた領域で神の平安を確立しているはずです。ですから権威をもって働くには、あなたはまず平安を得ていなければなりません。

使徒パウロはローマ16:20で「平和の神は、すみやかに、あなたがたの足でサタンを踏み砕いてくださいます。」と教えています。私たちが戦いの最中に平安を保つならば、悪魔的圧迫や恐怖に致命的な打撃を与えることができるのです。勝利は自分の感情や知性では絶対に得られません。勝利は、「物事を自分の目や耳からの情報で判断すること」を拒み、「神の約束は必ず実現すると信頼すること」からやってきます。

自分のおかれた状況に人間的に反応するのをやめるまでは、 キリストの勝利を完全に経験することは絶対できないでしょう。
本当に権威があるならば、物事を心配や恐れや怯えなしに見ることができます。 あなたに平安があることが勝利のしるしです。

激しい嵐に対するイエスの権威は(マタイ8:23−27)ご自分の平安を自然の上にも行使し展開させたものです。主は嵐と戦ったのでもなく、恐れもしませんでした。全き平安のうちに主は嵐の猛威に向かい、主の権威で制圧しました。

イエスがピラトの法廷に立たれたとき、そこは地獄の権力が渦を巻き人々の感情を揺さぶっている世界でした。しかし、イエスの周りは聖なる静寂に包まれていました。それは、「どのような代価を払おうとも神の御こころを遂行する」という主の決意から生まれた平安でした。神の御座の平安を完全に映している静けさを、イエスの霊は放っていました。瞬時にして、
裁判にかけられているのは最早イエスではなく、サタン、ピラト、そして宗教界の人々となったのです。

サタンの兵器庫には、恐れ、心配、疑い、自己憐憫などが入っています。これらの兵器はすべて私たちから平安を奪い、内なる苦悩を与えるものです。敵がどこからあなたを攻撃してくるかを知りたいですか?あなたの様々な人間関係の網の中で、あなたに平安がないところがあるならば、そこには戦いがあるのです。反対に、あなたに平安があるところには、勝利があるのです。サタンが矢を放ち、あなたを逆境の中に陥れる時でも、あなたの平安が大きければ大きいほど、あなたはキリストの勝利の中を歩むことができるのです。

パウロはピリピ1:28で「また、どんなことがあっても、反対者たちに驚かされることはないと。それは、彼らにとっては滅びのしるしであり、あなたがたにとっては救いのしるしです。」と語っています。あなたが平安を保ち、神の言葉に固く立つならば、それはあなたが神の御こころに100%正しく従っているしるしです。あなたが「どんなことがあっても反対者たちに驚かされない」という事実そのものが、あなたが敵の上に権威を持っているしるしです。
(続く)


16 09月

家族の絆を回復する ラナ・ヴァウサー 2019年9月16日


家族の絆を回復する

 

ラナ・ヴァウサーLana Vawser Ministries)

 

 

最近主を一人で礼拝しているとき、

多くの家族、人間関係の中の亀裂のヴィジョンを見ました。イエスがそのヴィジョンに入っていき、亀裂が主の御霊の力によって修復されていくのを私は見ていました。素晴らしいことに、亀裂がなくなったばかりか、家族間の関係が以前より深く、より良いものとなりました。これを見ていた私の心は畏敬と喜びで溢れ、「これこそ私の神様だ!」と叫びました。

 

これらの亀裂は、痛みやトラウマ、傷が原因でしたが、その他にも、単に忙しすぎたり、優先順位が間違っていることから起こっていました。又、

コミュニケーション不足や誤解、また混乱から起ったこともありました。様々な原因が入り組んで、複雑な亀裂が 入ってしまっていたのです。

 

家族間に亀裂があると感じている人たちにむかって「聖霊の力によって奇蹟的な絆の回復が起こっています!」と宣言せよと、主が言われているのを私は感じました。

 

主は今、家族の中にある亀裂を修復されています。主は多くの人が家族の中に感じている割れ目や大分裂を修復されるだけでなく、深い回復をもたらされるので、以前よりも深い絆と喜びが起ります。

 

家族の絆を強める優先順位と方法

 

主は家族の絆を強める戦略と家族生活の優先順位の大切さについて教えてくださりました。家族の絆の回復が起こっている時に、あなたが主の胸に耳をあてて主の御こころを知り、健全な関係、健全な家族、正しい優先順位を保つための知恵を主に訊ねることが重要です。

 

今家族やキリストのからだの中に、健全な人間関係を培うための知恵がより豊かに与えられています。

主の愛が教会や家族の上にもっと豊かに途切れることなく現われ、

主の御霊の大波が御民を愛で浸します。そして「互いに愛し合いなさい」という啓示が示されると共に、私たちをその実践へと導きます。

 

ヨハネ13:34−35「あなたがたに新しい戒めを与えましょう。あなたがたは互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、そのように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。もしあなたがたの互いの間に愛があるなら、それによって、あなたがたがわたしの弟子であることをすべての人が認めるのです。」

 

聖霊のささやき

 

聖霊がささやかれました。「わたしの愛は家族関係の中にある恐れを溶かしてしまいます。わたしは恐れの縛りを打ち破ります。わたしの愛は家族関係の中にある恥とトラウマを取り去ります。わたしの愛は昔の罪や傷を癒します。わたしの愛は家族を縛っていた鎖を打ち破ります。

 

今は家族が解放され新しい自由へと移行する時です。それはわたしのうちに家族がずっと持っていたものなのです。もはや亀裂はなく、フレッシュで深い絆の回復があり、

これから代々に影響を及ぼす健全で深い関係が生まれていきます。」(終り)

 

 

訳者コメント

 

 私がこの祈りに接した時、聖霊より強い示しを受けました。それは今の時代に最も神が望んでおられることであるという思いでした。

このラナ・ヴァウサーさんというオーストラリアの預言者は私たちの大好きな預言者の一人で、この終末の時代に私たちに最も必要で適切な預言をされる方です。

 どの家庭でも家族の間で、また、あらゆる人間関係の中で、何らかの亀裂のない関係はありません。それを主に祈れば聖霊が癒してくださいます。主の愛を心から感謝しつつ、この預言をお届け致します。アーメン。


 Page 1 of 178  1  2  3  4  5 » ...  Last »