WWGM

Walk With God Ministries

15 01月

アメリカ政治情勢の混乱は長期化し  これから最悪の事態となる WWGM   坂 達也


アメリカ政治情勢の混乱は長期化し

        これから最悪の事態となる

 

              WWGM   坂 達也

 

 

 

 新年2021年に入り、5日には、ジョージア州の上院議員の再選挙が行われました。二人の補欠議員はどちらも民主党員が当選し、その結果上院議員は五〇人対五〇人で拮抗、その場合神任のハリス副大統領が1票を投じられるので、形としては上院も遂に民主党の支配下に入ったことになります。

 そして6日には「選挙人」を上下院議会が承認する日でした。その結果、バイデン政権が正式に確立しました。

 

1月7日の米連邦議事堂襲撃の惨事

  トランプ大統領が1月7日、バイデン次期大統領の勝利を公式に認め、円滑な政権移行に協力すると明言しました。しかし民主党は、トランプ大統領が米連邦議事堂襲撃事件を「反乱を扇動」したと称して、11日、トランプ氏に対する弾劾訴追決議案を下院に提出しました。トランプ氏は2019年にも弾劾追訴されているので、今回の追訴で米国史上初の2回弾劾された大統領となります。

 

 1月6日の議事堂襲撃事件が起こったのは、午後から行われる上下院による「選挙人の正式承認」を前にして、午前11時から約一時間半にわたって大統領側につく全国から集まった相当数の支持者を前に、トランプ大統領は、今回の選挙は「民主党に盗まれた」という表現を使って、今回の選挙において民主党主導の元に行われた膨大な選挙違反・不正行為への不満をとうとうと訴えたのです。

 トランプ大統領にしてみれば、それは確かに唯一の最も効果的なチャンスでありました。彼は自分に投票した7500万人と言われる国民のためにこそ抗議する責任があるといい、それは間違いなく正当な理由であったと私は思います。

 

 しかし残念なことに、その後は、ほとんど誰も不正選挙が行われたことは口にしないで、暴徒が襲ったことへの責任だけをトランプ大統領一人に押し付けたのです。

 余談になりますが、筆者は、第二次大戦後の日本の民主化の険しい歩みを目の当たりに経験しました。吉田茂首相がコップの水をカメラマンに投げつけ、社会党の浅沼委員長が壇上で若者に刺され、三島由紀夫が腹切し、田中角栄の日本列島改造論が日本人に一抹の夢を与えたことを本当に懐かしく思い出します。

 私は早稲田大学文学部で学び、そこで学級委員に選ばれました。当時は「スネーク・ダンス」と称する学生デモ活動(合法)が全盛の時代で、何千人もの学生が手を組み合ってワッシヨイ・ワッショイと叫びながら街中をうねり歩く時代でした。早稲田の文学部といえばその運動を煽り組織するアジトと言われましたから、学級委員の私は、よく人に「お前はデモの張本人か」とひやかされました。(但し、私は運動部活に忙しく委員会に出たことはありませんでした。)

 従って今回のトランプ大統領の話を聞いた人たちが「抗議集会」として前以て届けてある以上、それなりの規律を守って行えば、合法なデモ活動として認められる方法であったのです。しかし、残念なことに議事堂に雪崩れ込んだ群衆の一部が破壊行為を行ったことは事実で(中には左翼過激派のBLM分子が紛れ込んで破壊行為をした疑いがある。)

 これに対しトランプ大統領自身も、規律を守らず暴徒化した群衆がそれなりの罰則を受けることは当然であると宣言しましたが、これも無視されています。

  問題は、トランプ大統領を「国賊に値する暴徒を煽った重大な責任者」として非難することによって、民主党主導の大きな選挙不正への責任をすり替ようとしていることにあります。そうであれば、バイデン次期大統領が「私は和解に努力する大統領」であるといくら力んでも、和解に寄与するはずはありません。なぜなら、唯一の和解の道は「大統領選挙制の抜本的改革」にあるからです。

 就任後に、バイデン氏が率先して、それを両党で検討しようと提案する以外にはあり得ないと思うのです。しかし、残念ながらばバイデン氏にはその意思は全くないでしょう。今の民主党は、あくまでもトランプ大統領を引きずり落とし、二期目の立候補の可能性を全く無くすることが真の狙いとして、そのための弾劾・impeach を画策しています。それに、今のままの選挙方式を続行すれば圧倒的に有利な立場を築き上げた民主党に対して、今後共和党の勝ち目はほとんど無いに等しいからです。

  そこでこの際、私が昨年書いた全ての選挙に関する経緯報告、特に、最新のWWGMの記事を改めてお読みいただきたいと思います。

 私はここで、二つの問題点を改めて提起します。その第一は、アメリカの選挙制度には抜本的に問題があること、しかもそれが完全に「憲法違反」していることに国家の最高裁判事を含め、誰もその重大な事実を取り上げていないことです。その主な理由は、最初の憲法は存在しても、前に違反した判例があれば、その判例はその後尊重されるべきという習慣があるからのようです。

  日本の皆さん、日本の現行の政治形態が、もし日本国憲法に完全に違反しているとすれば、皆さんはそれを無視しますか?しないと思います。

 この問題について現在アメリカでは二人の証人がいますので、ご紹介します。一人は憲法に非常に詳しい「真のジャーナリスト」であるマーク・ラビンMark Levin という方で、彼はLevinTV / BlazeTV に出ています。彼は憲法違反のことも含めて現行のアメリカの選挙制度のどこが悪いかについて、具体的な例を挙げて詳しく指摘していますから、もし疑問をお持ちの方はこの方の放送をお聞きください。

 そしてもう一人の方は、私がパートナー会員として属しているモーニングスター教会のリック・ジョイナー師です。ジョイナー師は先週1月10日の礼拝で、現在のアメリカの問題を詳しく取り上げていますので、その重要な部分を私なりに下記に要約してご紹介します。

 

リック・ジョイナー師のメッセージより(要約)

 

一)もしアメリカが適正な選挙システムを失うなら、それは共和国としての土台を根本的に失うことになる。事実、今では少なくとも国民の半分は民主党が操っていることを大半の人が認めている。例をいえば、6日に行われた上下院選挙人承認式において、ペンス副大統領は、本来選ばれた選挙人が正しく選ばれたか、どうかを宣言する権威があるのに(今回トランプ大統領がそれを期待した)ペンス氏は、恒例になっている形だけの「選ばれた選挙人全員」を承認宣言した。これは本来権威があるのに、慣習に従わねば攻撃されることを恐れたため。そういう人間は「臆病者Coward」と呼ばれ(リック師は彼をそう叫んだ。)

 これは大変重要な犯罪であるのに、今まで誰も取り上げてはいない。ここで、リック師は初めてトランプ大統領に会った時、敵は民主党だけではない、共和党にもいることを警告して、トランプ大統領はうなずいたというエピソードを語った。

二)モーニングスターの元長老をしていた人が、昨年末から今年の初めにかけて主から二度に渡って夢を見せられた。それによれば、新年はクリスチャンの信仰を浄める年であり、特に、使徒四章に書かれているような「奇跡を行う年」となる、という預言を主から受取ったことを発表した。

三)今回は米国民だけでなく世界中の人々が大変なところを通された。特にクリスチャンは常に信仰の訓練のために敢えて試練を通される。しかし、今回トランプ大統領を裏切った人は主を裏切った人と同じである。

 トランプ大統領は主にとって最も小さな者であるかもしれないが、彼はできるかぎりの誠実さをもって正しいことをしようとした。それは主であるキリストに仕え、そして盡したことと同じだ。しかし人を裏切るようなことをした人はわたしを裏切ったと同然、そのような人に対しては、ちょうどパウロがペテロを公衆の面前ではっきり責めたのと同じように勇気を持って立ち上がり、言うべきことをいう勇気を持たねばならない。

四)戦いは決して終わった訳ではない。トランプ大統領は二期目を完全に勝ち取っているのである。主が示されたように、今年は奇跡を行う年であることを忘れてはならない。奇跡は主が起こさせる。

 それであるのに、多くの共和党議員は既に言い訳がましい態度を取ったり、慣習になびいているが、絶対に妥協してはならない。バイデン・ハリス組は正当に選ばれたのではないことを忘れてはならない。今やアメリカ合衆国憲法は完全にほごにされてしまった。第二の市民戦争は来ると預言されて来たが、今現実に私たちは(国は既に真っ二つに割れて)その只中にいる。憲法を元に戻すには革命が必要である。

五)ツイッター、フェイスブック、グーグル、アマゾンはフリー・スピーチの敵である。しかし私たちは恐れる必要はない。必要であれば聖霊が教えて下さるからだ。

六)オバマ大統領は左寄りであったが、バイデン・ハリス組はもっと左寄りである。彼らが就任して、最初に取り掛かることは、メキシコとの国境にトランプ大統領が苦労して立ち上げた壁を取り崩し、全く自由に出入りさせるという。私はかなり前であったが夢ではっきり見た。それは国境がないので、全く自由に出入りできる。入ってくる大部分の人たちはこちらが歓迎したいような良い人たちだが、中には全くひどい人たちが入り込んで来て大変なことが起こる。特に子供達に悲惨なことが起こり、それがあまりにもひどいので口に出しては絶対に言いたくない。私はこのような夢を二度と見たくない。思い出したくもない。

七)クリスチャンは決してポリテイカルであってはならない。ポリテイックは「党派心・分裂・分派」と書かれているように地獄から来るものであり、神ではなく人間を喜ばせようとする。

 ワシントンDCはもはや修復不可能な状態となった。しかし、私たちはアメリカ共和国を何としても元通りに回復させねばならない。私たちは必ずそれを成功裏に実現させる。主がそれを助けて下さるからだ。

八)極限の状態に達したアメリカの国民は、Federal合衆国政府役人に対して「これ以上お前たちのお世話にはならない。」と言い放ち、役人たちは命辛々逃げ出す。国家は数カ所に分割され、一時的に無政府状態に陥る。しかし、ジョイナー師が見たビジョンでは、最初の憲法は厳存しており、心ある在郷軍人たちが中心となって、その憲法に忠実に則って改めて国は再興される。その道程は長いが必ず実現する。(以上でリック・ジョイナー師のメッセージ終わる)

 

神は私たちの信仰と愛を試されている

  ヘブル12:14で、私たちは「すべての人との平和を追い求め、また、聖められることを追い求めなさい。聖くなければ、だれも主を見ることができません。」と教えられています。しかし、真の神聖さは、律法への恐れからではなく「神への愛」を持つことから起こされます。

 最初の人間アダムとエバは、罪を犯す前は裸でしたが、本人たちは気付きませんでした。なぜなら、罪を知らない彼らは、内に聖霊が満ち、その結果として外側は輝く光に覆われていたからです。また、真の聖さは、私たちが神を愛するときに実る実であるからです。

 

 さて、今回の選挙における膨大な不正行為に対する訴訟はすべて却下されました。その上、世界はコロナウイルスに襲われました。何故でしょうか?何故、神はそこまで人間を苦しめるのでしょうか?

 

 リック・ジョイナー師は、ご自身もウイルスの苦しみを経験しましたが、昨年のブログで次のように言っています。師は主に「何とかこの世界的なウイルス危機を止めて下さるように」と祈ったそうです。処が主は「その祈りだけはしないように」とはっきり御声が聞こえるな強さで止められたと言います。

 そして師は、イザヤ書40:31「主を待ち望む者は・・・」詩篇23:2「主は私を緑の牧場に伏させ・・・」また、ヘブル4、5章、特に4:1「こういうわけで、神の安息にはいるための約束はまだ残っている・・・」を引用して「安息をもって主を待ち望むこと」の大切さーーそれが今回の全世界にまん延する深刻な感染病の大流行(pandemic) を与えた目的であると、主が言われたそうです。

 このような pandemic は、確かに私たちに恐れを起こさせます。しかしクリスチャンにとっては、恐れを持つ必要は全くありません。そのことが1ヨハネ4:16−18に次のように書かれていることを思い出して下さい。

  「私たちは、私たちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。愛のうちにいる者は神のうちにおり、神もその人にうちにおられます。このことによって、愛が私たちにおいても完全なものとなりました。それは私たちがさばきの日にも大胆さを持つことができるためです。なぜなら、私たちもこの世にあってキリストと同じような者であるからです。愛には恐れがありません。全き愛は恐れを締め出します。なぜなら恐れには刑罰が伴っているからです。恐れる者の愛は、全きものとなっていないのです。」

 

 ですから主は、今回だけではありません、歴史上、今回に匹敵するような恐ろしい伝染病を人類に何回も与えて来られました。これからも形を変えて与え続けるでしょう。それは特に、私たちクリスチャンが、真に主キリストを愛し、主への絶対の信仰を持つているかどうかを試し、より強い信仰に導くためのテストであり激励であると私は信じて疑いません。

 最後に申し上げたいことは、世界が、特にアメリカが、何故今の時代にこのような厳しい試練の中に置かれて苦しまねばならないのか?ーその理由はーーアメリカは主が目的をもって建てられたクリスチャン国であること、そしてトランプ大統領はーー明らかにイスラエルを守る目的と共に、アメリカと世界を守るために主が送った特別の人物であるからです。それ故に、悪魔はトランプ氏を徹底的に憎み、この世が彼を憎むように仕向けて来た(それを主は許して来られた)のです。しかし主が守っておられるので彼はびくともしないでしょう。

 もう一度申し上げます。リック師が「戦いは決して終わった訳ではない。トランプ大統領は二期目を完全に勝ち取っている。今年は奇跡を行う年であることを忘れてはならない。」と言ったことを筆者の私は心から確信します。

 神は、大々的に選挙不正が行われたことも、バイデン氏の中国との癒着、金銭受理、脱税容疑問題をも、もっとはっきりした形で明るみにあばき出すことはいつでもできるお方です。それだけではない。過去にクリントン夫妻、オバマ大統領・バイデン副大統領時代に行われた一切の悪事を告発させ、この国を粛清することを、主はいよいよこれから行われるでしょう。

 神は今まで、敢えて悪魔をなすままにさせ、その悪事がフルに満ちるのを待って来られました。そしてそれがフルに満ちたのです。よって、主はいよいよ動き出されます。早ければ今年から2022年までにトランプ氏が大統領に復帰する可能性は十分にあると信じます。あるいは2024年に再出馬。そのために神が最高裁を動かし「神が与えたアメリカ合衆国憲法」を元の形で忠実に守らせることを開始されると信じます。

 大事なことは、主は、これまでの二千年間に蓄積された悪と不正に対する怒りのエネルギーが最大限まで積もった今、それをいよいよ大爆発させようとしておられます。その全ての悪と縛りを駆逐するムーブメントが「第三のアウエークニング」と言えないでしょうか。

 聖霊がそのために心あるクリスチャンを集め、整え、神からの召命に呼応する準備をしていると信じます。皆さん、どうぞ立ち上がって下さい。リック師のメッセージは「立ち上げれ! STAND UP!」 と名付けられているように。

                   クリスチャンの皆様、どうぞ引き続きお祈りください。(終わり)


31 03月

預言の召し ビル・ジョンソン


預言の召し

 

ビル・ジョンソン

 

 

 預言的で霊的見分けが出来る人たちは「真の預言の油注ぎ」と「疑いをもたらし、自分の意見を通す怒りの霊」とをはっきりと見分けねばなりません。人生の最大のチャレンジの一つは、あなたが愛し仕えている人が持つ怒りと同じ怒りを自分も持ってしまわないようにすることです。それはとても難しいことです。

 例えば、あなたが貧しい人を一生懸命助けているならば、金持ちに対して腹を立てないでいるのは困難です。もし裕福な人たちへのミニストリーに召されているならば、きちんと働かない人たちに腹を立てないでいるのは困難です。大学生へのミニストリーをしているならば、保守的政治グループに腹を立てないのは困難です。老人にミニストリーをしているならば、若者に腹を立てないのは困難です。インディアンにミニストリーをしているならば、彼らに不正を行ったものたちに腹を立てないでいるのは困難です。

 

 私たちの働きの実は、私たちがどれだけ人びとを愛し、折りに適った神のことばを与えることができるかによって決まります。

自分の考えを押しつけたり、自分の益になるからではなく、彼らの益のために100%神から受けたことばを語るのです。そして彼らが持つ怒りを自分は持たないことです。歴史上、私達がどれほどこの国のカルチャーに良い影響を及ぼすことができるかは、私たちが「怒り、立腹」という感情をどれほどコントロールできるかにかかっています。これが真理です。(注:自分に死ぬ必要がある)

 

イザヤ60章は私の人生を変えた大好きな箇所であり、現在の教会のための預言だと思いますが、その一つ前の59章21節は、60章に書かれていることが起こるための舞台を作っています。

 

「『これは、彼らと結ぶわたしの契約である。』と主は仰せられる。『あなたの上にあるわたしの霊、わたしがあなたの口に置いたわたしにことばは、あなたの口からも、あなたの子孫の口からも、すえのすえの口からも、今よりとこしえに離れない。』と主は仰せられる。」

 

「神の御霊が人びとにくだること」と「神のことばが彼らの口にあること」の密接な関係がここでも言われていることに留意してください。神の御霊が私たちに留まっている証拠は、私たちの口から神のことばが発せられることなのです。イエスは「わたしは父の言われることだけを言う。」と言われ

(ヨハネ8:28)、私たちが話すべきことの基準を示されました。地上を歩かれ人の中で、一番すばらしい独自の考えを持っていた人は、多分イエスだったことでしょう。けれども主は自分自身のことばは何も語られなかったのです。

 

 ヨハネの福音書7:18には「自分から語る者は、自分の栄光を求めます。」とあります。自分から語るとは、御父が語られていることに耳を傾けようとせず、自らのことばを語り、それによって密やかに名を上げようとする行為です。

 

使徒行伝3を見てみましょう。2章の聖霊の大いなる注ぎの後のことです。24、25節に「また、サムエルをはじめとして、彼に続いて語ったすべての預言者たちも、今の時について宣べました。あなたがたは預言者たちの子孫です。また神がアブラハムに、『あなたの子孫によって、地の諸民族はみな祝福を受ける。』と言って、あなたがたの先祖と結ばれたあの契約の子孫です。」とあります。イザヤ59章はイスラエルに与えられた言葉でしたが、預言的には「贖われた者たち、即ち教会」に対して言われたことばです。そして使徒3:25は明らかに教会へのことばであり「あなたがたは預言者たちの息子、娘です」と明言しているのです。

 

これは「あなたや、あなたの子孫、あなたのすえのすえの口にわたしのことばを置く」という契約の成就です。神が私たちに御霊をくださり、いずれの世代においても地上に神のことばを宣言し解き放つことが出来るようにされたのです。私たちが受け継いでいる相続財産が何なのかを知ることは重要です。まず神が「私たちがどのような身分の者であるか」と言っておられるかを知らねばなりません。自分の「神にあるアイデンティティー」を知るときに、自分の受けている相続財産を用いることができるのです。それは傲慢でもなく、自己中心でもなく、自分に自信があるということでさえありません。神があなたを「預言者の息子、娘である」と言っておられるのです。それによってあなたは「神の御霊を受け」「神のことばを語る」正当な権利があります。この二つは同じことなのです。

 

イエスは肉となったことばであり、神の臨在は神のことばと同じです。神の臨在をあなたが感じる時はいつでもそこに神の声がある。そして神の声があるときはそこに臨在があるのです。

 

 イザヤ51:12、13「わたし、このわたしが、あなたがたを慰める。あなたは何者なのか。死ななければならない人間や、草にも等しい人の子を恐れるとは。天を引き延べ、地の基を定め、あなたを造った主を、あなたは忘れ、一日中、絶えず、しいたげる者の憤りをおそれている。」

 

 神は私たちが恐れるとき、やさしく慰めてくださる方ですが、この箇所では「わたしが慰めると言っているのだから、あなたには恐れる権利はない!」と厳しく言われています。あまり聞きたくないことばかもしれませんが、時として神はこう言われるのです。

 

 もし私が内向的になり「どうしよう、こんなことになって私の人生はどうなるのだろう。」とつぶやき始めるならば、私は恐れで一杯になってしまいます。恐れは時として自己中心の表れです。それは天を引き延ばされた方を見失っていることだからです。その方が「わたしが慰める」と言っておられるのです。私たちが恐れるのは神を見失った証拠です。この箇所で神は私たちの「人に対する恐れ」を取り扱っておられます。「人に対する恐れがなくなるように祈ってください」と頼まれるとき、私はもちろん祈りますが、人への恐れに対処するためには「神を恐れること」を知ることが必要です。両方を一度に恐れることはできません。

 

 人を恐れるとき、あなたは「神への恐れ」を「人への恐れ」と取り替えてしまっています。人への恐れを持ってしまったとき、私たちはその罪を告白し、悔い改めねばなりません。それによって人への恐れから解放され自由になるのです。人を恐れることから神を恐れることへの転換は、直ぐにできることです。

 

15節「わたしは、あなたの神、主であって、海をかき立て、波をとどろかせる。その名は万軍の主。わたしは、わたしのことばをあなたのくちに置き、わたしの手の陰にあなたをかばい、天を引き延べ、地の基を定め、『あなたはわたしの民だ。』とシオンに言う。」

 

 神はご自分が祝福した者たちを守る方です。祝福した者が敵に食い尽くされるのを見放す方ではありません。祝福し、守ってくださる方です。主は「わたしがあなたの口にわたしのことばを置いた、わたしの手の陰であなたをかばう」と言われます。そしてそれを通して「天を引き延べ、地の基を定める」と言われます。これは「天にあるごとく地にもなさせたまえ」という祈りの旧約聖書版です。神は「天を地にもたらすプロセス」とそのための手段を語っておられるのです。一つの世界(天)にある現実をもう一つの世界(地)にもたらす方法であり道具です。それは即ち「わたしがあなたの口にわたしのことばを置いた」とあるように私たちが神のことばを宣言することに他なりません。

 

モーセは「すべての民が預言者ならよいのに」と祈りました。イエスは、預言者や霊の父祖たちは私たちが見ているものを見たいと切に望んだと言われました。モーセはあなたや私が生きている今という時代、神のすべての民が預言的な油を持つ時代を夢見ていたのです。私たちの預言は第一に自己中心であってはならず、次に人を暴いたり痛めたりするものであってはなりません。それは人のデスティニーを呼び出すためのものです。主を知らない人であっても、私たちの口を通して神がその人の中にある尊い金塊を呼び起こし、その人の人生が変えられてきたことを、私たちはこの数年間に幾度となく見てきました。彼らはそれまで聞かされていた偽りではなく、神の真実のことばを受け取って、方向転換ができたのです。今ここにいる皆さんすべてに対して、神は力強い、ポジティブな正しいことを宣言されています。私たちがそれを聞き、しっかり受け止めたとき、私たちは変ることができるのです。主は私たちが主の御声を聞くようにと召してくださっています。今は「神の声を聞くこと」ほど嘲られていることはありません。しかし私たちは神の御声を聞きながら、それに従って生活するという預言的な生き方ができるのです。それははっきりした大きな御声とか、壁に字があらわれたというものではないかもしれません。しかし、神の臨在、御霊の臨在の中で生きるライフスタイルを始めるとき、あなたは主の思いを思い、主のことばを語り始めるのです。それは頑張って一生懸命に神の御声を聞くというのではありません。実際、私は頑張ると何も聞くことができません。神を聞くことは努力からではなく、降伏することからくるのです。あなたが自分の決意と努力で(即ち肉で)求めるのに疲れたときに、神は語ってくださいます。

 

 

エペソ4:29「悪いことばを、いっさい口から出してはいけません。ただ、必要なとき、人の徳を養うのに役立つことばを話し、聞く人に恵みを与えなさい。」

ここにある「恵み grace」とは神の特別の厚意です。あなたが誰かを励まそうとして口から出したことばを神が承認されるとき、神はその人に恵み、特別の厚意をそそそがれるというのです。

仕事関係の人、或いは近所の人に、何か励ましのことばを語ったり、神がその人の人生にしておられることを告げたり、その人のすぐれた才能を認めたりするとします。そのようにあなたが人の徳を養うことばを口からを出すならば、神はそこに恵みを置き、厚意を置いてくださるのです。

神は「わたしの息子、娘が、わたしからの励ましをこの人に伝えたのだから、わたしは勿論それをバックアップせねばなりません。」といわれるのです。

 

 預言的ライフスタイルとは、常に神の臨在と共に歩み、神の思いを自分の思いにしていくことです。そして人びとの徳を高めることばを口から出す時、神がそのことばのバックアップをしてくださるのです。 (終り)

 

(以上はジョンソン師が礼拝で語られたメッセージから取りました。)


16 08月

8月3日「今週のことば」         リック・ジョイナー師  


8月3日「今週のことば」

 

                リック·ジョイナー師

 

 

 私が非常に親しくしている人の中には、その人を見なくても、その人の声を聞いただけで、直ちにその人であることが分かります。同じように、私たちは常に主の御声を聞いて、主と非常に親しい関係になっていれば、主の御声を聞いただけで、直ちにそれが主であることが分かるようにならなければなりません。

 

  私の友人であるフランシス·フランジパンが好んで「私たちはマニュアル(手引書)ではなく、『エマニュエル』(神が私たちと共にいる、という意味)に従うように召されている。」言うように、私たちが、イエスについての単なる原則ではなく、イエスに従う人生の道を歩むためには、この真理を理解しなければなりません。私たちの「真理」は、私たちをご自身との個人的な関係に招いてくださったお方です。

 

        (だからといって) これは、私たちが神の書かれた言葉である聖書への献身と敬意を損なう(軽視する)ものではありません。御言葉であるイエス様が、悪魔の挑戦を受けたときに「聖書にこう書かれている」という言葉に立脚されたのであれば、私たちが聖書を知り、それに立脚する必要があるのは当然のことです。しかし、聖書は、私たちと主ご自身との関係や、主が私たちを導くために遣わされた主の霊との関係に取って代わるものではありません。

 

         聖書が重要であるのと同様に、イエスは、私たちをすべての真理に導くために本(聖書)を送るとは言わず、そのために御霊を送ると言われました。教義は主の書かれた言葉の中で確立されているので、主の書物は重要であり、私たちはできる限りそれを知りたいと思いますが、聖書は聖霊の代わりになるものではありません。聖書であっても、聖霊と一緒に読まなければ、いわゆる “死語 “になってしまいます。同じ言葉でも、聖霊によって読まれると、いのちを与える天のマナとなります。私たちが道を歩むときに必要なものを与えてくれますが、道そのものは私たちが従わなければならない人です。

 

         私たちが人を認識する方法には、主なるものに「顔」と「声」の2つがあります。しかし、手を見てわかる人はどれくらいいるでしょうか。しかし、どれだけのクリスチャンが、神の手、つまり神が自分に与えてくれるもの、あるいは自分にしてくれることだけで神を知っているでしょうか。ヨハネ10章で主は、主の羊は主の声を知っており、主の声を知っているから主に従うのだと説明されました。旧約の下でも、イスラエルは主の戒めに従い、主の声に耳を傾けるように繰り返し言われました。自分たちの生活に様々な指示が与えられていても、主の声を知り、耳を傾けなければなりませんでした。

 

        今日、多くの敬虔なクリスチャンは、聖書があるので、もはや神が私たちに語りかけたり、預言をしたりする必要はないと信じています。もし結婚式の日に、夫が「彼女に期待することをすべて書いた本を書いたから、二度と話をしなくていいよ」と言ってくれたら、花嫁はどんな気持ちになるでしょうか。それはどんな関係なのでしょうか?

 

         このような聖書に反する教えによって、彼らは主ご自身の代わりになったのです。このような人たちは、Ⅱテモテ3:5に書かれているように「見えるところは敬虔であっても、その実を否定する者になるからです。こういう人々を避けなさい。」ということです。

 

         すべての人間関係の質は、その人とのコミュニケーションの質(方法、深さ)によって決まります。

 そこで主は、私たちが主の前で正しく生きるための第一の方法として、先ず書いた聖書を「教義」として与えて下さいました。従って、その聖書を尊重すべきなのは当然です。しかし、それだけでは十分ではありません。真に親しい深い関係に入るために主は、マタイ4:4で「イエスは答えて言われた。『人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つの言葉による。』と書いてある。」と言われました。その意味は、私たちは、単に過去形の昔「出て来た」言葉だけではなく、現在形の主の口から「出て来る」言葉によって生きなさいと云うことです。

 

         主の御名は現在形の「私はある I am」であり、過去形の「私はあった」や「私はなる」ではありません。生きておられる主を知るためには、現在形で(常に会話しながら)主を知らなければなりません。主は「生ける神」であり、私たちは聖書に書かれているように、主の行動や人間への対処の歴史を知りたいと思いますが、主との関係は継続した現在形でなければなりません。

 つまり、私たちは「ナザレのイエス」にも感謝していますが、イエスはもはやナザレのイエスではなく、天地のすべての支配者と支配権の上にある「王の王」です。私たちは今、この方をそのように知らなければならないのです。

 

      [ジョイナー師の後書き] 今年の終わりまで、この「今週のことば」は、私たちがどのようにして主を知り、主とともに歩み、主の声を知り、主の顔を求めるように命じられているかに焦点を当てていきます。(終わり)


31 07月

苦難のさなかをゆくとも   ーー迫害前夜に生きるキリストの弟子          バジレア・シュリンク


苦難のさなかをゆくとも

  ーー迫害前夜に生きるキリストの弟子

 

               バジレア・シュリンク

 

 

 クリスチャンの基本は十字架にあります。パンデミックに見舞われている今の時代は、まさに苦難の最中にあり、マザー・バジレアさんは次のように言われます。

 「激しい迫害や私たちへの絶え間ない攻撃、憎しみに対して、私たちは自分の力で耐えることはできません。苦難に耐える力は、すべてキリストの内にあるのです。もしキリストと一つになっているなら、私たちは勝利を得、パウロと同じようにこう叫ぶことができます。「何ものをも『私たちの主イエス・キリストによって示された神の愛から、私たちを引き離すことはできない。』と。(ロマ書8:39)共に主の力によって圧倒的な勝利を得る者となりましょう。」

 

その時代をどのように生きるかは、主が言われます。

 「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。」(ルカ9:23−27)

 

 

罪に打ち勝つ

 

「身を慎んで目を覚ましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、だれかを食い尽くそうと探し回っています。信仰にしっかり踏みとどまって、悪魔に抵抗しなさい。」(1ペテロ5:8、9)

 

 この世での短い人生では、私たちクリスチャンを待ち受けている試練を克服できるかどうかにすべてがかかっています。苦難と迫害という試練に耐えることができるでしょうか。

 その結果が私たちの永遠の運命を決定するでしょう。サタンの狙いは私たちを敗北させ、命の冠を奪い取ることです。サタンの戦略は、私たちの苦しみを恐れる心、卑怯な心、反抗、誤った愛着や人への恐れといった私たちの最も弱いところを攻撃することです。

 迫害が臨む時、私たちがどれほど真剣に自分の罪を取り上げ、どの程度罪と戦い、克服できたかが明らかになることでしょう。もし仔細なこの世の出来事や「今日」の喜びや悲しみに心を奪われて「明日」を忘れたなら、私たちはその結果を刈り取ることになります。「明日」には迫害が訪れます。イエスの贖いを信じ、罪に対して真剣に戦うことによって、前もって自らを備えない限り、だれひとり、この試みに耐え抜くことはできません。

 聖書は私たちに、絡みつく罪を捨てるように(ヘブル書12:1)命じています。それには戦い無くしては打ち勝つことはできません。

 それは私たちが口論好き、支配欲、嫉妬、身勝手、不誠実、欲望を満たしたいといった自分中心の罪をそのままにしておかず、それらを心から憎むときだけに打ち勝てるのです。・・・

 すなわち、キリスト教の知識を知ることよりは、キリストの弟子として生きることが大切です。神の御心とは何でしょうか。それは私たちが聖なる者となることであるのです。(1テサロニケ4:3)

 

 キリストの苦難にあずかる特権

 

 「つまり、あなたがたには、キリストを信じることだけでなく、キリストのために苦しむことも、恵みとして与えられているのです。」(ピリピ1:29)

 

 クリスチャンに対する大きな迫害が近づいています。恐らくその規模は今までになかったほどのものであり、だれをも恐怖に陥れることでしょう。洗脳、強制収容所、投獄、精神病院、拷問、殉教が脳裏に浮かびます。しかし、この苦難はすばらしい秘密があり、その他の苦悩とは全く違ったところがあります。それは「キリストのための苦しみ」であるということです。

 私たちが苦しむのは、ある概念のためでも、あるいは大衆によって偶像化された罪深く、死すべき人間のためでもありません。また私たちは、民衆を惑わし、恐怖政治すら行う支配者のために苦しむのではありません。何千という人たちがそのような指導者に従い、どのような犠牲おもいとわず、命すら惜しいとは思わずに尽くしてきました。そして結局は自分たちがだまされていたことに気がつくのです。

 しかし、クリスチャンである私たちは迫害が訪れても、イエス・キリストのために苦しみ、命すら投げ出す特権が与えられています。イエスはいと高き主であり、賛美を受けるにふさわしく、威厳をもって統べ治められる方です。

 

 このようにして使徒パウロはイエスのために苦しむように召されました。御国のために「選ばれた器」であったパウロについて主が語られました。「わたしの名のためにどんなに苦しまなくてはならないかを、わたしは彼に示そう。」(使徒行伝9:16)

 初代の殉教者に限らず、現代の殉教者もイエスを信じるだけでなく、主のために苦しむことがどんなにすばらしい名誉であるか気づいています。パウロはイエスのために苦しむことは恵みであり、特権であると考えていました。(フィリピ1:29)殉教者は、大抵この世のものではない喜びに満たされていました。なぜなら、彼らの心はイエスへの愛に燃え、御名のために辱められ、苦しみに遭うことを名誉に思う気持ちに圧倒されたのです。彼らにとってイエスの御名は、あらゆる栄光と力、知恵と美、そして計り知れない愛以外の何ものでもありませんでした。それは常に彼らの心に優しく響く愛の御名であったのです。

 イエスが彼らにとって最も大切なはじめの愛であったからこそ、近年の殉教者は、かっての殉教者がそうであったようにイエスのために喜んで苦しみ、すべてを神に献げることができたのです。迫害が始まる以前から彼らは、いやしめ、屈辱、失望、窮乏、誤解、侮辱、拒絶、自己否定、犠牲そして最終的には十字架というイエスの道を選んだのです。イエスを愛する人々は、以前から真の弟子としてイエスと同じ道を歩むことを選択し、迫害が訪れる時までには備えられていました。彼らは苦しみによって試された者であり、イエスへの愛に燃えていました。自分の十字架をイエスと共に負えば負うほど、彼らはイエスに強く結びつけられ、イエスへの愛はいっそう強く燃え上がったのです。

 イエスはこの上なく私たちを愛し、私たちが御自分の愛にこたえるのを待っておられます。私たちが主を愛し、主の歩まれた道を選び、自らの十字架を負って御自分に従うよう、主は呼びかけておられます。(続く)


22 07月


十字架の向こう側

 

ボブ·ジョーンズ(Bob and Bonnie Ministry )

 

(これは1995年のボブ·ジョーンズのスピーチです。彼は2014年に天に召されました。このお話は何度読んでも面白いので、改めてご紹介します。)

 

最後のバッター「恵み」

 

10年前(1985年)の5月21日、それは、ペンテコステの日でしたが、主が野球の試合のヴィジョンを与えてくださいました。

試合は、悪魔のチームと神のチームとの対戦でした。9回の裏で両チームともそれまで得点がなく、神のチームが9回の裏の攻撃を始める時でした。主が最初のバッターを送られました。その名は「愛」でした。サタンが投球し、「愛」がバットを振りました。愛は常に神を喜ばせ、決して失敗しないのです。(Love never

fails)それはヒットとなり、愛は一塁に走って行きました。主は次のバッターを送られました。それは愛と共に働く「信仰」でした。サタンが投球し信仰がバットを振り、ヒットとなりました。信仰は神を喜ばせ、愛と共に働くのです。信仰も決してしくじることはありません。主は次のバッターを送られました。それは「知恵」という名でした。サタンが投球しましたが、知恵はバットを振りませんでした。サタンは次つぎに球を投げましたが、知恵はよく球を見たのでフォアボールとなりました。神の知恵はサタンが投げる悪球に引っかからないのです。

 

神は今、このように愛、信仰、知恵を私たちの人生に働かせ、私たちを成長させようとしておられるのです。3塁に愛、2塁に信仰、1塁に知恵と、満塁になったとき、主は次のバッターを送られました。「わたしはいま最強のものを送る」と主は言われました。それは今まで見たことのないピンチヒッターで、その名は「恵みGrace」でした。サタンが投球し、恵みがバットを振りました。バットが折れるようなものすごいヒットとなりました。しかし「嘘つき」が外野にいてそれを阻止しようとしました。嘘つきのハエは空中にいるのです。教会の中でサタンは悪いうわさやゴシップをはびこらせ、神の栄光を隠していました。「嘘つき」は「まかしておけ!絶対取るぞ!」と叫びましたが、球は彼のグローブを通り抜け、ホームランになりました。4人の走者は全部ホームインして神のチームの勝利となりました。「4」は聖霊のナンバーです。聖霊の働きがこれから強くなるのです。

 

ゼカリヤ4:7「大いなる山よ。おまえは何者だ。ゼルバベルの前で平地となれ。彼は、『恵みあれ。これに恵みあれ。』と叫びながら、かしら石を運びだそう。」

 

「愛」「信仰」「知恵」は人間の働きです。それは私たちをあるところまでは導いてくれますが、ホームインさせるのは 神の「恵み」なのです。

 

ダビデの油そそぎ

 

詩編89:20「わたしは、わたしのしもべダビデを見いだし、わたしの聖なる油を彼にそそいだ。」

 

今主は、多くのダビデのような者を見いだして油を注ぎ、恵みを解き放ってくださいます。先ずすべての土台である「愛」が心から主を求める者たちに与えられていると信じます。そして「信仰」が強くされ、サタンに惑わされることのない「知恵」が与えられてきました。

 

教会は今まで「神と一緒に(with God)」ではなく「神のために(for God)」一生懸命働いてきました。今こそ私たちが「神と一緒に」働く時です。モーセではありませんが「神が共に行かないならば私はどこにも行かない、何もしない」と決意する時です。今まで私たちは「神の手」を求めて「下さい、下さい、下さい!」と言ってきました。でも神は「そうではなくて、わたしの心を求めなさい」と言われるのです。ダビデは神の心を持っていましたね。「わたしの心を捜し求めなさい。わたしの心の内を捜し求めなさい。」と主は言われます。

 

神の心に何があるかご存知でしょうか?

それは人々の魂です。神は人々の魂を求めておられるのです。イエスは私たちに救いを与えるためにこの世に来てくださいました。そして私たちの長兄として進んで十字架にかかってくださったのです。イエスのいけにえの代価で私たちは贖われたのです。

 

御父は今もこの世を愛するゆえに、今度は「あなた」をこの世に与えようとしておられます。私たちは皆、十字架の向こう側に行かねばならないのです。十字架のこちら側にいた時、あなたは手をのばして「主よ、下さい、下さい!

欲しいです!」と言いました。でも十字架のむこう側に行ったならば、聖なる御霊が復活の力をもってあなたの内に働き始めます。そしてあなたはキリストの性質を持つ、キリストに似た者となっていくのですその時、十字架のもとに来る人たちに必要なものをあなたが与えることが出来るのです。その時、あなたは「受ける者」から「与える者」にかわることが出来るのです。

 

主はみなさんに「成長しなさい!大人になりなさい!」と言っておられます。私たちが愛、信仰、知恵を身につけるならば、神は恵みを注いでくださるのです。その時に決して試合に負けることはありません!

 

聖霊を招き入れる

 

聖霊はずっと教会の扉を叩いておられます。人々は「聖霊よ、あなたを尊ぶと言っているグループの中で、あなたが本当に働かれるのを見たならば、私たちの教会にあなたをお迎えしてもいいかもしれませんね。でもまずその人たちが変えられるのを見たいのですよ。」と言います。

私はそれが起ころうとしていると信じます。聖霊に満たされた人々の中で主にある真の愛の交わりが具現化されていくのです。そのようにペンテコステが又現われるとき、それを見た人々は聖霊に心を開くようになります。

 

聖霊があなたに語るのを聞いてください。そうすれば私たちが語るときに、神の言葉を語るようになるのです。

私たちの口から出る言葉も神の言葉と同じように、創造の力を持つようになります。詩編115:16には「天は、主の天である。しかし、地は、人の子らに与えられた。」と書かれています。そして今主は私たちが地を主にお返しするのを待っておられます。「わたしが再び地で働く許可を人々が与えるのをわたしは待っている」と主は言われます。(サタンは私たちの許可を必要としません。彼はどこにでも勝手に無断で入っていく盗人です。)すべてのとりなしの祈り、回心の祈りは、神の介入を許可し招き入れるものです。

 

聖霊は教会の扉を叩いて「入れてください。もし入れてくれれば、わたしはあなたの教会の主となります。そして一人の方、即ちイエス·キリストを顕します。」と言っておられるのです。イエスが教会に来られると、一人の方、即ち御父を顕されます。御父は70年前、非常に嘆かれました。それは進化論が人々に受け入れられ、「人類の父は猿だ」と人々が信じ始めた時でした。進化論が「あなたの父は猿だ」と言ったので多くのクリスチャンも混乱しました。御父はバビロン捕囚のときにされたように70年を区切られました。バビロンは「混乱」という意味ですね。御父は70年間、姿を現されませんでした。今、70年が経ち、御父は再び来てくださいます。私のお父さんは猿ではなく、全能なる神です!私は自分が誰かを知っていますし、御父が誰であるかも知っています。家族なのです。

ずっと前に私は神の御心の真ん中は家族であることを発見しました。御父は家族を大切にする方です。御父が来られるとき家族を大切にされます。ご自分の子供たちがお互いの悪口を言ったり、ゴシップをするのを非常に嫌われます。

 

火のバプテスマ

 

御父は新しい土台を造られます。聖なる霊は愛です。あなたが愛に成長するならば、あなたは聖さにも成長するのです。ローマ1:4に「聖い霊(spirit of

holiness)」とあります。私はどうすれば聖い霊が得られるかを主に訊ねましたが、それは聖霊のバプテスマを受けるのと同じでした。即ち、信仰によって受けるのであり、そしてそれは愛が私のうちで働くときに成長するのです。主は愛という土台を築かれておられ、それは決して壊されることはありません。

 

選ばれる者となる

 

イザヤ48:10に「見よ。わたしはあなたを練ったが、銀の場合とは違う。わたしは悩み·苦しみの炉であなたを試みた。」とあるように、主はこの10年間、私たちを試煉という熱い炉で練られました。

 

マタイ22:14に「招待される者は多いが、選ばれる者は少ないのです。For many are called, but few are chosen. とあるように、すべてのクリスチャンは招待されて、熱い炉に入れられるのです。ある者たちは3週間で、「もう十分だ、ここから出よう。これは思っていたより熱いぞ。私の大事なもの、まだ手放したくないものがどんどん燃えてしまう!」と言って途中で炉から出てしまうのです。人は自分が捧げた分に応じて受けます。ダビデは10年間苦難の炉に中に入っていました。あなたが炉に留まり続けるときあなたは「選ばれる」のです。

 

今御父は、苦難の炉の中から多くの白い石を取り出しておられるのを私は見ます。主はこれらの白い石で土台を築かれます。それは祭司の土台であり、純粋な神の言葉、義と愛で築かれる土台です。

 

火のパプテスマとは聖さの霊であると主が言われました。聖さの霊があなたの生活の中で働き始めると、神の火があなたを燃やし尽くし始めます。私が罪を犯したとき、私は御父から逃げませんでした。かえって私は御父にむかって走っていったのです。そして主が言われることはすべて従いました。もしあなたの足が汚れたならば、天のお父さんのところに走って行き、主の足を掴んでください。神の火があなたの罪をも焼き尽くしてくれるでしょう。(終り)


08 07月

時間   TIME        フランソワ フェネロン


時間   TIME  

               フランソワ フェネロン

 

  時間の使い方は、人生のさまざまな季節に応じて変化しますが、どの瞬間にも当てはまる原則があります。それは「時間を無駄にしてはならない。」です。

 

 どの季節にも、神があなたに課したさまざまな仕事があり、あなたは自分の時間をどう使ったかを神に報告する(義務)があります。創造者の神は、あなたの人生のどの時間(瞬間)も「目的のない」ものとして見ることを望まれません。つまり神は、あなたが神から離れて時間を過ごすことを望んではおられないのです。

 

  重要なことは、神があなたにどのように時間を使って欲しいと願っているかを知ることです。このことは、勤勉さや学校教育、優れた知性によって学ぶのではなく、その人の、純粋でまっすぐな心で、常に神に注目し、神に思いを馳せることによって学ぶのです。

 

 また、自分が何かしたいと思うことが、自己愛(自分中心)からの発想であることに気づいたら、すぐにそれを捨てる。ーー それは「何もしないで時間を過ごす」時を含み、また、間違っていると分かっていることをしているのであれば「時間を無駄にしている」ことになる、加えて、一見「良い」ことをしていると思えても、それが神からのものでなければ、やはり「時間を無駄にして」いることになるのです。

 

  あなたは、神の指示を得るために、常に「神の霊」に頼らなければなりません。 神が何を望んでおられるのかはっきりしない時は、もう一度、神に尋ねてみましょう。そして、あなたに対するその時の神の御心をはっきり理解した時、神の御心をする際に神が下さるものすごい力で前進しましょう。自分が神から離れていくのを感じたら、神に心を戻しましょう。

 

  自分自身を救い主の手に委ね、いつも意識して神が望むことをしようとしているなら、あなたは本当に祝福されているのです。ですから、いつも神があなたに何を求めているかを、決して飽きずに尋ねる習慣をつけましょう。

  それぞれの時間に与えられている責任をその都度果たしてゆく、 神はそのためにあなたを準備しています。あなたがすべき唯一のことは、あなたの気性(例えば怒りっぽいとか)、強い意思・意見、その時の心配事など、あなたの様々な肉的な反応のすべてを、完全に神に委ねることです。 また、その時の自分の外的な仕事量に圧倒されてはいけません。

 

  すべての行動において、「神を称える」ことを求めてください。なぜなら、自分の仕事に個人的に没頭する時、自分の全思考がその仕事を中心に回ってしまう危険があるからです。そのような時には、つい仕事で興奮しすぎたり、落ち込みすぎたりします。

 

  他の人と一緒にいる時間は、あなたにとって非常に危険な時です。そのような時こそ、あなたは神の前に留まることを学ばなければなりません。 あなたと他人との会話の中には、しばしば微妙なものが隠されているからです。

  他の人と過ごす時間にこそ、神があなたを用いて、彼らによい影響を与えるお話しをされることが多いのです。 覚えておいて欲しいのは、あなたの言葉は、大きな善をもたらすこともあれば、大きな害をもたらすこともあるということです。

  さて、何もしなくてよい「空き時間」は楽しいものです。しかし、その時にこそ、日頃あまりできない、神との親密な時間を過ごす秘訣を学ぶために、自分の霊的な力を増進する貴重なチャンスでもあるのです。 主をよく知っている人は、そのような空いている時間を楽しみに待っています。(終わり)

筆者・坂 達也の後書き:

 この文章は1テサロニケ5:17にある「絶えず祈りなさい」をいみじくも説明してくれています。本当に私たちは、文字通り「絶えず祈る」=主と霊的交信・実行をする必要があるのです。


25 06月

「神の計画への服従・降伏」  十字架を抱きしめる     フランソワ・フェンロン


「神の計画への服従・降伏」

 十字架を抱きしめる             

            フランソワ・フェンロン

 

            

                                                    紹介と解説:        WWGM  坂 達也

 

    最初に著者であるフランソワ・フェンロン Francois de Fenelon をご紹介します。彼は1651年に生まれ、1715年に63歳で天に召されましたが、特筆すべきことは、同じ時期に、三人の主イエス・キリストとその十字架を愛する著名なフランス人が出ている事です。

 その一人は「霊的な導き」を書いたミカエル・モリノMichaeru Molinos 師、もう一人は 私が特に傾倒するジャンヌ・ガイヨンJeanne Guyon 夫人、それに、フェンロン師を加えての三人です。私はたまたまこの三人の残した著書を持っていますが、いずれも心から「十字架を抱きしめる」ことを最大の目標としていることにおいて共通しています。

  さて、この17世紀後半から18世紀の初めといえば、フランス史上最長といわれる、悪名高いルイ14世の時代と重なります。フェンロン師はこの文章を読まれればよく分かりますが、真に「自分に(魂)死んだ見本」のような愛の人で、ルイ14世の孫息子=彼は手の付けられないような荒々しい気性の激しい子供で=ほとほと持て余したルイ14世は、この子供の養育をフェンロンに委ねました。フェンロンはこの孫息子を見事に教育し、その功績を称えたルイ14世は、フェンロンに対して、当時の法王を通してカトリックの大司教の地位を与えました。しかし、この孫息子はフェンロンが死ぬ3年前に亡くなり、ルイ14世の後継とはなりませんでしたが、彼は死ぬまで、フェンロンを尊敬・崇拝したと言われ、フェンロンもガイヨン夫人もこの孫息子が後継王にならなかったことを大いに嘆いています。

 

 ついては、私自身の3冊めの本の「はじめに」で、私はパウロが書いた1テサロニケ5:16−18に触れ、特に17節の「絶えず祈りなさい。」の意味をご紹介しましたが、その折に、父と子を代表する「聖霊の神」は「私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。・・・」(ガラテヤ2:20)を引用し、私たちが真のクリスチャンになれば、聖霊が、私たちの心の中に入って来られ、私たちと共に生きてくださり、毎日色々指示して下さることが実現する。すなわち、私たちクリスチャンは、「絶えず祈る」ことによって、すべて主の言われることに従っていれば、たとえ世の中がひっくり返ろうと、安心して「「いつも喜んでいられ、すべてに感謝しておられる」と説明しました。

 

 ガイヨン夫人の「イエス・キリストの奥深い経験をする」という本によれば、

(上記の)「絶えず祈る」ことによって、私たちがどんな状態で、どこにいて、何をしていても、常に神の臨在の中で生きることを経験し続けることができる、と言われます。

 

 ところで、ルイ14世と言えば、ジャンヌ・ガイヨン夫人を悪名高いバステイーユ牢獄に裁判無しで閉じ込められ、そこで夫人は6−8年過ごしたと言われますが、この間にフェンロンはガイヨン夫人と密接に連絡を取り、励まされたと言います。

 それでは以上でフェンロン師の紹介を終わり、以降は彼の書いた「神の計画への服従・降伏ー十字架を抱きしめる」の本文に入ります。

 

= = = = = = = =

 

 みなさんが色々なトラブルに陥っている事を、私は本当にお気の毒に思います。しかし、そのトラブルが、神様は必ず皆様のためにお働きになっておられる証拠であることを私は知っています。

 それは、神様があなたを心から愛しているからであり、それゆえにあなたが苦しむのをを惜しまないということを忘れないでください。

神様はあなたを愛しています。それゆえに、イエス・キリストの十字架をあなたの上に置いてくださっているのです。

 

   あなたがどんな啓示を受けようと、どんな感動的な体験をしようと、それがあなたを正しく導くものでなければ意味がありません。

どんな啓示を受けようと、どんな感情的な経験をしようと、それがまさに現実的で絶え間ない「自分に死ぬ」という実践に結びつかなければ、価値はありません。すなわち、自分自身の「自己中心の性質」に死ぬことを、現実的かつ継続的に実践しなければ意味がないのです。残念なことに、苦しみなしに「自分に死ぬ」ことはできません。

 そして、自分中心の性質がまだ少しでも生きているなら、「自分は完全に死んだ」とは言えないことは確かであるのです。

 

 神があなたにもたらす「自己死」は、あなたの心の奥底にまで突き刺さり、あなたの霊と魂を分断します。

  神はあなたの内面に、あなた自身には見えないものをすべて見ておられ、特に致命的な打撃を与えるべき場所を正確に知っておられます。

 神は、あなたが最も諦めたくないものに真っ直ぐに向かって来ます。痛みは、生命があるところでのみ感じられるものです。そしてこの状況では、その生きているところこそが まさに死を必要とする場所なのです。

 

  あなたの父なる神は、すでに死んでいるものに切り込むことで時間を無駄にしません。もし父があなたをそのままにしておきたいのであれば、必ずそうされるでしょう。父は、あなたの古い罪の性質を 破壊しようとしておられるのです。それはあなたの生きているものに切り込むことによってのみ達成できるのです。

 

 しかし、あなたが最初に神を信じ、自分を捧げたときに永遠に放棄したはずの、邪悪な欲望だけを神が攻撃するとは思わないでください。むしろ、神はあなたが感じている素晴らしい自由の感覚とか、今、あなたに精神的な安らぎを与えているもののすべてを取り去ることで、あなたを試すかもしれません。

 

  あなたは抵抗しますか?それへの答えは絶対にノーです。神のなさる すべてを受け入れるのです。「あなた自身の(魂の)死」を自ら率先して志願してください。なぜなら神は、あなたが神にそれを許す範囲でのみ、あなたが必要とすることがらを神は実行されるからです。神があなたの人生に起こそうとしている霊的な進歩を拒否すべきではないのです。

 

  今、神が喜んで下さるその喜びのために、あなた自身が頼っている神の喜ばないすべてのものを、放棄してください。それは霊的なものを含めてです。

 

信仰の薄いあなたたちよ!何を恐れているのですか?

 自分のよいと思っている力を奪われたとき、神がより良いご自分の御力をあなたに与えないとでも恐れているのですか?

あなたが持っている小さな力をなぜ主は取り去ろうとしているのか、分からないのですか?それは神があなたの全面的な供給者となるためであるからです。

 

 霊的なレッスンは痛みを伴うかもしれませんが、主はあなたの信仰を浄化し、神があなたのために用意した「神の仕事」を完遂するために必要な最もよい完璧な「神の手段」を用意したおられるのです。

  私は、クリスチャンの教会の「なすべき仕事」を前にしてあらゆるこの世的な助けの手段を神が遮断するのを、見て来ました。

 神は嫉妬深い神です。神はあなたに必要な最高のものを用意される方です。

 

  主のご計画に一切身を任せましょう。神は、あなたを連れて行こうとするところに、あなた自身が導かれることを、あなた自身に期待し、それのみをあなたに待ち望んでおられます。

 自分で人に助けを求めるときは注意が必要です。

  神があなたに与えるようにとその人に与えるものしか、彼らは、あなたに与えることができないことを忘れないでください。

   蛇口から水が飲めなくなったからといって、なぜあなたが困るのでしょうか?あなたは今「永遠に流れ出る泉」からふんだんに飲むように導かれているのです。(続く)


 Page 1 of 193  1  2  3  4  5 » ...  Last »