WWGM

Walk With God Ministries


27 02月

ビリー・グラハムの死が世界に大リバイバルをもたらす       坂   達 也      2018年2月27日


リバイバルがやって来る!誰がその火を点け、

     誰がその実となる未信者を導くのか (その三)

 

ビリー・グラハムの死が世界に大リバイバルをもたらす

 

               坂   達 也

 

 

ビリー・グラハム師が99歳で天に召されました。彼は生涯を通じて、2億1千5百万人の観衆に向かってゴスペルを語り、それにラジオとテレビの聴衆を加えれば、その総数は少なくとも220億の人たちが彼の福音のメッセージを聴いたと云われ、そして、その内少なくとも3億2千万人の人が救われたと云われます。人間の歴史において、未だかってこれ程の宣教活動をした人はいません。

 そのグラハム師が云われた言葉の中で、私が最も学ぶべき感銘した言葉を一つ挙げるとすれば、師が「エヴァンジェリストとして成功する秘訣は、もっと多くの時間を聖書の学びと祈りに費やすことである。」と云われた言葉です。

 

ついては多くの預言者が、神から彼に対する預言をいただいています。今回そのうちの二人の預言をご紹介します。

最初に、オーストラリヤの預言者ラナ・バウサーLana Vawser 師の預言ですが、彼女は、主が、二年前の約二ヶ月の間、断続的に、ビリーグラハム師に関する預言的な夢を見せてくださったと云い、その冒頭で、先ずビリー・グラハム師個人の家庭での生活の様子をビジョンで見たと証ししております。

 

 

1)ラナ・バウサーLana Vawser 師の預言

 

私は夢の中で、ビリーグラハム師が天に召される時が来たら、エリシャがエリヤに願った「エリヤの二倍の霊の油注ぎ」(2列王記2:9)を地に解き放つと主が云われるのを聞きました。エリシャのミニストリーとは、めざましいしるしと奇跡、そして顕著な預言的宣言と命令に満ちたものでした。この「天からの布告」は夢の中で二度与えられたので、それが「証しすべき天命」であると私は受取りました。そしてその瞬間、私の回りの大気に電気が走りみなぎるのを感じたのです。それは聖霊による力であり、聖霊が一つの時代が終り、次の新しい時代の始まり(ニュービギニング)を告げる——その時代とは、人間の歴史始って以来最高の霊の働きによる「最大のハーベスト」の時に入ることを意味します。

 

ビリーグラハムの死は、イエス・キリストの福音に対する「師の油注ぎ」がこれからの時代の働き人全体に大きく注がれることを象徴します。それは霊に満たされたビリーグラハム師の口からほとばしり出た、純粋にして美しく、且つ単純でストレートなメッセージにこそ力があり、それが今の時代に最も必要な「霊の覚醒 great awakening 」をもたらすと確信します。その覚醒はエバンジェリストだけではなく、すべてのクリスチャン信仰を持つ者の心に宣教の火を点けるものであるのです。

彼の死が、これから収穫にたずさわる人たちに、油注がれた収穫のマントを着せ、大きな霊的シフトを地上のあらゆる場所にもたらします。そのシフトは既に始っていて、これからどんどん加速されて行きます。それに従って神の栄光の輝きが目に見えて増して行くでしょう。

キリストにあっての義と真実の実、それに神の愛の炎が益々増し加えられ、既に救われた人たちの多くが、主イエスに遭遇する経験をし、初めて救いの真のゴスペルに触れたかのように、改めて救われる経験をもう一度するでしょう。

 

多くの人たちが預言のマントをいただいて、主がされておられることをビジョンを通して霊の目で見る能力と油注ぎが増し加えられます。それはエリシャが若い従者の目を開いて、見えるようにしてくださいと主に祈ったようにです。(2列王記6:17)それが倍増する油注ぎがいただけるのです。そして主から御ことばをいただき預言することによって、天で行われていることを地で行う、そのための主のやり方を知り、宣言し、人に教える、そうすることによって癒しを含む多くの回復の奇跡とか realignment 再調整、再配列、その他考えられないような神の力を発揮することができるようになります。

 

私たちがビリーグラハム師の死後、彼がそうであったように、師のきよい、へりくだった、誠実で愛に溢れ、すべてを主に委ねる生き方を踏襲するように主から示されました。それがビリー・グラハムの神聖さとへりくだりのマントと云えます。そして、主は最後の収穫の時に私たちが最も注意すべきことは、プライドと傲慢さを持たないこと、そして恐れないことであると強調されました。すなわち、最も重要なことは、私たち自身のしたいことのアジェンダとか、自分たちの考えで刈入れの仕事を行わないことです。私たちが主ご自身の考えとやり方ですべてのことを行うことに徹して初めて、最後の大収穫と聖霊のムーブメントになります。(以上でラナ・バウサー師の預言終り。)

 

次に、ランス・ウオールナー師の預言をご紹介します。師は先ず、2006年に預言したキム・クレメント師の預言のことばと、その後で、同じ2006年にベニーヒン師とマーク・シュロナ師がそれぞれ預言し合ったテープの録画を紹介します。この三人の預言は、前に紹介したラナ・バウサー師の預言とほぼ同じであり、どちらもビリー・グラハム師が死ぬ日に、エリヤのマントが弟子のエリシャに渡されたと同じように、ビリー・グラハムのマントが地に解き放たれることを預言し、それが次の世代に大きな影響を与えることを預言しました。その後でウオールナー師が、キム師とベニーヒン師/シユロナ師の預言の解釈という形で、ウオールナー師自身の預言的考えを次のように説明します。以降はウオールナー師のメッセージです。

 

 

2)ランス・ウオールナー師の預言のことば

 

ビリー・グラハム師は、エリヤのような偉大な聖人が天に召されたとき、エリヤのマントがエリシャの上に落ちたように、天に召される日にビリー・グラハムのマントが地に解き放たれます。そのマントは、それ迄神によって隠され、長い間霊的訓練を受けて来た一団のクリスチャンの上に落ちるのです。そしてそのマントを纏った彼らがヨルダン川を渡ります。

ビリーグラハムは確かに神から特別に与えられたマントを持った人でした。世界185の国々を廻って宣教し、彼程アメリカの歴代大統領を含む世界の多くの国家元首と政治家に会って、個人的に神を説き、交わりを持ったエヴァンジェリストは他にいません。まさに彼は「国政のエヴァンジェリスト」というにふさわしい人です。

世界には、GDP順にいって1位アメリカ合衆国が22兆ドル、次はその半分の中国で11兆、3位は日本の4.8兆ドル、4位ドイツ3.4兆、5位英国2.5兆ドルと大国が続く中で、1兆ドル以下の小国が170カ国もあります。そこで神はトランプ大統領を起し、圧倒的世界一の経済国であるアメリカの地位を維持させるとともに、世界に台頭する悪魔の配下にいるグローバリストたちを抑える役目を果たさせるのです。

トランプ大統領は、既に自分が公にクリスチャン信仰を持っていることと、イスラエルと世界のクリスチャン国を助けることを約束しております。そしてイスラエルの首都はエルサレムであることを世界に向かって宣告しただけでなく、アメリカは大使館をエルサレムに移すことを前倒しでこの5月に実行すると最近発表しました。

それと時を同じくしてビリー・グラハムの死を期して、彼のマントを着た真の神の宣教の精鋭軍団が世界中で起こされますが、それは既成のクリスチャン教団教派が大きくなったのではなく、むしろ個人として世界中に立ち上がり、神によって世界に解き放たれる人たちであり、この人たちによって世界中にリバイバルが起こされます。

今はその時に入ったのです。サイラス(クロス王)の再来といわれるトランプ大統領(訳者注:これはウオールナー師自身が以前に主からいただいた預言です)が今後世界の政治家に協力を呼びかけ、世界中に宣教のための大競技場を提供させる等の便宜を図る一方で、ビリー・グラハムのマントを着た多くの若い宣教の精鋭たちが世界中に起こされ、出て行きます。その人たちとは、今30歳前後のミネリアムと云われる世代の若い人たちが中心です。その人たちの多くは、ごく普通のクリスチャンであって、単にリバイバルという個人の「魂の救い」だけに携わるだけでなく、むしろ、グラハム師のマントが世界の政治家に関わったように、地に御国を建ち上げるという主の本来のご計画に沿った、国家 nations という単位で、国そのものを大きく改革することが最終的な目的であり、デスティニーであるということにご注目ください。

従ってこの若者中心のリフォーマーたちが、国の政治経済、工芸文化、芸術からメデイア関係に至る迄のあらゆる分野に進出し、天から前代未聞の全く新しい創造的なアイデアと知恵をいただきながら必要な奇跡を起こすのです。こうして170カ国の小国に宣教が押し進められ、世界全体に終末の大収穫がもたらされるというのが主の御心です。(ウオルナー師のメッセーメッセージ終わる。)

 

========

 

以上、私はビリー・グラハム師の死を迎えるに当っての画期的な預言を二、三ご紹介しましたが、もう一つ上記のウオールナー師のメッセージに付け加えるとすれば、彼はメッセージの途中で、晩年のビリー・グラハム師自身が自分がしたことを顧みて述懐しているビデオテープを紹介したことです。その中でグラハム師は自分が語って来たことを一言でいえば十字架のメッセージであることを強調しておられたことが印象に残りました。

 

さて最後にお伝えさせていただきたいことがあります。それは昨日トランプ大統領からの発表があり、この2月28日と3月1日の二日間、ビリー・グラハム師の遺体がワシントンDC米国議会議事堂のキャピタル・ロタンダといわれる大ドームの下に運ばれ、師の特別の功労を称えるべく(国葬に準ずる)特別に安置され一般の人々に公開されます。その後の3月2日にビリー・グラハム師の生誕の地ノースカロライナ州シャーロット市にある師の記念図書館にて告別の葬儀が行われ、それに大統領が出席します。その後で遺体はその地に埋葬されることになったようです。

 ところで、シャーロット市といえば、同じ町に「スーパーナチュラル」ミニストリーでおなじみのシッド・ロス師の住まいとミニストリーの本拠地があります。また、そこからそれ程遠くないところにリック・ジョイナー師の本拠地もあります。ロス師は昨日の放映で、このビリー・グラハム図書館をぜひ訪問することを奨めるとともに、この図書館内には一つの樹を切り倒した古い根株があることを紹介しました。

それは昔グラハム師がバイブル・カレッジに在学中の或る夜、自分の信仰に疑いが起きた時、この切り株に聖書を持ってひざまずき、必死の思いで主に「私は主のみ言葉が書かれているこの本をよく理解できません。しかし今夜、私は主に向かって、この本に書かれているすべての言葉を信じます。」と泣きながら決意の宣誓をし、その信仰の告白と嘆願が本日のグラハム師の偉業を築き上げたと書かれているそうです。すばらしいではありませんか。ビリー・グラハム師は数日後に、この切り株のあるご自分の出発点とも云える記念図書館に帰って来て埋葬されるというのです。この場所は彼の肉の生家としての出発点であるとともに、この世で主からいただいたデスティニーを成し遂げて帰って来た地であるとも云えましょう。誠に神のなさることは何と奇しくすばらしいではありませんか。ハレルヤ!(終り)


13 02月

リバイバルがやって来る!」    誰がその火を点け、誰がその実りとなる未信者を導くのか                  坂  達 也


リバイバルがやって来る!」

   誰がその火を点け、誰がその実りとなる未信者を導くのか

 

                 坂  達 也

 

 私たち夫婦がヘンリー・グルーバー師夫妻を日本に初めてお連れした1995年頃の日本は、大げさに言えば、国中のクリスチャンが「リバイバル」「リバイバル」とリバイバルへの期待と掛け声で湧いていました。私たちを招いてくださったある教会では一日4時間から8時間もリバイバルのために祈り込まれていたことが懐かしく思い出されます。それ以来「リバイバルがやって来る」という声は聞こえて来ましたが実際にはほとんど何も起きていません。そして今ではたまに「リバイバル」という言葉を聞いても誰も興奮しません。

そんな中で最近また「リバイバルがやって来る!ー早ければ2018年に、あるいは2019年、そして20年には世界中に広がる」と云う声が掛ったのです。私たちはその事を先週ご紹介しましたが、それを読んでも恐らく誰も「そうか!」と興奮して椅子から立ち上がった人はいなかったと思います。しかも「やって来る!」と云ったのがリバイバルの歴史に詳しい、そして最後の大リバイバルに関する多くの預言を主からいただいて「ハーベスト」という本を著した預言者の第一人者である、リック・ジョイナー師が云われたのであってもです。

 

そんな思いをもって4、5日経った後、折からジョイナー師のモーニングスター・ミニストリーで、年一度の「アドバンス預言者カンファレンス」がこの2月8−11日に開催されました。私たち夫婦はこの実況を聞きました。色々な意味で、このカンファレンスで語られたリバイバルとアウェークニングへの預言は、いよいよ本物のリバイバルが来ることを真摯に宣言していると受け取りましたが、それは、決して浮ついたものではなく、むしろ厳粛な思いと「主からの厳しい叱責」を会場にもたらしました。講師はチャック・ピアース師、ポール・キース・デイビス師、それにほとんど無名の30歳のジェロマイヤ・ジョンソン師でした。そしてジョイナー師が日曜日の礼拝で締めくくりました。

 その報告を全部させていただく紙面がありませんので、今日はハイライトとして弱冠30歳の預言者ジェロマイヤ師の預言とそれを受けたジョイナー師のメッセージを要約してお伝えします。

 

ジェロマイヤ師のメッセージ

 

私はアメリカの色々な教会を訪れました。最近では、多くの教会からリバイバルのための預言とメッセージを頼まれて訪ねるのですが、そこで預言、超自然の力、奇跡、癒し、或は祈りやワーシップを強調すれば会場は沸き、喜ばれますが、「ホーリネス(聖さ)」と「罪の悔い改めの必要」を語ると、会場はシュンとして静かになってしまいます。私は天国の実質とリアリテイーとは、何をさておいてもホーリネスが根底にあり、クリスチャンの本質は十字架、イエスの血潮、復活の力にあると説くと、その集会での献金謝礼はグンと落ちて旅費にもならないのです。確かにアメリカには多くのすばらしい教会があり、中でもビルジョンソン師のべテル教会とマイク・ビクル師のIHOPの二つはアメリカを代表する二大教会と云えます。しかし、聖書では「三つを束ねると最も強い」と言われます。その三つ目の教会とは、他ならぬサウス・カロライナ州のこのリック・ジョイナー師のモーニングスター教会です。本教会の担う責任は、迫り来るリバイバルにとって最も重要かつ最も必要な「罪の告白と悔い改め」を説き、神を畏れ「神聖さ」を第一に強調する最も大きな任務があると私は固く信じます。リバイバルの歴史を見れば明らかです。代表的なリバイバリストにジョナサン・エドワードがいますが、彼は「ホーリネス」と「悔い改め」のメッセージ抜きではリバイバルは絶対に起きないことを示した代表的なメッセンジャーと云えます。(以上ジェロマイヤ師)

 

ジェロマイヤ師は「私たちクリスチャンリーダーと教会は、神を喜ばすメッセージをすべきでしょうか、それとも人間を喜ばす説教をするべきでしょうか?」と問い掛け、「自分はモーニングスター・ミニストリーにこの預言を伝えに来た」とはっきりと宣言したのです。そしてジョイナー師は、そのメッセージが神からの預言と受け取り、彼自身その責任を預かることを日曜の礼拝メッセージではっきりと認めました。

 

 

「輝く聖さ」を持つクリスチャンが今こそ現れよ

 

 ところで私は、今朝コンピューターのデスクトップに、どういう訳か未だに残っていた昨年6月に掲載したWWGM のメッセージの原稿ーーフランシス・フランジペン師の「輝く聖さ」という表題にふと気が付き、目が吸い込まれました。普通なら既に所定のファイルに移されているはずのこの原稿がどうして残っていたかはわかりませんが、今日の題材はマタイ5:8に書かれている「聖さ」にあると言う思いを昨夜から与えられていましたので、私はこれは主からであると確信しました。以下はそのフランジペン師のメッセージからの抜粋です。

 

「・・・聖霊は私たちをイエスの御前、イエスの臨在へと導いてくださり、そこにおいて私たちはイエスと結び合わされ交わることによって(イエスの)聖さを受けとらねばなりません。私たちが求める聖さとは、キリストご自身が持っておられる素晴らしいいのちです。・・・すると、私たちは普通に言うところの「イエスを信じる信仰」以上のものを持ち始めます。私たちは、実にイエスが持たれる信仰のレベルと質をもって、イエスと同じように信じ始めるのです。私たちを聖くするのは、私たちの内におられる神です。

小さな止まり木に満足気に心地よく座っていた私たちを揺すぶり振り落としてもらいましょう。そうすれば私たちは大きなおののきと大きな喜び、深い礼拝と聖なる畏れをもって、ご自分の意志と目的のために私たちを引き寄せてくださった神のリアリティーへと近づくことができます。・・・考えてみて下さい。初めに創造主はご自分の姿に似せて人を造ろうと思われましたが、そのお方の御霊があなたの内に、今、おられるのです。

 

聖くなるために・・・あなたは二人の主人に兼ね仕えることはできません。光と闇に、罪と義に、自分と神に、同時に仕えることはできません。光があなたの内にあります。しかし闇も又、あるのです。私たちの世界は暗やみの世界です。私たちの肉の思いは、いまだに暗やみが活躍する舞台になっています。選択を迫られる世界で私たちは光を選び取らねばなりません。

もしあなたが自分の意志と思いを神に集中するならば、あなたの全身は光で満ち、あなたの内におられる神の栄光を完全に表すことができます。しかし、もしあなたに二心があり、罪や悪の思いに留まり続けるならば、あなたの光は徐々に暗くなり、遂には暗やみで満ちてしまいます。イエスは「だから、あなたのうちの光が、暗やみにならないように、気をつけなさい。」(ルカ11:35)と警告されたのです。・・・

自分の救いに関して何もせず、神を求めず、神に従うことを拒否するならば、あなたは闇の中にいるのです。「まあ、いつか自分は何となくそれなりに良くなっていくだろう」というような、当ての無い希望で自分を慰めるのをやめてください。決意という武具で身を固めてください!もしあなたの光が闇の中に埋もれているとしたら、その闇はどんなにか恐ろしいことでしょう。光の子たちよ、あなたがたは闇を憎まねばなりません!闇は地獄の実体です。それは神の存在しない世界なのです!・・・

私たちのからだはあかりが輝くように栄光で輝くのです。これは途方もなくすばらしい希望ではありませんか。私たちのからだ全体が神の臨在によって輝き、暗い部分が全くなくなるというのです。

霊的に成熟した者、あるいは神の聖者のためには、光と栄光に輝く衣が用意されています。それは変貌の山でイエスが着ていた衣と同じものです!それは永遠の中でだけまとう輝きではなく、今ここで、即ち「曲がった邪悪な世代のただ中で」「世の光として輝く」ことです。(ピリピ 2:15、16)

 

エペソ5:8「あなたがたは、以前は暗やみでしたが、今は、主にあって、光となりました。光の子どもらしく歩みなさい。」今、あなたは光のこどもです。これは単なる比喩ではありません。神の栄光があなたの内とあなたの周りにあるのです。それが霊的なリアリティーです!

ではあなたのうちにまだ残っている暗やみはどうなるのでしょうか? パウロを続けて言っています。エペソ5:11、13「実を結ばない暗やみのわざに仲間入りしないで、むしろ、それを明るみに出しなさい...けれども、明るみに引き出されるものは、みな、光によって明らかにされます。」

あなたの暗やみを隠さないで、明るみに出してください。暗やみの言い訳をしないで、告白してください。憎んでください。断ち切ってください。なぜならば、暗やみがそのまま闇の中に留まっている限り、それはあなたを支配するからです。しかし暗やみを光の中に持ち出すならば、それは光となります。今まで隠していた罪を持って神の恵みの御座に大胆に進み告白するならば、神はすべての罪からあなたをきよめてくださるのです。(第一ヨハネ1:9)あなたがもし再び罪を犯すならば、また悔い改めてください。あなたの中で罪の習慣がなくなるまで何度でも悔い改めてください。」(引用終り)

 

私はこのフランジペン師のメッセージに改めて心打たれました。なぜならマタイ5:8「心のきよい者は幸いです。その人は神を見るからです。」という御ことばこそは、私にとって最も大切な座右の銘として来た御ことばの一つであるからです。この真に「主を見ることができるようになる」ためにはこの「聖さ」が絶対に必要です。

前にもご紹介しましたが、ピアース師が今回も語られたことがあります。それは、今年(ユダヤ暦5778年)の課題は、クリスチャンが信仰を改めて改革・リフォーメイションする「新しい出発ーニュービギニング」の年であることです。いよいよ終末のリバイバルが来ると預言されて来た大ハーベストが始ろうとしています。

 

しかし問題は、誰がその火付け役になるのでしょうか。そして誰が、これから生まれて来る大漁のリバイバルの網にかかった人たちを真の悔い改めに導き、真のキリストの花嫁に育て上げるのでしょうか。

そのために、私たちはサムエルを育てようとした大祭司エリであってはならないのです。ーーエリは主を愛しましたが自分の二人の息子 ホフニとピネハス二を厳しく躾けることをしませんでした。主は、今の時代の教会のリーダーたちが、エリと同じように信徒を甘やかし「熱狂的であれば後の罪は放任する」という大きな罪を犯していることに怒りを発しておられると、ジェロマイヤとジョイナーの両師がそれを指摘していることを最後に改めて強調させていただきます。そのような今の教会の信徒こそを先ず誰かが厳しく悔い改めに導く責任があるのではないでしょうか。

 

終末の時代に生かされている私たちクリスチャンの教会の多くは、今本当に惑わされています。それは真の福音からは程遠い「妥協し水増しされた福音」しか語られていないとジェロマイヤ師は叱責しました。私はそのメッセージを真摯に受止めました。どうぞ皆さん、これについてぜひお祈りいただきたいと心から願う者です。(終り)


05 02月

心の目を開いてください     坂 柚実子       2018年2月5日


心の目を開いてください

 

                   坂 柚実子

 

黙示録22:18、19「私は、この書の預言のことばを聞くすべてのものにあかしする。もし、これにつけ加える者があれば、神はこの書に書いてある災害をその人に加えられる。また、この預言の書のことばを少しでも取り除く者があれば、神は、この書に書いてあるいのちの木と聖なる都から、その人の受ける分を取り除かれる。」

 

マタイ5:18「まことに、あなたがたに告げます。天地が滅び失せない限り、律法の中の一点一画でも決してすたれることはありません。すべてが成就されます。」

 

私たちは聖書の言葉を変えることは神が禁じておられることだと教えられています。これに反して讃美の歌に関しては、「主にむかって新しい歌を歌え」と詩編の中に何度も書かれていますし、またイザヤ書や黙示録にも「新しい歌」という言葉が出てきます。

 

イザヤ42:10「主に向かって新しい歌を歌え、その栄誉を地の果てから。」

 黙示録5:9「彼ら(四つの生き物と二十四人の長老)は、新しい歌を歌って言った。」

 

聖書の御言葉は永遠に変わらないもの、一方歌はどんどんと新しい歌を歌ってよい、いや、歌わねばならない、ということに私は興味を持ちました。讃美は私たちの霊や魂から出るものです。慣れ親しんだものだけではなく、その時の私たちの心から出る讃美を主は喜ばれるのだと思います。その最たるものはスポンテニアス(即興的)な霊歌でしょう。又その時代に新しく作られる曲は、その時代に沿ったものとなるのも当然だと思います。

 

私は「心の目を開いてください」というテーマの歌が3つあるのに気がつきました。

 

1.まず 新聖歌38番で、クララ・スコット(Clara Scott により1895年に作詞作曲されたものです。

 

わが目を開きて さや(明)に見せたまえ

今まで知らざりし みふみの真を

我今しずかに 我が主を待つなり

主よ 与えたまえ 悟りを

 

 

Open my eyes that I may see

Glimpse of truth Thou hast for me

Place in my hands the wonderful key

That shall unclasp and set me free

Silently now I wait for Thee

Ready, my God, Thy will to see

Open my eyes, illumine me,

Spirit Divine!

(私のためにあなたが与えてくださる真理を垣間見ることができますように、私の目を開いてください。私を解放し自由にする素晴らしい鍵を私に与えてください。今私は静かにあなたを待ち望みます。私の神よ、あなたの御こころを切に求めます。聖なる御霊よ、私の目を開けて、悟りをお与えください。)

 

これは詩編119:18「私の目を開いてください。私が、あなたのみおしえのうちにある奇しいことに目を留めるようにしてください。」からテーマを取っているそうですが、主の御前に静まり、主の真理と御こころを知るために霊の目を開いてくださいと願っています。讃美歌や聖歌の古い訳は、私を含め古い年代にとっては非常に歌いやすく、優れていると思われるのですが、若い人には難解なのでしょう。また英語の歌詞を日本語に訳す時は、散文とは違い、曲の中に収めねばならないので、全部の内容を訳しきれないことが多く、元の歌詞と較べると確かに抜けている部分がありますが、すばらしい訳になっています。深い内容であり、さっと表面的に歌ってしまうのではもったいないものです。

 

2.次に1976年に ボブ・カル(Bob Cull)が作詞作曲したものです。

 

開いてください 心の目を

さらに深く 主を知るために

開いてください 心の耳を

さやかな御声を 聞き取るために

Open our eyes, Lord

We want to see Jesus,

To reach out and touch Him

And say that we love Him

Open our ears Lord

And help us to listen

Open our eyes, Lord

We want to see Jesus

(主よ、私たちの目を開いてください。イエス様を見たいのです。主に手を伸ばし、ふれて、「愛しています」と言いたいのです。主よ、私たちの耳を開いて、聞こえるようにしてください。主よ、私たちの目を開いてください。イエス様を見たいのです。)

 

ボブ・カルは、1960年代末から70年代はじめにかけてカリフォルニアで起こったジーザス・ムーブメントの中で救われ活動した作曲家です。ジーザス・ムーブメントは堅苦しいキリスト教という宗教を見捨てた若者たちが、シンプルにジーザスを求めたムーブメントでした。ベトナム戦争やウオーターゲイト事件が起こる中で、本当に信頼できるものを彼らは求めたのです。

ボブと妻のジョイは1976年にハワイに移住し、ジーザス・ムーブメントをハワイにもたらしました。ハワイの若者たちがボブのメッセージに心を開かなかったとき、彼は苦しみ、その苦しみの中から生まれたのが、「Open our eyes, Lord 開いてください、心の目を」だったのです。ボブは若者を自分の言葉で説き伏せるのではなく、彼らの心の目を主が開いてくださるようにと祈ったのです。難しい理屈ではなく、彼ら自身が 主を見て主の御声を聞くことこそ、真の救いの鍵であることを彼は悟ったのです。「心の目を開いてください。イエスを見て、ふれて、愛を告げたいのです。」というシンプルで熱い思いが歌われています。

 

3.次に2000年にポウル・ベロシュ(Paul Baloche)が 作詞作曲したもので、かなり乗りのよい曲になっています。

 

わが心の目を 主よ 開いてください

主イエスを見るために

高く上げられた 栄光に輝く

主イエス あなたに

愛をささげるため

Open the eyes of my heart, Lord

Open the eyes of my heart

I want to see you

I want to see you

To see you high and lifted up

Shining in the light of your glory

Lord, pour out your power and love

As we sing holy holy holy

(私の心の目を開いてください、主よ。私はあなたを見たいのです。私はあなたを見たいのです。高く上げられ栄光の光に輝くあなたを見たいのです。主よ、私たちは「聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな」と歌います。今、あなたのちからと愛を注いでください。)

 

ポウル・ベロシュは、数々の賞を取っているシンガー、ワーシップリーダー、ソングライターです。教会のワーシップのためにセミナーを開いたり、指導書も出版していて、

教会のワーシップが霊的に高められために力を注いでいる人です。この歌は栄光に輝く王なる主の姿を人々に示し、聖なる畏敬と共に強い敬慕の念を表現しています。

彼はワーシップに関して「it‘s simply about intimacy with God.それは神との親密さに尽きます。」と言っています。

 

以上ですが、皆さんが一番親しまれたのは、どれでしょうか。

三つとも「心の目を開いてください」と真摯に主に願っていることに心打たれます。「私たちは見える」と主張しない者は幸いなのです。目を開けて頂くことによって何を見たいのかが、少しずつ変化しているのが非常に興味のあるところです。製作された年が1895年、1976年、2000年と離れていて、それぞれにその時代の教会の姿を映し出していると思います。伴奏も、恐らくオルガンからギター、そしてドラムの入ったバンドへと変遷してきたのではないでしょうか。

私の信仰生活はこの3曲が代表するいろいろな時代の讃美を知り、愛し、歌ってきました。それは私にとって大きな財産です。長く歌い継がれているものは、そこに主の息吹が吹き込まれているからに違いありません。ヘンリー・グルーバー師は、「天で今行われているワーシップを聞き、それに合わせなさい。」と常に言われています。それこそがワーシップの究極の秘訣ではないでしょうか。(終り)

 


17 01月

ニューヨークの私たちの家の証   坂  達 也       2018年1月17日


ニューヨークの私たちの家の証

 

                 坂  達 也

 

 先週末に待ちに待った引越し荷物が着きました。私たちの新居には運送会社の人たちによって二日掛かりで、それぞれの部屋に荷物が運び込まれました。特に前より狭いスペースの私の書斎兼マスターベッドルームは足の置き場も無い程荷物が溢れ、その整理に追われて数日間は何も手に着かず、ついに、皆様への毎週のメッセージを日本の火曜日までにお届けすることができませんでした。

 

 問題の一つは、ばらばらに分解されて来た本棚を元通りに組み立てるのに丸三日も掛ったことです。この本箱は北欧の Ikea 製で、釘類は一切使わず実に巧妙に設計された do it yourself の製品です。分かり易い説明書がついており、器用な人なら恐らく3時間以内に完成しているでしょう。ところが私は前に一度経験しているからという安易で増長した心構えがわざわいして、忠実に説明書通りにやったつもりが二三の手抜きをしていることが判明したのです。それは二日目の夜になって、見るに見かねた家内が説明書と照らし合わせた結果、私が大きな間違いをしていたことを発見しました。そこで翌日もう一度最初から見直し、一、二カ所にねじ釘を使いましたが、やっと何とか使い物になる程度に出来上がりました。

 実はここに至る迄、私は何度も主におうかがいし、主が正しいやり方を示して下さることを期待したのですが、主は何もおっしゃらないのです。それが分かるのは、そのお願いをした直ぐ後にまた別の間違いを起こしているからです。そこで改めて主を見上げてみますと、確かに主は私の側におられ、微笑みをもって私を優しく眺めておられるのが分かるのです。私はなぜ主は何もされずに見ておられるのですかと聞きましたが、主は無言でした。しかし私には平安がありました。

 

 そうしている間に私は、年の所為で自分の頭がこれ程迄に著しく融通が利かなくなり、若い頃と比べれば比べものにならない程「激しい能力低下」に陥っていることに嘆くと言うより、むしろ大きな驚きを覚えました。そして実際に何もなさらない主を見上げて、その「何もされない」ことこそが主の御心であり、私のためであることが分かり始めました。

 

 それで主が私に分からせて下さったことは、私が自分の「年相応に衰えていく」ことを主は許しておられる。それも霊的成熟に貢献するためのプロセスであるということでした。確かに人間は年とともに生まれ持った能力は衰えて行きます。しかし、そのようにすべてが衰えるように造られたのは主です。

 しかしながら私たちはクリスチャンとして往々に、万能な主は私たちを若返らせて下さったり、スーパー能力とか奇跡を起こして下さると期待しがちです。確かに主はすべてが可能なお方で、時に必要な際にそのような奇跡を起こさせて下さいます。しかし年を取って衰える過程での私たちには、若い時にはできない、より重要な「霊的成熟の完成」に向かっての「老成した者の若い世代への配慮・注意深さ」とか「円熟さとその知恵」を学ばせるという、より重要な成熟のご計画を持っておられることがよく分かりました。それは人間に「父の愛」を真に学ばせ、私たちが神の家族となる大きな目的があるからであると思います。

 

 従って今回神が「私たちの書籍を入れる本棚」に3日も掛けさせたことは、実際に私に対して「衰えた自分」こそが現実の姿であり、この際それを先ずリアリティーとして甘受すべきであること、その上でそこから必要な知恵をへりくだって学び、周りの人々(特に家族)への対応と見方を年老いた者にふさわしい「老いては子に従いつつ、教えるべきことを行動で示して行く」ことこそ「霊的成熟」に最も必要な「心構え」であることを学ばせるのが主のご計画であったと悟った次第です。

 就いては次のみ言葉を今回学ぶことができました。それは2コリント4:15−17「すべてのことはあなたがたのためであり、それは、恵みがますます多くの人々に及んで、感謝が満ちあふれ、神の栄光が現れるようになるためです。ですから私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々新たにされています。今の時の軽い患難は私たちの内に働いて、計り知れない、重い永遠の栄光をもたらすからです。」

 

 ところで私たち夫婦は、当初、こちらでは「息子家族の近くで別々の家に住む」予定でした。そして私たちがこちらに到着後そのようなコープ Co-OP/コンドを探し始めると、直ちに息子夫婦の買った家の近くに、とてもよい物件が見つかったのです。しかし主のご計画は違っておりました。主は私たちが今回カリフォルニアの家を売った入金を含む財産のほぼ全額を息子夫婦の家のホームローンに投入し、その息子夫婦の家を全額借金なしで買い取らせたばかりでなく、余剰のお金をその古い家の改良資金として息子夫婦に持たせて下さったのです。

 

 そこで、実はこのことで主は私たちへの約束を守って下さったことをお分ちします。その約束とは、私たちがまだハワイに住んでいた頃ですが、私たちは「これからの一生を借金なしで、すべての必要を主にお委ねする」ことを願い出ました。主に全面的に委ねた者が他人から借金して買い物をする訳にはゆきません。その申し出を主は受け入れて下さり、それ以来私たちは家も車も、すべてローン無し、クレジットカードも毎月全額返済できる経済的祝福を主からいただいており、すべてを主に頼る生活を続けて参りました。

 従って将来ではなく今から息子夫婦の家族と同居する形を取らせ、その家も無借金で手に入るようにさせて下さったのです。気が付いてみますと、私たちへの約束を、主は今回も忠実に果たされ守られる結果となったことに対し、私たちは唯唯主を畏れ敬い、「全面的に主に頼ることのすばらしさと尊さ」を証しする機会を与えられて、主への信仰が益々深まったのでした。

 

 加えて申し上げれば、勿論私たち老夫婦は、将来いずれ、二人の孫もいる息子夫婦の世話になることが密かな願いでありましたので、主は私たち家族三代がこの地で共に住むことを喜んでおられることを確信し、それを実現させるのは家内と共に、老いた私自身が、息子家族に対しクリスチャンとしての愛を示す大きな責任があることを今回の本箱組み立てを通してのメッセージであるとを改めて感じた次第です。

 どうぞ私たちの家族のー上に息子夫婦の家族、下の階(半地下)に私たち夫婦が住むーというこれからの生活が、名実共に子どもたちがそれを喜び望むようになり、主の御名をたたえるクリスチャンの名に恥じない神の家族となれますようお祈りください。よろしくお願い申し上げます。(終り)

 


26 12月

主が私たちに期待される2018年  坂  達 也           2017年12月26日


主が私たちに期待される2018年

 

                  坂  達  也

 

 皆様にとって2017年はどんな年でしたでしょうか。多くの人が厳しいところを通された「戦いの年」であったといわれます。私にとっては一にも二にも「待つ」ことを学ばされた忍耐の年でした。丁度一年前、私たちの息子家族がニューヨークに移ることが決定し、そうであれば私たち夫婦もその後を追うことが主の御心であることと確信し、息子家族が一月末に引っ越したので、早ければこの春には移動と思い立ったのですが、その実現が遅れに遅れ、とうとう一年後の年末になってしまいました。そしてこの十二月八日に、三年半ぶりにニューヨークに戻って参りました。そして今新しい住まいへの入居準備に追われておりますが、やっと「忍耐と信仰に立って待つ」年を終えて、主が具えられた新しい道を主と共に、より一層の信仰で歩む期待に胸を膨らませつつ新年を迎えようとしております。

 

 新しい年とは新しい出発 new beginning です。皆様は新年の門出に当り、どのような期待と決意をもってこの新しい門をくぐられようとしておられるのでしょうか。

 ユダヤ暦では,去る9月20日夕刻より既に、ロシュ・ハシャーナ5778年という新しい年に入っております。この新しい年は「新しい門」(あるいはドアー)をくぐる年であると、テキサス州にあるGlory of Zion International 教会のチャック・ピアース師は言われました。

 師は、昨年5777年(2017年)は剣の年であり、その年を通じて(あるいは始まりとして)主は古い組織を切り捨て、新年には私たちに新たなアイデンティテーを解き放つゆえ、今こそ強さと力を象徴する剣を手に、身に武具をまとって約束の地に出て行きなさい、5778年はその新しいドアー(門)に大胆に入って行く年である、と言われました。

 

  その後しばらく経った昨年11月末に、私はたまたま敬愛するポール・キース・デイビス師のビデオメッセージを聞いたのですが、師が昨夏に見た幻ー幼虫がさなぎとなり、時が来るとその殻を破って空中に舞い上がる姿ーの話をされました。彼は幻の中で一つの殻が破れて中から複数の人間が空中に舞い上がる幻を見たのです。彼はその幻を見た時、今こそクリスチャンが霊的に「トランスフォーメーション」されて天に舞い上がる時が来たことをはっきりと主から示されたそうです。そして天に向かって舞い上がったのは「神の息子・娘たち Huios 」であるとデイビス師は宣言しました。

 

 私はその話を聞いたとたんに、黙示録12章5節に書かれている次のくだりを思い浮かべました。「女は男の子を産んだ。この子は、鉄の杖を持って、すべての国々の民を牧するはずである。その子は神のみもと、その御座に引き上げられた。」

 私はこの5節に出て来る「男の子 a man child」とは誰かという疑問を、実は、30年前から持っていました。ですからデイビス師の見た幻は、もしかして、黙示録に出て来る「男の子」が神のみもとである天の御座に引き上げられることを指すのではないかととっさに気が付き、はっとしたのです。

 ここでご参考迄に下記に黙示録一12章の最初の12節をご紹介します。

 

「巨大なしるしが天に現れた。一人の女が太陽を着て、月を足の下に踏み、頭には十二の星の冠をかぶっていた。この女は、みごもっていたが、産みの苦しみと痛みのために、叫び声をあげた。

 また、別のしるしが天に現れた。みよ。大きな赤い竜である。・・・・その尾は、天の星の三分の一を引き寄せると、それらを地上に投げた。また、竜は子を産もうとしている女の前に立っていた。彼女が子を産んだとき、その子を食い尽くすためであった。

 (5節)女は男の子を産んだ。この子は、鉄の杖を持って、すべての国々の民を牧するはずである。その子は神のみもと、その御座に引き上げられた。女は荒野に逃げた。・・・さて、天に戦いが起こって、ミカエルと彼の使いたちは、竜と戦った。それで、竜とその使いたちは応戦したが勝つことができず、天にはもはや彼らのいる場所がなくなった。

 こうして、この巨大な竜、すなわち悪魔とか、サタンとか呼ばれて、全世界を惑わす、あの古い蛇は(地上に)投げ落とされた。・・・そのとき私は天で大きな声が、こう言うのを聞いた。『今や、私たちの神の救いと力と国と、また、神のキリストの権威が現れた。私たちの兄弟たちの告発者、日夜彼らを私たちの神の御前で訴えている者が投げ落とされたからである。11節)兄弟たちは、小羊の血と、自分たちのあかしのことばのゆえに彼に打ち勝った。彼らは死に至るまでもいのちを惜しまなかった。それゆえ、天とその中に住む者たち、喜びなさい。しかし、地と海とには、わざわいが来る。悪魔が自分の時の短いことを知り、激しく怒って、そこに下ったからである。」(黙示録一二:一から一二)

 

 5節の初めに出て来る「女」とは、「十二の星(部族)の冠をかぶる」イスラエルを指すといわれていますが、私はその解釈でよいと思います。但し私たちクリスチャンは「霊のイスラエル」ともいわれるので、ここの場合は、全クリスチャンを指す「主の教会」と私は解釈しています。そして「男の子 a man child」は通常イエス・キリストを指すといわれ、これも問題ないと思います。但し、この場合私は、イエスご自身よりも、主と共に世界の国々を牧する真にキリストに似た者となった神の子(息子・娘)と解釈したいのです。

 そして「その子は神のみもと、その御座に引き上げられた。」ですが、その神の子(息子・娘)たちは、今は天の右座におられる主に属する者として、たとえ肉的には天に「携挙」されなくても、既に心と霊は完全に主とつながった人たちです。(霊と幻で天に行き来するクリスチャンは既に大勢いることもご考慮下さい。)聖書によれば、私たちクリスチャンとは主(聖霊)が私たちの内に住み、私たちは「霊的に」天の父の右座に主と共に既に住んでいるはずです。そのことはヨハネ17:14ー26に書かれています。また、ロマ書8章をもご参照ください。

 そこで私は早速デイビス師にメールで、主が今こそ Huios を熱望しておられるという師のメッセージに感謝の意を伝えると共に、黙示録一二章への私の疑問をお分ちし、その疑問に師が答えを下さったことを感謝しました。すると師は数日後にそれに対する確認と励ましの返事を下さいました。

 

 私は思ったのです。今年5778/2018年は、剣、すなわち「鉄の杖」を持ち「Huios  神の息子・娘」という新たなアイデンテイテー をいただいて「霊的に成熟した真のクリスチャン」になる、すなわち、その人たちとは主が帰って来られる前に地上で整えられ、真に御国の王に仕える「すべての国々の民を牧するはずの者」以外の何ものでもないのではないか。ーーそれは黙示録14:4に書かれている「女に汚されたことの無い童貞ー彼らは小羊行く所にはどこにでもついて行く、神および小羊にささげられるべく、人々の中から購われた初穂」であり、又、真の「キリストの弟子たち」であるーということに気が付いたのです。この「男の子」こそ主と共に世界の国々を牧する「主に選ばれた人たち」であり、このことがマタイ書の最後に書かれている「大宣教命令」の意味であるのですから、そのことをもう一度皆様ご自身でお確かめください。(マタイ28:18ー20)

 尚、一節に出て来る「巨大なしるしが天に現れた。一人の女が太陽を着て、月を足の下に踏み、頭には十二の星の冠をかぶっていた。」 とは、千年に一度現れるか現れないかと言う、天空に現れる星座/惑星/太陽/月の配列現象であるといわれます。そしてこの現象が、たまたま2017年9月23日、すなわち五七七八年ロシュハシャナ新年を迎える時期に起こったと言うのですから実に驚きです。

 

 ここでお断りしておきますが、私は上記のような聖書箇所を持ち出しましたが、それによって世の終わりの神学をこの紙面で論じるつもりでは全くないことです。なぜなら聖書を含む霊の世界では、この世的「時間と空間」の観念とは違い、時が前後交錯して書かれていたり、又、聖書のことばの解釈は二通りにも三通りにもできる、あるいは当てはめられるとしても問題ないと信じるからです。従って別の解釈とかお考えを持たれる方はどうぞ私のいうことをお聞き流しくださるようお願い致します。

 

「Huios  神の息子・娘」とは永久に仕える「主の奴隷」

 

 数年前に天に召されたウエード・テーラー師は、ある時、自分は「永久に主に仕える奴隷 bond servant になるコミットメントをしたいと決意し、教会の講壇の端を「戸口の柱」として自分の耳をあて主に突き刺してくださるように願ったそうです。(出エジプト記21:5−6参照ください)ご存知の通り、市場で売買されるイスラエル人の奴隷たちは、六年働いた後、七年目のヨベルの年には解放されました。しかし、もしその家の奴隷であることを自らが選ぶならば、彼らは耳を戸口の柱につけてきりで刺して通され穴をあけられました。それは彼らが永久にその家の主人に仕える奴隷となる儀式でした。これはクリスチャンが「主なる神に永久に仕える」という型を示したものです。そして、耳に穴を開けられることの意味は「主の御声を聞く」ことが、永遠に主にだけ仕える絶対の前提条件であることを示しています。

 「Huios 神の息子・娘」とは、自ら進んで自分の人生に対する一切の権利を無条件で主に明け渡し、自分の人生を全て主に委ねる「愛で仕える主の奴隷」になる決意をしたクリスチャンです。キリストともに死に、キリストと共によみがえり、神と一体となって「主と共に歩む永遠の命」を生きるクリスチャンです。そのような「神の子」になりきった者は、主が必要なもの一切をその人のために用意されるだけでなく、永遠に最高の人生を生きさせて下さるのです。残念ながら、今の時代のクリスチャンはそのことを知識として知ってはいても、それこそが神からのこの上ない福音であると心から信じ、その決意で生きてはいません。第一、奴隷などという言葉は古い観念で禁句であるとおしかりを受けることを覚悟でこれを書いております。

 

 しかし聖書で神は、すべてのクリスチャンがそうなることを望んでおられると私は信じます。残念なことに、それを実行する人はほとんどいませんし、それを考えること自体が古いといわれるでしょう。その生き方を選んだ人は、むしろ、「主に選ばれた人」の生き方ではないかとさえ私は思います。

 主がこの世に再臨される前の最後の「御国建設」の時代に絶対に必要な「器」「忠実な主のしもべ」「真のキリストの弟子」として用いられる人のことを指すのではないでしょうか。これこそマタイによる福音書の最後に書かれている、普通「大宣教命令」といわれるクリスチャンであると信じます。

 

 主のシェカイナの栄光が真昼の太陽のように輝き出る迄、主は試煉を与えてそのような「神の子たち」を訓練し、私たちの中の不純物を取り去られます。今がまさにそのときではないでしょうか。

 今、私たちは主の栄光が現れる終末の時に入ろうとしています。皆さん、新しい年の門出の門で、耳にキリで穴をあけられ、殻を破って天に舞い上がる蝶となる決意をしようではありませんか。

 

世界は激しく揺すぶられている

 

 世界は今大変な混乱・混迷の状態にあることを否む人はいないと思います。一言でいえば、それはヘブル人の手紙12:26ー27に「・・・『わたしは、もう一度地だけではなく、天をも揺り動かす。』このもう一度という言葉は、決して揺り動かされることがない(霊的な)ものが残るために、すべての造られた、揺り動かされるものが取り除かれることを示しています。」と書かれているように、すべての被造物が激しく震われています。先ず、世界中の天と地が揺り動かされています。前代未聞の猛烈な嵐とか、干害、地震、火山噴火、それによる飢饉、風水害による天災のみならず、人災も戦争とテロ、民族は民族に、国は国に敵対し、迫害、その他の破壊行為は激しさを増す一方です。

 これはまさに、すべての隠れた罪を神は今一気に明るみに震い出す御計画であるように見えます。それはあたかも創造者の神が、人間の犯して来た罪がどれ程多大で、深いものとなったかを示し、特にクリスチャンがいかに頽廃堕落しているかに目覚めさせるのが真の目的であるように思えます。

 アメリカは、つい10年位前迄は70%近い国民がクリスチャンといわれ、世界一のクリスチャン国であることを私は誇りに思って来ました。しかし、今では何とクリスチャンと名乗れば身の危険を感じ、肩身の狭い思いをしなければらなくなるという、世界一のクリスチャン国が一変してクリスチャンが迫害される国と変わり果てたのです。それでは70%のクリスチャンはどこに行ってしまったのか?どこにも行きません、その人たちのほとんどは名ばかりのクリスチャンであることを主が暴露しておられるのです。

 今アメリカでは御存知のように、すべての公共団体と政治組織にたずさわる人だけでなく、民間企業・教育文化・メディア関係を含むあらゆる社会組織においてのあらゆる不法と不道徳行為による罪ーそれは、殺人、暴行、詐欺、人種差別・メディアのうそ・腐敗と癒着行為・不正が問われています。特に最近では、著名な政治家からメディア関係幹部・ハリウッドの有名人等に、過去現在の道徳的不品行、特に性的暴行、嫌がらせ行為が明るみに出た結果、国会議員には退任を、民間人には組織から解雇されるケースが続々と出て来て、まるで蜂の巣を突いた様相を呈しており、しかもそれが急速に世界に波及しつつあります。どう考えても今は通常の時代ではないように思え、そのすべての世界情勢は、いよいよ神が地における御国の体制を整えるのを急いでおられる兆候であるように思えます。

 

ひっ迫する北朝鮮問題とイランの核兵器開発

 

 最近の軍事専門家による分析では、北朝鮮の核爆弾がアメリカ全土に実質とどくようになる迄には後一年足らずといわれ、ハワイをはじめ本土の国民は特に EMP 爆弾を真剣に危惧し始めております。過去三代のアメリカ大統領が、北朝鮮の核開発を口では警告しても実質野放しにして来たのと違って、トランプ大統領は真剣に先制軍事行動に出ることを検討していることはまぎれもない事実です。アメリカは、中国が北朝鮮に完全な経済封鎖(特に石油)を実行することを期待して圧力をかけて来ましたが、案の定中国はそこまでは踏み切りません。

 端的に言って、私は、中国とロシヤは北朝鮮とイランに少しばかりの核を持たせ、彼らを先ず矢面に立たせてアメリカの出方を見る、そして、最終的には中国とロシアがアメリカを打つ構図ー少なくともこの四国によってアメリカを共通の敵として包囲する構えーが見えて来たように思います。

 一方トランプ大統領はそれを見越して、北朝鮮だけでなくイランとシリヤの化学兵器問題にも厳しい手を打つ強い姿勢を見せています。併せて、エルサレムに大使館を移すという選挙公約を今実行に踏み切ることを発表し、世界は騒然としています。これは明らかに、アメリカとイスラエルが上記の四国だけでなくアラブ諸国に対しても全面的な宣戦布告を宣言したかのように見えます。世界はいよいよ二分化しつつあり、既に事態がアメリカ対北朝鮮だけの問題を超えていることを示しています。これこそマタイ二四:六の「戦争と戦争のうわさ」という終末の徴が整いつつあるように思えてなりません。そのような中で日本はどうなるのでしょうか。

 

トランプ大統領への祈りのお願い

 

 反トランプの動きは益々激しさを増しており、アメリカは孤立し、世界は不穏な空気が高まる一方です。まさしく「この巨大な竜、すなわち悪魔とか、サタンとか呼ばれて、全世界を惑わす、あの古い蛇は(地上に)投げ落とされた。・・・地と海とには、わざわいが来る。悪魔が自分の時の短いことを知り、激しく怒って、そこに下ったからである。」の様相です。しかしそれは神のご計画の一部であって恐れる必要はありません。トランプ大統領は選挙公約以上に、クリスチャンとして正しいことは正しいと、たとえ世界中を敵に回しても恐れず、神をこそ畏れる姿勢を明確に示し始めていることに私は拍手を送ります。今は私たち世界中のクリスチャンが正しいことを正しいといい、黒白をはっきりさせ、恐れず、それを堂々と表明する時が来たと思います。それが私たちへの「踏み絵」であると信じます。

 

 特に申し上げられることは、トランプ大統領は信頼できるクリスチャンリーダーたち、特に預言者の意向に耳を傾けており、クリスチャン・コミュニティーとの連絡が密にとられていることは、日本の一般の皆さんには知られてないと思います。この時期に敢てイスラエル支援への決断が表明されたことはその証拠の一つでありましょう。しかし今こそアメリカとトランプ大統領は、世界のクリスチャンからの祈りを必要としています。

 この緊急時、年末年始に当たって、ぜひともイスラエルとアメリカへの一層の祈りの支援をお願い申し上げます。最後にまた、この一年間、皆様から大変なご支援とお祈りの励ましを頂戴しましたことを末筆ながら心から御礼申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。(終り)


 Page 1 of 31  1  2  3  4  5 » ...  Last »