WWGM

Walk With God Ministries


30 04月

コイノニアの推進      リック・ジョイナー      2014年5月1日


コイノニアの推進

リック・ジョイナー

    イエスの大宣教命令について語る時、コイノニア(主にある交わり)が非常に重要である理由は何でしょうか? 私たちが大宣教命令をうまく遂行できていない理由の一つは、私たちが弟子を作らずに回心者だけを作るという傾向にあったからです。大宣教命令は弟子を作ることです。もし弟子が作られなければ、私たちはこの任務を果たせていないことになります。

  「弟子とは何であるか」については、主がはっきりと定義しています。真の弟子は、今日のクリスチャンの中にはほとんど見つけることができません。その理由の一つは、真の弟子作りはコイノニアなしには不可能だからです。1ヨハネ1:7に「もし神が光の中におられるように、私たちも光の中を歩んでいるなら、私たちは互いに交わり(fellowship, koinonia)を保ち、御子イエスの血はすべての罪から私たちをきよめます。」とあります。

     この箇所からはっきりわかるように、コイノニアなしには私たちは絶対に光の中に留まることはできないのです。それは私たちがきよめられるためにも不可欠です。私はよく冗談のように言うのですが(しかしそれは真実なのですが)、教会生活上のフラストレーションや不愉快さ抜きで、私たちが召されているキリストにある成熟度に達することは絶対にできません。フラストレーション、不愉快さ、傷つくこと、失望は、コイノニアの小さな部分にすぎませんが、私たちの成長のためには不可欠です。コイノニアの経験は勿論ネガティブなことよりもずっとポジティブなことの方が多いのですが、様々な問題は私たちの成熟に役立ちます。

   教会生活を理想化したり教会を否定したりすることは、私たちをいのちの道から遠ざけます。真の教会生活、コイノニア、は私たちが経験する最もすばらしいことの一つになる可能性があると同時に、もっとも困難なことにもなり得ます。それはすべての人間関係、たとえば結婚とか、においても同じです。主が種まきの喩えで教えられたように、試練のテストが来たときに多くのものは離れて行きます。多くの者が教会を離れて行きます。現代においては多くの者がテストがきたとき結婚生活からも離れて行きます。テストが来たときに止めてしまうのでは、決してテストに合格することはできません。

    結婚の破綻は教会生活の破綻と関係していますし、その反対も言えます。一方を癒すものは他方をも同じように癒すのです。十字架の縦の棒は私たちと神との関係を示し、横の棒はお互い同士の関係を示しています。自分の十字架を負うということは、私たちの人生には両方が必要ということです。勿論神との関係は、人間同士の関係よりずっと重要であり、常にそれを第一とせねばなりません。しかし、それを守って第一としているならば、もう一方も持つことができるのです。ヨハネが書いています。「もし目に見える兄弟を愛していない者は目に見えない神を愛することは出来ません。(1ヨハネ4:20)」

それでは、教会生活の中でコイノニアを推進するために何ができるでしょうか? 第一に、私たちは何よりもまず主の臨在を追い求めねばなりません。すばらしい神殿でも、もしその中に神がおられなかったら何にもなりません。次に私たちは人間関係において、ただ追い求められるのを待っているのではなく、自分から追い求めねばなりません。バルナバはパウロを連れに自分から出かけて行きました。そして彼ら自身の究極的な召しへと解き放たれる前に、二人が 正しい関係に入る必要がありました。

当時これは非常な努力を必要としました。バルナバがタルソまで旅をし、またアンテオケまで戻るには数ヶ月かかったに違いありません。今は教会まで30分運転するのを厭わない人はなかなかいません。何かが「宝」になる要素は、それが非常に希有であるか、もしくは入手するのが非常に困難であるということです。コイノニアとは人生で手に入れることのできる最も偉大な宝の一つです。それは安価でもなく見つけるのも容易ではありませんが、あきらめないで探し続けるだけの価値をそれに認める人によってのみ見つけられるのです。神が建てられている町、すなわち、アブラハムを初めすべての真の信仰の旅人が探していた町は、イエスを土台としたコイノニアで建てられるのです。

 主の臨在を求めるということは、主の祝福を求めること(現在の教会はこれを強調することが多いですが)よりずっと深いことです。 主は、ご自身が臨在されないときにも多くのことを祝福されます。主は「二人でも三人でもわたしの名において集まる所には、わたしもその中にいる」(マタイ18:20)」と言われました。この「集まる gather」ということばは、単に同じ部屋にいるという意味ではありません。それは一つの自転車の部品が組み合わされているようにぴったりと組み立てられているという意味です。これが私たちが「いっしょに集まることをやめたりしないで(ヘブル10:25)」と言われている理由です。これは単に集会を休まないようにというのではなく、「しっかりと組み合わされなさい」という召しをおろそかにしないようにという勧告です。

  実際に、教会のいのち(コイノニア)がある教会を建て上げるためには、会員同士の交わりを意図的に推進していかねばなりません。それにはスモール・グループ、食事会、ミッション・トリップのほか各種の活動が含まれます。しかしながら、本当にコイノニアとなるための集りは、常に主の臨在を中心とせねばなりません。 すべてのことはこの目的のための助けにはなりますが、活動のためにただ集まるだけでは、コイノニアにはなりません。

  すべての霊的追求においては次の原則を忘れてはなりません。即ち、「神から約束を受けた場所と約束の地(約束の成就)との間には、必ずと言っていいほど荒野があり、それは約束されたものとは正反対のものである。」という原則です。この荒野は、私たちが約束の地に入る備えができるように意図されているのです。コイノニアを追い求め始めたとき、人間関係の問題があちこちで起り、コイノニアとは正反対のように思えても、動じないで下さい。それはあなたが確実に正しい道を歩いているというしるしなのですから。(終)


No Response Filed under: 未分類
22 04月

鳩のような聖霊ーその2− ビル・ジョンソン    2014年4月23日


鳩のような聖霊ーその2−

 

ビル・ジョンソン

 

 福音のミニストリーとは、単に言葉だけでするものではなく、地上に主の臨在を解き放つことなのです。ある時イエスが道を歩いておられたとき、イエスのされた奇跡を見て興奮した群衆が回りに押し寄せてきました。するとイエスは立ち止まり「わたしにふれたのは誰か」と聞かれました。そして振り返って長血の女を見られました。病気を直すためにすべての財産を失った女でした。彼女はただイエスの衣のすそに触れただけでした。 聖霊の臨在は単なる論理とか教義ではなく、神というお方の実体なのです。聖霊はイエスの上にとどまっておられたので、女が衣のすそに触れたときに、イエスがもっておられた聖霊の実体が流れてきて彼女はそれを受けることが出来たのです。このように聖霊の臨在が自分の上にあることをはっきり自覚し、誰かがそれを求めた時にそれが流れていくことがわかるという敏感さをもって生きるとは、どのようなことでしょうか。神は御霊をイエスの上に無限に与えられていました。ですから誰かが持っていったのでイエスの上の聖霊の臨在がもうなくなった、ということではありません。イエスは常にご自分の上にある聖霊の臨在をはっきりと意識しておられました。イエスと御父との交わりを司るのが聖霊の役目だったからです。イエスは父のすることだけをし、話されることだけを話したのですから、聖霊につねに頼っておられたのです。

 

 

ペテロとヨハネは神殿に行くときに、生まれつき足のきかない男を見ました。ペテロは「私は金銀はないが、私にあるものをあげよう。」と言いました。これは非常に意味深い言葉です。ペテロは「あなたのために祈りましょう。」と言ったのではありません。「私はあなたに私が所有しているものをあげよう。」と言ったのです。私たちが、もし自分が所有しているものを自覚せずに生きるならば、神が下さっている銀行口座に見合った小切手を切ることはできません。わずかな金額の小切手というミニストリーをしてしまうのです。お金をことではありません。私たちは自分がどれほど大きなものを持っているかを自覚しないので、ミニストリーにおいて小さなリスクしかとれないのです。神の啓示が皆さんの上に注がれて、神が私たちにどれほど大きなものをすでに下さっているか、分与していてくださっているかを、もっと認識されることを願います。それによってすでに持っているものではなく、私たちにないもの、足らないものを祈り求めることができるようになります。

 

ペテロは「ナザレのイエス・キリストの名によって、歩きなさい。」と言って彼の右手を取って立たせました。何が起こったのでしょうか。イエスは神の御国はあなたがたのただ中にあると言われました。イエスは「わたしが話したことばは、霊であり、またいのちです。」と言われました。イエスは父の言われることだけを話されました。ですからイエスに端を発することばではないのです。ここで思い出していただきたいのですが、イエスはご自分を無にされたので、ご自分では何もできず、すべてを父から受けとらねばなりませんでした。人間イエスとしては何も与える力はなかったのです。主は私たちのためのモデルとなってくださったのです。

 

イエスは神のことばが肉体となった方であり、イエスが話されるときにはすべてのことばは霊となりました。ロマ書でパウロは、「神の国は飲み食いのことではなく、聖霊にある義と平和と喜び(righteousness , peace and joy in the Holy Spirit)である」と言っています。神の国は聖霊のうちにあるのです。ことばが霊になるとき、神の統治、支配の領域が人間の上に解き放たれるのです。父の言われていることを私たちが言う時に、私たちは神の臨在をこの世に解き放ち流しているのです。声が大きいとか内容がいいとかとは関係ありません。そのことばの源が鍵なのです。父の御心からのことばを私たちが話すときに、聖霊というお方が解き放たれます。聖霊の臨在の中には御国の統治、支配が含有されているのです。ですから「悔い改めなさい。神の御国が近づいた。」と主が言われるとき、主は「わたしが話すとき、そのことばが持つ実体があなたの上に解き放たれて、あなたの回りの環境が変えられ、あなたの祈りの答えは近づいた(at hand)」と言っておられるのです。

 

イエスに長血の女が触れたとき、力が主から出て女の身体を変えたのです。ペテロは自分の持っているものを知っていたので「私が持っているものを主イエスの名によってあなたにあげよう」と言ったのです。これは初代教会において非常に顕著なことであったので、民衆は弟子たちがどこに行くのかをいつも知ろうとしました。 ペテロが祈りに行く時に通る道に病人を連れてきて、ペテロの影がかかるようにしました。影そのものはなんの実体もないものです。影が癒したのではなく、影がかかるくらいにペテロのそばに近寄ることによって癒されたのです。民衆は教義を教えられなくても、神の人が歩くときには回りの環境、状況、空気が変るということを観察して知ったのです。

 

陰鬱なクリスチャンが部屋に入ってきても、その影で人が癒されることがないのを私たちは経験で知っています。それは落ち込んでいる人は自分の内側に向いているからです。内側を向いている人は死海になってしまうのです。水は死海に入ってきますが、死海から出て行くものは何もありません。そこにあるすべてのものは死んでしまいます。同じことが私たちにも起こるのです。自分の心配、失望、落胆等にずっと捕われ続け、聖書の真理や解決法を自分の人生に適用しないならば、自分のことだけしか考えない自己中心に陥るのです。あなたは自分を駄目な人間だと遜っているつもりかもしれませんが、自分のことだけを考えているという点で自己中心に変わりないのです。私は何時間も何時間も祈っていたことがありましたが、それはみんな自分のことを祈っていたのです。私は「神よ、私はなんと情けない人間なのでしょうか...」といつも告白していました。私は自分が~でない、ということに心を捕われていて、神がどういうお方であるかに心を向けていなかったのです。そのように自分に捕われていることは、自分がこの世で一番偉いのだと威張って歩く自己中心と実は同じなのです。一方の自己中心はすぐに目につきますが、もう一方は教会の中に知らないうちに毎日忍び込んでいるのです。偽りの遜りは決してあなたを目的地に導きはしません。私が恐れや心配とかで自分のことにだけ捕われている時、私は内に向かっていて、自分から放つべき聖霊の流れを止めているのです。聖霊の流れは愛によって流れ出るからです。

 

例えば、私が集会である人に預言のミニストリーするとします。私はその人に惹き付けられるような感覚を感じ始めます。それは神から出た愛情です。人間的なものではありません。もしその時私が自分の恐れや心配に心を捕われているとしたらどうでしょうか。私の中から神の臨在が流れ出して回りの環境を変えて行くべきであるのに、それはただ内側で自分を慰めるためにだけ使われてしまうのです。私は死海になってしまうのです。

 

イエスは3年半の間におびただしい数の人々を癒し解放されたので世界もそれを書かれた書物を入れることができないというのは、私たちには途方もないことのように思えます。イエスのインパクトはそれほどおびただしく、全部を詳細に記録することはできなかったのです。それは一人の人の中で3年半の間、聖霊が消されることがなかった結果なのです。神の臨在が一人の人の上に3年半とどまった結果なのです。

 

その事実の大切さをペテロはイエスから学び、彼も鳩のような聖霊を歓迎し自分の上にとどまっていただくようになったのです。クリスチャンの内には聖霊がいて下さり、決して離れないと約束してくださっています。しかしそれとは別に私たちの上にとどまる聖霊の臨在というものがあるのです。それは私たちがどれほど主と時間を過ごしているか、どれほど自分を召しのために明け渡しているかということによって決まるのです。ペテロやパウロがそのよい例です。

 

私は彼らに嫉妬をおぼえます。あなたはいかがでしょうか。このようなことが私にも可能であると知るとき、私の心はうめくのです。イエスは「わたしを信じる者は、わたしのわざを行ない、またそれよりもさらに大きなわざを行ないます。わたしが父のもとに行くからです。」と言われました。それを聞いてあなたは「そんなことはあり得ない」と無視するか、それとも狂ったようにそれを求めるかのどちらかです。私は神に「どうかそのようにあなたの臨在を放ち流していく者にしてください」と気違いのように求めたいのです。(終)

 

 


No Response Filed under: 未分類
10 04月

ボブ・ジョーンズ師の「シャロンのバラ」の預言   マイク・ビクル                2014年4月11日


ボブ・ジョーンズ師の「シャロンのバラ」の預言

マイク・ビクル(2014年2月23日)

 

私がボブ・ジョーンズ師とはじめて会ったのは1983年で、今から30年前のことですが、私がカンサス市でまだ若い牧師だった時でした。その時ボブが私にした預言や話してくれたことは、当時の私にとってあまりに突拍子もないようなことで、全く理解ができませんでした。勿論、後になって彼の語ったことはすべて正確であり真理であったことがわかりました。

 

これは1983年にボブが話してくれたことですが、私はどう考えればよいのか全くわかりませんでした。彼は 「私は自分の死を見ました。自分の墓石を見ました。」と言いました。皆さん、自分の墓石を見るとは、どんな人なのでしょうね。(ジョーンズ師は2014年2月14日に亡くなりましたから)実際に死ぬ30年も前にそれを見たのです。

彼は続けて話しました。「墓石には『ボブ・ジョーンズ』と書いてありました。すると墓の中から美しい花が一つ咲き出てきました。非常に香りのよい美しい 花でした。そして主が『あなたの人生から美しいシャロンのバラが咲く』と言われたのです。」

皆さんは雅歌2:1にある「私はシャロンのバラ I am a rose of Sharon」という言葉をご存知だと思います。30年前私は雅歌についてあまり知識がありませんでしたが、このことは知っていました。そこで私は「ボブ、シャロンのバラというのはイエスのことですよね。」と言いますと、彼は「違います。あなたは間違っています。有名な歌の中に『イエスはシャロンのバラ』という歌詞があるのは私も知っていますが、それは間違いです。シャロンのバラと言うのは,キリストのからだの中で、 神の麗しさの香りが第一の戒めを通して溢れている姿なのです。」と答えました。

私は「本当に? 確かですか?」と半信半疑で聞くと、彼は「そうですよ。私はイエスご自身から直接聞いたんですから。」と答えました。私は「そうですか、私はあまり雅歌を知らないんですよ。そうなんですか。まあ、そういうことにしておきましょう。」という感じで会話を終らせました。

 

「主が再び来られるときの世代は、第一の戒めを回復させ、世界中のキリストのからだの中でそれは第一のこととなる。主は第一の戒めを第一のものとして確立される。」ということを、主はボブを通してはっきりと語られたのです。しかし、私は自分が死ぬ前に自分の墓石を見たり、シャロンのバラがそこから咲いたりという話はあまりピンと来なかったので、そのことはあまりその後考えないままでおりました。

 

それから5年後の1988年のある朝、私は教会のオフィスにおりました。そしてある結婚式のカードを読んでいたのですが、そこには雅歌8:6が書かれていました。カードには「私を封印のようにあなたの心臓の上につけてください。 set me as a seal upon your heart」とありました。その時、非常に尋常でないことが起りました。雅歌は当時そんなになじみがなかったのですが、何故か私はその時、その言葉を心の中で霊に動かされて祈ったのです。雅歌は愛の歌で、結婚の麗しさを歌っていますが、ご存知のように、それと同時に霊的な歌で、花婿なるイエスと花嫁なるキリストのからだとの愛の関係を歌っています。私が6節のことばを祈ったとき、神の御霊が非常に特別な形で私のうえに下り、私は泣き始めました。そんなことは私にはあまり起こらないことでした。 私は「イエス様、私の心の上の火の封印となってください。あなたを愛します.....」と言いながら泣いていました。2.3分経ちましたが、聖霊はまだ特別な形で私の上に下っていました。そこで私は内線電話で教会の受付に「非常に変ったことが私に起こったので、誰からの電話でもつながないでください。邪魔が入らないようにお願いします。」と頼みました。そんな願いをしたのは今までの40年間でその時だけです。

 

私は「イエス様、私の心をあなたの愛で封印してください...」と祈っていました。主への私の愛は、主から私へのギフトなのです。私たちが主を慕い求める願いは、主が私たちの心に入れくださったものなのです。すると電話が鳴ったのです! 「どんなことがあっても電話はつながないようにと言っておいたのに..」と思って、私の心は一瞬にして霊的な高みから肉的な思いになってしまいました。「信じられない! なんていうことだ!」という感じでした。霊と肉の間を 私たちは何と超スピードで移動することでしょう。私は電話を取って努めて優しく「なんですか?」というと、受付の人は「ボブ・ジョーンズ師からお電話なんですが、、彼はあなたへの神からのことばを耳ではっきり聞いたと言っておられます。ですから、あなたは多分お聞きになりたいと思ったのです。」と言いました。私は「勿論、勿論。ボブが神のことばを聞いたという電話ならいつでもつないでください。」と答えました。

 

私は床にひざまずいて雅歌8:6を見ながら泣いていたので、うまく声が出なかったのですが、「ハロー」と低い声で言いました。ボブは「たった今、神の声を耳ではっきり聞きました。主は雅歌8章6節を語ってくださいました。」と言うのです! 私は本当に驚きました! ボブは続けて「今私は1分しか時間がないのですが、主が今すぐあなたに電話をして伝えるようにと言われました。主は神の恵みを解き放ち、主が再び来られる日まで、雅歌8:6の油注ぎを世界中に与えます。キリストのからだ全体が 『Yes!』というほどの世界的な油注ぎ、恵みです。」と言うのです。

その時は60秒の会話でした。私は電話を切ってからも泣き続け、「主よ、どうか私にもそのようにしてください。」と祈りました。

 

2週間ほど経ってから、ボブと詳しく話すことができました。

彼は「この雅歌8:6こそが第一の戒めなのです。第一の戒めを実際に毎日生きるための油注ぎです。聖霊は第一の戒めを第一に回復させ確立する油注ぎを、世界中のキリストのからだに与えるのです。地球上の何百万人の人たち、人間的には弱く傷ついた人たちがこの油注ぎを求めるならば、主はそれを与えると言われているのです。」と説明してくれました。私はこの真理を知って大変興奮しました。皆さんもそうだと思いますが、私も神を愛したいと願います。しかし、神を愛するには神の力が必要なのです。それは私にもあなたにも出来ないことであり、神を愛そうと決心することは必要ではありますが、いくら決心したからといって出来ることではないのです。

 

ボブはこう言いました。「雅歌8:6の愛の炎、即ち第一の戒めのための油注ぎこそが、私が5年前の1983年にあなたに話した『シャロンのバラ』なのです。私の人生はその花が咲くようにキリストのからだを成長させることですが、花が咲くのは私が死んでからだということを私は知っています。しかし、私のミニストリーはそれを助けることであることを知っています。」

 

第一の戒めは、申命記6章にあるようにモーセが神から受けたもので、「心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして、あなたの神、を愛しなさい。」です。そしてマタイ22章でイエスは神がモーセに言われたことを引用していますが、主はそれに説明をつけ加えています。即ち「これがたいせつな第一の戒めです。This is the first and great commandment.」です。主は「first 」と「great」という形容詞を付け加えられたのです。それが意味するのは、この戒めが神にとって一番のプライオリティーであるということです。

 

人は私に「神は今何をしておられますか? 何を言っておられますか?」とよく聞いてきます。私は「神はいろんなことをされていますが、主が一番にしていることと最もしていることを私は知っていますよ。神は人々が第一の戒めを第一とするように働いておられるのです。」と答えるのです。

また、主はこの戒めは偉大であると言われました。私のところに若い人たちが来て、「私の召しを神様から受けたい!」というのです。私は「あなたの偉大な召しを知っていますよ。」というと、彼らは期待しながら「何ですか?」と聞きます。 「それは第一の戒めを守ることであり、それを生きるための油注ぎを受けることです。」と私は答えるのです。

 

ですから、私は神の恵みによりこの油注ぎが必ずくることを知っています。しかし今、ボブ・ジョーンズ師の死によって示されることがあるのです。彼はシャロンのバラが彼の死のあとに咲くのを見たのです。彼は、自分が40年間預言のミニストリーを通してしてきたことは、キリストのからだが神のこの召しに正しく応答するように私たちを強め養い育てることであったことを理解していました。

 

この油注ぎこそ、私が一番求めるものです。そして聖霊も人々にそのように召しておられると思います。もう一度言いますが、神を愛するためには 神の力が必要なのです。神からの力が私たちのうちで働くときに、私たちは神を愛することができるのです。

今60秒間、心を主に開いてみましょう。これは一回すれば主から油を注がれるというものではなく、少しずつ養っていくものです。

 

祈り

聖霊よ、来てください。あなたは私たちの心を火で封印してくださると言われました。御父よ、お願いいたします。人々のいのちの中にどんどんと燃える火をください。今、火で心に触れてください。夢や幻、御ことばの啓示で、第一の戒めを人々の心の中に強めてください。ミュージシャン、使徒、預言者、伝道者、牧師、教師、すべての人がこの第一の戒めを守る油注ぎを受けることができますように。(終)

 


No Response Filed under: 未分類
20 02月

三月に起こる画期的な出来事            ダグ・アディソン                    2014年 2月20日


 

 

三月に起こる画期的な出来事

 

ダグ・アディソン

 

物事が明瞭になる

 現在、物事がどうもはっきりしないように思えても、どうか心配しないでください。2月のあやふやさは、月末に向かうにつれてどんどんと明瞭になって行きます。3月には物事が明確になリ始め、画期的でポジティブな出来事が起り始めます。2月末には雲が晴れていくのを期待してください。そして3月から4月一杯にかけて神はあなたに励ましを注いでくださいます。

 

2013年の敵の攻撃はあなたの権威に変る

2013年におけるあなたの苦難、戦いは何でしたか。敵はどのように攻撃して来ましたか。2013年の攻撃が今年あなたの新しい権威の場となります。多くの場合、2013年に敵はあなたをひどくやり込め、あなたに事を断念させようとしたのです。

それでも止めなかった人々に、神は新しいレベルの権威と油注ぎを与えておられます。しかし、今年神からの新しい昇格を受け取るためには一つの鍵があります。それは私たちが人を批判、告発することを止めることです。神はへりくだって人を愛することの出来る人に新しい油注ぎと権威を解き放っておられるのです。

今のための聖書箇所はマタイ7:12です。「それで、何事でも、自分にしてもらいたいことは、ほかの人にもそのようにしなさい。これが律法であり預言者です。」

神は 「もし誰かに対してわだかまりや赦せない思いがあるならば、今がそれを捨て去る時です。特にもし自分が正しいという証拠を握りしめているのなら、それを捨てなさい。今は  あなたのために神が戦ってくださることを信じるべき時であり、すべての不満や遺恨を捨て去る時です。  不満や遺恨は、あなたが今年昇格できる資格を剥奪してしまうからです。

 

新しいアイデアと発明

 私は今月ある預言的な夢を見たのですが、それは、神は今、新しい戦略、アイデア、発明を天から解き放っているというものでした。夢の中で私は一人の天使の横に立っていたのですが、突然私の手の中にハイテックな傘が現れ、それは私を悪天候から守るだけではなく、内側から人をリフレッシュする細かい霧がおりていました。

この夢の意味は、  創造と発明の霊をもたらしてくれる天使は、それと同時に私たちを外敵から守ってくれるということを表しています。私たちは神に守られますが、それと同時に新しい 戦略と発明は、これからの厳しい時代の中で御国のための財源を生み出すのです。

又、私はひどく厳しい天候、気象の夢を幾つか見ました。神は私たちに「物事がどのように悪く見えても心を騒がせないで、どんな状況の中でも神はよいチャンスを私たちに与え祝福してくださることを信じなさい。」と言っておられます。

神は深刻な飢饉の時に100倍もの収穫を刈り取る戦略方法をイサクに与えられました。創世記26:12に「イサクはその地に種を蒔き、その年に百倍の収穫を見た。主が彼を祝福してくださったのである。」とあります。

 

スーパーボウルのスコア

今年、アメリカのプロ・フットボールのスーパーボウルは、それほど大したことはありませんでした。(あなたが勝利したシアトル・シーホウクスのファンだったならば勿論別でしょうが)しかし、その最終のスコアに私はとても興味をひかれました。

最終スコアは「シーホウクス43:ブロンコス8」でしたが、それを見たとき、私は力強い言葉でいっぱい書かれた有名なイザヤ43章を読むように神に導かれました。この箇所で神は、困難な時の慰めを与えておられます。それは私たちが神によって徳を備えた者に形造られ、聖霊に従うとき、 人々を新しいものへと導くことが可能になるということです。(イザヤ43:1−2、5−8、18−19)

最終スコアである43対8という数字をイザヤ43:8に当てはめて見てください。「目があっても盲目の民、耳があっても耳しいた者たちを連れ出せ。」

神は人々の目と耳を開けておられます。聖霊の力を全く知らない人々が、神の名で呼ばれる人たちによって導かれるのです。シーホウクスのフルバックであるデリック・コールマン選手は聴覚の不自由さがありましたが、決してあきらめなかった故に聖霊の助けにより多くの新しい権威を授けられました。

イザヤ43:18−19「先の事どもを思い出すな。昔の事どもを考えるな。見よ。わたしは新しい事をする。今、もうそれが起ころうとしている。あなたがたは、それを知らないのか。確かに、私は荒野に道を、荒地に川を設ける。」

人生という試合で神がチャレンジされることは、私たちの徳が高められていくとき、即ち様々な試煉に合うときを喜び楽しむということです。あなたの心が神によって変えられて行くことは、神のすばらしい慈しみをまわりに表すことになります。イザヤ43章を全部読んでみてください。あなたの人生の中に祈りこむべき神からの約束が一杯詰まっているからです。

 

人を裁くことを止める

神が何か新しいことを始められる時には、往々にしてその前のムーブメントはそれに対して批判的になります。これは教会の歴史を通して繰り返されて来たことです。神は今、新しいことをされていて、今までキリスト教 Christianity から退けられていた人々を引寄せておられます。「神を必要とする人であれば誰でも裁かずに暖かく受け入れるように」と、私はどこに行っても人々を励ましています。

私たちは人々を助ける前に 、まず自分の心の中に人を批判し裁く思いがあるかどうかを調べてください、と神に願う必要があります。私は次のような祈りをこのところずっとしています。「神よ、私自身の中にあるものを、敵が私に見せまいとしていることを見せてください。」そして又、「私が他人に対して  持っている良くない思いが心に中にありましたら教えてください。」とも祈ります。人を批判し裁く思いを無くすときに、自分とは異なる人々をも愛して受け入れることが更に出来るようになります。

私たちがそのようにし続けられるように助けてくださいと、共に祈ろうではありませんか。その時に私たちは人を裁かない目ではっきりと見ることができるようになり、多くの人に影響を与える新しい権威をどのように用いればよいかを神に聞く方法を見つけることができるでしょう。(終り)


No Response Filed under: 未分類
21 08月

人間の究極の目的—神を愛する    リック・ジョイナー     2012年8月21日


人間の究極の目的—神を愛する

 

リック・ジョイナー

 

どのような分野においても秀でることを追い求める人々はおりますが、大抵の人は、その時々が何とか過ごせる程度、そこそこのところでよしとして終わってしまいます。そういう人たちは、「もっと頑張ろう」と決意し、意気込んでしばらくは頑張るのですが、長続きせずに又そこに留まってしまいます。

 

残念ながらクリスチャンは、信仰に関しても同じように、そのときに何とか満足できる程度で止めてしまうように見えます。黙示録で主がラオデキヤの教会に言われたように、なまぬるい者を主は嫌悪され、「わたしの口からあなたを吐き出そう。」と言われます。これは「自分で勝手に決め込んでことを運ぶ」(presumptionな)やりかたで非常に危険です。人間関係において「無関心」ほど人を侮辱することはありません。私たちが主に対して無関心であるならば、それは大変恐ろしい間違いを犯しているのであり、主は「なまぬるいよりは冷たいほうがいい」とまで言われたのです。

 

人間の究極の目的は神を愛することであり、人生における究極の成功とは「私たちがどのくらい主を愛する(ようになる)か」によって決まります。主を真に知ろうとする者たちがなまぬるいままでいる事は不可能です。なまぬるい者は「自分は主を知っている」と思うように騙されているのです。私たちは、主を親しく知る(愛する)関係になくても、主の名によって多くの偉大な業をすることは出来ますが、主が警告されたように、大いなる裁きの日に「わたしはあなたを知らない」という言葉を主から聞くことになりかねません。勿論、主は私たちが誰であるかをご存知です。主がここで「知る」と言われているのは、最高に深く知ることであり、最も親密な愛の関係を表しています。

 

使徒パウロは当時の偉大な競技者たち(競走やボクシング)を喩えに使って、主にある私たちが自分の目標をどのように追い求めるべきであるかを説いています。私は優れたプロのスポーツ選手を沢山知っていますが、その分野でトップになる人たち全員に共通のことがあります。それは人一倍ものすごい努力をすることです。勿論、彼らは運動能力と技術を基礎として持っていなければなりませんが、人一倍努力をするという決意がなければ、決してトップには近づけません。

 

グリーン・ベイ・パッカーズというアメリカンフットボールの選手であるレジー・ホワイトと私は彼の書斎で話したことがあります。彼のチームメイトの一人も一緒でした。彼らは二人ともオール・プロ・プレーヤーでした。彼らが言うには、試合のために訪れる多くの都市の観客の中には、彼らよりも能力とポテンシャルのある人々がいるに違いない。しかしそのような人たちには、スポーツでトップレベルになるために不可欠な「能力を伸ばしていく努力」が欠けていたというのです。その結果、そのような優れた可能性を持った人たちは、自分が出来たはずのプレイを見るためにお金を払って観客席に座ることになってしまったと言うのです。これはすべてのスポーツや職業において同じことが言えるでしょう。これは残念で悲しいことです。しかし、もしこれ(自分が努力しなかった結果)が永遠に自分の将来の位置づけを決めることになると(気がつくと)したら、それこそどれほど悲しいことでしょう。

 

マイケル・ジョーダンとバスケットをプレイしたことがある人たちが言っていたことですが、彼は確かに普通以上の能力を持っていたけれども、それで彼が偉大になったのではなく、彼がバスケート・コートに足を踏み入れるたびに出来る限りの努力をするという目標を持ち全力を尽くすという意気込みがあったから彼は偉大になったというのです。これは試合の時だけではなく、練習の時も彼は誰よりも早く来て、一番最後まで練習していたということを含めての話です。

 

クリスチャンもこれと同じような分類をすることができます。ある人たちはクリスチャンとして何とか通る(と思う)最低限度のことしかしようとしません。次に、大多数の人は「よいクリスチャン」になりたいと思い、キリストにあって学び成長しようと一応の努力をする人たちがいます。そして、主に対して特別の熱意を持ってデボーションを続ける一部の限られた人たちがいます。そのような人たちは常に聖書と参考書等を読んで学び、特別な講師を聞きに出かけたり、主のことを(個人的に)もっと知り主を(深く)経験できるのではないかと 色々な教会やカンファレンスに出かけていきます。私たちはこのような人たちを「主に燃えている人」と呼びます。しかし、生ける神に救われて出会った人が主に燃えないということがあり得るでしょうか?

 

この記事を読んでおられる人は、多分3番目の部類に入る方でしょう。あなたは神を追い求めておられます。多分朝早く起きてディボーションの時を持ち、主からの新しいマナを求めておられるでしょう。あなたは地の塩、世の光となる召しを真剣に受け止めていて、祈祷会に参加して祈ります。あなたには祈るべきことが沢山あります。あなたが聖書を読み勉強するのはちゃんと目的があるからです。あなたはこれからやってくる史上最大の神のムーブの一部となる人でしょう。そのようなあなたの熱意と努力は必ず報われます。

.

クリスチャンが受ける最も偉大な賜物は、霊の飢え渇きです。主を知り主の道を知るために費やした時間と努力は、私たちが思い描く以上に報われようとしています。それに反して、神を追い求めることや主にある自分の目的に関して怠けていた者は、自分の熱意が欠けていたことをやがて大いに悔やむことになるでしょう。しかし、主は恵み深くあられ、もし私たちが自分のなまぬるさを悔い改めるならば、私たちが失った時を取り戻してくださるでしょう。

 

これから私たちが迎えようとしている時代には、なまぬるいままでいる人たちはやっていくことができません。主のお言葉を熱心に聞いて従うことをしなかった人は、岩なる主の上に自分の人生を築かなかった人です。多くの人はこれから来ようとしている嵐を通りぬけることができないでしょう。岩なる主の上に人生を築いて来た人は史上最大の収穫を刈り取り、終末に主に仕えたものとして永遠に知られるようになるでしょう。

 

私たちに訪れようとしている最大の出来事は大艱難ではなく、この時代の終りにくる大収穫なのです。今はまさに昔の預言者や義人が見たいと切に望んだ時であり、私たちはこの時代に生きるようにと召されたのです。すべてにまさるこの最大のチャンスを決して無駄にしてはなりません。

 

これからの時代において、嵐に耐える家を建てるためにもっとも重要なことの一つが、主のお言葉を聞くということです。そのために私たちは主がどのように預言的に語られるかということを学んできましたし、これからも続けたいと思っています。しかし、主が言われることを聞いても、私たちがそれに従わないならば、何の役にもたちません。

もし私たちが主を追い求めることにいい加減であったならば、今こそ真剣になり、他の人がどうであれ、真剣であり続ける時です。やがてすぐに熱心であったことを喜び、浪費した時を残念に思う時がやってきます。今から先は、自分がするすべてのことにおいて、それが喜べるようになる決意をしようではありませんか。(終わり)

 


 Page 1 of 9  1  2  3  4  5 » ...  Last »