WWGM

Walk With God Ministries


18 03月

近況報告です      坂  達 也            2019年3月18日


近況報告です

 

                 坂  達 也

 

 

 最近私たち夫婦は、アメリカに移り住んでから7回目の引越しをしました。このニューヨークだけでも今回で4軒目の住居移動です。と言っても未だ、引越し後の荷物をほどく作業の真っ最中で、完全に落ち着くまでにはかなりの時間が掛かりそうです。

 さて、今度引っ越した先は築55年という古いレンガ造り、7回建てのCo-opアパートで、最初の思惑と違ったところも多々あり、思わぬ不慮の事態がいろいろと起きました。その最たるものといえば、元々息子夫婦から譲り受けたソファーが新居アパートの入り口のドアからどうしても入らず、止む無く又引越し屋さんに元の住まいの息子家族の家まで運び返してもらうという事態になったことです。お陰でこの二日間、私は近くの家具屋7−8軒を駆けずり回り、やっと玄関口を入りそうな、私たちには分相応な値段で手頃なセット物を見つけて、明後日配達されるのを待っているところです。

 

 実は、私は今回の引越しを通して、聖書のみ言葉の意味をより深く理解することができたという幸いな経験をお分かちさせていただきたいと思います。それはクリスチャンなら誰でも知っている「クリスチャンとしての生き方」の標語のような下記のみ言葉に関してです。

 

 「いつも喜んでいなさい。

  絶えず祈りなさい。

  すべての事について感謝しなさい。」(1テサロニケ5:16−18)

 

 考えてみればみる程、このみ言葉はクリスチャン・ライフそのものを最もやさしく簡潔で明瞭にその全体像を表現している「信仰の極み」であると私は思います。本当にこれができるクリスチャンになれば、エノクのように生きたまま天に召されること請け合いです。正直なところ、それは分かってはいるけれど現実は出来ないーー皆さんはともかく、私にとって最も難しいのは最初の「いつも喜んでいなさい。」です。この世の中を腹を立てない、イライラしないで生きるのは至難の技ですね。私は真っ先にそれを認めます。しかし、主イエスのかかとをつかんで生まれてきたと言われるイエスの弟のヤコブが書いたヤコブ書1:2で、ヤコブは、

 

 「私の兄弟たち。さまざまな試練に会うときは、それをこの上もない喜びと思いなさい。」

 

とまで言っています。こうなるとクリスチャンは、どんなに辛い試練を受けても、単にイライラするのを抑えて、見せかけだけの笑顔を見せるのではなく、試練が来れば逆に「待ってました」とばかりに心からそれを「この上もない喜びと思って迎えよ」という信仰の意気込みに変えられるという意味で言っているのですから、これこそ凄い真の信仰ではないでしょうか。実はご存知の通り、パウロもヤコブもそれを強調するのは、それだけの確固たる理由があるからです。そのことが続く次の節に書かれています。

 

「信仰がためされと忍耐が生じる・・・その忍耐を完全に働かせなさい。重要なのはその次の「そうすればあなたがたは、何一つ欠けたところのない、成長を遂げた、完全は者となります。」

 

私たちは主にあって完全な者になれるし、ならねばならないのです。なぜなら、

 

 「キリストは御子であられるのに、お受けになった多くの苦しみによって従順を学び、完全な者とされ、彼に従うすべての人々に対してとこしえの救いを与える者となり・・」とヘブル書5:8−9に書いてあるからです。

 

「絶えず祈りなさい。」

 

 ところで私は、同じように今回の引越しを通して「絶えず祈りなさい。」の本当の意味を学びました。「祈る」といへば、何か、はるかかなたの天におられる父なる神にお願い事をするとか、誰かのために取りなすことと思われがちです。確かに、「絶えずとりなす」ことは重要ですが、今回はそれに加え、それ以上に大切なことを私たちがしないでいる事に改めて気付かされたのです。

 それは、私たちの内には聖霊さまが内住し、その聖霊を通じて、御父と御子がいつも私たちの側におられるのに、私たちはその最も大事なお方は遠い天にだけおられると誤解して(神は距離と関係なく偏在される)、個人的に親しく会話をしないことが多いからです。考えてみれば、もし私たちが苦境に立っている時、頼り甲斐のある親しい友が側に付いていてくれれば、その人に絶えず相談しないでしょうか。

 私たちには7歳と4歳になる孫がおりますが、彼らは父親が家に帰ってくると側に纏わりついて、いっ時、切れ目なく父親に話し掛けます。ボーンアゲインしたクリスチャンになる最大の利点は、御父と四六時中、個人的にいつも一緒に「絶えず会話を交わし、相談に乗っていただく」特権に預かることです。今回程私は、その特権の素晴らしさを味わったことはありませんでした。

 それを言えば、同じヤコブ書の1:5で「あなた方の中に知恵の欠けた人がいるなら、その人は誰にでも惜しげなく、とがめることなくお与えになる神に願いなさい。そうすればきっと与えられます。但し、少しも疑わずに、信じて願いなさい。疑う人は、風に吹かれて揺れ動く、海の大波のようです。」と書かれていますから、全てが信仰の問題であることがよく分かります。就いてはこの際ぜひ、ヤコブ書を最後まで通してお読みください。

 そしてヤコブは12節でこう締めくくります。

「試練に耐える人は幸いです。絶え抜いて良しと認められた人は、神を愛するものに約束された、いのちの冠を受けるからです。」

 

 

「すべての事について感謝しなさい。」

 

 この締めくくりのみ言葉は上記の二つのみ言葉を支えるのに不可欠であると同時に、すべてのことが信仰で実行したと思ってしたことが、たとえ、結果として主の全き御心でなかったことが分かった時も(その時には短く心からの悔い改めをする)、あるいは御心通りすべてうまく行った時も(とても嬉しい)、同じように感謝し、その感謝の心が自然に、神の栄光を讃える心からの賛美と礼拝に高揚してゆくものでなければならないと思います。尚、そのような主の全き御心を行うことに失敗する経験を主が敢えて許されるのは、その失敗を通して私たちのより霊的な信仰が築かれるからです。

 その為には先ず、自分がイエスを救い主として信じる信仰告白をした後で、ロマ書8:2ー11に書かれている「イエスの死にあずかる水のバプテスマ」を受ける必要があります。それはすなわち、イエスと同じようにイエスと共に死に、イエスと共によみがえって「永遠のいのちで生きる」という、そのバプテスマを受けた時から、信仰で、生きたままで自分に死ぬ(自分の十字架を担ぐ)という確かな意識を持つて生きることが、私は絶対に必要であると信じます。今の特に若い人たちにはこの「自分に死ぬ」という意識を口にすることを嫌う人が多くいることに注意する必要があります。なぜかといへば、その「自分に死ぬ」意識を持たない人は、結局のところ、パウロのいう1テサロニケ5章の確固たる信仰を持ち得ないと私自身は信じるからです。すなわち、御父が愛する私たちクリスチャンを敢えてこの世の苦しみの中を通すのは、ひとえに私たち肉的なクリスチャンに必要な霊的訓練を施す為であるのです。

 

 結論として申し上げられることは、聖書の福音「良い知らせ」とは「全て良し」、この宇宙に唯一存在する完全な「創造主の神」が造られた完璧な福音であることです。従って、キリストの父なる神だけが完全無欠、非の打ち所のない神であり、あらゆる人間は、一切を神に委ねて神に従うことに絶対に間違いはないということです。クリスチャンは、従って、いかなる状況であってもネガテイブに考える必要は全くない、常にポジテイブに喜びに満ちて生きられるのです。アーメン。(終わり)


10 03月

主は言われる「間違った祈りを止めなさい。」 ジョン・バートン            2019年3月10日


主は言われる「間違った祈りを止めなさい。」

 

ジョン・バートン(John Burton Ministries)

 

 

私はミニストリー始めてからずっと「ジョンさん、どうしたら神の奇蹟や不思議な業を経験できるのですか?」と数えきれないほど人々から訊ねられました。人々は神との出会いを切望し必死なのです!この世の誘惑の罠を逃れて神の栄光の中に飛び込みたいという激しい情熱を持っているのですが、多くの者はそのようなライフスタイルを手に入れることができないでいます。彼らは天を見上げて、「神よ、あなたは一体どこにおられるのですか?」と嘆き叫ぶのです。このように情熱的な方たちに対する私の答えは難しいものではありません。実際のところ、これ以上シンプルなものはないと言ってもいいでしょう。それは即ち、聖い生活を送り、聖霊によって祈る(非常に沢山)ことです。

 

目標は神を聞くこと

 

ローマ10:17「そのように、信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについての(キリストの)みことばによるのです。So faith

comes from hearing, and hearing through the Word of Christ.」

 

今日の最大の悲劇の一つは、人々は神の深みと神が働かれる超自然の領域へと招かれているにもかかわらず、それを自ら拒否し断っていることです。多くの者は「目に見える領域での神の顕れ」を叫び求めていますが、神は「超自然的な領域での神の顕れ」へと私たちを招いておられるのです!

聖別された人生を送り、昼夜熱く祈る者に見える御わざがたくさん起こっているのです!よく聞いてください。 雛を孵す雌鳥のように聖霊が覆っている領域へと、今あなたは歩き始めることができるのです!

聖霊との歩みを妨げるすべてのものを生活から取り去り、熱く、激しく、そして又心楽しいとりなしのライフスタイルを送り始めるならば、自分一人で祈る時や

兄弟姉妹と祈る時、天が私たちの人生の上に大きく開かれるでしょう。その時私たちは神を聞くことが出来るようになるのです。

 

常に神の声を聞くための唯一の道は、私たちが聖い人生を送り、聖霊によって歩み、聖霊によって祈ることであると私は確信しています。神を聞くことはそれほど価値があるのです。神が語り始められると、私たちの人生のすべてが劇的にシフトします!

預言的力が内から輝き溢れでます。常に夢やヴィジョンを与えられます。神の栄光の新しい啓示によって芯まで衝撃を受け揺り動かされるので、私たちは呆然とするでしょう!

そうです、神を聞くようになるとすべてが変リます。私が超自然的な祈りの毎日を送り始めたとき神から受け取った重要な真理をお話します。

 

「止めなさい!祈りが間違っている!」

 

「止めなさい! 祈りが間違っている!」これはある日

深い祈りをしているとき神が言われたことです。私は当時、コールセンタ−でパートタイムの仕事をしていました。コロラドのマニトウ・スプリングという街で教会を始めていたので、そのためにフルタイムでミニストリーをしたいと思っていました。ですからパートの仕事を早く止めたいと思っていましたが、経済的な理由で止めることができず、かなりいらつきを覚えていました。

 

その日、私はいらつきながら祈っていました。「神よ、ああ神よ、どうか教会を成長させてください!どうか収入を増やしてください!

どうか神様!」と祈りました。その時、ベルが鳴るようにはっきりと神が言われるのを聞いたのです。「止めなさい!あなたの祈りは間違っている!」

えっ! どうしてですか!私は一生懸命祈っていたのです。リボリューション・チャーチをスタートしたばかりのとき、私はその狭い会堂の中を歩き回りながら、「自分は熱心に良い祈りをしている」と心から信じていたのです。神は教会が大きくなるのを望んでおられないのですか?

そして次に神は、私が決して忘れられない言葉を言われました。「あなたは、まるでわたしがあなたを拒み抵抗しているかのように祈っています。あなたの心にそのような願いを入れたのはわたしであることが分からないのですか?わたしが起こした願いをなぜわたしに懇願するのですか?

そもそもわたしがその願いをあなたに与えたのですよ!」

これは「祈りとは何であるか」という私の考えを全く打ち砕く言葉でした! 私は考え方を変える必要がありました。

次に神が言われました。「しかし、あなたに抵抗しているものが確かに一人います。敵は、わたしがあなたの心に与えたこれらの願いを実現させたくないのです。あなたが戦うべきなのは敵なのです。」

そこで、私は信仰に満ちた激しい祈りの新しい 領域に踏み込んだのです!

 

この新しい啓示で示されたことを練習するようにと神が望んでおられると、私は感じました。神は「もっと祈る時間を増やし、この街のリバイバルを起こすように」と言われました。又、コールセンタ−の仕事を止めるように言われました。

私は神の御こころがわかったので、コールセンタ−の仕事を止めることにしました。神の御心を知り、私がそれを実行に移す時だと分かったからです。敵は退かねばなりません!

 

私は次の宣言をしました。

「イエス・キリストの力ある御名により、サタンよ、手を離すように命令する! 私のスケジュールから去れ!

神の御こころは、私が仕事を止め、フルタイムでマニトウ・スプリングに御国を前進させることであると宣言する!神の計画に手を出すな!」

 

 

第一ヨハネ5:14−15「何事でも神のみこころにかなう願いをするなら、神はその願いを聞いてくださるということ、これこそ神に対する私たちの確信です。私たちの願う事を神が聞いてくださると知れば、神に願ったその事は、すでにかなえられたと知るのです。」

私は神の御こころにそって祈りました。神は私がフルタイムでミニストリーをすることを願われたのです。一週間後、35名の教会の日曜の献金で5万ドル(500万円)の小切手が与えられ、次の日曜には2万5千ドル(250万円)が与えられました。2週間後に私はフルタイムでミニストリーをすることができたのです。

経済は「必要を越えて」与えられました。お金は更に広い会堂に移るためにも用いられました。神は私たちにそうなることをずっと望んでおられたのです。でも敵は違いました。私は間違った祈りをしていました。まるで「それをどうにかして神からもぎり取らねば」というような祈りをしていたのです。実際は、神はすでにそれを解き放っておられ、私は、途中敵の抵抗を打ち破りながら、それを受け取りにいけばよいだけだったのです。

 

あなたの祈りはあなたを阻んでいるか?

 

もう一つの話も同じように私の人生に大きな影響を与えました。私は又もや「いらいらして祈る」状態になっていました。必要が満たされるようにと叫び求めていました。私は経済や他の必要のために情熱的に天の扉を打ち叩いていました。すると再び、私は神の声を霊の深みで聞きました。「あなたの祈りが妨げになっています。」えっ、何ですって? 私の聞き間違い? 神はその時の私の祈りは善ではなくかえって害になっていると言われたのです。もしそうならば、祈りを止めるべきです。

神は次に「信仰がなくてはわたしを喜ばせることはできません。」と言われ、「祈りの中に疑いが入るならば、その祈りは絶対に答えられません。」とつけ加えられました。神よ、分かりました。私は深く思い巡らし、自分に与えられたこの課題に取り組みました。

私は神を疑いたくはありませんでしたし、何よりも信仰の人になりたいと思っていました。ですから、私はどうにかして神の言われる意味を見出して結論を出したいと思いました。神は私に祈りをするなと言われたのです! しかし、まだ

奇蹟を必要とする解決すべきいろいろな問題があったのです。私は非常に孤独を感じました!

すると答えが来ました。神は、「わたしのことばの中ですでに約束されていることをどうして祈るのか?」と訊かれたのです。神はキリスト・イエスにあるご自身の栄光の富をもって、あなたの必要をすべて満たしてくださるのです。(ピリピ4:19)「必要が満たされるように神に願う」という行為そのものが、「それはすでに答えられている」と信頼する信仰に欠けていることを表していたのです!

神がすでに解決してくださっていることを、「してください!」と神を説得しようとしていたのです!私の祈りは私が疑いを持っていたことの証明であり、それが祈りが聞かれない結果を生んでいたのです。

 

箴言23:7に 心で考えることこそが、その人である。As a man thinks in his heart, so ishe.」とあります。私の心には疑いがありました。また、マタイ12:34には「心に満ちていることを口が話すのです。」とあります。私は不信仰を口に出していました。そして箴言18:21には「死と生は舌に支配される。」とあります。私の心の中の不信仰が、私の経済に死の宣言をするものとして現われていたのです!それならば全然祈らないほうが良かったのです。

マルコ11:24「だからあなたがたに言うのです。祈って求めるものは何でも、すでに受けたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになります。」

祈りの中では、神への懇願、強要、説得、疑いはあってはならないのです!

ヤコブ1:5−8「あなたがたの中に知恵の欠けた人がいるなら、その人は、だれにでも惜しげなく、とがめることなくお与えになる神に願いなさい。そうすればきっと与えられます。ただし、少しも疑わずに、信じて願いなさい。疑う人は、風に吹かれて揺れ動く、海の大波のようです。そういう人は、主から何かをいただけると思ってはなりません。そういうのは、二心のある人で、その歩む道のすべてに安定を欠いた人です。」

 

私たちは神を聞き、そして今の状況が神の御心にどのように一致すれば良いかを宣言するのです。それは私たちを敗北的、消極的な姿勢から、勝利と霊的猛烈さとパワフルな信仰の姿勢へと変えていきます!

(終り)


03 03月

遅延の霊を縛る シンディー·ジェコブス 2019年3月4日


遅延の霊を縛る

 

シンディー·ジェコブス

 

 

 主が言われます。「わたしの子よ、あなたの夢を死なせてはいけないとわたしは言いませんでしたか?あなたがたの中には『ああ、あの夢はもう消えて無くなってしまった。』と言って立ち止まっている人達がいます。

わたしは『幾つかの夢がひとつになる』と言いませんでしたか?『あなたが祈った多くの祈りが合わさって一つになる』とわたしは言いませんでしたか?」

 

「多くの者がわたしの言葉を聞いたにもかかわらず、それを本当には信じなかった」という主からの訓戒を私は感じました。

今キリストのからだの中に意気消沈し心を病んでいる者が多くいることを主が教えてくださいました。あなたの心は不信仰で一杯です。いまや不信仰の霊があなたを押しつぶしてしまっているのです。イエスの御名によって私たちは不信仰の霊を縛り打ち破ります!

主が言われます。「わたしにとって難しすぎることは一つもありません。もしあなたが行き詰まっているとしたら、それはわたしの法則を用いなかったからです。」

 

遅延の霊を縛る

 

私は遅延の霊を縛る宣言をしたことがあります。先日クレジットカードの会社に電話をしていたのですが、電話口で向こうの返事をずっと待たされました。私は長く待たされていらいらしていました。すると聖霊が私の肩に触れて「あなたはこの状況に対して権威を持っているんですよ。」と言われたように感じました。そこで私は遅延の霊を縛りました。するとどうでしょう、相手がすぐ電話口に出たのです。

又ある時私の飛行機が定刻から遅れたときに同じようなことが起りました。私たちを乗せた飛行機は滑走路で一時間も待たされていました。その時も主は「

天候に問題がありますね。でも、それはあなたが解決できることです。今飛行機の遅延によって問題が起こっていますね。それならば、あなたの目的地の天候の上にあなたの権威を行使して、遅延の霊を縛ったらどうですか?」

神が与えてくださっている道具を私は用いました。するとどうなったと思いますか?

パイロットが「天候のパターンが変わりました。すぐに出発します。遅れは取り戻せると思います。」と言ったのです。

 

光の王国と共に前進しなさい

 

皆さんに申し上げたいのですが、遅延の霊というものがあるのです。その霊があなたの夢を止めているのです。あなたの幾つかの夢が一つになって実現するのを阻止しているのです。主が言われます。「わたしはあなたが霊的に機敏であってほしいのです。

人生がただ通り過ぎて行くままにまかせて『それが2つの王国(暗闇の王国と光の王国)に住む者にとっては当たり前のことだ』などと思わないでほしいのです。暗闇の王国はあなたの夢を止め、あなたが前進するのを阻止したいのです。しかし光の王国はあなたが前に進むことを望んでいます。神の力はあなたが前進するのを願っています。」

御父よ、感謝いたします。主よ、私たちはあなたに不可能はないことを認め信じます。今、夢が一つに統合されています。回復が今なされています。主のフェイバーが今起こっています。主よ、それらを受け取ります。そして霊的知性、即ち私たちに必要な霊的分け前(神からの知恵)を受け取ります。

 

主が言われます。「あなたは持つべき感情の分前を持っています。あなたは品性の分前も持っています。しかし、わたしはあなたがもっと霊の領域で高く上げられ、あなたの周りで何が本当に起こっているのかを理解できるようになって欲しいのです。」

もしあなたがそうするならば、神のいろいろな約束が何度も成就するのを見るようになるでしょう!神の祝福があなたにありますように!(終り)