WWGM

Walk With God Ministries


22 07月


十字架の向こう側

 

ボブ·ジョーンズ(Bob and Bonnie Ministry )

 

(これは1995年のボブ·ジョーンズのスピーチです。彼は2014年に天に召されました。このお話は何度読んでも面白いので、改めてご紹介します。)

 

最後のバッター「恵み」

 

10年前(1985年)の5月21日、それは、ペンテコステの日でしたが、主が野球の試合のヴィジョンを与えてくださいました。

試合は、悪魔のチームと神のチームとの対戦でした。9回の裏で両チームともそれまで得点がなく、神のチームが9回の裏の攻撃を始める時でした。主が最初のバッターを送られました。その名は「愛」でした。サタンが投球し、「愛」がバットを振りました。愛は常に神を喜ばせ、決して失敗しないのです。(Love never

fails)それはヒットとなり、愛は一塁に走って行きました。主は次のバッターを送られました。それは愛と共に働く「信仰」でした。サタンが投球し信仰がバットを振り、ヒットとなりました。信仰は神を喜ばせ、愛と共に働くのです。信仰も決してしくじることはありません。主は次のバッターを送られました。それは「知恵」という名でした。サタンが投球しましたが、知恵はバットを振りませんでした。サタンは次つぎに球を投げましたが、知恵はよく球を見たのでフォアボールとなりました。神の知恵はサタンが投げる悪球に引っかからないのです。

 

神は今、このように愛、信仰、知恵を私たちの人生に働かせ、私たちを成長させようとしておられるのです。3塁に愛、2塁に信仰、1塁に知恵と、満塁になったとき、主は次のバッターを送られました。「わたしはいま最強のものを送る」と主は言われました。それは今まで見たことのないピンチヒッターで、その名は「恵みGrace」でした。サタンが投球し、恵みがバットを振りました。バットが折れるようなものすごいヒットとなりました。しかし「嘘つき」が外野にいてそれを阻止しようとしました。嘘つきのハエは空中にいるのです。教会の中でサタンは悪いうわさやゴシップをはびこらせ、神の栄光を隠していました。「嘘つき」は「まかしておけ!絶対取るぞ!」と叫びましたが、球は彼のグローブを通り抜け、ホームランになりました。4人の走者は全部ホームインして神のチームの勝利となりました。「4」は聖霊のナンバーです。聖霊の働きがこれから強くなるのです。

 

ゼカリヤ4:7「大いなる山よ。おまえは何者だ。ゼルバベルの前で平地となれ。彼は、『恵みあれ。これに恵みあれ。』と叫びながら、かしら石を運びだそう。」

 

「愛」「信仰」「知恵」は人間の働きです。それは私たちをあるところまでは導いてくれますが、ホームインさせるのは 神の「恵み」なのです。

 

ダビデの油そそぎ

 

詩編89:20「わたしは、わたしのしもべダビデを見いだし、わたしの聖なる油を彼にそそいだ。」

 

今主は、多くのダビデのような者を見いだして油を注ぎ、恵みを解き放ってくださいます。先ずすべての土台である「愛」が心から主を求める者たちに与えられていると信じます。そして「信仰」が強くされ、サタンに惑わされることのない「知恵」が与えられてきました。

 

教会は今まで「神と一緒に(with God)」ではなく「神のために(for God)」一生懸命働いてきました。今こそ私たちが「神と一緒に」働く時です。モーセではありませんが「神が共に行かないならば私はどこにも行かない、何もしない」と決意する時です。今まで私たちは「神の手」を求めて「下さい、下さい、下さい!」と言ってきました。でも神は「そうではなくて、わたしの心を求めなさい」と言われるのです。ダビデは神の心を持っていましたね。「わたしの心を捜し求めなさい。わたしの心の内を捜し求めなさい。」と主は言われます。

 

神の心に何があるかご存知でしょうか?

それは人々の魂です。神は人々の魂を求めておられるのです。イエスは私たちに救いを与えるためにこの世に来てくださいました。そして私たちの長兄として進んで十字架にかかってくださったのです。イエスのいけにえの代価で私たちは贖われたのです。

 

御父は今もこの世を愛するゆえに、今度は「あなた」をこの世に与えようとしておられます。私たちは皆、十字架の向こう側に行かねばならないのです。十字架のこちら側にいた時、あなたは手をのばして「主よ、下さい、下さい!

欲しいです!」と言いました。でも十字架のむこう側に行ったならば、聖なる御霊が復活の力をもってあなたの内に働き始めます。そしてあなたはキリストの性質を持つ、キリストに似た者となっていくのですその時、十字架のもとに来る人たちに必要なものをあなたが与えることが出来るのです。その時、あなたは「受ける者」から「与える者」にかわることが出来るのです。

 

主はみなさんに「成長しなさい!大人になりなさい!」と言っておられます。私たちが愛、信仰、知恵を身につけるならば、神は恵みを注いでくださるのです。その時に決して試合に負けることはありません!

 

聖霊を招き入れる

 

聖霊はずっと教会の扉を叩いておられます。人々は「聖霊よ、あなたを尊ぶと言っているグループの中で、あなたが本当に働かれるのを見たならば、私たちの教会にあなたをお迎えしてもいいかもしれませんね。でもまずその人たちが変えられるのを見たいのですよ。」と言います。

私はそれが起ころうとしていると信じます。聖霊に満たされた人々の中で主にある真の愛の交わりが具現化されていくのです。そのようにペンテコステが又現われるとき、それを見た人々は聖霊に心を開くようになります。

 

聖霊があなたに語るのを聞いてください。そうすれば私たちが語るときに、神の言葉を語るようになるのです。

私たちの口から出る言葉も神の言葉と同じように、創造の力を持つようになります。詩編115:16には「天は、主の天である。しかし、地は、人の子らに与えられた。」と書かれています。そして今主は私たちが地を主にお返しするのを待っておられます。「わたしが再び地で働く許可を人々が与えるのをわたしは待っている」と主は言われます。(サタンは私たちの許可を必要としません。彼はどこにでも勝手に無断で入っていく盗人です。)すべてのとりなしの祈り、回心の祈りは、神の介入を許可し招き入れるものです。

 

聖霊は教会の扉を叩いて「入れてください。もし入れてくれれば、わたしはあなたの教会の主となります。そして一人の方、即ちイエス·キリストを顕します。」と言っておられるのです。イエスが教会に来られると、一人の方、即ち御父を顕されます。御父は70年前、非常に嘆かれました。それは進化論が人々に受け入れられ、「人類の父は猿だ」と人々が信じ始めた時でした。進化論が「あなたの父は猿だ」と言ったので多くのクリスチャンも混乱しました。御父はバビロン捕囚のときにされたように70年を区切られました。バビロンは「混乱」という意味ですね。御父は70年間、姿を現されませんでした。今、70年が経ち、御父は再び来てくださいます。私のお父さんは猿ではなく、全能なる神です!私は自分が誰かを知っていますし、御父が誰であるかも知っています。家族なのです。

ずっと前に私は神の御心の真ん中は家族であることを発見しました。御父は家族を大切にする方です。御父が来られるとき家族を大切にされます。ご自分の子供たちがお互いの悪口を言ったり、ゴシップをするのを非常に嫌われます。

 

火のバプテスマ

 

御父は新しい土台を造られます。聖なる霊は愛です。あなたが愛に成長するならば、あなたは聖さにも成長するのです。ローマ1:4に「聖い霊(spirit of

holiness)」とあります。私はどうすれば聖い霊が得られるかを主に訊ねましたが、それは聖霊のバプテスマを受けるのと同じでした。即ち、信仰によって受けるのであり、そしてそれは愛が私のうちで働くときに成長するのです。主は愛という土台を築かれておられ、それは決して壊されることはありません。

 

選ばれる者となる

 

イザヤ48:10に「見よ。わたしはあなたを練ったが、銀の場合とは違う。わたしは悩み·苦しみの炉であなたを試みた。」とあるように、主はこの10年間、私たちを試煉という熱い炉で練られました。

 

マタイ22:14に「招待される者は多いが、選ばれる者は少ないのです。For many are called, but few are chosen. とあるように、すべてのクリスチャンは招待されて、熱い炉に入れられるのです。ある者たちは3週間で、「もう十分だ、ここから出よう。これは思っていたより熱いぞ。私の大事なもの、まだ手放したくないものがどんどん燃えてしまう!」と言って途中で炉から出てしまうのです。人は自分が捧げた分に応じて受けます。ダビデは10年間苦難の炉に中に入っていました。あなたが炉に留まり続けるときあなたは「選ばれる」のです。

 

今御父は、苦難の炉の中から多くの白い石を取り出しておられるのを私は見ます。主はこれらの白い石で土台を築かれます。それは祭司の土台であり、純粋な神の言葉、義と愛で築かれる土台です。

 

火のパプテスマとは聖さの霊であると主が言われました。聖さの霊があなたの生活の中で働き始めると、神の火があなたを燃やし尽くし始めます。私が罪を犯したとき、私は御父から逃げませんでした。かえって私は御父にむかって走っていったのです。そして主が言われることはすべて従いました。もしあなたの足が汚れたならば、天のお父さんのところに走って行き、主の足を掴んでください。神の火があなたの罪をも焼き尽くしてくれるでしょう。(終り)


11 06月

神は私が呼ぶとき答えて下さる     バジレア·シュリンク


神は私が呼ぶとき答えて下さる

 

             バジレア·シュリンク

 

 

 

 詩篇50:15「苦難の日にはわたしを呼び求めよ。わたしはあなたを助け出そう。あなたは私をあがめよう。」

 

 この御言葉は、聖書に示されている終末的様相をますます帯び、多くの苦悩が心をむしばもうとする現代に生きる私たちへの、神からの力強い呼びかけです。

 悩んでいる人は誰でも助けを呼び求めます。子供は母親を呼び求め、大人は自分にとって親しい人を呼び求めます。しかし、その助けを求める叫びが聞かれぬままに消えてしまうことを、しばしば経験するのではないでしょうか。自分を愛してくれる人々や、とても親切で世話好きな人であっても、ほかのことに心をうばわれていて、私たちの叫びが聞こえないことがあるかもしれません。

 あるいはまた、私たちの問題に対して、どうやって助ければよいかわからないこともあるでしょう。

 

 こうした時、主なる神が「わたしを呼び求めなさい!と呼びかけておられるとは、何とすばらしいことでしょう。誰かが「どんな時でも電話をかけてきなさい。相談にのりましょう。私にまかせなさい!と言って助けの手を差し伸べてくれる時、それは私たちにとってどんなに励ましになるでしょう。私たちはその時、あらゆる苦悩と心配事の只中にあっても、安心していられるのです。

 しかしいま、このような呼びかけが天と地を造られたお方、私たちをあがなってくださった主イエス·キリストからなされているのです。主はその愛ゆえに私たちの心が悲しみに満ちていることを、また私たちがあれこれの問題に対処できないでいるのをすべてご存知です。愛に満ちたまなざしで、イエスは私たちの心にあるすべてのことをごらんになります。主お一人が私たちの心をわかって下さるのです。なぜなら、主は苦しみを受けられ、私たちと同じように試みに会われたからです。しかし、それだけではなく、主は、私たちがどのような悩みの中にあっても助けを備えて下さり、すべての問題を解決できる唯一のお方なのです。

 

 

 それでは、イエスという名にはどんな意味があるのでしょうか。イエスとは「神は救いたもう」という意味です。神は助けであり、救いであられます。

  言いかえるならば、主イエスが私たちを助けず、救い出さないことなどあり得ないのです。主のご性質とみわざは、愛と救いによって特徴づけられます。なぜなら、イエスは愛そのものであられるからです。主は、憎しみをもって敵対した人や、主をいやしめ、あざけった人のためにさえも、苦しみに耐えられたお方です。それゆえイエスが私たちを愛して下さっていることを決して疑うことはできません。

 人間の愛は、すべて主イエス·キリストの内にある愛の炎と比較すると、はかない小さな花火でしかありません。イエスが私たちに惜しまず与えて下さるのは、この燃えるような神の愛です。多かれ少なかれ、だれもが悩みの中にある今日、イエスは救いをもたらす神の愛を、かってないほど私たちに体験させたいと願っておられます。

 しかし、主イエスの助けは自動的に受けられるものではありません。イエスは生ける主であられ、その愛を押し付けることはなさいません。主はご自身を呼び求める者にのみ、近づいて下さるのです。それゆえ私たちは、このように主イエスをほめたたえましょう。

 

 主イエス様、

 あなたは「しかり、アーメン」なるお方です。あなたを信じる者はあがない

 を体験します。

 あなたは救い主であられますから、私を罪の鎖から必ず救って下さいます。

 あなたのもとに来る者は決して滅びることはありません。

 「わたしを呼び求めなさい!」と主が招いておられる時、私たちは実際にそ

 うしなければなりません。くり返し起こる災害、殺人、暴力、暴動、戦争の

 脅威、キリスト者に対する迫害といった毎日のニュースの接する時、私たち

 はこれらから思いが離れない、という危険にさらされます。しかしそれで

 は、意気消沈や苦悩、恐れから脱することはできません。イエスを呼び求め

 るとは、いわば「自分自身から飛び出す」ことです。

 

 意気消沈している時、私たちは助けを呼び求めることを始めなければなりま

 せん。そうすることによってのみ、憂うつから脱することができるのです。

 しかし、「主イエス様、あなたはともかくも私を助けてくれるでしよう·

 ···」と祈るだけでは十分ではありません。私たちは確固たる信頼をも

 って、主の御名を呼び求めるべきです。その時何かが起こります。なぜな

 ら、この叫びは神のこころに届くからです。神は助けを求める者はだれで

 も救われる、という驚くべき約束を与えて下さっているのです。

 

 神がご自身の言葉を守られるということを私はくり返し体験してきました。

 主の御名は、「しかり」であり、「アーメン」です。しかしながら、祈り

 が答えられるためには、一つの条件があります。それは主の御名を心から

 呼び求めるということです。そしてこれは、子供でさえ理解し、行えるこ

 とです。

 今日、若い人々の間でも、霊魂や悪魔と接触を持つことがごく普通となっ

 てきています。中にはオカルトの講座さえ提供する学校や大学があります。

 その結果悪魔が勢力をふるってきているのです。これは事実です。イエス

 は生きておられます。しかしサタンもまた、今日私たちが体験しているよ

 うに、現実なのです。だれでもサタンと接触を持つ者は、激しい精神的苦

 悩に陥ります。最初サタンは若者を自分の支配下に入れるために、セック

 スや麻薬を使って舞台裏でこっそりと働いていましたが、今や公然と自分

 自身を現しているのです。

  それゆえ「わたしを呼び求めなさい!」とイエスが招いておられるのは、

 何とすばらしいことでしょう。主はサタンと地獄に打ち勝った勝利者であ

 られます。イエスの御名を求める者はだれでも、あらゆる暗闇の力からの

 開放を体験するでしょう。

 

 

 主の御名のちから(という歌)

  

 1.「主の御名のちからわれはあがめん つみのくさりからわれをはなつ

 2.御名が呼ばわれば、やみは去りて、み国のとびらが われに開かん。

 3.主の御名のちから われはたたえん、地獄の支配を うちくだかれん

 4.主の御名はきょうも わが喜び、こころの悲しみ いやしたもう。

 

  私たちにはこのような主がおられるーーこれは何とはかりしれない恵み

 でしょう。死人の中からよみがえり、御父のもとへ帰られて、今や無数の

 天使たちに礼拝されている主イエスは、それで満足されるはずではないで

 しょうか。しかし、主イエスは私たちをあまりに愛しておられるので、そ

 の愛ゆえに私たちの方へと駆り立てられるのです。主は偉大なる大祭司と

 して、神の御座でたえず私たちのためにとりなしておられ、常に魂を救っ

 ておられます。愛ゆえに主は決して休むことなく、暗黒の力から、次々と

 魂を救い出しておられるのです。ーーーこれは何とはかりしれない恵みで

 しょう。私たちは、イエスのこのあがないの力をたんに一度だけではなく、

 たえず新たに必要としています。

 

  私たちはみな先祖から受け継ぎ、私たちの中に深く根づいている罪深い

 性質の特徴、たとえば神経過敏症、不きげん、肉の欲望、うそをつくこと、

 ねたみ、苦々しい思いといった性質を持ってはいませんか。それはまるで

 泥沼につかっているようなものです。そこでイエスは「今わたしを呼び求

 めなさい!」と招いておられます。もし今あなたが呼び求めず、ただ成り

 行きにまかせるなら、あなたはますます深く沈んでしまい、そしてそれは

 自分の責任となります。···

 

  主を呼び求める時、私たちはイエス·キリストーーー「人の子らにまさ

 って麗しいお方](詩篇45:2)、愛をささげるのに最もふさわしいお方

 との、聖なる交わりに入れられます。それは何と幸いなことでしょう。

 主イエスは贖われた者たちの花婿であり、威厳と栄光をおびてこの地上に

 再び来られる王の王であられます。···この暗い時代に、主を求めるこ

 とができるとは、何とすばらしい神からの贈り物でしょう。···すると

 にわかに私の心は慰めと喜びに満たされます。····以上はバジレア·

 シュリンク師の小冊子から引用しました。

 

 (追記)私、坂 達也は、これこそ、まさにクリスチャンの毎日の生き方

 である「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。全ての事について、

 感謝しなさい。···」(1テサロニケ4:16、17、18)の意味で

あり、特に「絶えず祈りなさい。」(「主からの御言葉を直接いただく」

の意味するところ)であると信じます。ハレルヤ!(終わり)


20 05月

聖書の終末観を知る重要さ(下) マイク·ビクル


聖書の終末観を知る重要さ(下)

 

マイク·ビクル

 

 

神学的にも終末の世代について知ることは重要です。聖書はアダムとイブの時代以来のすべての世代の中でこの世代について最も多く語っています。どうしてでしょうか。主は「それがどれほど重要か、あなたは知っていますか?」と言われるのです。その時代がいかに栄光に満ちているか、そして同時にいかに惑わしに満ちているか、いかにパワフルであると同時にいかに危険に満ちているか、、。このような時代に生きた世代は未だかつでありません。この時代にどのように生きればよいかを示唆できる世代はないのです。

 

驚くべきことに、聖書の150以上の章の主たるテーマは主が帰ってこられる終末に関する記述です。マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの福音書を合わせると89章になります。90章近くがイエスが初めに来られたときの記述です。しかし再臨に関しては150章あるのです。主が再臨されたとき、どのようにリーダーシップを取られるかについてです。終末に関しては興味がないと言われる方に申し上げたいと思います。あなたは福音書のイエスと同じイエスがこの世をどのように治められるのか、興味がないのですか?イエスの地上でのご計画について興味がないのですか?同じ聖書の中の、同じ聖霊が書かれたイエスに関する記述です。どうしてそれを無視するのでしょうか。

 

私は61歳ですが、私の世代を見てみますと多くの人が終末に関して学ぶことを避けています。そしてその結果、若い世代にそれを教えることができていません。それは非常に問題であると私は思います。なぜならば、今私たちは現にその終末の世代の始まりにいると思うからです。一世代がどれほどの長さであるかはわかりませんが、この150章に関して教え始めるのは、決して早すぎることはないのです。今教会ではこれに関して教えるのはポピュラーではありませんが、私はそんなことは気にしません。今20代の人が終末に関して知らないならば、恐れやつまづき、混乱、妥協、背教の危険にさらされるのです。

神の恵みにより、若者に聖書の筋書きを教えようではありませんか。しっかりと計画をもってシステマティックに教えて行こうではありませんか。一回のセミナーとか夏期講習で網羅できることではありません。

 

また、終末に関する聖書を知る重要性は預言的な理由もあります。今がどのような時代であるかに関してイエスは幾つかの出来事を示しておられます。主は「あなたがこれを見たとき、終末の世代にいることを知りなさい。」と言われました。クリスチャンは自分がその世代にいることがわかるということです。使徒たちもいくつかの終末の出来事を挙げています。旧約の預言者たちもいつくか挙げています。100以上の事柄がありますがそのうち2つだけを述べたいと思います。

 

マタイ24:14「この御国の福音は全世界に宣べ伝えられて、すべての国民にあかしされて、それから、終りの日が来ます。」ここで「すべて国民

all the nations」と言われているのはギリシャ語ではエスノスで、エセニックグループ、すべての民族ということです。世界には3千以上の民族がありますが、ミッション活動のリーダーたちは、福音は3千すべての民族に歴史上初めて2020年までに伝えられるであろうと言っています。いままで2千年のあいだ、そのように言われたことはありません。イエスはそれが起こったあと、終りの日が来ると言われたのです。これは非常に重大な終末のしるしであるにもかかわらず、キリストのからだの大部分は「それはいいね。」くらいにしか捉えていないのです。

 

次に、使徒2:17に「終りの日に、わたしの霊をすべての人に注ぐ。」とあります。教会時代の最初の200年は聖霊を受けることは当然のことでしたが、その後1800年間は聖霊は片隅に追いやられていました。1920年頃には百万人くらいの人が聖霊を受けていましたが、その50年後には6千万人となり、使徒行伝の時代以来はじめて聖霊を受けることが標準的なこととなったのです。それと「福音がすべての国民に伝えられる」こととが重なっているのは、決して偶然ではありません。イエスが言われた終末のしるしの殆どすべてのものは、世界的にどんどんと加速し増大しています。すべての事柄が揃ってきているのです。キリストのからだの一部はそのことに注目していますが、全く無視している人達も大勢います。

 

次に社会的な終末のしるしを二つ挙げたいと思います。まずイスラエルの民が祖国にもどったということです。1948年のことです。イスラエルは殆ど2千年のあいだ国がなかったのですが、聖書はイエスの再臨の前には彼らが祖国に帰っていることが条件だと言っています。1948年まで聖書教師たちはそれに関して「何のことがわからない。」と言って、そのようなことが起こることはあり得ないと考えていました。ところが突然一日にしてイスラエルは国家となったのです。これは世界に衝撃を与えましたが、一番驚いたのは聖書教師たちでした。「聖書の言葉は文字通りだったのだ!」と衝撃を受けました。私たちは歴史上かつてなかった時代に生きているのです。聖書の預言はイスラエルが再び建国されるまでは成就されなかったのです。でも今はそれが起こる可能性のある時代です。これは全く新しいシーズンが始まった合図でした。

 

マタイ24:33に非常に重要なイエスの命令があります。これはただの招きではなく命令です。「そのように、これらのことのすべてを見たら、あなたがたは、人の子が戸口まで近づいていると知りなさい。」「これらのこと」とはイエスが終末のしるしとして語られた事柄であり、実際に今世界規模でそれらが起り始めています。それらを見たときには再臨が近いことを「知りなさい」というのは、ぼんやりとではなく、確信をもって知りなさい!という命令です。そして34節で「まことに、あなたがたに告げます。これらのことが全部起こってしまうまでは、この時代(generation世代)は過ぎ去りません。」とあります。一世代は百年続くかもしれませんが、もっと短いかもしれません。そして36節に「ただし、その日、その時がいつであるかは、だれも知りません。」とあるので、聖書教師たちは「その時は全く予測できない」と解釈してきました。しかしイエスは、もしあなたが終末の世代に生きているのならば、それを知りなさい、と言われました。日と時はわからないけれど、その世代は分かるのです。イエスが終末に起こることとして示された事柄は、すべてではないにしても殆どすべてが現在起こり始めています。今、聖書の筋書きに注目する時ではないでしょうか。父の世代が子の世代に教え、子が次の世代に教えていく時ではないでしょうか。多くの者は今聖書の筋書きを教えられていません。その結果は混乱と恐れと惑わしに陥り、つまずいてしまいます。そして大いなる背教が起こるのです。そのようなことが皆さんや皆さんが導いている人たちに起こらないようにしようではありませんか。

 

ダニエル11:33に「民の中の思慮深い人たちは、多くの人を悟らせる。」とあります。これは終末の聖書的筋書きを理解している人たちは多くの人を教えることができるという意味です。多くの人とは、何百万、何千万の人だと思います。人々の中に聖書ではどう言っているかを明確に知りたいという飢え渇きが爆発的に起こるのです。その時聖書教師が必要となります。歌い手、ミュージシャン、本を書く人、映画を作る人、ソーシャルメディア、説教者が必要になります。勇敢に聖書が言っていることを様々な手段で伝える人達です。この1、2年、様々な声が巷で騒がしくなってきました。これからの10年、15年はますます混乱してくることでしょう。世界規模で本当の理解を求める飢え渇きが起こります。神は「思慮深い人たち、理解する人たち」を起こされています。私はそのような人たちを「先ぶれのメッセンジャー」と呼びます。神はアジアにおいてそのような人達を起こされています。アフリカで、ラテンアメリカでも、いろいろなミニストリーを起こされています。私たちのミニストリーも他のグループと交わりながら、神が聖書を通してそれぞれに示しておられることから学びあっています。すべてを理解しているグループはありません。お互いが必要なのです。

 

ここに来ておられる皆さんも「理解している人」になることができるのです。何故ならば聖書は誰でもそれを求める人にはその理解を与えてくれるからです。学ぶには少し時間はかかります。ミニストリーでは様々な働きがありますが、それと同時に終末に関する勉強もして行かねばなりません。私は何万人もの先駆けをする人たちを起こしてくださいと、神にお願いしています。世の中で何が起ころうと、それが神のご計画の中でどのように用いられるかを理解し、恐れず確信をもって信仰生活ができるように人々に教えて行かねばなりません。20代の人も80代の人も神は用いられます。ソーシャルメディアで80代のおばあさんでも発信して世界中の何百万人に教えることが出来るのです。

 

最後に私の体験をお話したいと思います。20年ほど前のことで、IHOPを始める以前のことです。私はカンサスで牧会をしていました。私は教会の祈祷室でイザヤ63章を読んでいました。2、30人がそこにはいました。この箇所はキリストの再臨についてですが、少し変っています。あまり知られていませんが、非常に重要な箇所です。私はこのような霊的経験は40年間で3、4回しかしていないのですが、それは私の人生を変えるほどのものでした。イザヤ63章を読んでいると、聖霊の炎と熱が勢いをもって私を包みました。私は「一体何が起こっているのだ、、、」と思いました。又、聖霊の風が私の周りに吹いているのを感じました。それが一時間ほど続いたのです。何かが起こっていることは分かりましたが、それが何であるかは全く分かりませんでした。

 

イザヤ63:1でイザヤは次のように質問しています。「エドムから来る者、ボツラから深紅の衣を着て来るこの者は、だれか。その着物には威光があり、大いなる力をもって進んで来るこの者は。」

イザヤは2700年前にメシアがエドムからエルサレムに行進してくる幻を見たのですが、それが誰であるかは分かりませんでした。エドムは今のヨルダンです。イエスはヨルダンを通ってエルサレムに来られたのです。その衣は紅く染まっている。どうしてでしょうか。エルサレムは異邦人の国々に取り囲まれて攻撃されようとしていました。イエスは再臨のときのエルサレムを救うために来られます。ダビデより、ヨシュアより、モーセより、エリヤより偉大な方がエルサレムの救いをもたらすために来られるのです。その方は「正義を語り、救うに力強い者、それがわたしだ。」と答えます。

イザヤは「なぜ、あなたの着物は赤く、あなたの衣は酒ぶねを踏む者のようなのか。」と尋ねます。3節でメシアが答えます。「わたしはけものを礼拝するものたちと戦い、わたしの衣は彼らの血で赤く染まった。わたしは人間の酒ぶねを踏んだのだ。わたしは彼らをとり除いた。」そして「わたしはひとりで酒ぶねを踏んだ。わたしと共にことをする国はなかった。」と言われました。

すべての異邦人の国々がエルサレムに敵対したのです。イエスは「他のどの国も、どの軍隊もわたしと共に戦ってくれなかった。誰ひとりわたしと共に立つものはいなかった。わたしが裁きをもたらしたとき、すべての者はわたしに敵対した。わたしは一人で彼らをすべて踏みつぶし、それでわたしの衣は血に染まっているのだ。復讐の日だったのだから。イザヤよ。」と言われたのです。

 

私はこの箇所を読んでいたのですが、一時間ほども聖霊の炎と熱に包まれ、聖霊の風が周りに吹いてました。主の言葉が私に来ました。「わたしが裁きのために来るとき、(それは愛を阻むすべてのものを取り除くためです)あなたはわたしと共に立ってくれるのか?」と。それは主から私への個人的な言葉でした。「多くの者はわたしがあわれみと共に正しい裁きをするとき、わたしにつまづくのです。誰もどの国もわたしと共に立ってはくれない。あなたは立ってくれますか。」と語られました。私は泣いていました。イエスとの激しい出会いでした。「主よ、私はあなたと共に立ちます。」と私は申し上げました。「世間からどのように悪く言われようとも、多くのクリスチャンから嫌われても、あなたのご計画に従います。」と。

 

その時祈祷室にいた一人の人が私のところに来て肩を叩き「私はヴィジョンを見ました。」と言いました。私は「今はお願いだから邪魔しないでくれ」と心の中で思いましたが、彼は次にように言ったのです。「主は今あなたにイザヤ63章について話しておられます。私は天使があなたに炎を注いでいるのが見えました。天使の羽根が風を起こしているのも見えました。」私は驚いて何も言えずに彼を見つめていました。非常に強烈な経験でした。彼は「主はあなたに一つの質問をされました。あなたはイザヤ63章の深紅の衣を着たイエスを人々に説きますか。

人々に受け入れやすい説教だけをするのではなく、血染めの衣を着たイエスを語りますか?と主は問うておられます。」彼はそう言ってから去っていきましたが、私はそのまま泣いていました。

 

その日、私は主と契約を結びました。「主よ、私はあなたの裁きがどのようなものであるか、理解はできません。終末に関する150章を理解はできていません。2、3の事は知っていますが詳細は知りません。でもあなたの問いに対して私は『はい。』とお答えいたします。」

 

どうか皆さんも血染めの衣を着た主の問いに「はい。」と答えていただきたいと思います。(終り)


15 05月

聖書の終末観を知る重要さ(上) マイク·ビクル


聖書の終末観を知る重要さ(上)

 

マイク·ビクル

 

 今日は聖書の「終末観」を理解することが非常に重要である理由をお話したいと思います。ある人達は「私はそのようなことに関心はありません。」と言います。しかし聖書にはその重要性が書かれていますし、今は聖霊がその重要性を語っておられる時です。人々の預言とかではありません。聖書そのものに書かれていることを把握することです。今人類の歴史に大きな嵐が襲おうとしています。聖書はそのことを明らかに語っています。大きな嵐がすでに襲い始めていて、世界の問題が急速に増大しています。最早1990年代の世の中に戻ることはありません。もっと暗やみが深くなっているのです。暴力、悪魔の力、性的倒錯が増していきます。しかし、それだけではありません。神の栄光も増し加わるのです。神は、教会を建て上げて、神の栄光を現す場所とします。今の深い闇の中にご自分の栄光を現わされるのです。

私は皆さんによい知らせがあります。歴史は栄光へと向かって進んでいます。暗やみの中にすばらしい栄光が現れるためです。私たちは麗しいリーダーであられるイエスに従っている者です。主は非常にすばらしご計画を持っておられます。

 

終末のことを語るとき、私は「ユニークなダイナミックス」という言葉を使います。人間の歴史の中である一つの世代が、他のどの世代とも違ってユニークだからです。その世代には最も強烈なネガティブなものと、最も強烈なポジティブなものが同時に起こります。そのような時代を経験した者は今まで一人もありませんでした。人類にとって始めての経験です。最大の悪魔の暗躍がすでに始まっていて、しかもそれが急速に増大しています。しかし聖霊の最大の傾注もすでに始まっています。使徒行伝を越えるようなリバイバルが世界中で始まります。それは「24/7の祈りのムーブメント」によって支えられています。祈りと賛美が地上から立ち上り、打ち破りとリバイバルが起ります。

 

主が帰ってこられるのを経験する世代に特有のことがもう一つあります。その世代に生きている人の数は今までのどの世代よりも多いということです。聖書ではその世代に関して、他のどの世代に関するよりも多く語っています。

どうしてでしょうか? それはその世代がユニークであり、重要であり、栄光に満ちたものであるからです。それは危険であり、恐ろしく、ものすごいのです。

 

私は今まで40年以上牧師をしてきましたが、教会は今、終末に関する知識が非常に希薄になってきています。今世界が何に向かっているかを理解していないのです。私の知っているクリスチャンは皆イエスを愛していますが、殆ど終末に関心がありません。私は「聖書に書いてあることをよく見てください。」と彼らに言います。「もう一度よく見て、考え直してください。」と。なぜならば、終末に関する聖書の言葉を知らないままに、その時代に突入するならば、非常な混乱と恐怖がキリストのからだを襲うことが絶対に避けられないからです。

 

イザヤ60:2を見てください。「見よ。やみ (darkness) が地をおおい、暗闇が諸国の民を覆っている」とあります。悪魔的なもの、性的倒錯などすべての闇です。しかしそれが話の結末ではありません。それと同時に主は御力をもって主の民の上に来られるのです。暗やみが最も深い時に、主の栄光が人々の目の前に現れるのです。

 

「これから世の中はよくなりますか?それとも悪くなりますか?」と私は多くの人に訊かれますが、その答えは「どちらも」です。悪魔が暗躍する暗やみもますます深くなり、御国の人々と御国を受け入れる人々の上に輝く栄光も大きくなるのです。それが同時に起ります。ハガイ2:6を見てください。「まことに、万軍の主はこう仰せられる。しばらくして、もう一度、わたしは天と地と、海と陸とを揺り動かす。」神が空中を揺り動し、地を動かすとき、海と陸が揺り動くのです。さら7節には「わたしは、すべての国々を揺り動かす。」とあります。国家の政治が揺り動かされ、国々の社会構造が揺り動かされるのです。どうしてでしょうか?7節の続きに「and the Desire of All Nations shall come (そして彼らはすべての国々の望みである方が来る)」とあります。すべてのものが揺り動かされるのは、人々が今まで拠り頼んでいたものを揺り動かすことによって、彼らが救いを他に求め、すべての国々の希望(Desire of All Nations)であるイエスの麗しさと栄光を見て、彼こそ自分の希望であることを悟るためです。

 

イエスは人々が切に願うものとなります。イエスの麗しさを人々が見出す時となるのです。私は一億の人が主のもとに来ると信じます。ものすごい数の人たちが全世界で救われてきます。ニューヨークとかロンドン, ベイジンのような大都会では何百万人といる人が救われるでしょう。今まで想像もしたことのないような魂の収穫が起こります。主は人間が拠り頼んでいたものを揺り動かして、人々が真の拠り所を捜し始め、イエスの麗しさを発見するようにされるのです。そして次に「わたしはこの宮を栄光で満たす」と主は言われます。主が戻られる前に、使徒行伝を越えるようなことが起こると私は信じます。それは私たちの肉にとっては困難な時となりますが、霊的には栄光ある時となるのです。イエスを愛する者が生きるのに最高の時代となるのです。しかしイエスを否むものにとっては、最も危険で困難な時となるでしょう。

 

あるミニストリーは「艱難」にだけ焦点を当てて、栄光の希望について話しません。また、あるミニストリーは偉大な終末のリバイバルについて話しますが、艱難に関しては話そうとしません。ポジティブな事だけ話したいからです。私もポジティブでありたいですが、それ以上に正確でありたいのです。聖書は「艱難の中で栄光に輝く教会」を語っているからです。両方を語っていない終末論を受け入れないでください。それは聖書の言っていることではないからです。

 

この艱難が持つ危険性は、それが人々を混乱に陥れるからです。多くのクリスチャンは困難が増し加わる時に混乱してしまいます。それに関する教えを受けたことがなく、聖書もよく読んだことがないので、困難に襲われたときに混乱するのです。ですから聖書が語っている筋書きをしっかりと知る必要があります。何が起こっているのか、これからどうなって行くのか、という筋書きです。それが分かっているならば、私たちは確信を持つ事ができます。そういう人はどのような時にも愛に溢れ、動じることはありません。彼らは麗しい栄光に満ちた王のリーダーシップの下に自分がいることを知っています。栄光あるすばらしい計画が進められていることを知っています。大いなる暗やみをも征服する力ある王を信頼して進むことができます。

 

しかし、多くの世の人々は間違った選択をしてしまいますし、クリスチャンであっても多くの人が間違うのです。聖書の筋書きを知らないならば、私たちは必ずこの世の解釈を受け入れてしまうからです。聖書の筋書きを知らないと、いろいろな声が聞こえてくる大混乱の中では、必然的にこの世の筋書きを受け入れてしまうのです。

 

聖書の終末の観点を知る必要性は、牧会上大いにあります。聖書の筋書きを知っている人たちは、神を信頼して確信をもってすべてを受け止めることができます。しかしクリスチャンであってもこの世の筋書きしか知らない人たちは、非常に恐れを持ってしまうのです。恐れが人生を支配してしまうならば、私たちは往々にして間違った判断、決断をしてしまいます。イエスは終末の世代に関して、人々は恐れると言われます。聖書の筋書きを知らないので、何が起こっているのかわからないので恐れるのです。また、あるクリスチャンは、イエスにつまずき腹を立てます。「こんな困難が起こるとは教えられていない。聖書は本当に神の言葉なのか。イエスは信頼するに足るのだろうか。」と。サタンはクリスチャンがイエスに信頼するのではなくつまずくことを願っています。

 

またあるクリスチャン達は、騙され惑わされます。聖書ははっきり言っていますね。終末には偽りの正義が起り、偽りの統一宗教の動きが起り、偽りの愛、偽りの恵みが説かれると聖書は明確に述べています。

ある牧師が「正義、一致、愛、恵み」という言葉を用いて説教をすると、人々は「すばらしい!」と言います。しかし聖書の言葉を用いてはいても、それが正しく聖書が説いている意味で用いられているかどうかを吟味せねばなりません。惑わしは一般社会でも非常に深くなりますが、それは教会の中にも入りこんできます。イエスの終末の教えを調べるとわかりますが、主は艱難に関することよりも惑わしについてもっと多く語っておられます。終末と聞くと、多くの人は艱難とか迫害とかを思い浮かべますが、イエスが教会に警告したのは「惑わされないように」ということでした。

 

第二テサロニケ2:3でパウロは「だれにも、どのようにも、だまされないようにしなさい。なぜなら、まず背教が起り、不法の人、すなわち滅びの子が現れなければ、主の日は来ないからです。」と言っています。これは非常に重要な預言です。イエスの再臨の前には、クリスチャンの背教がまず起こるのです。これは聖書の預言の中でも非常に厳しいものの一つだと私は思います。クリスチャンの背教が起こることはイエスもパウロもペテロも旧約の預言者たちも言っています。背教はただクリスチャンが罪を犯すというのではなく、彼らが恐怖に陥ったり、イエスにつまずいたり、この世の偽りに惑わされたり、敵が背後にいるムーブメントに引き寄せられたりするからです。多くの者が主から離れて行きます。

 

イエスの再臨は二つのことが起こるまでは起こりません。それは背教と滅びの子の現れです。

再臨が近いことがどうしてわかるでしょうか。それは数日後かもしれませんし、数十年後かもしれませんが、近いことがわかるのです。その一つの現れはキリスト教の伝統の中で育った人たち、主のために燃えていた人たちさえ、信仰を捨てている事実です。もう一つは滅びの子の現れですが、これは反キリストが世界的に現れるということです。これは非常に重大な出来事ですが、それと同じほどに背教がすごい規模で起こるということです。教会から少しずつ人がいなくなる、というような小さなことではなく、世界的に劇的な背教が起こるのです。それは反キリストの現れと同じほどに劇的で大規模なことです。

私は40年以上牧師をしていますが、信仰を捨てる人たちがこの4、5年ほど多いことはありませんでした。これは他の牧師たちもそう言っています。数年前には祈祷会でリバイバルのために熱心に祈っていた人が、信仰を捨てていくのです。今は背教の時代の始まりだと私は信じます。(続く)


22 04月

第二次「アメリカ独立/南北戦争 と     アメリカ合衆国憲法」について(その3)      リック ジョイナー


第二次「アメリカ独立/南北戦争

    アメリカ合衆国憲法」について(その3)

 

                        リック ジョイナー

 

 

マルクス主義者のアメリカ支配戦略

                                   (リック·ジョイナー 4月1日21年マルクス主義者の戦略パート7より)

 

    世界中のマルクス主義者にとっての最大の敵はアメリカです。なぜなら、創造者の神の前では「すべての人間は平等に造られている」ー アメリカは、この人間の自由と正義を確立し、それを維持するための人間の「共和国政府」を樹立する目的で建国された国であるだけでなく、その制度が世界各国の手本となることを最終目標として求められているからです。

 端的に言って、宗教、特にキリスト教信仰のリーダー國であり、民主主義、自由主義を尊重するアメリカを自分たちの支配下に置くことがマルクス主義者にとっての至上命令であり、そのために45の目標を立てて組織的にその目標達成に最大のエネルギーを使っているいると言われます。

 今回はその目標の28番目に当たる:アメリカの公立学校での祈りやあらゆる宗教的表現を、「政教分離」の原則に反するという理由で排除する、という彼らの目標に焦点を当ててみます。

 

 それは1962年に、エンゲル対ビタール事件という宗教問題に関する訴訟に際して起こったことですが、米国最高裁判所は、400年近くにわたるアメリカのクリスチャンの伝統と、それに200年近くにわたる最高裁判所の判例基準を根底から覆すような判決を下したのです。この判決によってそれ以来「公立学校での祈り」が禁止されてしまいました。

 

  ついては、最初に上記に挙げられた「政教分離の原則に反する」という理由についてですが、 「 政教分離」はアメリカ合衆国憲法のどこにも書かれていません。実際に憲法を読んだことのある人なら、このことを知っているはずです。

 

 マルクス主義者は、歴史上のどのグループよりも、プロパガンダを使って人を騙し、嘘を宣伝することに長けています。しかし、多くのアメリカの指導者たちは、何が政治的プロパガンダで、何が真実なのかという基本的な見極めもできないまま、メディアで広く語られたり、報道されたりすれば、ほとんどのことを真実として受け入れてきたのです。このような無能さ、場合によっては敵との共謀によって、アメリカ合衆国は過去に大変な代償を払ってきました。

 

    それでは、教会と国家の関係について、憲法はどのように述べているのでしょうか。憲法修正第1条だけがこの問題に触れていて、単純明快に次のように記されています。「連邦議会は、ある(新しく)宗教の設立を尊重したり、その自由な行使を禁止したりする法律を作ってはならない。」

 

    憲法制定に関わった建国者たちは、スピーチや個人的な文章の中で、これは宗教から政府を遠ざけるためのものであって、政府から宗教を遠ざけるためのものではないことを明確にしています。

 建国者の一人トーマス·ジェファーソンが最初に 「政教分離」という言葉を使いましたが、それは、ダンベリー·バプティスト(宗派の一つ)に対してで、これは国家が宗教に干渉させないためのものであり、その逆ではないということを確認するための手紙でした。

    また、憲法修正第1条では、合衆国議会だけが、宗教を確立(干渉する)ことを明確に禁じていて、州や国民が自由に考えて行動してよいと明示され、そのように理解されていました。

  問題は、あらゆる宗教にとって、その最も基本的な行為は「祈り」にあり、これを禁止することは、その宗教とその神との親しいコミュニケーションを禁止することになり、宗教的にいえば、これ以上に罪深いことがあるでしょうか?

 

         アメリカ共和国憲法の修正第1条では、私たちの他のすべての自由の基礎となる自由を保護しています。これは、自由を保証するために書かれた最も強力な45の言葉であり、アメリカを支配するためのマルクス主義の45の目標に対抗する最も強力な言葉でもあるのです。

  連邦議会は、宗教の確立を尊重したり、その自由な行使を禁止したり、言論や報道の自由を制限したり、人民が平和的に集合して政府に不満の解消を請願する権利を制限する法律を作ってはならない。

 

 この1962年の「エンゲル対ビタール」判決は、最高裁が下した中でも最も衝撃的な判決の一つと言われ、それ以来、私たちの国を覆っている腐敗への扉を大きく開いただけでなく、政府が教会の問題に介入するための扉も大きく開かれたのです。

 多くの研究では、この年からアメリカの道徳が崩壊したとされていますが、これは同時に、アメリカの宗教的自由に対する容赦ない攻撃の始まりであるとも言われます。

      そして、この違憲の最高裁判決は、他の多くの憲法違反の判決にも大きな扉を開きました。また、権利章典 the Bill of Rights で保障されている私たちの権利のほとんどすべてに対して裁判所が攻撃を加えることになり、ジェファーソンをはじめとする建国者たちが共和国にとって最大の脅威と考えていた「司法の専制政治」が始まったのです。

 

    イエスは、「木はその実でわかる」と言われました。アメリカの学生たちは現在、合衆国憲法修正第1条の「言論の自由」によって保護されていると想定し、学校内で自由に最も下劣な呪いのことばを使うことができると共に、何よりも衝撃的なことは、イエスの名前を使っただけで退学処分となる、それを政府が認めているのです。

 これは、歴史上最も神を愛し、神を求める国の政府が、今や反キリストとなってしまったという悲しい事実であるのです。

 

    アメリカはこの問題にあまりにも簡単に引っかかり、アメリカ文化に壊滅的な影響を与えたため、多くの人が現在のアメリカにおける道徳、誠実さ、人格の崩壊をもたらした唯一最大の破壊的な要因であると考えています。この見解を裏付ける圧倒的な証拠があります。真に憲法を知り、憲法を守るという誓いを誠実かつ勇気を持って実行する指導者がいたならば、アメリカでこのような事態は起こらなかったはずです。

 

         マルクス主義者は、もし彼らが宗教の自由、言論·報道の自由、あるいはアメリカ人の平和的集会の権利を破壊すれば、他のすべての自由の破壊が容易かつ迅速に行われることをよく知っています。彼らがすでに奪ってしまった自由を取り戻すためには、まず憲法修正第1条の権利を取り戻すことから始めなければなりません。

 

 次に、マルクス主義者の目標:その29では、アメリカの憲法を「不十分で、古めかしく、現代のニーズにそぐわない」と信じさせ、「世界規模での国家間の協力を妨げるものだ」と言って、その信用を失墜させようとしています。

    これによるマルクス主義者のねらいは、アメリカの「国の最高法規」としての合衆国憲法を無効にすることにあります。なぜなら、それができれば、共和国が立つ基盤を破壊することになり、アメリカ共和国は崩壊すると信じるからです。

 

         アメリカ人がこのような論法の影響を受けて、自国の憲法を軽視し始めているのは、自国の憲法に書かれている内容を全く知らないか、あるいは、アメリカが世界で最も強力で、裕福かつ自由な国となったのは、憲法がいかに役立ったかを明らかにしたアメリカの歴史を知らないという証拠です。

 歴史上、聖書に次いで、アメリカの憲法がこれほどまでに世界に良い影響を与えた書物は他にないと思います。

 それを「不十分」とか「現代のニーズにそぐわない」と言うのは、究極の無知、あるいは意図的な裏切り行為です。

    わが国の憲法は、書かれた時代の文化に合わせて作られたものではなく、時代を超えて明らかにされてきた人間の本質に関する知識に基づいて作られたものです。この憲法は、人間の悪を抑制し、善を自由にするために見事に設計され、これほど効果的な手段で政府を樹立した文書は他にありません。

         アメリカ人が「憲法は現代のニーズにそぐわない」と言うのは、憲法を知らないか、時代を知らないかのどちらかであることを示しています。憲法は、時を超えた真実に基づいているため、常に時宜を得たものであるのです。この憲法は、最初に批准された時と同じように、今日の問題に関連しており、今現在、人間の悪がその抑制をこれほど必要としていたことはないので、それ以上かもしれません。現在、米国を引き裂いている大きな危機の根源は、憲法を無視した結果であり、これらの危機を解決するための答えは、憲法を「国の最高法規」として正しい位置に戻すことです。

   最後に、憲法が世界的な協力の妨げになっていると考えるアメリカ人がいるとしたら、それは憲法と、今世界を究極の専制政治へと向かわせている力の両方について、いかに無知であるかということを改めて示しています。グローバリズムの根底にあるのはマルクス主義であり、地球上に放たれた最悪の専制政治の下に世界を統合しようとする人々に対する最も強力な防波堤がアメリカ憲法なのです。私たちの憲法は、これまでも、そしてこれからも、文明と自由を愛するあらゆる人々や国との協力関係の基礎となるものです。

 

    アメリカを破壊しようとするマルクス主義者のアジェンダを調べていくと、残念ながら、マルクス主義者は、憲法が私たちの自由、繁栄、強さにとっていかに重要であるかを、多くのアメリカ人よりもよく理解していることが分かります。

 

 

2020年の選挙の不正    (リック・ジョイナー師の4月21日 MSJ より)

 

 使徒パウロは、エペソ人への手紙1章18節で「私たちの心の目」が開かれるようにと祈りました。私たちの自然な目にも影響を与えるものがあり、物事をありのままに見るためには矯正レンズが必要なように、私たちの霊的な視力にも同じことが言えます。霊的な視野がぼやけてきたとき、正しい補正を受けると、すべてのものにピントが合うようになり明確になります。

 

 今回の選挙の後、私が話したクリスチャンのほとんどは霊的にぼやけた感じで、選挙が不正によって盗まれたと考えていない人はいませんでした。さらに悪いことに、最高裁判所を含む政府のほとんどすべての関係者が、この腐敗に加担しているように思えるのです。政府への信頼は1950年代から着実に低下して来ましたが、今回の選挙で米国民の連邦政府への信頼はほぼゼロになったようです。政府に対する信頼の低下は、政府の信頼性の欠如の増加に対応してきました。

 そうなるとすべてが悪い結果につながり易く、小さな火種でも大きな問題に連鎖する可能性があります。

 私たち国民がこのような事態を招いて共和国を破綻させてしまったのです。私たちの共和国では、国民が主権者であり、政府は私たちのために働くのであって、その逆ではありません。この状況を変えるには、国民が政府を取り戻さなければなりません。どうすればできるのでしょうか?

 

 まず、米国民が政府を取り戻す準備ができていることを示す証拠はあっても、「明確なトランペットコール」つまり明確な戦略や動員の場がない。

 しかし、今すぐに動員する必要はないのでそれでいいのです。まずはビジョンを修正する必要があります。

 私たちは、政府を修正する前に、政府がどうあるべきかという明確なビジョンを持つ必要があります。政府を再建し、私たちの信頼を得るためには、決まり文句やスローガン以上のものが必要になるでしょう。

 

 バイデン新政権は、トランプ氏に投票した人以外でも、多くの人が違法な政府とみなしています。多くのアメリカ人は、すでに選挙に対する信頼を失っていたため、長い間投票していませんでした。このところ、国が左に大きく揺さぶられているにもかかわらず、アメリカ人は自分たちは中道を堅持していると思っていて、80%以上の人がキリスト教徒であると言い、60%以上の人がボーンアゲイン・キリスト教徒であると主張しています。

 今、私たちアメリカ人は、地球上のほとんどの国がそうであるように自国の政府を信用していません。

 

 権力と権威·権限の間には違いがあります。権威がなくても力を持つことはできます。現在、多くの政府が不法に権力を握っています。事実、歴史上、世界のほとんどの政府にそれは当てはまりにますが、ローマ人への手紙13:1-2にはこう書かれています。

 「人はみな、上に立つ権威に従うべきです。神によらない権威はなく、存在する権威はすべて神によって立てられたものです。したがって、権威に逆らっている人は、神の定めにそむいているのです。そむいた人は、自分の身にさばきを招きます。」

 

 この文章で「権威」と訳されているギリシャ語は、「エクソシア」といい、文字通り「力」と訳されています。ですから、もしある人が権力を持っていたら、その人がどのようにして手に入れたかにかかわらず、私たちは、神が理由があってそれを許したと考えなければなりません。また、その力にできるだけ従うべきですが、一つだけ例外があります。それは、使徒たちが確立したように、権力者が聖書に書かれている神の明確な指示と相反することを指示する場合に「私たちは人よりも神に従わなければなりません」(使徒5:29参照)

 

 ローマ人への手紙13:1-4を考えるとき、多くの人が抱く疑問は、「ヒトラー、スターリン、毛沢東のような悪人が権力を持つことを神は許しておられたのか」答えは “イエス “です。神が許可していなければ、彼らは権力を握ることができませんでした。

 最初の人間が神ではなくサタンに従うことを選んだときに人間に与えられた権威をサタンが奪ったにもかかわらず、神はサタンがこの時代を支配することを許しておられます。イエスは、贖いによって地上の権威を取り戻したので、今はすべての権威を持っていますが、まだ地上の権力を奪ったわけではありません。

 なぜ主は、聖書に啓示されている多くの神の戒めに真っ向から対立するバイデン氏のような邪悪な政権を許されるのでしょうか。それはおそらく、歴史上で支配してきた他のすべての邪悪な権力を主が許されたのと同じ理由によるものでしょう。これらは裁きのために任命されたのです。もし私たちがこの理由を受け入れられないとしたら、それは私たちが神のありのままの姿、そして聖書に明確に啓示されている姿を知らないからです。

 

 「悪を善とし、善を悪とし、闇を光とし、光を闇とする」(イザヤ書5章20節参照)という究極の堕落に陥った国には、深刻な結果が待っています。

 アメリカは、記録された歴史の中で誰よりも神と神の道を愛していた国から、神が嫌うものを愛し、神を最も怒らせることを実践し、さらには実践している人々を称える国へと転落しました。もし神がこれらのことでイスラエルの国を滅ぼし、当時イスラエルが世界における神の唯一の証人であったときに神の民を流浪の民として散らされるなら、同じことをしている私たちに同じことが起こらないようにされると思いますか?

 

 私たちは、トランプ大統領が在任中に成し遂げることができたすべてのことに感謝すべきです。経済を再び動かすこと、軍隊の準備と効果を回復させること、聖書の正義と公正の原則に沿った信念を持つ裁判官を任命することなど、私が生きてきた中でどの大統領よりも多くのことを行いました。リーダーシップは重要であり、政府の最高機関に誰が座るかは重要です。

 邪悪な王がイスラエルを治めていたとき、国は邪悪になりました。正しい王が治めれば、リバイバルが起こり、神に立ち返るようになりました。

 

 バイデン政権は、就任初日から、神が “悪 “と呼ぶものの多くを大統領令で立法化し始めました。下院に提出された法案HR-1は、歴史上最も露骨な憲法修正第1条への攻撃であり、もし可決されれば、アメリカにおける宗教の自由、言論の自由、報道の自由の終焉と共に、その他の自由も攻撃されることになります。

 

 アメリカ国民はこのような事態を許すのでしょうか?選挙が簡単に盗まれるのを許してしまったら、他の権利が盗まれることに対して国民が立ち上がるとは思えないでしょう。確かに、私たちが方向性を変えなければ、今向かっている恐ろしい専制政治と同じようなことを、神は私たちに計画されているのでしょうか?その通りです。

 従って、私たちが神のもとに戻るならば、神は私たちのもとに戻って来られるゆえに、私たちは神のもとに戻らなければなりません。

 アメリカは基本的に神にこの国から出て行ってもらい、今では、神の名前を公の場で使うことさえ拒否しています。ヨハネの黙示録3章20節にあるように、この時代、私たちが主に心を開かなければ、主はご自分の教会にさえ入って来られません。ですから、私たちは、この国で日に日に増大している道徳的、霊的堕落よりも、主を望むことを決意しなければなりません。

 

 自分の将来を決めるのは、本当に私たち自身なのです。私たちが主を求めるなら、主を見つけることが約束され、また、私たちが主に近づくなら、主が私たちに近づいてくださることが約束されています。主を愛している人たちが、主を憎むごく少数の人たちに国を支配するのを許し続けるなら、私たちは本当に主を愛しているとは思えません。

 

 現在、アメリカの「キリストの身体」には、人間に対する恐れが蔓延しています。人間への恐れは「臆病」と訳されます。これは特にキリストの身体のほとんどの指導者に顕著で、彼らは人間を恐れるあまり、現代の重要な問題に取り組むことを控えています。私たちが政府にこのようなことを見るのは、私たちクリスチャンの教会がそのような模範を示して来たからです。

 この時代、アメリカには偉大な教会や祈りの運動があり、私たちはそれに感謝しなければなりませんが、一方で、教会全体がおそらく歴史上最も弱体化しているのも事実です。神は私たちに最大の権威と最大の力を与えたにもかかわらず、教会にはほとんど力も影響力もありません。なぜその力が使われないのでしょうか?それは、教会の指導者たちが、神への恐れよりも人への恐れによって生きているからです。これこそ「臆病」と言えます。

 

パート2:希望の兆し

 

 私たちが常に心に留めておかなければならないことは、主は、この世の強い者、賢い者、大勢の者を用いることはあまりないということです。むしろ主は、団結している二人を通して、団結していない大勢の人よりも多くのことをなさることができます。

 

 先月、私は国内外に影響力を持つリーダーたちのために、毎年恒例のラウンドテーブルの33回目の会議を開催しました。彼らは皆、クリスチャンですが、教会のリーダーばかりではありません。中には、ビジネス、行政、エンターテインメントなど、世界に大きな影響力を持つ分野のリーダーもいます。この座談会に参加する人たちの相互理解、尊敬、総合力は驚くほど高まっていますが、今回の座談会には特別なものがあり、私に大きな励ましを与えてくれました。

 

 座談会は自由な交流を目的としているので、このような集まりはいつも、主とその目的についての啓示や、私たちの時代についての洞察に富んでいます。その中には、国内外に影響を与えるようなものも発表されています。

 2015年の私たちの円卓会議は、トランプ氏を当選させたかもしれません。その座談会に参加したほとんどの人は、来る前は他の候補者を支持していましたが、帰る時は、ほとんどの人というより、おそらく全員が、トランプこそが運命の人だと信じて座談会を後にしました。その人たちは何百万人もの有権者に影響力を持つ人たちだったのです。

 もちろん、今回の座談会では、最近の選挙の意味合いについても議論されましたが、「今回の選挙は盗まれたものだ」というのが総意でした。盗まれた選挙は、失われた選挙よりもはるかに危険であること、そして、選挙管理そのものに信頼性がない時には、民主主義の共和国は存続そのものが難しいことを全員が知っている様子でした。ということは、私たちは今、歴史上最大の危機に直面していることは承知しているのです。ーではどうすればよいのか?

 色々なアイデアは話題に上りましたが、強烈なラッパを吹くレベルのものは何もない、しかし、それでいて、それを心配している人は一人もいませんでした。しかし、それが必ず来ることに、全員信仰ともいうべき確信を持っていて、そこには平安が溢れていたのです。

 この円卓会議になかったものは「不安と心配」ーーそのことが、恐らく会議で得られた最も重要なメッセージであったのです。

 そこには、驚くほど際立って大きな平安がありました。それは深遠なものでした。平安は、私たちの最も神聖な強力な武器の一つです。何度も繰り返しますが、サタンを足の下に打ち砕くのは「平和の神」(ローマ16:20参照)であると言われています。

 今回の座談会では、いつもながらの情熱があるにしても、平和と喜びが満ち溢れていたのです。主の臨在がそこにあり、主の臨在には「喜びが満ちている」からです。(詩篇16:11参照)そして「主の喜びはあなたの力」だからです。(ネヘミヤ8:10)これもまた、このリーダーたちの中にある強さを啓示していると受け止めています。毎回、笑いが絶えないのですが、今回は本当にそれ以上のほがらかな笑いがあったように思います。

 去年直面した危機の激しさを考えると、これは予想外のことでした。最も深刻な問題を話し合っているときでさえ、素晴らしいユーモアのセンスがありました。

 私たちの座談会の参加者は、何百万人もの信者に影響を与えているかもしれませんが、それはキリストの体のほんの一部に過ぎません。私たちは、国全体を代表しようと思ったことはありません。ただ、「キリストの身体」について幅広い経験を持ち、現代の重要な問題について国際的な視点を持った限られた人たち(30人以下)を集めるようにとの要請があったのです。ですから、私はこのような多様なミッションを代表する方々が、私たちが直面しているすべての問題に平安を感じているように見えたことは、私にとって非常に励みになりました。

 この平和と喜びは伝染するでしょう。もしあなたが世界に起こることについてストレスを感じているなら、これを読むだけでそのストレスが解消され、神への信頼と信仰が増していくことを祈ります。  (終わり)


 Page 1 of 131  1  2  3  4  5 » ...  Last »