WWGM

Walk With God Ministries


16 04月

人生の様々なシーズン エリザベス・エンロウ 2019年4月16日


人生の様々なシーズン

 

               エリザベス・エンロウ(Restore 7 Ministries)

 

  私はクリスチャンホームで育ち、8歳の頃から聖霊に満たされていましたが、私が12歳の時、母が癌で天に召されてしまいました。父が一年後に再婚し、二度目の母に私は可愛がられて幸せに暮らしました。しかし、私の内には母を亡くした痛みと深い悲しみ、失望があり、私はそれを長い年月、心の奥深くにずっと埋めていたのです。

やがて私は結婚し、牧師である夫(ジョニー・エンロウ)と共に教会を牧することになりました。ですから毎週の礼拝で、私は一番前の席に座って夫の説教を聞いていました。夫は「神がどれほど善き方であるか、どれほど親切な方であるか、神はすべての国に対して偉大な計画を持っておられ、その国をどのように変革されていかれるか、神はどれほどすべての人々、国々を愛しておられるか」という内容の説教を力をこめて毎週語りました。神はただ私たちの魂を永遠の救いに入れてくださるだけではなく、私たちが持っている日常の関心事、心配、社会的な問題にも手を差し伸べて助けてくださることも夫は語りました。

 

夫が牧師としてこのように語るのを聞きながら、私はそのメッセージに心から同意しようと一生懸命つとめました。確かに夫の語ることは真理だと思いました。しかし私は自分の内で葛藤を感じていました。それは「もし神が本当にそんなに善き方で親切な方ならば、どうして私のお母さんを取り去ってしまったのか?」という、私が心の奥底に押し込めていた疑問や神に対する大きな失望が浮き彫りになり、最早無視することができず、私はついにその問題と正面から向き合わねばならなくなったからでした。

頭では「神は善き方」と信じているのですが、心ではそれを本当には受け入れていない自分がいて、そこに激しい葛藤が生まれました。

母の癌との戦いは4、5年も続いたのですが、私たち家族は神による癒しをずっと堅く信じていました。癒しのメッセージを聞き、癒しの聖書箇所を読み、癒しを宣言して、知っている限りの方法で精一杯戦ったのです。しかし母は召されました。

 

私はこのように感じました。「神は母を癒されなかった。それは事実だから受け入れよう。でも世界でただ一人母を癒すことができる方がいたのに、その方は何もしてくれなかった。神が母を殺したのではない。けれども神は母が死ぬことを許された。だから神が殺したのも同様だ。」

 誰でもこのような経験があると思います。「神は~を止めることができたのに、止めてくださらなかった!」という神に対する失望と怒りです。

 

私がどのようにしてそのような状態から抜け出ることができたかというと、それは「短期間ですぐに」ではなく、時間をかけてのプロセスでした。そのプロセスの第一歩は、私が神に対して100%正直になることでした。私は誰か心から尊敬する人から「自分に正直に、そして神に正直になってもよい」という許可をどうしてももらいたかったので、夫に頼みました。

夫は「神はものすごく大きくて寛大な方だから、怒って神の胸を打ち叩いても大丈夫だよ。だからあなたの思っている事を何でも神に言ってごらん。」と保証してくれました。それで私は神に対して本当に心から腹を立てたのです。そして自分の気持を包み隠さず神にぶつけました。

当時私は夫と共に教会を牧していたわけですから、それはちょっと具合の悪いことではありましたが、私にとってそれはどうしても必要なプロセスだったのです。

そのように自分と神に正直になったとき、回復のプロセスは早く進んでいきました。神はそのような私に対していろいろと教え始められました。神が今までもずっとどのように私と共に歩いていてくださったかを教えてくださいました。

神に対して本当の自分の気持をぶつけたとき、神は慰めと愛と平安をもって私の心に入ってこられ、神がすべてのことを意図を持って行われ、神の私への愛は常に変らなかったことを教えてくださったのです。

100%正直にオープンに神に接したとき、神が私に教えてくださるスペースが出来たのだと思います。

あなたがもしも自分の心を防御の壁で囲んでいるならば、あなたの怒り、苦しみはそのまま自分の内にずっと残ります。でもその壁を取り壊すならば、神はあなたの中に入ってきてくださるのであると思います。

 

私が癒されていくプロセスの一つになったことですが、ある時私自身のワーシップCDをつくるようにある人から依頼されました。私はワーシップリーダーではありませんでしたが、当時ワーシップを手伝っていたことがありました。

更に「あなたがCDを作るための資金を出します。」という人まで現われたのです。私は歌を作ったことがありませんでしたので、神に「どうしたらいいでしょうか?」と訊ねました。すると神は「わたしはあなたの中に歌を4つ、すでに与えてありますよ。」と言われました。

そして神は、 4人の娘たちがそれぞれに1歳から3歳くらいだった4回の幼児期に私に教えてくださったことを示されました。娘4人それぞれが幼児期であった4回のシーズンは、私と神との関係と私の心の成長過程を表す4つの異なったシーズンだったのです。娘たちの名前は、プロミス・ジョイ(約束・喜び)、ジャスティス・ホープ(正義・希望)、グレイス・ヴィクトリア(恵み・勝利)、グローリー・ルツ(栄光・ルツ)と言いますが、すべて彼らが生まれた時に神から与えられた名前でした。

 

神は娘たちの名前の通りに「冬の約束」もあれば「春の正義」「夏の恵み」「秋の栄光」もあることを教えてくださいました。

神が言われたことを整理し理解したとき、私はこう言いました。「神様、あなたは本当に善き方であり、本当に親切な方です。あなたは地上で、そしてこの国やこの地域ですばらしいことをしてくださる方です。

でもそれと同時に、私の心の中にも同じようにすばらしいことをすることを計画してくださいました!」神は街や国に住む多くの人々の心を愛し癒されるのと同じように、私一人の心をも愛し癒してくださることを示してくださいました。あなた自身が持っていないものを、人に与えることはできません。神が本当に善き方、親切な方であることを自分で信じていなければ、この世の人々に伝えることはできません。

多くの場合、私は神との関係において自分がどのシーズンにいるのかが分からなかったので、神に対して多くの疑問を持ったのだということが、今はわかります。

どのような人間関係であれ、いろいろなシーズンを通ります。それは神との関係においても同じであることを神は教えてくださいました。冬のシーズンも幾度も通りますし、又、神と共に何かを生み出していく春のシーズンもあります。暑い日照りの夏のシーズンもあり、実りのある秋のシーズンも必ず来るのです。目には見えないようなこと、とても繊細で守らねば壊れてしまうようなことも、大切にすれば神は必ず実らせてくださいます。

 

神が意図を持って計画的に、 私が4人の幼児を育てた13年間に私の心に与えられたもの、即ちプロミス(約束)を育て、ジャスティス(正義)を育て、グレイス(恵み)を育て、グローリー(栄光)を育てた時に神が私の心に与えられたものは、私のためだけのものではありませんでした。それは神がどのように私たちを取り扱われるかということであり、私たちすべての者が知らねばならない啓示でした。

真冬に庭に出て、オレンジの木にむかって「どうしてオレンジがないの?」とは言いません。そのシーズンではないからです。神はすべてを目に見える形で現してくださる時もあり、またある時は隠されるときもあるのです。そのようなシーズンの違いを理解することは私たちにとって大きな助けになります。それはフラストレーションを克服するのを助けます。神がオレンジの根を養おうとしておられるときに、それを理解せずにオレンジの実を期待するならば、フラストレーションを起こします。

 

冬の季節は「十字架のヨハネ(16世紀のスペインのカトリック司祭)」が言う「the dark night of our soul(暗夜、神との一致に至るまでの過程)」のことだと思います。たとえ真っ暗な夜であっても、神が常に共におられるならば、本当にそれは最も神と親密になる時なのです。なぜならば、それは隠されている時であり、私たちは暗闇の中で何も見えなくても、神がすぐ横にいてくださるからです。

冬のシーズン、あなたは「自分は裸にされ、もう駄目だ」と落ち込み、実をならせたいと切望することでしょう。しかし、それは神が私たちの内に、あるいは私たちを通して、次にしようと計画されていることをあなたの中に孕ませているのです。どのシーズンも厳しく、またどのシーズンも良いものであるのです。

 

それは、あなたが寒くて凍えそうな時に、「あそこに暖炉がある!」と大喜びするようなものです。寒い冬も今までとは違う受け取り方、過ごし方ができるようになります。自分が今、どのシーズンにいるのかを知れば、敵の攻撃を防ぐことができます。神が私を取り扱い、多くのことを私に教えようとされた時、私は大変混乱しましたが、今私は自分の方向性を見出し、自分が現在どこにいるのかを知っています。

時として 私たちの街や地域で神が一体どのように働いておられるのかわからないことがありますが、それと同じように、自分の人生の中で神がどのように働いていてくださるのか見えないときがあります。でも神は着実に働いていてくださるのです。神は常に何かをしていてくださいます。ですから、それを知れば神と共に働くことができます。

 

もしあなたの内にあまりにも多くのことが鬱積していて、それが吹き出さないように押さえつけながら「どうにかこうにかやっと毎日を送っている」のならば、それを主の元に正直に持っていくことをお薦めします。

私はついには「神様、私はあなたが大嫌いです!」と叫ぶところまで行きました。それは100%正直になることであり、神はそれを喜んでくださり、恵みを与えてくださるのです。ですから「神よ、あなたは私の人生に何ということをされたのですか!どうしてあのように私を失望させたのですか!」と神に正直に言ってみてください。神が私たちに恵みを与えてくださることを経験するならば、その時私たちはこの世に恵みを与え、憐れみを持ち、この世と愛をもってかかわることができるようになるのです。

 

「祈り」ー父よ、感謝いたします。今あなたは共におられます。今一人ひとりに申し上げます。あなたの魂が神との関係において今どのシーズンにあろうとも、ダビデのように100%の正直さをもって神のもとに来ることをお薦めし、宣言いたします。あなたが 今までの どのように主と交わってきたかを正直に認め、主があなたの人生を新しいレベルに引き上げてくださいますように祈ります。

そしてあなたが周りの世界に向かって「神は善き方です!」伝えることができますように。

「神は善き方である!」と私は今あなたの魂にむかって宣言します。父よ、今すべての人があなたを正しく見ることが出来、それによってこの世もあなたを正しく見始めることができると宣言します。

父よ、私たちはあなたを愛し、 今それぞれが置かれているシーズンを感謝します。あなたが今ひとりひとりの心に確証と平安を与えてくださいますように。イエスの御名によって祈ります。(終り)


25 03月

家系の呪いを断ち切る マリリン・ヒッキー              2019年3月25日


家系の呪いを断ち切る

 

マリリン・ヒッキー(Marilyn Hickey Ministries)

 

 

出エジプト20:5「あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神、わたしを憎む者には、父の咎を子に報い、三代、四代にまで及ぼし、わたしを愛し、わたしの命令を守る者には、恵みを千代にまで施すからである。」

 ここでは「(父の) 咎 (iniquity )」という言葉を用いていて、罪(sin) とか 罪過(trespass)とは言っていません。咎(iniquity)とは何でしょうか?

箴言28:13に「自分のそむきの罪を隠す者は成功しない。それを告白して、それを捨てる者はあわれみを受ける。」とありますが、咎というのは、罪(sin)を犯した時に悔い改めないで、何度も犯し続け習慣になったもののことを言います。罪(sin)とは「的を外すこと」であり、罪過(trespass)とは的を越えてしまうこと(例えば言葉で人を傷つけたりすること)です。もしこのようなことを何度も繰り返し犯してしまうならば、それは咎(iniquity)となってしまうのです。それは家系に代々現われてきます。特に性的な罪がそうです。人が性的罪を犯して何度も繰り返すならばそれは代々受け継がれていきます。貧困も呪いであり、神を憎む者の家系に受け継がれていきます。

しかし、私たち神を愛する者はイエスの血潮により家系の呪いを断ち切ることができまです。そればかりか、あなたは祝福を千代に渡って子孫に受け継がせることが出来るのです。神は何とすばらしいお方でしょうか。

 

私の家系にもある呪いがありました。私の父、祖父、兄は時として非常に激しい怒りに襲われていました。そして私が36歳の時、サタンはその呪いを私にも及ぼそうとしました。私は「神様、助けてください!私はお父さんと同じような激しい怒りに捕われようとしています!」と叫びました。すると神は「そう、あなたは父と同じなのです。そしてわたしこそがあなたの父です。わたしは精神的な問題など持ったことはありませんよ。だからあなたにも問題はありません。」と言ってくださいました。

家系の呪いには例えば次のようなものがあります。失敗、離婚、破産、不慮の死、自殺、激怒、批判的な態度、事故、性的罪、慢性的な疾患、心臓疾患、糖尿等々です。私の家系の多くは心臓疾患で死亡していますが、私も11歳の時に心臓肥大と診断され、23歳の時にも同じ診断を受けました。しかし、私は「私は神を愛しています!この家系の呪いをイエスの御名で断ち切ります!」と宣言しました。そして今私は80歳を越えていますが、医者は私の心臓は若者のようだと言います。私は天の倉から新しい心臓をもらったのです。

 

家系の呪いを断ち切るための最初のステップは、それが「家系の呪い」であると認識することです。そうでないと、

サタンが呪いを持って入り込むのを無防備に許してしまうことになります。あなたは「サタンはどのようにしてそのようなことが出来るのですか?」と訝しく思われるかもしれませんが、それはファミリヤー・スピリットという悪霊によるのです。この悪霊は、あなたの家系に起こったことを全部知っているので、次の世代にそれをまたもたらすのです。サウロ王が霊媒の女を使ってサムエルを呼び出しましたが、それは実はサムエルではなくサムエルのことを知っているファミリヤー・スピリットがサムエルになりすましたのです。ファミニヤー・スピリットはあなたの家系の歴史を熟知し、その弱点をも知っています。

それではどのようにして家系の呪いを断ち切ることができるのでしょうか。私は聖書を調べて、咎(iniquity)によってどのように呪いがかかるかを学びました。土地の咎に対する呪い、国の咎に対する呪い、家系の咎に対する呪いがあります。そしてそれは「悔い改め repentance」によって断ち切ることができるのです。

 

レビ記26:40—42「彼らは、わたしに不実なことを行ない、わたしに反抗して歩んだ自分たちの咎と先祖たちの咎を告白するが、しかし、わたしが彼らに反抗して歩み、彼らを敵の国に送りこんだのである。そのとき、彼らの無割礼の心はへりくだり、彼らの咎の償いをしよう。わたしはヤコブとのわたしの契約を思い起こそう。またイサクとわたしの契約を、またアブラハムとのわたしの契約を思い起こそう。そしてわたしはその地をも思い起こそう。」

 

イスラエルの民は父祖の咎を告白し悔い改めました。ですから私たちも両親や先祖の咎を考えて書き出す必要があります。次の二つの箇所にも同じことが書かれています。

ネヘミヤ9:2「そして、すべての外国人との縁を断ったイスラエルの子孫は立ち上がって、自分たちの罪と、先祖の咎を告白した。」

エレミヤ14:20「主よ。私たちは自分たちの悪と、先祖の咎とを知っています。ほんとうに私たちは、あなたに罪を犯しています。」

 

このように私たちが自分の罪と先祖の咎とを告白し、悔い改めることが必要なのです。例えば、ダニエルは偶像礼拝の罪を繰り返していた祖国イスラエルのために断食をして悔い改めました。自分の罪と親や祖先の咎を告白し悔い改めことこそが、呪いを断ち切る鍵であるからです。

「この呪いを家系にもたらした咎をお赦しください。」と祈ってください。私たちにはイエスの血による贖いが既にあります。イエスの血潮なしに赦しはありません。

皆さんの家系にも必ず何か咎の問題があるのではないでしょうか。それを覆い隠すならば、解決はなく、それを認識し告白して悔い改めるならば、その呪いを断ち切り、家系に祝福をもたらすことができるのです!

ここで聖書に書かれた一つの家系を見てみたいと思います。それはコラの家系です。モーセの時代に、コラとその仲間はリーダーであるモーセとアロンに反逆し、自分たちがリーダーになるべきだと言いました。その結果、コラたちは主に裁かれ、「彼らとその家族、またコラに属するすべての者と、すべての持ち物」は地に飲み込まれて滅ぼされてしまいました。(民数記16章)

しかし民数記26:10、11に「そのとき、地は口をあけて、彼らをコラとともにのみこみ、その仲間は死んだ。...しかしコラの子たちは死ななかった。」と書かれているように、コラの子たちは父とは離れて父と共に立たなかったので死にませんでした。彼らは主に従い、それ故に彼らの家系は祝福の家系へと変えられ、彼らの子孫は後にダビデの幕屋やソロモンの神殿で讃美を捧げる者として大いに用いられたのです。有名な詩編42「鹿が谷川の流れを慕いあえぐように、神よ。私のたましいはあなたを慕いあえぎます。」は「コラの子たちのマスキール」と記されています。実に全部で9つの詩編がコラの子たちによるものです。

私たちも、コラの子たちのように、自分の家系の咎をそのままにせず、告白し悔い改め、イエスの血潮による赦しを受けるならば、家系の呪いから自分を、また子孫をも解き放つことができるのです。イザヤ53:5、11に書かれているように、イエスは私たちの「罪(sin)、罪過(trespass) 、 咎(iniquity)」のための生け贄となられ、その血潮により私たちを呪いから解放してくださいました。私たちも、又私たちの家族も、最早呪いの下で苦しむのではなく、千代の祝福の中を歩むことができるのは、何とすばらしいことでしょうか。(終り)


10 03月

主は言われる「間違った祈りを止めなさい。」 ジョン・バートン            2019年3月10日


主は言われる「間違った祈りを止めなさい。」

 

ジョン・バートン(John Burton Ministries)

 

 

私はミニストリー始めてからずっと「ジョンさん、どうしたら神の奇蹟や不思議な業を経験できるのですか?」と数えきれないほど人々から訊ねられました。人々は神との出会いを切望し必死なのです!この世の誘惑の罠を逃れて神の栄光の中に飛び込みたいという激しい情熱を持っているのですが、多くの者はそのようなライフスタイルを手に入れることができないでいます。彼らは天を見上げて、「神よ、あなたは一体どこにおられるのですか?」と嘆き叫ぶのです。このように情熱的な方たちに対する私の答えは難しいものではありません。実際のところ、これ以上シンプルなものはないと言ってもいいでしょう。それは即ち、聖い生活を送り、聖霊によって祈る(非常に沢山)ことです。

 

目標は神を聞くこと

 

ローマ10:17「そのように、信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについての(キリストの)みことばによるのです。So faith

comes from hearing, and hearing through the Word of Christ.」

 

今日の最大の悲劇の一つは、人々は神の深みと神が働かれる超自然の領域へと招かれているにもかかわらず、それを自ら拒否し断っていることです。多くの者は「目に見える領域での神の顕れ」を叫び求めていますが、神は「超自然的な領域での神の顕れ」へと私たちを招いておられるのです!

聖別された人生を送り、昼夜熱く祈る者に見える御わざがたくさん起こっているのです!よく聞いてください。 雛を孵す雌鳥のように聖霊が覆っている領域へと、今あなたは歩き始めることができるのです!

聖霊との歩みを妨げるすべてのものを生活から取り去り、熱く、激しく、そして又心楽しいとりなしのライフスタイルを送り始めるならば、自分一人で祈る時や

兄弟姉妹と祈る時、天が私たちの人生の上に大きく開かれるでしょう。その時私たちは神を聞くことが出来るようになるのです。

 

常に神の声を聞くための唯一の道は、私たちが聖い人生を送り、聖霊によって歩み、聖霊によって祈ることであると私は確信しています。神を聞くことはそれほど価値があるのです。神が語り始められると、私たちの人生のすべてが劇的にシフトします!

預言的力が内から輝き溢れでます。常に夢やヴィジョンを与えられます。神の栄光の新しい啓示によって芯まで衝撃を受け揺り動かされるので、私たちは呆然とするでしょう!

そうです、神を聞くようになるとすべてが変リます。私が超自然的な祈りの毎日を送り始めたとき神から受け取った重要な真理をお話します。

 

「止めなさい!祈りが間違っている!」

 

「止めなさい! 祈りが間違っている!」これはある日

深い祈りをしているとき神が言われたことです。私は当時、コールセンタ−でパートタイムの仕事をしていました。コロラドのマニトウ・スプリングという街で教会を始めていたので、そのためにフルタイムでミニストリーをしたいと思っていました。ですからパートの仕事を早く止めたいと思っていましたが、経済的な理由で止めることができず、かなりいらつきを覚えていました。

 

その日、私はいらつきながら祈っていました。「神よ、ああ神よ、どうか教会を成長させてください!どうか収入を増やしてください!

どうか神様!」と祈りました。その時、ベルが鳴るようにはっきりと神が言われるのを聞いたのです。「止めなさい!あなたの祈りは間違っている!」

えっ! どうしてですか!私は一生懸命祈っていたのです。リボリューション・チャーチをスタートしたばかりのとき、私はその狭い会堂の中を歩き回りながら、「自分は熱心に良い祈りをしている」と心から信じていたのです。神は教会が大きくなるのを望んでおられないのですか?

そして次に神は、私が決して忘れられない言葉を言われました。「あなたは、まるでわたしがあなたを拒み抵抗しているかのように祈っています。あなたの心にそのような願いを入れたのはわたしであることが分からないのですか?わたしが起こした願いをなぜわたしに懇願するのですか?

そもそもわたしがその願いをあなたに与えたのですよ!」

これは「祈りとは何であるか」という私の考えを全く打ち砕く言葉でした! 私は考え方を変える必要がありました。

次に神が言われました。「しかし、あなたに抵抗しているものが確かに一人います。敵は、わたしがあなたの心に与えたこれらの願いを実現させたくないのです。あなたが戦うべきなのは敵なのです。」

そこで、私は信仰に満ちた激しい祈りの新しい 領域に踏み込んだのです!

 

この新しい啓示で示されたことを練習するようにと神が望んでおられると、私は感じました。神は「もっと祈る時間を増やし、この街のリバイバルを起こすように」と言われました。又、コールセンタ−の仕事を止めるように言われました。

私は神の御こころがわかったので、コールセンタ−の仕事を止めることにしました。神の御心を知り、私がそれを実行に移す時だと分かったからです。敵は退かねばなりません!

 

私は次の宣言をしました。

「イエス・キリストの力ある御名により、サタンよ、手を離すように命令する! 私のスケジュールから去れ!

神の御こころは、私が仕事を止め、フルタイムでマニトウ・スプリングに御国を前進させることであると宣言する!神の計画に手を出すな!」

 

 

第一ヨハネ5:14−15「何事でも神のみこころにかなう願いをするなら、神はその願いを聞いてくださるということ、これこそ神に対する私たちの確信です。私たちの願う事を神が聞いてくださると知れば、神に願ったその事は、すでにかなえられたと知るのです。」

私は神の御こころにそって祈りました。神は私がフルタイムでミニストリーをすることを願われたのです。一週間後、35名の教会の日曜の献金で5万ドル(500万円)の小切手が与えられ、次の日曜には2万5千ドル(250万円)が与えられました。2週間後に私はフルタイムでミニストリーをすることができたのです。

経済は「必要を越えて」与えられました。お金は更に広い会堂に移るためにも用いられました。神は私たちにそうなることをずっと望んでおられたのです。でも敵は違いました。私は間違った祈りをしていました。まるで「それをどうにかして神からもぎり取らねば」というような祈りをしていたのです。実際は、神はすでにそれを解き放っておられ、私は、途中敵の抵抗を打ち破りながら、それを受け取りにいけばよいだけだったのです。

 

あなたの祈りはあなたを阻んでいるか?

 

もう一つの話も同じように私の人生に大きな影響を与えました。私は又もや「いらいらして祈る」状態になっていました。必要が満たされるようにと叫び求めていました。私は経済や他の必要のために情熱的に天の扉を打ち叩いていました。すると再び、私は神の声を霊の深みで聞きました。「あなたの祈りが妨げになっています。」えっ、何ですって? 私の聞き間違い? 神はその時の私の祈りは善ではなくかえって害になっていると言われたのです。もしそうならば、祈りを止めるべきです。

神は次に「信仰がなくてはわたしを喜ばせることはできません。」と言われ、「祈りの中に疑いが入るならば、その祈りは絶対に答えられません。」とつけ加えられました。神よ、分かりました。私は深く思い巡らし、自分に与えられたこの課題に取り組みました。

私は神を疑いたくはありませんでしたし、何よりも信仰の人になりたいと思っていました。ですから、私はどうにかして神の言われる意味を見出して結論を出したいと思いました。神は私に祈りをするなと言われたのです! しかし、まだ

奇蹟を必要とする解決すべきいろいろな問題があったのです。私は非常に孤独を感じました!

すると答えが来ました。神は、「わたしのことばの中ですでに約束されていることをどうして祈るのか?」と訊かれたのです。神はキリスト・イエスにあるご自身の栄光の富をもって、あなたの必要をすべて満たしてくださるのです。(ピリピ4:19)「必要が満たされるように神に願う」という行為そのものが、「それはすでに答えられている」と信頼する信仰に欠けていることを表していたのです!

神がすでに解決してくださっていることを、「してください!」と神を説得しようとしていたのです!私の祈りは私が疑いを持っていたことの証明であり、それが祈りが聞かれない結果を生んでいたのです。

 

箴言23:7に 心で考えることこそが、その人である。As a man thinks in his heart, so ishe.」とあります。私の心には疑いがありました。また、マタイ12:34には「心に満ちていることを口が話すのです。」とあります。私は不信仰を口に出していました。そして箴言18:21には「死と生は舌に支配される。」とあります。私の心の中の不信仰が、私の経済に死の宣言をするものとして現われていたのです!それならば全然祈らないほうが良かったのです。

マルコ11:24「だからあなたがたに言うのです。祈って求めるものは何でも、すでに受けたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになります。」

祈りの中では、神への懇願、強要、説得、疑いはあってはならないのです!

ヤコブ1:5−8「あなたがたの中に知恵の欠けた人がいるなら、その人は、だれにでも惜しげなく、とがめることなくお与えになる神に願いなさい。そうすればきっと与えられます。ただし、少しも疑わずに、信じて願いなさい。疑う人は、風に吹かれて揺れ動く、海の大波のようです。そういう人は、主から何かをいただけると思ってはなりません。そういうのは、二心のある人で、その歩む道のすべてに安定を欠いた人です。」

 

私たちは神を聞き、そして今の状況が神の御心にどのように一致すれば良いかを宣言するのです。それは私たちを敗北的、消極的な姿勢から、勝利と霊的猛烈さとパワフルな信仰の姿勢へと変えていきます!

(終り)


03 03月

遅延の霊を縛る シンディー·ジェコブス 2019年3月4日


遅延の霊を縛る

 

シンディー·ジェコブス

 

 

 主が言われます。「わたしの子よ、あなたの夢を死なせてはいけないとわたしは言いませんでしたか?あなたがたの中には『ああ、あの夢はもう消えて無くなってしまった。』と言って立ち止まっている人達がいます。

わたしは『幾つかの夢がひとつになる』と言いませんでしたか?『あなたが祈った多くの祈りが合わさって一つになる』とわたしは言いませんでしたか?」

 

「多くの者がわたしの言葉を聞いたにもかかわらず、それを本当には信じなかった」という主からの訓戒を私は感じました。

今キリストのからだの中に意気消沈し心を病んでいる者が多くいることを主が教えてくださいました。あなたの心は不信仰で一杯です。いまや不信仰の霊があなたを押しつぶしてしまっているのです。イエスの御名によって私たちは不信仰の霊を縛り打ち破ります!

主が言われます。「わたしにとって難しすぎることは一つもありません。もしあなたが行き詰まっているとしたら、それはわたしの法則を用いなかったからです。」

 

遅延の霊を縛る

 

私は遅延の霊を縛る宣言をしたことがあります。先日クレジットカードの会社に電話をしていたのですが、電話口で向こうの返事をずっと待たされました。私は長く待たされていらいらしていました。すると聖霊が私の肩に触れて「あなたはこの状況に対して権威を持っているんですよ。」と言われたように感じました。そこで私は遅延の霊を縛りました。するとどうでしょう、相手がすぐ電話口に出たのです。

又ある時私の飛行機が定刻から遅れたときに同じようなことが起りました。私たちを乗せた飛行機は滑走路で一時間も待たされていました。その時も主は「

天候に問題がありますね。でも、それはあなたが解決できることです。今飛行機の遅延によって問題が起こっていますね。それならば、あなたの目的地の天候の上にあなたの権威を行使して、遅延の霊を縛ったらどうですか?」

神が与えてくださっている道具を私は用いました。するとどうなったと思いますか?

パイロットが「天候のパターンが変わりました。すぐに出発します。遅れは取り戻せると思います。」と言ったのです。

 

光の王国と共に前進しなさい

 

皆さんに申し上げたいのですが、遅延の霊というものがあるのです。その霊があなたの夢を止めているのです。あなたの幾つかの夢が一つになって実現するのを阻止しているのです。主が言われます。「わたしはあなたが霊的に機敏であってほしいのです。

人生がただ通り過ぎて行くままにまかせて『それが2つの王国(暗闇の王国と光の王国)に住む者にとっては当たり前のことだ』などと思わないでほしいのです。暗闇の王国はあなたの夢を止め、あなたが前進するのを阻止したいのです。しかし光の王国はあなたが前に進むことを望んでいます。神の力はあなたが前進するのを願っています。」

御父よ、感謝いたします。主よ、私たちはあなたに不可能はないことを認め信じます。今、夢が一つに統合されています。回復が今なされています。主のフェイバーが今起こっています。主よ、それらを受け取ります。そして霊的知性、即ち私たちに必要な霊的分け前(神からの知恵)を受け取ります。

 

主が言われます。「あなたは持つべき感情の分前を持っています。あなたは品性の分前も持っています。しかし、わたしはあなたがもっと霊の領域で高く上げられ、あなたの周りで何が本当に起こっているのかを理解できるようになって欲しいのです。」

もしあなたがそうするならば、神のいろいろな約束が何度も成就するのを見るようになるでしょう!神の祝福があなたにありますように!(終り)


18 02月

希望と信仰を高く掲げよ! ラナ・ヴァウサー(Lana Vawser Ministries)


希望と信仰を高く掲げよ!

ラナ・ヴァウサー(Lana Vawser Ministries)
最近、主がびっくりするような方法で私に語ってくださいました。先日私がお皿を洗っている時、突然ある歌が私の心に響いてきたのです。それは私がサビの部分2行だけ知っていた歌で、ずっと以前私が結婚する前、まだ実家に住んでいたときに母がよく聞いていた歌でした。
私の心の中でその2行が繰り返し大きく響きました。「奇蹟を迎える用意はできているか? もちろん十分に! Are you ready for a miracle? As ready as I can
be!」というもので、私の霊に何度も大きく響きました。私はすぐにこれは主が語っておられるのだと悟りました。それで私は早速この歌の歌詞を捜したのですが、本当にびっくりしました。
イエスは井戸に行って   水をぶどう酒に変えた
ラザロをよみがえらせた  盲人の目を開けた
ガリラヤ人 イエス    水の上を歩いた
「あなたはこれより偉大なことをする」と言われて
あなたと私に力を与えてくださった
奇蹟を迎える用意はできているか?もちろん!
御霊があなたを自由にされる
私は奇蹟の用意ができている!できている!
大きな興奮が私を包みました。神がご自分の民の人生にすばらしくパワフルに働かれようとしておられ、奇蹟が頻繁に起こるようになるのです。物事が好転していくのです。神の超自然的な力が御民の人生に、今までなかったほどにパワフルに顕われるのです。
耳を傾けて主の御こころを知ろうとしたとき、私は「あなたの希望を堅く持ち続けなさい! 信仰を高く掲げなさい!わたしはもうすぐ行きます!」という主の言葉を何度も聞いたのです。
天が地に下ってくるような激しさをもって、神はご自分の民の人生に今まさに来られようとしています。神の力が御民の上に再び大きく導入されようとしているのです。人生の筋書きが変ってきます。新しいページが開かれ、神はキリストのからだの中にご自分を非常に強く顕されようとしておられます。
ユダの獅子が吼えるのを私は霊のうちに聞いています。主は御民のところに、御民を助けるために来られます。主の御名が吼え叫ばれるところに反抗するものは何もなく、神が来られる時に人々の間にシフト(転換)とアラインメント(神との一致、整列)が起ります。その時キリストのからだは、主の誠実さの響きを聞いて震えます。主の誠実さが大きく鳴り響こうとしています!
完全なる変革
主は「わたしはユダの獅子として来る」と告げました。やがて大きな吼え声が多くの民の上に解き放たれ、彼らの人生で最もパワフルな主との一致がもたらされます。彼らの人生の「ある部分」だけが変革されるのではなく、すべての部分が完全に変革されるのです。
イエスは多くの人々にこれまで無かったほどに御力をもってご自分を顕されます。肉体が突然癒されるばかりでなく、状況が突然転換し、鎖や巨人が突然くずれ去り、敵が占領していた地は突然奪回されます。イエスの御名に逆らうものは何一つなくなります。クリスチャンの人生の中でイエスの御名に服従することを拒んでいたものが、イエスの御名により神の力で引き抜かれ除かれようとしているのです。
第二コリント1:20が大きく鳴り響きます!
「神の約束はことごとく、この方において、『しかり。』となりました。それで私たちは、この方によって『アーメン。』と言い、神に栄光を帰するのです。」
今まさに起ころうとしているいくつかの奇蹟の中に、神の約束の大きな成就があります。あなたの生活の中に信仰が高められる環境を造り出し、今まさに起ころうとしている大いなる約束の成就と奇蹟を見るようにとお勧めします。あなたは主の御ことばの約束をずっと信じてきましたが、あまりにも多くの困難や戦いがあったので、落胆し希望を失ったのです。
暗闇の中での戦いは例を見ないほど烈しかったのですが、しかし今、あなたは人生で最大の奇蹟へと導かれようとしています。それはあなたの手とか力によるものではなく、神の御霊によってなされるのです。
イエスの御名によりあなたに今預言いたします。今年、あなたは神の御力を見るでしょう。そして今まで見た事がないような奇蹟があなたの人生に爆発的に起こるでしょう。あなたが「神がなされたことを見てください!」と叫ぶ声が大きく響き渡ります。
詩編70:4「あなたを慕い求める人がみな、あなたにあって楽しみ、喜びますように。あなたの救いを愛する人たちが、『神をあがめよう。』と、いつも言いますように。」
奇蹟の場所で新しいマントルが与えられる
敵の攻撃が多くのクリスチャンを烈しく襲い、2019年に入ってもそれが続いていることを、主が私に教えてくださいました。主が言われるのを私は聞きました。「敵は今まであなたを砕こうとしてきました。しかしわたしはあなたに『新しいこと』への打ち破りを与えようとしています。」
敵の攻撃がそのように烈しかったのは、「人々が攻撃されていたまさにその領域にユダの獅子が力を帯びて来られ、大いなる奇蹟が解き放たれ、その領域での新しいマントルが与えられるからである」と主が教えてくださいました。敵が必死で戦っていたのは、主が今解き放たれようとしている奇蹟を神の民が受け取るのを阻むためだったのです。
神が解き放たれている奇蹟の中で多くの新しいマントルが与えられます。そして私は見たのですが、キリストのからだの多くの者の上に落ちたマントルの一つは、癒しのマントルでした。
間もなくキリストのからだに 神の癒しの大波が打ち寄せてきます。多くの者が
パワフルな癒しのミニストリーのためにこのマントルを受け取りますが、特に、長い間容赦なく身体を痛めつけられていた者たちがそれを受け取ります。主は人々の身体に超自然的な癒しと健全さをもたらそうとしています。それによって人生が変えられるブレイクスルーが起こるのです。
敵は掴んでいた手を離し、病気の霊はユダの獅子の吼え声によって追い出されるでしょう。デリバランスと癒しが起ります。肉体や精神の大きな
癒しが起り、癒された人たちの上に主は大きな癒しのマントルを与えます。彼らの人生を通して癒しのミニストリーは爆発的に発展するでしょう。彼らは、敵がなぜこれまで自分に病気を与え引き止めていたのかを悟ります。
メディアが奇蹟を報道する
私は主が言われるのを聞きました。「この新しい時代に、メディアは奇蹟が起こったことを報道する。」
主はキリストのからだの中や世界中で、ものすごい力で働かれるので、説明がつかない出来事(すなわち超自然的な奇蹟)が起こったことをメディアは報道し、イエスの御名は高く揚げられ全世界で証されます。
主はご自分を教会に再び顕し知らせてくださるばかりでなく、世界中に力と栄光をもって再び知らせてくださいます。それによって多くの者をご自分に引き寄せられます。国々は震え、神は私たちが見た事もない方法で地上に来られるのです。(詩編27:7−9参照)
地上のものすべてはうめいています。栄光の王が来ること、そして顕された神の息子、娘たちが立ち上がることをうめきながら待っているのです。今は定められたカイロスの時です!今がその時です! 今まで見なかったように、多くの出来事が連鎖し始める時が来たのです。
ハバクク2:14「まことに、水が海をおおうように、地は、主の栄光を知ることで満たされる。」
私は主の布告を聞きました。「わたしが来る時、それはただ『いくつかの事』が変るだけではない。わたしが大いなる力をもって来るので、『すべての事』が変る!もとのままで留まるものは何もない! わたしの民よ、奇蹟の準備はできているか? わたしは来る!」(終り)

 Page 1 of 119  1  2  3  4  5 » ...  Last »