WWGM

Walk With God Ministries

09 01月

神への信頼   坂 柚実子   1月9日


神への信頼

私の母方の祖父は中村寅松といって第八高等学校の教師でした。残念ながら私は一度も会う機会はなかったのですが、生徒たちに慕われたよい教師だったようです。祖父には私の母を含め七人の娘と一人の息子がおりましたが、そのうちの一人の娘が療養生活をしていたところに祖父が見舞ったときに与えたという色紙があります。それには

   「 過去に泥まず(なずまず)
     未来を憂えず
     日々是好日 
    昭和十六年 正月」

と書かれていました。父親が療養中の娘に対して、「後のことも先のことも何も心配しないで、一日一日、心穏やかに暮らして病気を早くなおしなさいね。」ということを言いたかったのではないでしょうか。「日々是好日」というのは中国の仏教書である碧巌録の中にある言葉だそうで、茶道でも使われますし、日本人には大変親しまれている言葉です。その意味は、「悪いことでも、良いことでも、たとえ何が起こったとしてもそれを良しとして受けとめて今日を生きる」ということだと聞きました。

一方、フランスの16世紀のキリスト者であるガイオン夫人の本に、神にすべてを明け渡すことを説明した言葉があり、それは

「神に自分を明け渡すとは、過去を忘れ
             未来を神に委ね
             現在を神にささげることである。」というものです。

この二つはよく似ていますが、「日々是好日」は悟りの境地であり、明け渡しは神への全き信仰であると言うことが出来るのではないでしょうか。

過去、未来、現在をすべて手中に治めておられる父なる神に信頼してこの年を始めることができることは本当に感謝なことです。激動が予想される2006年、主と共に日々すごしたいものです。(終わり)


トップページへもどる


08 01月

今という年  ウエード・テーラー  1月7日


新しい年に
               ウェイド・テイラー


イエスは言われました。
「行って、あの狐にこう言いなさい。『よく見なさい。わたしは、きょうと、あすとは、悪霊どもを追い出し、病人を直し、三日目に全うされます。』(ルカ13:32) 
 主は又、次のように言われました。
 「主はモーセに仰せられた。『あなたは民のところに行き、きょうとあす、彼らを聖別し、自分たちの着物を洗わせよ。彼らは三日目のために用意をせよ。三日目には、主が民全体の目の前で、シナイ山に降りて来られるからである。』(出エジプト19:10-11)

「さあ、主に立ち返ろう。主は私たちを引き裂いたが、また、いやし、私たちを打ったが、また、包んでくださるからだ。主は二日の後、私たちを生き返らせ、三日目に私たちを立ち上がらせる。私たちは、御前に生きるのだ。」(ホセア6:1-3) 

  これら三つの聖書箇所では、準備のための2日間がまず設けられていて、それは「三日目」に起こる重大なことのための備えのためであることが書かれています。

  最初のルカ13:32で、主は「わたしは、きょうと、あすとは、悪霊どもを追い出し、病人を直し…」と言われました。イエスは現在父なる神と共に天に座しておられますが、今の期間に選ばれて完全にされる者たち(chosen and perfected)がキリストの身体なる教会の中にいるのです。イエスは、ご自身が「三日目」に「全うされる perfected」と言われました。この「全うされる、完全にされる」時というのは、かしらなるイエスと身体なる教会が一致し、一つとされる時という意味です。

 二つ目にあげた出エジプト19:10-11は、備えの期間の後、主がすべての人々の目の前に下りてこられるというところです。この箇所から、イエスは「三日目」に人々にあきらかに見える形で、キリストの身体なる教会のかしらとしてご自分を現され始めるということがわかります。
このように、イエスがご自分ひとりの身体を通して現された業を、教会という身体全体を通して再びされようとしているのです。

 三番目のホセア6:1-3では、「三日目に私たちを立ち上がらせる。私たちは、御前に生きるのだ。」と書かれています。
すべての被造物が主の臨在…即ち、私たちが主の御前に生きること…が現れるのを待ち望み、うめいています。「うめき」とは激しいとりなしを意味していて、それによって教会が変えられていくのです。今の時代、主は多くの人たちを「激しいとりなし」をするようにと召しておられます。彼らは必ずしもすべての状況を把握していないかもしれませんが、主が今介入してくださるようにと真剣に祈っているのです。

「この女は、みごもっていたが、産みの苦しみと痛みのために、叫び声をあげた。… 女は男の子を産んだ。この子は、鉄の杖をもって、すべての国々の民を牧するはずである。その子は神のみもと、その御座に引き上げられた。」(黙示録12:2,5) 

  この聖書箇所を現在に当てはめて見ると、一日目、二日目、三日目という意味を理解する助けとなります。

一日目…今日 「召し」 選ばれる
  今のとき、私たちにはある選択をする機会が与えられています。
「招待される者は多いが、選ばれる者は少ないのです。」(マタイ22:14)
この主による選びは、私たちが、自分中心の生活から離れてキリスト中心の生活をするための犠牲を、どれだけ喜んで払う意志があるかどうかにかかっています。キリスト中心の生活とは、私たちが全く透明になって内なるキリストご自身が私たちを通して「三日目」にこの世に現れるような生活ということです。

二日目…明日 「準備」 調えられる
 私たちの主に従うという決意がテストされるときです。それは、主と共に御座にすわる資格が与えられ勝利者となるためです。
「主はその愛する者を懲らしめ、受け入れるすべての子に、むちを加えられるからである。」     (へブル12:6)

 この「むち」により、私たちの内にある自分中心の生き方が十字架につけられ、時としてむくむくと起き上がってくる様々な「自分中心の生き方」に打ち勝つことができます。

三日目 「現れ」  主と共に効果的に働く
「その日に、主イエスは来られて、ご自分の聖徒たちによって栄光を受け…」(IIテサロニケ1:10a)
 私たちは2日の間、準備されてきましたから、三日目に入ることができるのです。「主は二日の後、私たちを生き返らせ、三日目に立ち上がらせる。私たちは、御前に生きるのだ。」とホセア書にあるようにです。

「私たちの神のために、この人々を王国とし、祭司とされました。彼らは地上を治めるのです。」     黙示録5:10

 
 私たちは現在、「二日目」がほとんど終わろうとしている時代に生きております。主が重大な変化を起こそうとされています。主の「臨在の現れ」がどんどんと増し加わっています。私たちは更にすばらしく新しい力と油注ぎを与えられています。主は今まで教会が見たことがないような癒しと奇跡をもたらそうとしておられるのです。

  私たちは今までこの「三日目」を迎えるための準備期間にいたのですが、今はその「三日目」がいよいよ来ようとしているのです!(終わり)



トップページに戻る

01 01月

世界のニュース ヒーリング・ルーム・ミニストリー 2006年1月1日


ヒーリング・ルームが世界中に広がっている

祈りにより癒しとか、手を置いて祈ることを認めるかどうかについては、ある教会の中ではまだ意見が分かれているようですが、世界中でヒーリング・ルーム(癒しの家)が急増していることは否定できない事実です。

現存しているもので、一番よく知られているのは、アメリカのワシントン州・スポケーンにあるヒーリング・ルームです。これはもともとカナダの伝道者であるジョン・G・レイクが80年以上前に創設したものですが、1999年に、カリフォルニアで不動産開発の仕事をし、又、教会の長老でもあるカル・ピアスという人によって再開されました。

スポケーン・ヒーリング・ルームは週4日オープンしていますが、誰でも予約なしで行って、無料で癒しの祈りをしてもらうことが出来ます。スポケーンのヒーリング・ルームが始まってから多くの癒しが起こりました。その癒しの証言を聞いた多くのミニストリーの団体が、自分たちの街や地域でもヒーリング・ルームを開設し始めました。このムーブメントはカナダやアメリカにすばやく広がり、今は世界中へと広がっています。

カナダ全体のヒーリング・ルームのディレクターであるスティーブ・スチュワートさんは次のように語っています。「癒しに関して懐疑的な人に対して、私は神様が癒されるのをこの目で見てきたので、そのような疑いはずっと前にとりさられてしまいましたと、いつも話します。 私は北アメリカ、オーストラリア、インド、ロシア、韓国であまりにも沢山の奇跡を見てきたので、神様の癒しの力を疑うことなんてもう出来ないのです。

私は、これは信仰による癒し(faith healing)ではなく、神による癒し(Divine healing)です、と皆さんに申し上げています。つまり、私たちが癒しを求めるとき、主の力と主の御臨在が主ご自身の命と共に私たちを訪れてくださるのです。
それでは、私たちの信仰は癒しに関係がないのでしょうか。勿論、あります。イエス様も人々を癒されるとき、人々の信仰を求められました。それは、その人自身の信仰であったり、中風の男を連れてきて屋根からつりおろした友人たちのように周りの人の信仰であったり、又、時にはイエス様ご自身の信仰であったりしたのです。」

カナダのディレクターという立場上、スチュワートは多くのヒーリングの集会に出席しますが、韓国での癒しについて、次にように話しています。「聾唖者の耳が聞こえるようになったり、長年苦しんできた痛みから解放されたりしています。ある男の人は明暗が少し判別できるくらいの視力しかなかったのですが、聖書がはっきり読めるようになって帰っていきました。ある車椅子に乗った人の両腕にはいつも痛みがあったのですが、それがすべて消えました。そればかりでなく、彼は車椅子から立ち上がり、今まで長い期間5歩以上は歩けなかったのに、その建物の幅を歩いて往復することができたのです。

癌の腫瘍が、癒しのチームが見ている目の前で小さくなっていきました。又、別の癌患者は祈ってもらった翌朝、腫れがすっかりなくなり、痛みも全くなくなったといい、自分は完全に癒されたと信じるといいましたので、私たちは医者に見せて確認することを勧めました。
背中や膝の痛み、神経痛、足の痛みや腫れ等が、あまりにも沢山即座に癒されるので、私たちは追いつかないほどでした。 ある症状の人たちを呼び、彼らのために祈ると、癒される人が続出して、彼らの証がどんどんと語られるのです。」とスチュワートさんは言っています。

新しいヒーリング・ルームの場所としては、カナダのカルガリー、ニュージーランド、ザンビア、ケンヤ、ジャマイカなどがあります。世界中のヒーリング・ルームのリストは、国際ヒーリングルーム協会のサイト www.healingrooms.com で見ることができます。   (終わり)


トップページに戻る

No Response Filed under: 未分類
01 01月

クリスマスの信仰  坂 達也  12月31日



クリスマスの信仰
 
 主のご誕生をお祝いするクリスマスがやって来ますと、ルカの福音書1-2章に親しむ機会が与えられます。この二つの章は何度読み返しても、その都度新しい真理と恵みが与えられ、そのことを主に心から感謝申し上げます。
 今年私が特に示されたことは、この世で起こった最大のイベントであるイエス・キリストのご誕生が「主によって語られた御ことば」と、それを聞く当事者の「必ず実現すると信じきった」信仰によって実現したと言う事実でした。私はこの主によって語られる御ことばと信仰の相関関係が、私たちの信仰生活を成功させる鍵であると思います。

 先ずイエス様の誕生に当たってルカ1章での登場人物は、ザカリヤとエリサベスそしてマリヤ、それに御使いのガブリエル、その後2章の最初で登場するのが羊飼いたちです。
 
 不妊の女であったエリザベスには子供が無く、長年子供が与えられることを祈って来た夫のザカリヤは、既にかなり年老いていました。しかし「その願いが聞かれた」と御使いに言われた時に、彼は、彼らの肉体的現状にだけ目が向いていて、神の偉大な力を信じることが出来なかったと言うところに彼の不信仰さが現れているように思えます。「祈りは必ず聞かれる」と云うことを信じているつもりでも、実際には「必ず実現すると信じきった」確かな信仰で祈っていないと言う(私も含めて)典型的なクリスチャン像を彼に見ることが出来ないでしょうか。

 神様がご計画を進める時に、そのような信仰の無さは邪魔になります。そこで神様は彼がそれ以上不信仰の言葉を口にしないように、一時的にものが言えないようにしました。これは主による愛の「しるし」であり、又愛の懲らしめ(ヘブル12:10)でありました。これによってザカリヤは悔い改め、無言のままで主に心からの祈りと感謝をささげ続け、彼の信仰は本当のものになったと思います。
 一方妻であるエリザベスは、すばらしい信仰の持ち主であったことがうかがわれます。それがゆえに主はマリヤをエリザベスのところへ送り、三ヶ月ほど時を過ごすことを許されたのであると思います。

 ここで重要なことは、御使いガブリエルが直接現れてはっきりとメッセージを伝えたことです。御使いが話す言葉を聞くこととは神様からのおことばを聞くことです。つまり「神の御声を聞く」ことと同じです。

さて、同じガブリエルから声をかけられた時、マリヤは何のことかよく分からず、とっさに戸惑いましたが、それは不信仰からではありませんでした。ガブリエルがさらに説明を加えたことに対して、恐らく完全には理解出来なかったと思いますが、「私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。」(1:38)と答えました。この答えこそが、常に主に従順でありたいと願うクリスチャンの持つべき理想的な信仰の態度であると思います。そこには100%主を信頼し、主に委ね、主のなさることに大いに期待して生きる信仰者の姿があります。

そのことを、聖霊に満たされたエリサベスが「主によって語られたことは必ず実現すると信じきった人は、何と幸いなことでしょう。」(1:45)と称えました。まさに主によって語られたこと=御声を聞いて、それが必ず実現すると信じきる信仰によって主はことを運ばれるのです。

私はここに最も重要な信仰の法則があると信じます。それは先ず「主の御声を聞くこと」(主の命令、御心の表示を直接聞く)によって、それが実現することが心から信じられるようになる信仰が与えられると言うことです。

ペテロが水の上を歩いたのも、この法則によるものでした。
[弟子たちは、イエスが湖の上を歩いておられるのを見て、「あれは幽霊だ。」と言って、おびえてしまい、恐ろしさのあまり、叫び声を上げた。しかし、イエスはすぐに彼らに話しかけ、「しっかりしなさい。わたしだ。恐れることはない。」と言われた。 すると、ペテロが答えて言った。「主よ。もし、あなたでしたら、私に、水の上を歩いてここまで来い、とお命じになってください。」 イエスは「来なさい。」と言われた。そこで、ペテロは舟から出て、水の上を歩いてイエスのほうに行った。
ところが、風を見て、こわくなり、沈みかけたので叫び出し、「主よ。助けてください。」と言った。 そこで、イエスはすぐに手を伸ばして、彼をつかんで言われた。「信仰の薄い人だな。なぜ疑うのか。」(マタイ14:26)


 私はこのお話から学ぶところは非常に大きいと思います。ペテロは水の上を歩いておられる主を見て、とっさに自分も同じように水の上を歩いて主のところまで行きたいと言う思いを持ちました。しかしそれを実行する前に、先ずそのことが本当に主の御心であるかどうかを確かめたいと思ったのでしょう。そこで、改めて主ご自身の口から、「水の上を歩いてここまで来い」と具体的に命じられることを求めたのでした。主から直接みことばを語っていただきたかったのです。

 私たちは日常生活の中で何かをしたいと言う思いがよく来ます。しかしそれが主から与えられた思いであることがかなりの確かさで信じられる時でも、もう一つ確認をしたいと思うことが多くあるのではないでしょうか。そのような時に「もし(この思いを下さったのは)あなたでしたら、今私が実行したいと思っていることを『しなさい』と私にはっきりお命じになってください。」とペテロのように主にお願いすることによって主からの確認がいただけると思います。しかもそれだけではありません。はっきりと御言葉(御声)で命令を受ける時に、それを実行する上で必要な確かな信仰もいただけることを私自身も経験しております。
後はペテロが回りの状況に眼が行って不信仰になってしまったことを教訓として、私たちがあくまでも「疑わない」信仰を持続することです。

 実はこのペテロのお話で主は、マリヤの持つ「主によって語られたことは必ず実現すると信じきる」信仰の実地訓練を弟子にされたのであると思うのです。主からの命令を聞いて、それを「疑わずに」「必ず実現すると信じきって」実行すれば、たとえそれがどんなに超自然、不可能と思えることであっても実現することを、主が先ず肉の形で弟子たちに見せたのです。それは、主が昇天された後、弟子たちが同じことを霊の形で行う、つまり霊で御声を聞き、それを実行するための信仰の訓練でした。(1コリント15:46)

もう一つの例を挙げたいと思います。それはマタイ8:5 -13です。
『イエスがカペ
31 12月

神様の刺繍  坂 柚実子  12月31日 


神様の刺繍

 2005年が終わろうとしています。生まれてからずっと、日本でもオレゴンでも年末は寒さの中で迎えてきたので、このハワイでの暖かい年末はかなり違和感があります。でも日本食のマーケットへ行くと、小さな門松やおせちが売られていますので、やっぱり年の瀬なんだ、と自分に言い聞かせています。 

 この一年、皆様にとってどんな年だったでしょうか。以前、私たちの人生は神様が天国から刺繍をしているようなものだ、ということを読んだことがあります。私たちが天国に行ったとき、神様が、「さあ、これが私が創ったあなたの人生の刺繍ですよ。すばらしいでしょう。」といって見せてくださるのです。でも今は私たちはその神様の刺繍をこの世から、つまり裏から見ているのです。だから、どうして、自分の人生の刺繍の中で、ある糸が急に遠くまでとばされているのかわからなかったり、また、ある箇所でいろんな色の糸が絡み合ってむちゃくちゃになっているのかわからなかったりするのです。でも神様はちゃんと一人一人にすばらしい刺繍のご計画があって、ある色の糸は離れているところで必要なのでぴょんと違うところにとばしたり、あるところでは沢山の色の糸を使ったりして、天国側からはとても美しい模様をつくりあげていてくださるのです。

 一月ほど前から私たちはNew Life Church Honoluluという教会に集っていますが、そこで一人の韓国人の女性に出会いました。年齢はまだお聞きしていないのですが、主人と同じくらいでしょうか。彼女は日本で生まれ、第二次世界大戦の前に韓国の大邸に引き上げ、1962年にアメリカに移住し、大学教授として長年教鞭をとって来られたそうです。一方、私の主人は、1936年に韓国の大邸で生まれ、戦後日本に引き上げ、彼女と同じ1962年にアメリカに移住しました。その二人が奇しくもハワイで同じ教会(100名ほどのこじんまりした教会です)に集うようになるというのは、神様の手で刺繍の糸がいろいろと飛び交っている感じがするではありませんか。彼女は韓国語、日本語、英語が堪能で、主を心から愛しておられますからこれからも大きく用いられようとしています。天国にいったらどんな美しい刺繍を見せていただけるのか、大変楽しみですね。

 クリスチャンとして大切なことの一つは、永遠のものさし、即ち、天国の価値観で物事を見ること、だと思います。オレゴンで教会主催の英会話クラスの先生をしていてくださるシンシア・ケニヨンさんのご主人であるブラッドさんの証を聞いたことがあります。
 それは、英会話クラスの婦人たちとそのご主人たちとを彼らの家に招いてくださったときに話してくださったのです。彼はあるとき非常に古い墓地を訪れました。アメリカの墓石にはその人の名前と、何年に生まれ、何年に死んだかという年号が彫られています。彼はそれをしばらくじっと見ていて、叫んだのです。「この人は生きていた年月より、死んでからのほうがずっと長い!」と。それが、彼にとって永遠に目を向けるきっかけとなったそうです。その彼も今は天国で自分の人生のすばらしい刺繍を見ておられます。

 私たちは、主のご計画で今の時代に生かされて、一日一日を過ごしていますが、どんなことが起こっても、いつでも天国からの見方、即ち、霊的な物の見方をしていかねばならないのだと思います。2006年を迎えるにあたり、こんなことを考えました。よいお年をお迎えください。                                                        (終わり)


トップページへ戻る

 Page 165 of 169  « First  ... « 163  164  165  166  167 » ...  Last »