WWGM

Walk With God Ministries

18 02月

二種類の人間    坂 柚実子    2月18日


2種類の人間

人間を二つに分類するにはいろいろな方法があります。
私の勝手な分類の仕方には、畑人間か釣り人間か、というのや
テニス人間かゴルフ人間か、等があります。
これはただ趣味が違うというだけではなく、深い性質の差があるように私には思えるのですが、いかがでしょうか。

これはどこかで読んだ分類の仕方ですが、
“There you are!”人間と、
“Here I am!” 人間があるのだそうです。 
直訳すると、
「あなたがそこにいるのね!」と
「私、ここにいますよ! 」 となりましょうか。

“There you are!”人間とは、
自分ではなくて、相手に注目する人。
“Here I am!”人間とは、
相手ではなく自分に注目してほしい人、ということでしょう。

これは一応“There you are!”と、自分より相手を中心に考える人間のほうがいいと思われます。自分の必要より相手の必要を考えられる人なわけです。

私がオレゴンで最初からずっと仲良くしてくださり、お世話になったメリーさんという方は、そんな人でした。 会うと必ず、「ゆみ、そのブラウスはとっても素敵よ。」とか「今日の髪型はとても似合うわよ。」とか、何か私を励ます言葉を言ってくれるのです。電話をすると「What can I do for you? 何かお役に立てるかしら?」と聞いてくださるのでした。これはただ「アメリカ人はそういう物の言い方をする」という以上の、彼女の心そのものでした。私のアメリカ生活はメリーさんによってどれだけ助けられたかわかりません。彼女は周りの人のことをいつも考えている人だったのです。

ベタニヤのマリヤはイエス様のお気持ちを考えて、静かにイエスの足元でお話を聞いていました。これは“There you are, Jesus.”という態度だったでしょう。 マルタは自分だけが忙しく立ち働いていることでイライラしましたが、これは“Here I
am!“と自分を主張したことだったかも知れません。

でも、私たちも“Here I am !”と言っていいときがあると思うのです。今冬季オリンピックの真っ最中ですが、長年の厳しい練習を重ねての晴れ舞台で、選手たちが「今こそ実力を出しきるぞ。」という気迫で氷や雪の上に立つ姿は“Here I am !”のすばらしい瞬間だと思います。

クリスチャンとしても、晴れ舞台に立つ機会を与えられることがあるでしょう。いえ、これからは、どんどん社会の中でもクリスチャンが活躍し、輝いていくときだと預言されています。そのとき、主と親しく交わり主から特訓をうけたクリスチャンたちが“Here I am in Jesus!”と主にあって輝くことになるのだと信じます。いずれにせよ、つねに主のうちにあるならば、「自分の思い」ではなくて、「神の思い」の中で、自意識から解放されて生きていく道を与えられている私たちはまことに幸いだと思います。(終わり)


トップページへ戻る

17 02月

霊的戦いのためのワーシップ  ウエイド・テーラー 2月17日



霊的戦いのためのワーシップ

        ウエイド・テイラー


エゼキエル28:14-15 「わたしはあなたを油そそがれた守護者ケルブとともに、神の聖なる山に置いた。あなたは火の石の間を歩いていた。 あなたの行ないは、あなたが造られた日からあなたに不正が見いだされるまでは、完全だった。」

 主はしばしば、三という数でことをなさいます。主はご自身を、父、子、御霊として現され、又、私たちを霊、魂、身体として創造されました。そして主は大天使を三人造られました。 戦士のミカエル、メッセンジャーのガブリエル、そして礼拝者のサタンです。

エゼキエル28:13 「あなたは神の園、エデンにいて、あらゆる宝石があなたをおおっていた。赤めのう、トパーズ、ダイヤモンド、緑柱石、しまめのう、碧玉、サファイヤ、トルコ玉、エメラルド。あなたのタンバリンと笛とは金で作られ、これらはあなたが造られた日に整えられていた。」

サタンはワーシップの「楽器」として造られました。 彼の中には力強いパイプ・オルガンのような賛美の機能があったのです。彼はすべての被造物を神の礼拝へと導きました。しかし、プライドの故に自分にゆだねられた責任と働きの地位から落ち、その結果、人間と地とを堕落させました。

 彼がイブをそそのかしたあと、主がサタンに現れて、次にように言われました。
創世記3:15 「お前と女、お前の子孫と女の子孫の間に/わたしは敵意を置く。彼はお前の頭を砕き/お前は彼のかかとを砕く。」

主よ、どうしてサタンを取り除いてしまわれないのですか?

私は「主よ、どうしてサタンを取り除いてしまわれないのですか?」と主にお聞きしました。主は答えて言われました。「わたしはそれをしない。なぜなら、それはあなたたちの仕事だからだ。 女の子孫であるあなたたちがサタンの頭を踏み砕かねばならないのだ。」 主は、私たちがキリストによってサタンと堕落天使たちを打ち負かさねばならないのだといわれたのです。それでは、どのようにすればよいのでしょうか。

エペソ6:12 「私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。」

格闘では、相手の力を弱め、自分の力の強さが相手の強さに取って替われば勝者となることができます。ですから私たちは、「主の礼拝者、ワーシッパー」としてのサタンの力以上に私たちの力が強くなって、彼に取って替わるようにと主から召されているのです。
サタンは、主の栄光が現れている御座の前で「火の石の間を歩きながら」礼拝するように造られました。ですから、私たちも又、天の聖歌隊と共に「崇高な賛美」をささげるとき、神の栄光の現われを経験しなければならないのです。終末に近づいている今、多くの人が、地上での自分たちの賛美に合わせて天の聖歌隊が歌っている声を聞く、というすばらしい経験をし始めています。

詩篇149:6 「彼らの口には、神への称賛、彼らの手には、もろ刃の剣があるように。」

  私たちは、天のハーモニーと溶け合うような純粋な「礼拝」へと引き上げられ、この「もろ刃の剣」でサタンの頭を踏み砕き、サタンの力を無くするようにと召されているのです。それはちょうど飛行機が音の壁、サウンドバリヤーを破るのに似ています。
残念ながら今までは、「サタンの頭を踏み砕く」作業はあまり効果的には行われてきませんでした。その理由は、ほとんどの今のワーシップの音楽には、私たちを天にまでひきあげて敵に「取って替わる」のに必要な「ハーモニー、一致、調和」が欠けているからです。

黙示録12;9 「こうして、この巨大な竜、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれて、全世界を惑わす、あの古い蛇は投げ落とされた。彼は地上に投げ落とされ、彼の使いどもも彼とともに投げ落とされた。」

イエスは次のように言われました。
マタイ10:8 「病人を直し、死人を生き返らせ、らい病人をきよめ、悪霊を追い出しなさい。…」

悪霊というのは、肉体のない霊で、おそらくはアダム以前に創造され地に投げ落とされたものたちで、それによって地は「形なく、なにもなかった」という状態になってしまったと思われます。イエスはそのような悪霊につかれた人々から悪霊を追い出すようにと私たちに命じられたのです。
一方、サタンは崇高な役目から堕落してしまった天使であり、悪霊とは別のものです。天使の三分の一はサタンにつき、サタンと共に天から落とされてしまいました。彼らは人間の中に入ることはありませんから、人間の中から追い出すこともできません。そうではなく、み言葉にあるように、私たちはこれらの堕落した主権、力、この暗やみの世界の支配者たちと「格闘」するようにといわれているのです。

私たちが格闘(ワーシップ)すると...

  私たちが格闘(ワーシップ)すると、私たちの力が敵の力にとってかわり、敵を弱体化することができます。サタンは天の礼拝を導いていたので、私たちの礼拝で彼の力を取り去ることができるのです。私たちが礼拝すればするほど、彼を退けることができるのです。
ワシントンD.C.でのある集会で、すばらしい調和、一致をもってワーシップをしていたとき、私たちは地上という域を越えて天の領域へと引き上げられていきました。突然、私たちがワシントンの上空を覆う暗やみの主権という敵に対して打撃を与えているという証がありました。

それは、私たちがワーシップをしていると、主権、力、暗やみの支配者達が混乱状態に陥ったのです。天と調和している高いレベルのワーシップの前に、彼らは立っていることが出来なかったのです。主を純粋に礼拝するワーシップの流れは、彼らの中に恐怖心をおこし、彼らを弱め、活動する力を失わせます。

霊の戦いの中心はワーシップ

霊の戦いの中心はワーシップです。私たちが宣言したり、追い出したり、主権にむかって命令したりすることで、彼らのいる天を清めるのではないのです。そうではなく、私たちのワーシップが天の調和と一致して立ち上るときに敵を負かすことができるのです。私たちが一致団結してこの高次元のワーシップにまで引き上げられるとき、私たちは文字どおり、敵が今までコントロールしていた場所から彼らを引きずり落とすことができるのです。

 法的建前からいえば、私たちはすでにキリ
11 02月

イエスの受洗の図がコインに    2月11日


イエスの受洗の図がコインに

2月2日ヴァレッタ(ロイター発)  バプテスマのヨハネによって洗礼を受けるイエスの図がマルタのユーロ・コインに採用されることとなった。これは宗教に深い縁のある地中海マルタ島という文化的伝統を反映しているといえるだろう。

マルタは2004年にヨーロッパ連合(EU)に加入したが、2008年1月までには、単一の通貨にしたいと考えている。EUに加入している25ヶ国はそれぞれユーロ・コインの片面のデザインを独自のものにすることが許されている。
このイエス・キリストの受洗図はヴァレッタにある聖ヨハネ寺院の大理石の彫刻からとられている。コインのデザインにには受洗図と共にマルタの紋章とMnajdraの石器時代の神殿とが描かれている。

コインの図案は一般の投票で決められたのだが、一人の神父がEメールを人々に送り、イエスの洗礼図を推薦するようにというキャンペーンをしたのだった。
彼の名はブランドン・ガット神父といい、彼はEメールで、「このイエスの受洗図は美術的価値があると共に、キリスト教の伝統を忘れ去ろうとしているヨーロッパに、その伝統を思い起こさせるものとなるだろう。」と書いた。この言葉は、EUとしてヨーロッパが持つキリスト教の伝統についてEU憲法案の中では一切触れない決定をしたのに対して述べられたものである。(終わり)


トップページへ戻る
No Response Filed under: 未分類
09 02月

2006年は植え、剪定し築き上げる年 ヘクタートレス 2月9日


2006年は植え、剪定し、築き上げる年

ヘクター・トレス

私は2006年のミニストリーの指針を主に尋ねました。2006年は物事が始まる年になると、主が言われていると私は信じます。2005年は主の御業の証、恵み、安息の時でしたが、それはすでに終わりを告げました。我々は今、新たな時に入ろうとしています。今まで敵は、教会が神の御国を完全に実現することを妨害しようとして、多くのものを教会から阻んできましたが、今は教会がそれらのものを敵から奪回するときです。

今まで教会は、自分たちが主の祝福をいただきたいと願って来ましたが、これからはもう一段成長して、教会が国家を祝福する器になるのです。教会が本来あるべき姿、即ち、回復と和解の務めをしていくものとして立ち上がります。地上に神の御国を築くために必要な多くの事がどんどんと起こってきます。それは家族や市町村、国家が変革されることであり、そのためには先ず教会自体が厳しい剪定を受けることによって始まります。

このような理由から、2006年は種まきと建て上げのために重要な鍵となる年となるでしょう。失われた魂を救い、サタンの業を破壊し、収穫が何倍にも増し加えられて、教会がこの世で主権を握るようになるという、主の大宣教命令をまさに実行していく年となるでしょう。

建て上げはどのように行われるか

使徒的預言的なものが正しく理解されて活性化されるでしょう。過去15-20年の間に啓示により明らかにされて来た神の教会に対する真の目的を理解する指導者たちが、今、神によって起こされています。これらの指導者たちは、神の権威と力の栄光ある顕れをもって、教会を活性化するでしょう。使徒的預言的教会が起こされ、そのリーダーの多くは神からの油注ぎを豊かに受けて、彼らの正しい生き方が周りの人に明らかになっていくでしょう。

町の合同の教会、国家の教会が建てられるようになるでしょう。それは、大教会(メガ・チャーチ)が自分の教会が大きくなるという目標を捨て、神の御国の拡大に力を入れるようになるからです。町や地域、国家のトランスフォーメーションへのヴィジョンが、今まで教会の力を奪って来た教派の壁を取り除き、そのような障害を乗り越えて行くでしょう。 これら多くの教会は、聖書に書かれているキリストの身体の真の一致という目標に向かって、今までにはなかった動きを始めるでしょう。

大収穫のために必要な資金を生み出す種(シード・マネー)となるように、神はこれらの教会やリーダー、牧師に今までになかったような経済的祝福を与え始めるでしょう。ある者たちはミニストリーや他の人のヴィジョンに投資ができるように経済的に繁栄するでしょう。また、他の人たちは、キリストの身体が一致して神の御国を建て上げるために適した人材や、技術的資源を提供するための豊かな祝福を受けるでしょう。我々は御国のヴィジョンを持つ他の人たちのために、またその人たちと共に働くために、神が既に与えてくださっている様々な資源の器を用いる準備をしなければなりません。


 人々(教会・企業・団体等)の間で同盟や提携が結ばれ、それが大いに用いられるでしょう。霊的な提携が結ばれますが、それは自分のためとか肉的、自己中心的な動機からではなく、又、自分が祝福を受けたり、何か得をすることを求めるのでもなく、ただ町や国が祝福されることだけを求めるものです。そうすることが神の訪れを招き入れます。「神の定められたカイロスの時」が解き放たれるからです。それに加えて、これらの連携はお互いが責任を持ち合う信頼関係を生み、又一人ひとりの道徳感とか誠実さがあらわれ、それを見ている未信者にクリスチャンに対する信頼感を回復させます。

孤立や分派が明るみに出されます。聖書で教えているへりくだりの欠如やプライドが、ミニストリーのあらゆる面で顕わにされるからです。 他のクリスチャンと相互の関係を持たずに働こうとする者の多くは、しだいに恵みと油注ぎを失い、呪われたイチジクの木のように、実をならすことができなくなるでしょう。 このような剪定により多くの者が、お互いに責任を持ち合って生き、活動し、ミニストリーをしなければならないという理解を持つようになるでしょう。

教会はワーシップの祭壇を築き始める必要がある


 教会が貧しい者や不当な扱いを受けた者、囚人、未亡人、そして孤児等の必要を満たすことに焦点を当てるようになるので、魂の収穫のために社会福祉的な伝道活動の新たな広がりが起こってくるでしょう。

 預言者の働きにおいても剪定が始まるでしょう。神は預言者の世代をおこし、彼らを建て上げ、訓練し、備えをされます。彼らは教会を慰め、建て上げ、育てるために送りだされます。預言者たちはそれにふさわしい油注ぎを受け、今という時をわきまえ、主から召された者として教会の中で自分たちの正当な地位を見出すでしょう。聖書と一致しない預言をしたり、自分の思いで預言をする者たちは、矯正されるか、又は、預言者の仕事から除かれます。

教会はワーシップの祭壇を築き始める必要があります。これは新しい次元での預言的ワーシップや、霊的戦いのワーシップであり、聖霊によって導かれるものです。生ける神が臨在される至聖所にまで歌声と楽器の音が溶けて流れこんでいくようなワーシップです。
現在、楽器奏者と賛美者たちが神によって整えられていますが、その多くの者は全く予想もしなかったようなところから出現します。そして今までなかったような油注ぎを受け、シャカイナ(神の栄光)を地上にもたらし、天を開き、町や地方や国を今まで支配してきた地域の要塞を引き倒す霊的戦いの権威を解き放ちます。徹夜のワーシップやワーシップ礼拝、ワーシップ集会によって、預言者ダニエルのときのように、天の軍勢が解き放たれ、空中のこの世の力、権力と戦うのです。

政治と事業との提携がおこってくる

政治と事業の提携が起こってきます。新しい世代の政治家、事業家、技術専門家が結束し始め、戦略を練り、神の御国建設のために一緒に働くようになります。多くの教会は、町や地域、国の政治や経済によい影響を与えるためには、自分たちが(積極的に)そこにかかわっていく必要があることを理解するようになります。

社会で影響力を持ち、発言力をもつために、積極的にいろいろな分野にかかわり仕事をしていきたい、という願いが急増します。彼らはこの世的な成功を 追及する流れ(マモンやエジプトの霊)に入っていきますが、それによって毒されることはないように気をつける必要があります。神はこのような人たちの中から、ダニエルやヨセフ、ネヘミヤ、エステルのような人たち…即ち、忠実で謙虚、道徳的で誠実であると証明された人…を抜擢されます。

主はこういわれます。
「わたしはわたしの教会をしみもしわもないものとして整えている。わたしの裁きは教会の中からはじまる。その教会が完成したときに、わたしはそれを見て喜ぶであろう。わたしはわたしの教会を建てている。多くのものは一生懸命働いてはいるが、わたしの王国を建てるというのが彼らのヴィジョンやゴール、願いではないので、彼らの労力はすべて無駄になる。今は建て上げ、改善し、回復し、創立するときである。わたしの願いは、わたしの栄光がわたしの教会を通してこの世に現されるのを見ることだ。
産みの苦しみ、揺り動かし、内乱、戦争のうわさが現在ある。今年、多くの国で激しい暴動がおこる。それはわたしの御国が激しく攻められているからだ。ラテン・アメリカでは、わたしの収穫は大いなるものとなるが、敵の抵抗も激しいであろう。いくつかの国では、多くの血が流されるであろう。また他の国々では和解とシャローム(平和)が起こるであろう。」 (終わり)


(訳者注)ヘクター・トーレス師は、ピ-ター・ワグナー師の主催する   Apostolic Council of Prophetic Elders (ACPE)に選ばれている会員の一人で、今年も恒例の新年への預言を語り合う円会議に出席した預言者の一人です。


トップページに戻る
08 02月

シュワちゃんのこと      坂 柚実子     2月8日


シュワちゃん

もと映画俳優で今はカリフォルニア州の知事であるアーノルド・シュワツネイガー氏のことを日本ではシュワちゃんというらしいですね。そのシュワちゃんに関する逸話をご紹介します。トランスフォーメーション・ハワイに携わっているモアナルア・ガーデンズ・ミッショナリー教会のコンチネン牧師が、先日のエド・シルボソ師の集会のときに話してくださったものです。

「最近、うちの教会のメンバーの娘がカリフォルニア州のサンディエゴで結婚することになりました。両親はハワイのトランスフォーメーションのビデオを沢山もってでかけました。

結婚式が終わってから、彼らは娘に、知事のいるサクラメントまでの飛行機代を出すから、知事にこのビデオを渡してきてほしいと告げました。娘は『とんでもない、シュワちゃんが私なんかに会ってくれるはずはないでしょ!』と答えました。するとお父さんが、『ハニー(愛する娘よ)、誰がこの結婚式代を払ったんだっけ?』というので、娘は『分かったわ、行ってくる。』と仕方なく引き受けました。

数日後、両親はハワイにもどっていましたが、娘さんから電話がありました。『今、知事のオフィスに来たんだけど、中に入れるかどうかもわからない。もう帰ろうと思うんだけど。』という娘に、母親は『とにかく中へ入りなさい。』と励ましました。

又、すぐに電話がありました。『アポイントメントは取れたけど、シュワちゃんの時間があくまで、待ってなくちゃいけないのよ。何時間後になるか分からないし、そのときに会ってくれるかどうかの保証もないの。やっぱりもう帰ろうと思う。』という娘に、母親は『ハニー、あなたの大学の費用は誰が出したか覚えてる?』といいました。娘は『分かったわ、待ってみるわ。』と承諾しました。

しばらくして、また、娘から電話がありました。『私、今、知事と一緒にいます。彼がビデオを今一緒に見てくれて、お母さんと話したいといっているの。電話、彼にかわるからね。』という娘の声に、お母さんは冗談かと思いましたが、電話の向こうに確かにシュワツネイガー氏がいたのです。『ハワイのトランスフォーメーションのビデオを見て、とても興味を持ちました。もっといろいろと知りたいと思うので教えてください。』と彼は言ったのです。なんと神様のされることはすばらしいのでしょう。」

ハワイのトランスフォーメーションは学校から始まっていて、その一つの表れはティーン・エイジャーの妊娠が減っていることだそうです。カリフォルニアでもハワイのトランスフォーメーションがモデルになることをハワイの人たちは祈っています。(終わり)


トップページに戻る

 Page 181 of 187  « First  ... « 179  180  181  182  183 » ...  Last »