WWGM

Walk With God Ministries

17 12月

ギャロップ世論調査  世界のニュース  12月17日


ギャロップ世論調査:アメリカ人の神に対する信仰は根強く残っている

Published: December 13, 2005 12:15 PM ET
2005年12月13日


ニューヨーク発 「神は死んだ」という議論がおこってから40年が過ぎようとしているが、人間以上の力のある存在を信じるアメリカ人が大多数であるということが、今回のギャロップ調査の結果、明らかになった。 実に94%に人が神は存在すると考えている。‘

僅か5%の人が「神は存在しない」と感じているが、そのうちの大部分はそのことに「確信はない」と言っている。 たった1%だけが「神は存在しないことを確信している」と答えた無心論者である。

それでは、神の存在を信じている人たちは、どの程度信じているのだろうか。 実のところ、10人のうち8人までが、「神の存在を確信させられている」と答えているのだ。 (この調査ではその理由を書く欄はなかった。)

神の存在を信じる比率は、保守派のほうがリベラル派より多く(87%対61%)、女性は男性より少し多く(82%対73%)、アメリカ南部に住む人のほうが東部の人より多かった。(88%対70%)

驚くべきことは、教会には全く行かなかったり、ほとんど行かない人たちのうちの61%が、神は存在すると信じていることである。 
この調査は2005年11月17-20日に、1002人の大人に対して行われた。(終わり)


 トップページに戻る

No Response Filed under: 未分類
16 12月

ハワイの12月   坂 柚実子   12月16日


ハワイの12月

ハワイは大まかに言って2つの季節に分かれるそうです。「暑い夏」と「暖かい夏」の二つです。
つまり、日本で冬の時は「暖かい夏」の季節で、丁度気持ちのいい気温で大変過ごし易いです。すずしい朝夕にはカーディガンをはおるくらいです。

先日トマトの苗を買いに行きました。12月にトマトの苗を植えられるなんて、やっぱりハワイ生活は楽しいな・・・と心弾ませて行ったのですが、いつも野菜の苗がおいてある場所は、みんなクリスマス・ツリー売り場になってしまっていました。オレゴンあたりから出荷されてくるものが多く、懐かしいオレゴンの木の匂いを、しばし、楽しみました。

クリスマス・ツリーと呼ぶのは特定の(つまりキリスト教の)宗教色を出してよくないから、ホリデー・ツリーと呼ぶべきだ、なんて言う議論もアメリカではかなり出回っていますが、クリスマス・ツリーがアメリカ人(他の国のことはわからないのでアメリカに特定しますが)の心の中にどれほど深く入りこんでいるかは、日本育ちの私たちには想像以上のものがあります。彼らは物心ついたときから、クリスマスになると居間の中心にクリスマス・ツリーが飾られ、その下にきれいに包装されたプレゼントが並んでいるという、なんとも素敵な光景のなかでクリスマス気分を味わって来たわけですから、ツリーのないクリスマスは、もう、それはとても寂しいものになってしまうのです。

私は数年前、「クリスマス・ツリーは異教の習慣であり、クリスチャンはするべきではないのではないか。」というすごく説得力のあるビデオを見てしまいました。何でもすぐ影響を受けてしまう私は、「今年から我が家はクリスマス・ツリーは飾りません。」と宣言しました。子供たちはもう独立していて家には住んでいなかったのですが、クリスマス休暇で帰宅して来てそのことを知り、私の想像した以上にツリーのないことを悲しみました。彼らはアメリカ生まれですから、ツリーに対する愛着はやはり、とても強かったのです。

今はクリスマス・ツリーに対する私の気持ちは、かなりやわらいで来ました。西欧の文化の中ではぐくまれたクリスマス・ツリーに対する人々の気持ちを、むげに踏みにじることはないと思っています。しかし、やはり、クリスマス・ツリーがイエス様に取って代わってクリスマスのシンボルになってしまっているとすればそれはおかしいです。アメリカでクリスマスがイエス様そっちのけの風潮になって来ているのに抗議して、数年前から「Jesus is the reason for the season」という言葉が教会で言われ始めました。語呂がいいでしょう。イエス様こそクリスマスを祝う本当の意味ですよ、と言う訳です。私もこのことを改めて心にとめ、クリスマスを迎えたいと思います。(終わり)


トップページに戻る


15 12月

「主の家」  フランシス・フランジペイン  12月14日



主が家を建てられる時
                        フランシス・フランジペイン


キリストの教会が天と完全に一致調和する時、主の霊が私たちの町を覆っている暗闇の力を除き去ってくださることが、実際起こりうるのです。主の臨在がどれだけその町を守るかは、教会が神とどれほど密接に結び合わされているかの度合いによって決まります。犯罪も不道徳なことも、神との結びつきが強いほど減少し、リバイバルが自然に起こり始めます。しかし、あらかじめ警告しておきますが、主の家を建てるのが主である時にのみ、主が私たちの町を守ってくださるのです。(詩篇127:1)

集合的な町の教会
「神殿は、建てるとき、石切り場で完全に仕上げられた石で建てられたので、工事中、槌や、斧、その他、鉄の道具の音は、いっさい神殿の中では聞かれなかった。」 I 列王記6:7
過去数年の間、神様は教会を「石切り場」におかれました。そこで、リーダーたちの形を削り、彼らが主の家の一員となるにふさわしい心を持つようにと砕き整えられました。キリストという御言葉の金槌で、多くの牧師や信徒たちは、今まで持ってきた岩のようにコチコチの宗教的、教義的な見解を打ち壊されました。神様は彼らの持つキリスト教の定義を、シンプルで、純粋に、キリスト個人への熱愛だけを問題にすると言う、本来の聖書的教義へと変えてこられました。(IIコリント11:3参照)

それと同時に、主は、人間の本質であるねたみと利己的野心という根源に斧を置かれました。(ヤコブ3:16参照)世界中で、男性でも女性でも神の聖徒である者たちは、生ける主の神殿となるようにぴったりと組み合わされつつあります。 彼らの心に燃えているのは、一つの町の総ての教会が一致して一つの教会になるという新しいヴィジョンです。
それぞれの教会の信徒たちが集まることによって、神のしもべたちは一つの町の教会を建て上げようとしていますが、それは、アメリカ流の自分を売り込んだり人間的に事業を拡大したいという思いからではなく、町全体の教会の合同の祈り会と、(純粋に)クリスチャンの愛を土台として、その「町の教会」を築き上げているのです。大きな熱情と深いへりくだりをもって、彼らはただ一つのことを目標としています。それは、キリスト御自身が教会(キリストのからだ)の中に形造られることです。(ガラテヤ4:19参照)
そうすることによって、彼らは主の家の基礎を築いているのです。これらの「生ける石」 が、いかに互いに愛をもって受け入れ合い、いかにぴったりと組み合わされているかという事実は、キリストの知恵と力がどれほどすばらしいかを証明しています。それはちょうど、ソロモンが主の家を建てた時「工事中、槌や、斧、その他、鉄の道具の音は、いっさい神殿の中では、聞かれなかった。」とあるように静かに進められているのです。

これら男女の聖徒たちは、しばしば非常に異なった教会のバックグランドを持っているのですが、お互いの教会へと出かけて行って、ともに肩を並べて祈り合うようになっています。彼らの共通の祈りは、全能の神が自分たちをキリストにあって一致させ、主の家を完成させてくださること、そしてそれによってキリストご自身が彼らの町を癒してくださることです。
神様は彼らの祈りに答えてくださるでしょう。 町のすべての教会が一致して祈るところに今、主の家は姿を現しはじめているのです。金槌でたたかれ、寸法通りになるように削られた困難な時代は終わろうとしています。霊的な力の時代が近づいています。

キリストの従順
この働きは妥協で生まれるものではありません。 このムーブメントの目標が一致であると考えるのは間違いです。そうではなく、私たちの目標は従順なのです。
すべての者が神に従順になり、キリストに似たものになりたいという願いを持ち、祈るとき、「一致」という言葉に新しい意味が与えられました。私たちの焦点はキリストにあるのです。パウロは、「すべてのはかりごとをとりこにして、キリストに服従させ」るようにと、教会に教えています。(IIコリント10:5)
私たちの思いの中で、まだキリストのとりこになっていない領域というのは、地獄との戦いに負けつつある領域です。しかし、私たちのヴィジョンが主にだけ焦点が向けられ、従順によって主に似るものとなってくると、パウロが語っている結末が達成されます。 「また、あなたがたの従順が完全になるとき、あらゆる不従順を罰する用意ができているのです。」(IIコリント10:6)

この箇所が意味することを全部説明しようすれば、それは単なる憶測の域を脱しないものになると思います。パウロが血肉のことをここで言っているのではないことは確かです。彼は血肉によって戦っているのではないからです。(エペソ6:12参照) ここで言われているのは、教会の従順が完全にされた暁には、この世がまだ見たことがないほどのものすごい(超)霊的な力が現われるであろう、と言うことです。
この超レベルの霊的な力はパウロの時代には実現しませんでした。確かに十字架によりこの世の君が裁かれ、無力にされ、武器を取り上げられたことは起こりましたが、すべての不従順は一世紀には明らかに罰せられるには到りませんでした。主ご自身にお聞きしてみましょう。「従順が完成された教会が霊的邪悪さや不従順を裁くことが出来ることは分かりますが、それ以外にも、多くの都市が開放されると言うようなすばらしいことがそのような教会から生まれて来るのでしょうか。」と。

主が都市を守られる時
「主が家を建てるのでなければ、建てる者の働きはむなしい。主が町を守るのでなければ、守る者の見張りはむなしい。」 詩篇127:1
この箇所を調べる前に、ヘブル語の聖書の特徴を説明することが大切だと思います。旧約聖書の著者は多くの場合、真理を伝えるために同じ意味のことを2回繰り返しました。特に詩篇と箴言によく使われる手法です。 例として、「人はその口の結ぶ実によって腹を満たし、そのくちびるによる収穫に満たされる。」 箴言18:20  ここでは、同じ内容が二つの言い方で2回表現されています。 もうひとつの例です。「私は、口を開いて、たとえ話を語り、昔からのなぞを物語ろう。」 詩篇78:2 ここでは美しくかつ機能的な詩的リズムで真理が伝えられていますが、 2つの関連した考えを一つの慣用句にまとめてあります。
それと同じように、詩篇の作者が「主が家を建てるのでなければ 、建てる者の働きはむなしい。主が町を守るのでなければ、守る者の見張りはむなしい。」 と言うときは、同じ真理を2つの言い方で言っているわけなのです。 
この2つを繋げているのが、主の働きです。即ち、「主が建てる家は立ち、主が守る町は守られる」のです。主はどのようにして町を守られるのでしょうか。主の家は「祈りの家」です。とりなしの祈りが神の臨在を町の中に招きます。言い方をかえれば、「主が家を建てられるときに、主が町を守られる」のです。 主の建築計画には、主の民が主の油注ぎによって力を得て、祈り、町を愛し、町のためには労を惜しまない、ということが必要とされています。 主の家が建つことによって私たちのコミュニティーは変えられて行きます。
イエスご自身も「・・・わたしの教会を建てます。 ハデスの門もそれには打ち勝てません。」(マタイ16:18)と約束されてこれを裏づけされています。つまり、主の家が主の御言葉にしたがって建てられるとき、個人や町に対する敵の要塞は打ち砕かれると主は言われているのです。
ひとつの町にリバイバルが起こると、天にあるもろもろの悪霊どもの力はどうなるのでしょうか。答えは、その地域の教会に満ちる神の霊がそれに置き換えられるのです! パウロはエペソ3:10で、天にある支配と権威に対して神の豊かな知恵が示されるのは、「教会を通して」であると言っています。 それでは、霊的領域では何が起こるのでしょうか。教会はキリストにおいて、天にあるすべての霊的祝福をもって祝福されています!(エペソ1:3) この場合、地域社会に及ばされるすばらしい影響力は天から来ます。主が町を守られるのです!

教会がキリストの指示通りに建てられず、利己的で分裂した状態にとどまるとき、暗闇の主権や力は町の人々の魂により大きく影響を及ぼす権利を手にいれます。このような町では、悪の霊が町を見張ります。これが本当かどうかは霊的識別力があまりなくてもすぐに分かります。郊外から車を走らせて、ある都市に行く機会があれば、その都市に入るときにそこに重苦しい雲がかかっているのにはっきり気がつくでしょう。この目に見えない壁が、この地域を圧迫して支配している悪霊の影響力の縄張りの境界なのです。その都市のサタンの力は「十分に武装している強い人」であり、「自分の家を守っていて、その持ち物は安全なのです。」(ルカ11:21)しかし、町のすべての教会がキリストに従順になるとき、すべてのクリスチャンがひとつにされ、地獄の力によってもその一致は阻止されることはありません。 教会の祈り、愛、行動を通して、主が町を守られるのです。

何でもあなたがつなぐものはつながれる
霊的世界と人間の思いや行動との相互作用について御説明しましょう。 霊的領域は天使、あるいは、悪霊によって占領され、それがどちらになるかは地上にいる人間がとる態度によって決定されるのだと、私は考えます。地は主のものではありますが、主はすべてのものを人間の足もとに、つまり、人間の責任下に置かれました。
サタンがイエスにすべての世界と栄光は「私にまかされている」 と言ったのは、半分だけ真実でした。世界は確かにサタンに渡されましたが、それは神によってではなく、人間が渡してしまったのです。
「サタンは私たちの家の近所や町を攻撃する許可を神から受けている。」という間違った考えを私たちは持ってしまっています。確かに、サタンは暗闇の領域へ侵入することはできますが、そこを占領できるのは、人間が罪を犯すことによってサタンにそうすることを許してしまう時だけなのです。
イエスはそれ故に次にように言っています。「何でもあなたがたが地上でつなぐなら、それは天においてもつながれており、あなたが地上で解くなら、それは天においても解かれています。」(マタイ16:19、マタイ18:18) この2つの箇所は、一見異なった状況の中で同じことを教えていることに注意してください。マタイ16:18-19では、サタンを取り扱っており、マタイ18:15では罪を取り扱っています。 この二つの領域は相互に関係しています。人間の罪―悪い考え、言葉、行動―そのものがまさに私たちの町を支配するサタンの要塞になっているのです。ですから、教会の義が増し加われば加わるほど、サタンの隠れ家を奪うことができ、霊的領域からサタンを追い出すことができるのです。サタンは忍び込もうとするかもしれませんが、居座ることはできません。 教会が真に神に近づくとき、サタンは逃げ去るのです。

新しいヴィジョン
私たちが主の家を建てるために共に働くならば、私たちの力は減少するのではなく増大します。私の町のある牧師が、中絶クリニックとアダルト・ショップの前でデモをして神様のために働いていました。町にある多くの教会が共に祈る前は、このデモに参加する人は一番多い時でも120人でした。しかし、多数の教会が彼と祈りを合わせるようになった時、4000人以上が中絶反対のデモに参加したのです。その後は、テレビや新聞の胎児(の命)に対しての見方は、もっと理解の深いものとなりました。

町の教会が一致すると、ティーンエイジャーが受ける恩恵はすばらしく大きくなります。町全体のユースグループに大勢のクリスチャンのティーンエイジャーが集まって一致している様子を想像してみてください。 年長のティーンエイジャーは若い者に対してリーダーシップをとったり、牧会的な世話をする訓練をそこで受けることができます。
海外へのミッションが大切なことに変わりはありませんが、牧師たちはまず自分たちの町が第一のミッションの地であり、それをサポートすべきだと言うことが分かり始めて来ました。地域の牧師たちが協力して信徒たちを訓練し、同じ町の他の教会を建て上げるためにそこに派遣するようになって来ています。はっきり言って、一体現在の教会と「主の家」との違いは何なのでしょうか。過去において確かに主は教会をリバイバルで訪れて(visit)くださいましたが、主の家では主は力をもって住んで(dwell)くださるのです。癒しと開放は当たり前のことになるでしょう。聖さと恵みが満ちます。 主の家が建てられると主の守りがそこにあるのを人々は感じるのです。

生きた証
私たちの教会はアイオワ州のシーダー・ラピッズという町にあります。私たちがこの町の他の牧師やとりなし手と共に祈り始めたとき、アイオワ州全体では、凶悪犯罪が11%も増加していました。 しかし同じ時期にシーダー・ラピッズでは、
11 12月

卓越するクリスチャン  12月11日


卓越するクリスチャン        
                      坂  達 也

 デニス・クレーマー師はその「マスターズ・コール(主の召命)」と言う著書で、平均的クリスチャンの問題点を取り上げ、そこからどのようにして抜け出せばよいかを扱っております。
師はこの「平均的クリスチャン」を次のように定義しています。
 「悲しいことですが、イエスキリストの教会は平均的な信者で一杯です。この平均的な信者とは、非常に誠実で、間違いなくよい人ではあるのですが、霊的には未熟で不健康、霊的身体障害者と言うか、多分不能者に近いようです。愛すべき親切な人たちですが、大分前から霊的な敵に脅威を与える人ではなくなりました。
 地獄(悪魔)はそのような平均的信者を霊的に無害な人と見ていますが、それは正確な見方です。彼らは、多分、自分が持っている霊的機能容量の40%程度しか働かせていない人たちです。そのような人たちが教会の中で何が問題かと言えば、彼らは自分の教会における召命が変わって来ているのに、それに気が付いてもいず、全く変わってもいないことにあります。
 この悲劇は、彼らの無知から起こっていることで、その人たちの不従順とか反抗からでは勿論ありません。彼らは確かに天国には行けますが、この地上の王国での貢献度はほとんど皆無で、霊的に全く取るに足らない、無能者でありましょう。彼らは人生をひどく無駄に過ごしているのです。
 平均的な人生を生きることは、重度の疫病にかかっているのに等しいことかを知り、平均的クリスチャンからの脱出を計らねばなりません。……あなたへの神の召しとは常に変化するもので、それを感知して適切に呼応することの重要性に素早く気がつくべきです。だれも単に平均値ではありたくはないはずです。」

 クレーマー師が描く「平均的クリスチャン」とは「ぬるま湯的(人間的)クリスチャン」であり、又、霊的な飢え乾きのないクリスチャンと言えます。

 日本人の伝統的思想の中には、「事なかれ主義」があり、又、「出る釘は打たれる」ことへの恐れからでしょうか、「凡人でよし」と言う、昔からの凡人容認の考え方があるように思います。しかしことクリスチャンに関する限り、聖書には絶対にそのような考え方はありません。
クリスチャンの目標は卓越することにあります。凡人が凡人であるのは、進歩が無い証拠です。凡人とは広い門から入る人であり、クリスチャンとは狭い門から入る人でなければならないはずです。
 狭い門から入る人はキリストの後を追う人であり、卓越する、ぬきんでる、秀でる人です。何に抜きん出るのでしょうか。それは「肉の人間」から「霊の人間」に生まれ変わることを意味します。それは「永遠のいのちを持つ、よみがえりの霊的な人間」に「抜きん出る」ことです。
 そのためには最大限の努力をしなければなりません。世の中には努力家と言う人たちが大勢いて、その多くの人たちは賞賛を受けます。彼らは人並み以上の努力をすれば物事に成功することを知っている人たちです。勿論、聖書においても、私たちが「あらゆる努力をする」ことを勧めております。しかしここで注意しなければならないのは、クリスチャンの場合はその努力する内容が違うことです。
 2ペテロ1:5-7の口語訳では「あなたがたは、力の限りをつくして(新改訳では「あらゆる努力をして」)、あなたがたの信仰に徳を加え、徳に知識を、知識に節制を、節制に忍耐を、忍耐に信心(敬虔)を、信心に兄弟愛を、兄弟愛に愛(アガペ)を加えなさい。」とありますが、言ってみれば、これが私たちクリスチャンの努力目標です。これは取りも直さず「永遠のいのちを持つ、よみがえりの霊の人間」になることであり、実際には、聖霊によって私たちがそのように変えられてゆくことのです。
それでは、そうなるために「力の限りをつくして」、「あらゆる努力をして」とは具体的にどうすることなのでしょうか。どうしたら信仰に徳と、知識と、節制、忍耐、信心(敬虔)兄弟愛、アガペの愛を加えることが出来るのでしょうか。

その答えは歴代志上22:19に書かれています。それは「あなたがたは心をつくし、精神をつくしてあなたがたの神、主を求めなさい。…」(口語訳)です。つまりその方法とは「主を求める」ことの一言に尽きるのです。ただ一つのこと「主を求める」ことに、常日頃、誠心誠意、私たちの最大の努力を傾注することであると思います。クリスチャン(キリスト者)の本質はこれ以外にありません。
IIペテロ1章では「神とわたしたちの主イエスとを知ることによって」とあり、その方法が少し違うように書かれているようですが、実際には「主を求める」ことによって「神とわたしたちの主イエスとを知る」ことができるのですから、同じ事ことを言っていると思います。
これをこの世で最も努力した方はイエス・キリストです。マルコ1:35に「朝はやく、夜の明けるよほど前に、イエスは起きて寂しい所へ出て行き、そこで祈っておられた。」とあります。イエスは常に父を求め、父に忠実に従うこと以外には何も求められませんでした。
主のあとを追う私たちも同じように、何も求めず、先ず主の前に立ち、ただ主ご自身だけを求めれば、後は総て主がなさって下さいます。
うそだと思う方は、毎朝早く起きて、主の前に座り、ただじっと一時間ほど主を求めてください。何も考えないで、ただ主の愛に満たされて、「心をつくし、精神をつくして」主を求めて座っているのです。毎日それを日課として忠実に実行して下さい。「石の上にも三年」と言うことわざがあります。努力とは決意して実行に移し、やり遂げることです。これなら誰でも出来るはずです。三年とは言いません。一ヶ月もそれを忠実にすれば、主があなたを放って置きません。必ず主があなたに現れ、あなたは主とのすばらしい時を過ごすようになり、主の御声が聞こえるようになります。
そうなる時、あなたはただの平凡で人間的なクリスチャンから抜き出て、主に特別に愛される非凡なる霊的なキリスト者(キリストに似た者)に変えられて行きます。
「これらのものがあなたがたに備わって、いよいよ豊かになるならば、わたしたちの主イエス・キリストを知る知識について、あなたがたは、怠る者、実を結ばない者となることはないであろう。これらのものを備えていない者は、盲人であり、近視の者であり、自分の以前の罪がきよめられたことを忘れている者である。兄弟たちよ。それだから、ますます励んで、あなたがたの 受けた召しと選びとを、確かなものにしなさい。そうすれば、決してあやまちに陥ることはない。こうして、わたしたちの主また救い主イエス・キリストの永遠の国に入る恵みが、あなたがたに豊かに与えられるからである。」(IIペテロ1:8-11)
                             
    
(終わり)
 

トップページへ戻る</a>
10 12月

緊急の祈りのリクエストです。 12月10日


緊急のとりなしのお願い
                              坂  達 也

 昨夜ホノルルでパラ・チャーチ・ミニストリーをしている(既に柚実子がご報告しております。)LMIのディーン牧師から下記のような緊急のメッセージを受け取りました。これはハワイに関する預言ですが、折から世界中で憂慮されている「鳥インフルエンザ」がハワイ諸島を襲ってくると言う警報です。発信先が信頼のおけるボブ・ジョーンズ師とか、キャシー・ウオルター師からのものですから、この知らせは主から発せられたものと信じます。ぜひとも私たちが今住むハワイの人たちのためにおとりなしをお願いいたします。下記がその預言です。

 緊急の祈りのリクエストがあります。どうか、出来るだけ多くのとりなし手に知らせてください。昨夜New Beginnings Christian Fellowship の集会に出席しました。 キャシー・ウオルターズがゲスト・スピーカーでしたが、彼女がボブ・ジョーンズからハワイの人々に伝えるようにと託された言葉を話してくれました。 ボブ・ジョーンズは現在のキリスト教会のなかで、大変正確に神の言葉を聞くことが出来る預言者です。彼の預言の言葉は、「ハワイのとりなし手たちにハワイ州の周りに祈りで防壁を立てあげるように伝えなさい。敵はアジアの鳥インフルエンザを送り込んで、攻撃しようとたくらんでいるから。」と言うものでした。
 そして今日、私は古くからの友人から電話をもらったのですが、彼女はキャシー・ウオルターズが昨夜話したことは何も知りませんでした。 その友人の話はボブ・ジョーンズからの警告を確証するものであると私は思います。彼女の祈り会のメンバーの一人が一つの大きな岩とアメリカ北西部から一羽の巨大な鳥が飛んでくるヴィジョンを見ました。この鳥には長いくちばしがあり、それで岩をつつきました。その岩はカワイ島でした。カワイ島から霧のようなものが立ち上り、オアフ島に向かって動いて行って、どんどん広がり、ハワイ諸島を全部覆ってしまいました。これを見た人は何のことなのか全くわからなかったのですが不審に思い、私の友人に電話をしてきたのでした。
 預言のシンボルの中では、鳥は悪魔が侵入することを表すシンボルです。 ですから、私はこれはボブの警告と同じで、敵がハワイ州に鳥インフルエンザを解き放つ計画があるからそれに対して私たちは祈るようにという警告を受けたのだと感じます。
どうか、主がこの敵の攻撃をそらして、ハワイ州を鳥インフルエンザから守ってくださるように祈ってください。主がハワイ州の周りに守りの外壁を建ててくださるように祈ってください。もし、鳥インフルエンザが流行ったら、ハワイの経済がどれほど打撃をこうむるかお分かりでしょうか。
 もちろん、何が起ころうとも、主は敵が企んだ悪をも善に変えてくださる方ですから、いつも希望はあります。もし、何か主から示されたことがありましたら、連絡してください。 ディーン牧師


 以上緊急の祈りのリクエストです。宜しくお願いします。 (終わり)


トップ・ページに戻る


 Page 155 of 157  « First  ... « 153  154  155  156  157 »