WWGM

Walk With God Ministries

25 01月

どこでもドアー  坂 柚実子   1月25日


どこでもドア

うちの息子は子供のときドラえもんが大好きで、日本の主人の友人からいつもドラえもんのビデオを送ってもらっていました。ドラえもんのポケットから出てくるいろんな小道具は、本当に夢があります。タイム風呂敷や竹コプター、翻訳こんにゃく等々、「こんなものいいな、あったらいいな」のテーマソングの通りですね。その中でも一番の憧れは「どこでもドア」でした。いつでも行きたいところにすぐにいける、というのは、誰もが望むことでしょう。

先日のオダ牧師のメッセージは「私たちには天国の鍵が与えられている。私たちの入っていくところは、いつでも天国にすることができる。」というものでした。どこに行っても、私たちが王の王であるイエス様と共に入っていけば、そこを神の御国にすることが出来る、というのです。私たちはどこにでも天国の入り口を持っていくことができる、そしてその鍵を持っているのです。ドラえもんの「どこでもドア」がドアの向こうに行きたい場所が現れるのと違い、天国の「どこでもドア」は自分の行くところをどこでも天国の入り口にすることができるのです。イエス様をお連れすることが鍵でしょうか。

私にはもう一つの「どこでもドア」がありました。私はオレゴン州で10畳の和室で茶道を教えていたのですが、そこで、4畳半とか2畳での点前を教えるときは、竹と木で作った至極簡単な戸のようなものを置いて小間のお稽古をしていました。マックスというアメリカ人男性の生徒が作ってくれたものでしたが、大変便利で、みんなで「どこでもドア」と呼んでいました。それを置くだけでそこが小さな茶室の入り口になり、生徒たちは神妙にそこから出入りしました。先ず、「どこでもドア」の前に正座をして気持ちを静め「和敬清寂」の心になります。そしておもむろに「どこでもドア」を開けます。室内にいる客と目を合わせて、「お茶を一服差し上げます。」と心をこめてご挨拶します。

天国の「どこでもドア」も、もしかしてそんな風に扱ったらいいのかもしれません。自分は神の国を持ち運ぶ使節なのですから、行くところ行くところにドアを設置し、開ける前にその心がまえを持ち、イエス様と共に入っていくのです。これに関して教会の人の証を聞くことができました。彼女のご主人がオフィスの引越しをする手伝いをしたとき、このメッセージを思い出して、ご主人が様々なことでイライラしていた時に神の平安と共にオフィスに入り、そこを神の御国にすることが出来たと言う証でした。

グルーバー師と祈りの歩行をされた方はご存知のように、師はどこへ行っても、必ず門のところで、詩篇24編7-10節を引用して「門よ。お前たちのかしらを上げよ。天の永遠の戸よ。あがれ。栄光の王(イエス)が入ってこられる。」と宣言されます。それと同じように、私たちも「天国の入り口・どこでもドア」をいつでも、どこにでも、持ち運んでいくことが出来たらいいですね。
(終わり)



トップページへ戻る

25 01月

キリストが現れる   レスティヴォ    1月25日


キリストが現われる
ナンシリー・レスティヴォ

1999年1月、私は2週間にわたって主から一連のヴィジョンを与えられ、それによって私の人生は全く変えられました。そのうちの一つをお話したいと思います。私に一番影響を与えたものです。主が私を召しておられることへの新しい高さと深さを真に理解することができるように私の目を開けてくださったのです。それはあなたの目も同じように開けられるかも分かりません。

このヴィジョンは、ドアの入り口に立っている私がイエスが群衆の中にいるのを見ているのを自分が見ているところから始まりました。イエスがある人に手を伸ばすと彼らは瞬時に癒されるのです。イエスは又、ある者には励ましのことばをかけ、愛に飢えている者の肩を抱き、悪霊に苦しんでいる者から悪霊を追い出しておられました。

すると突然、何かが変わりました。私もイエスと共にその場にいたのです。しかも、イエスと私は写真のネガが重なったように一体となっているのです。イエスと私は全く一人の人間として動いていました。
「…主と交われば、一つ霊となるのです。」 Iコリント6:17

イエスが手を差し伸べられると、私の手がそれと全く一つになって動くのです。イエスが口を開かれると、ことばが私の口から出ていくのです。イエスが一歩前に進まれると私の足が一歩進み、イエスが人を見るときは、私の目を通して見られるのです。
そして、私は理解しました。それは「私の中におられるキリスト、栄光の望み(コロサイ1:27参照)」なのです。ただし、キリストが私の中に隠れておられるのではなく、私が彼の中に隠れていたのです!
「あなたがたはすでに死んでおり、あなたがたのいのちは、キリストとともに、神にうちに隠されてあるからです。」コロサイ3:3

私は傍観者として、興味と驚嘆をもってイエスの一挙一動をすべて見逃すまいと見つめていました。イエスのこんなにもそば近くで主が地上におられた時と同じ奇跡をされるのを見るのは、本当にわくわくしました。
人々は私を見ているのではないことがはっきり分かってきました。彼らは主を見ていました!主はその力と栄光をもって、すべての人に分かる姿でご自身を「現されて」いたのです。群衆も自分たちはイエスを見ていることが分かっていて、主のされるすばらしい業に完全に心を奪われていました。 
私は、イエスにだけ完全に全く何の障害もなく焦点が当てられねばならない、それが「唯一」受け入れられることである時代に私は生きているのだ、ということにはっと気がつきました。私に関することとか、何が私に出来るかとは全く関係がないのです。そうではなく、私はからっぽの器であり、イエスご自身がそこに満ち満ちてくださるのだということだけなのです。主がその中に住んでくださり、主が望まれる通りにその器を通して働かれる器になることなのです。このことが理解できたとき、私はあふれるような喜びで満たされました。

「…こうして、神ご自身の満ち満ちたさまにまで、あなたがたが満たされますように。」エペソ3:19


ヴィジョンが終わるときに、主が次の箇所を示してくださり、私が経験していることが正しいことを確証してくださいました。
「いつでもイエスの死をこの身に帯びていますが、それは、イエスのいのちが私たちの身において明らかに示されるためです。私たち生きている者は、イエスのために絶えず死に渡されていますが、それは、イエスのいのちが私たちの身において明らかに示される(be manifested)ためです。」IIコリント4:10-11

神学者の多くは、この箇所を理性で理解しやすく説明がつくようなものに変えてしまっています。しかし、今主は、今まで私たちが理解したり、私たちの理性では理解できる範囲をはるかに超えた何かをしはじめようとしておられるのです。
「明らかに示される(manifested)」ということばをThayerのギリシャ語辞書で調べてみると、
「今まで隠されていたもの、また知られていなかったものを、ことば、行為、その他の方法で明らかにすること」とあります。
  これはまさに私のヴィジョンの中でイエスに起こったことでした。主はご自分を人に見えるようにし、明らかにされ、知られ、はっきりとイエスだと分かるようにされました。主は周りにいる群衆のなかに現れて、彼らは主を見たのです!これがまさに我々主に完全に従う者を通してイエスがしようとされていることなのです。

主がこれをどうようにして実現されるのかについて私は十分にはわかりませんが、一つのことだけは知っています。それは、人々は彼らの真ん中でイエスがご自身を現されていることがわかり、イエスにだけ彼らの注意が集中されているということです。

鍵となるもの

先にあげたIIコリント4:10に、「イエスの死」ということばがあります。これはイエスの十字架上での死だけではなく、主が毎日自分の意志と自分の命に死んで来られたということをも指しています。主は何事もご自分の思いからはされませんでした。イエスにはただ一つの動機しかありませんでした。それは父なる神の御心と地上での目的を表していくということでした。
私たちも「イエスのための絶えず死に渡されていますが、、、」(11節)といわれています。イエスの命が私たち人間の身体を通して現されるためには、それが唯一の道です。自分の肉が自我の一つの領域で死ぬとき、イエスがその領域を完全に支配することが出来ます。私たちが自我に死ねば死ぬほど、イエスが私たちを通して生きることができるのです。
イエスがこのような力と権威を帯びて現れるためには、私たちは邪魔をしないように完全に退かねばなりません。バプテスマのヨハネと同じように心から「あの方は盛んになり私は衰えなければなりません。」(ヨハネ3:30)と叫ばねばならないのです。

私たちが自我のすべての領域で喜んで死ぬ、その度合いによって、イエスは人間をとおしてご自分を十分に現される自由を持つことができるのです。
イエスは「わたしに従ってきなさい。」といわれ、そして「その中を歩きなさい。」といわれているのです。(終わり)


[この記事はウエイド・テイラー・ミニストリーからのものです。]

トップページへ戻る 
20 01月

2006年への預言  ダッチ シーツ  1月19日


2006年への預言 「シフト」  
        ミニストリー・教会・ビジネス・個人・家庭の再編成(restructure)
    
                                     ダッチ・シーツ


 ミニストリーが再編成され、教会が再編成され、ビジネスが再編成され、個人も再編成され、家族も再編成される。
 今年は我々の世代が経験する最大の変化の年となるであろう。私は1月5日のダラスでの集会のために準備をしていたが、その時聖霊がはっきりと私に「人々に告げよ。」と言われたので、すぐにペンをとって 聖霊の言われることを書き記した。

1. 今年、使徒の時代への最大のシフトが起こる。なぜならば、人々は今年、そこから豊かな収穫があるのを見始めるからである。

• 「今までの時は、使徒的、預言的働きが回復されてきた段階であったが、それはわたしがこれからしようとしていることのための準備だったのである。」と主が言われる。 ミニストリーのために神が我々に与えてくださった賜物がフルに用いられるようになる結果、大いなる神の実りがもたらされ、地上における神の支配(王国)が今まで見なかったような力、権威、恵み、啓示、裁きや義を解き放つ。

2.「使徒的と預言的働きに対する反撃・反対も今年は最大となるであろう。」

• 主は主の動きに反対する者たちの仮面をはがして、皮袋(新旧ともに)や、今まで隠れていた宗教の霊をあらわにされる。今の時の真理の動きを拒否する者は、キリストの身体の中で、使徒的、預言的流れの中で動いているリーダーたちを公に批判し始めるであろう。 ある者たちはいままでも目立たない形で批判してきたのだが、今年は、公然と批判するようになる。そのとき、神は彼らを裁きはじめる。

3.「わたしは、パラダイムをさらに変化させねばならない。それは今までわたしの霊の流れの中にいなかったものに変化をもたらすだけでなく、流れの中にいた者たちに対してもパラダイムを変化させる。」 私は主が「再編成、再編成、再編成」といわれるのを聞いた。

• ミニストリーが再編成され、教会が再編成され、ビジネスが再編成され、個人が再編成され(彼らの時間の使い方、ものの考え方、活動の仕方が変えられる)そして、家族が再編成される。
• 神の御国(kingdom of God)の教えがパラダイムに大きな変化をもたらし、創世記にある神の(人間に対する)オリジナル命令(Mandate)へと我々を引き戻す。今年それが何度も繰り返し教えられるのを聞くであろう。神の御国の神学が最前線に出てくる。

4.「わたしの宣教任務声明(ミッション・ステートメント)を成就させる者たちをわたしは待ち望んでいる“ (ルカ4:18-19、イザヤ61)

• 貧しい人々に福音を伝え
• 捕らわれ人には解放をあたえ
• 盲人の目を開き
• 打ちひしがれている者に自由を得させ
• 主のめぐみの年を告げ知らせる
• わたしは主が言われるのを聞いた。「もし、わたしの教会がこれを宣教方針(ミッション・ステートメント)として実行し始めるならば、これらのこと(ステートメントの内容)がすべて成就するようにわたしはするであろう。」 又言われた。「過激的な解放の油注ぎが教会に来ようとしている。それは時として非常に激しいものとなろう。人々は一瞬のうちに過激的に解放されるであろう。」
• 主のめぐみの年というのはヨベルの年のことである。捕らわれ人は自由になり、相続財産は回復される。

5.「この年はめぐみの年、そして又、うとんじられる(恵みの反対)年である。

• あなたが今まで祈ってきたこと、骨折ってきたこと、種を蒔いたこと、切望したこと、泣き叫んで求めたこと、見たけれども味わうことが出来なかったこと、断食したこと、涙を流したこと、それらすべてのことに関して今年はめぐみの年である。主のめぐみはあなたの家族、ビジネス、経済、身体(健康)の上に注がれるであろう。
• 今年、主は人々が中途半端な態度を取るのをもはや許されない。 主は、はっきりと地面に線を引かれ、彼らが何者で誰につくのかを決めねばならないといわれる。教会の中の勢力争い、政略的な行為は裁かれる。今の時代のために主が与えられる啓示の流れに乗ることを拒否したり抵抗する者は、主がうとんじられるのをあなたがたは見るであろう。いくつかのミニストリーや教会は今年主のめぐみを失うであろう。ほかのミニストリーが建てあげられ、もっと影響力をもつようにされるであろう。主に栄光をもたらさないものは取り壊され、その反対に主に栄光をもたらすものは大いに建て上げられる年となる。

教会の眺め(Landscape)が今年変わるであろう。

6.「わたしは地上のことで心を満たしている者よりも天のことを思っている者を、今年、探し求めている。」

• 上にあるもの、即ち神の御国を求め、主が望まれることにだけ心を傾ける者を主は探しておられる。これらの者には天からの洞察力(insight)が与えられる。その洞察力により彼らは天国を地上にもたらすことができ、「御国を来たらせたまえ、御心の天になるごとく、地にもなさせたまえ」と祈るだけではなくなる。主は彼らに御国を地上にもたらすための権威と知恵をあたえられる。
• 又、彼らが天国の物の見方で物事を見ることができるように主はしてくださる。彼らは、厄介な問題とか、厳しいチャレンジ、あるいは主から幻を与えられたときとか、家族の問題、経済的困難が起ったときも、それらを神の視点で見ることが出来るようになる。

7.「わたしは、わたしの力を信じきる者たちを探している。奇跡はそれを求める者のためにすでに備えられている。」

• チャック・ピアスは、今年は神が動かれ、しるしと不思議が大学のキャンパスで爆発的に起こるであろうと預言した。エール大学とテキサス大学の名が特に示されたが、この預言はその2つの大学に限られたものではなく、神の力がアメリカの大学に押し寄せようとしている。

8.「わたしのリーダーたちに、もっと多く祈り、もっと少なく働くように告げよ。」

• このことばを聞いたとき、この意味は「もっと祈れば、その結果として働くのが少なくてすむ」、ということだと私には感じられた。

9.「今年は正しく整列化される(正しい線に並ぶ)べき最も重要な年である。」

• もし、我々が、リーダーたちと正しい関係につながっていなかったり、共に歩むべき人たちと結び合わされていなかったり、我々の上で権威をもつ人たちによる覆いを受けていないと
19 01月

2006年への預言    ダニー ステイン    1月19日


2006—熱いか冷たいかの年
                                ダニー ステイン                                 

詩篇46:1-11 「神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。 それゆえ、われらは恐れない。たとい、地は変わり山々が海のまなかに移ろうとも。 たとい、その水が立ち騒ぎ、あわだっても、その水かさが増して山々が揺れ動いても。セラ 川がある。その流れは、いと高き方の聖なる住まい、神の都を喜ばせる。 神はそのまなかにいまし、その都はゆるがない。神は夜明け前にこれを助けられる。国々は立ち騒ぎ、諸方の王国は揺らいだ。神が御声を発せられると、地は溶けた。 万軍の主はわれらとともにおられる。ヤコブの神はわれらのとりでである。セラ 来て、主のみわざを見よ。主は地に荒廃をもたらされた。 主は地の果てまでも戦いをやめさせ、弓をへし折り、槍を断ち切り、戦車を火で焼かれた。 「やめよ。わたしこそ神であることを知れ。わたしは国々の間であがめられ、地の上であがめられる。」 万軍の主はわれらとともにおられる。ヤコブの神はわれらのとりでである。セラ」

熱いか、冷たいかを選ぶ年、なまぬるいままでいることは非常に危険

今年、主が私に示された中心的なことは、2006年(2007年の初めも含む)は熱いか冷たいかの年であるということです。つまり、なまぬるかったり、中途半端な年ではないと主は言われたのです。

1990年代の初めに、主は私に、空間と時間に宙吊りになっている教会の建物の幻を見せてくださいました。その教会の上にイエスが立っておられました。教会はイエスの足ほどの大きさでした。教会の真ん中をめがけてイエスは両手に剣を持っておられました。イエスの顔には何にも増して一つのことを決意している、という表情が浮かんでいました。私にはイエスが決められた(適切な)時を一心に待っているということが分かりました。

次の瞬間、イエスは剣を教会の中に差込み、真二つに切ってしまわれました。教会の中にいた人々は二組に分けられて、教会の中は恐怖でみちあふれるのを私は見ました。
半分は上に上げられて、「キリストの花嫁」と言われているものとなり、その信仰の故に明るく栄光に輝いていました。

もう一方の半分は、「宗教的な暗やみ」として知られているものとなりました。それは、暗やみと不信仰の故であり、彼らは忘却へと落ちていきました。これらの者たちも回心したならば花嫁に変えられたのですが、神はこれ以上失われた者たちが光の中に隠れているのを許されないと宣言されたのです。

主は、このことが今年起こると語られたと私は信じます。光と闇の間にははっきりした区別があるのです。中途半端でいる人は大怪我をするか命を失います。(霊的に、そして肉体的である可能性もあります。)

その理由は、光の中にいる人が中間にいる人にむかって、そこから出るようにとはっきりと宣告していたからです。これはヘブル6章が実現していることだと私は信じます。
ヘブル6:4-6 「一度光を受けて天からの賜物の味を知り、聖霊にあずかる者となり、神のすばらしいみことばと、後にやがて来る世の力とを味わったうえで、 しかも堕落してしまうならば、そういう人々をもう一度悔い改めに立ち返らせることはできません。彼らは、自分で神の子をもう一度十字架にかけて、恥辱を与える人たちだからです。」
Iペテロ4:17 「なぜなら、さばきが神の家から始まる時が来ているからです。さばきが、まず私たちから始まるのだとしたら、神の福音に従わない人たちの終わりは、どうなることでしょう。」

今年は熱いか冷たいかがはっきり分かれるときであり、我々の従順が明確に問われるときなのです。

又、一方では、栄光が今までよりより大きな規模で解き放たれる年となるでしょう。主のしもべたちの信仰が大きくなり、奇跡が爆発的に起こります。これは世界的規模で(西欧でも!)起こるでしょう。

すでに現れている栄光のひな形や影、また2006年のはじめに解き放たれる栄光は、これからの1年半の間にはっきりと明白になってくるでしょう。それらは、来るべきものの良いことも悪いことも含めての前ぶれです。教会の中で、「死」の雛形を表していたものがこれからはもっと公にはっきりと現れてくるでしょう。また、「命」の雛形を表していたものが、大きく解き放たれて、大きな奇跡が、努力や断食や何年も祈り続けることなしに起こってくるでしょう。

砕かれ通す年


今年は打ち破りの年ではなく、砕かれ通す年です。主によって砕かれることを耐え忍び通した者は、天の領域に入っていくでしょう。 主の傷の豊かさを分け与えられるように信頼され、へりくだりを経験したものは、天の領域で昇格していくでしょう。

Iペテロ5:6 「ですから、あなたがたは、神の力強い御手の下にへりくだりなさい。神が、ちょうど良い時に、あなたがたを高くしてくださるためです。」

時が来ました! 信じる者が集まるところに天国のしるしがどんどん現れるようになるでしょう。天国から直接送られて来るしるしが起こるでしょう。それは金粉や、羽根、オイルだけではなく、天国からの訪問者と主の訪れが集会にあらわれるのです。また、驚くべき高度な作品とか、天国からの芸術品が、いままで地上では知ることができなかったような色彩とか、音色、あるいは現象として起こるでしょう。

時には、天が大きく開いて、主の臨在と力が集会の中にとめどなく流れ込むように感じられることが起こるでしょう。 エノクのように一人で神と共に歩くことを願うのではなく、この世代に生きる者たち総てが神と共に天の領域を歩き、その栄光を地上にもたらすことを熱望する時なのです。

誰の権威によってするのか?

マタイ21:23-27 「それから、イエスが宮にはいって、教えておられると、祭司長、民の長老たちが、みもとに来て言った。「何の権威によって、これらのことをしておられるのですか。だれが、あなたにその権威を授けたのですか。」 イエスは答えて、こう言われた。「わたしも一言あなたがたに尋ねましょう。もし、あなたがたが答えるなら、わたしも何の権威によって、これらのことをしているかを話しましょう。 ヨハネのバプテスマは、どこから来たものですか。天からですか。それとも人からですか。」すると、彼らはこう言いながら、互いに論じ合
18 01月

ホノルルでの私たちの教会  1月18日


私たちの教会

 私たちは、一年半前にオレゴン州からハワイに移住してから、自分たちがつながるべき教会を主に求めてきましたが、今回、New Life Church Honoluluがそれであると示され、メンバーとなることになりました。メンバーになるための説明会では、この教会がどのようにして生まれ、神からどのように導かれてきたか、また、神から示されているこれからのヴィジョンは何かを、主任牧師であり日系三世のフランシス・オダ師から聞くことができました。
 
 個々の教会はそれぞれにユニークであり、それぞれに神からユニークな使命をいただいているわけですが、この教会はマーケット・プレイス・ミニストリーが使命の一つだそうです。今、世界的にマーケット・プレイス・ミニストリー(人々の日常の生活の場や仕事場でのミニストリー)の重要性が謳われていますが、この教会は10年前にすでに神からそのことを示されていました。そのときはキリスト教界では全く理解されず、カルトではないかと危険視されたこともあったそうです。

 又、神から「教会のようでない教会、a church that does not look like a church をつくりなさい」ということばを受け取って、牧師はそれはどんな教会なのかと祈りました。そして答え(それが答えなのか、答えの一部なのか分からないといわれましたが)が示されました。皆さんは、それはどんな教会だと思われますか。

 オダ牧師に示された答えというのは「教会のようでない教会とはイエス様のような教会である。」というものです。イエスは美しい式服ではなく普通の格好をしていて、自分の地位や人々からの評判は気にもかけず、罪人と交わり、空腹なものには食べさせ、病人を癒し、人々に仕えられました。当時の宗教家たちとは全く違っていました。伝統的ではなかったのです。教会が教会らしい、というのは悪いことではありません。教会らしい教会を必要としている人々も沢山います。しかし、ニュー・ライフ・チャーチは教会のようでない教会になりなさいという神からの召しを受けたのです。教会でするべきこと、つまり礼拝とか、サンディースクールとかは勿論するのですが、それに加えて、普通は教会に足を踏み入れないような人たちに対して、いろいろな方法で神の愛を示していくのです。

 この教会はホノルルのチャイナ・タウンの一角にあります。このチャイナ・タウンがこの教会のまず第一のミッションの場で、祈りの歩行も行われています。又、チャイナ・タウン全体の催しとして毎月第一金曜日の夜を「ファースト・フライディ」と呼んで、 画廊などがオープンしたりバンドが演奏したりして、沢山の人が来るそうです。今教会が計画しているのは、その時に教会もドアをオープンして、クリスチャンのアーティストのショウや、コンサートをしようというものです。この教会はもともと劇場だったので、建物的にもそのようなことをするには、ぴったりなのです。現在計画が進んでいて、三月の第一金曜日に一回目をする予定です。

 又、私たちはここにある日本語部の中でもお手伝いをさせていただくことになりました。主人は月二回メッセージを担当し、私はピアノで賛美チームに参加させていただきます。これはすべて主の御計画であるという平安があり、ハワイにこのような働きの場所を用意してくださった主に心から感謝しています。(終わり)



トップページへ戻る


 Page 151 of 156  « First  ... « 149  150  151  152  153 » ...  Last »