WWGM

Walk With God Ministries

18 2月

2011年が始まった 坂 柚実子 2月19日


2011年が始まった

 

 坂 柚実子

 

 と思ったら、もう2月の半ば。元旦に 娘と主人と私で、今年の抱負を語り合いました。英語では、「New Year’s  Resolution」といい、新しい年の決意とでもいうのでしょうか。娘の決意は確か7つほどもあり、本人も覚えきれないくらいでしたが、そのうちの一つは我が家の歴史を書くことでした。主人は今書いている本を完成させること、そして私はこのコラムをもう一度書き始めることとしました。3人とも書くことが入っていたのです。 

 

娘はそれ以来、早速私たちに、両親のこと、祖父母のことなどを聞きまくって、コンピューターに打ち込んでいます。聞かれてみると、私たちも知らないことが多いのに驚きます。今まで家族の中で家族の歴史を語ることが少なかったこと、父母にもっと話を聞かなかったことが悔やまれます。娘はアメリカ生まれですが、それだけに自分がどのような家族の中に生まれたのか、自分のルーツ、を知りたいようです。

 

主人が今執筆中の本は、ノンクリスチャン向けというふれこみですが、私もまだ1ページも読んでいなので、残念ながら内容をお知らせすることはできません。お祈りくだされば幸いです。

 

さて、私は何のためにこのコラムを書くかというと、創造主の神に似せて創られた人間は何か創造できるはずである、創造したほうがいい、というようなことを聞いたことがあるからです。それでせめてこの雑文でも書こうと決めました。元旦には月に一度書くと明言したのですが、1月はあっと言う間に過ぎて行ってしまったので、2月が逃げない前にあわててこれを書いています。

 

近くにある高校の陸上競技場 

 

今日は私のもう一つの決意をお話しいたします。それは毎朝、グランドを8周走るということです。うちのマンションの向かいは高校で、立派なグランドがあり、誰でもいつでも使うことができます。高校生が体育の時間で使っているときでも、私たち一般人が一緒に使ってもいいのです。若者に混じって私がよちよち走っているのは、きっと傍目にはおかしいことでしょう。でも私も約半世紀前の私の気分にもどって心楽しく走っています。

右のポケットに小さな石を8つ入れておいて、一周まわるごとに一つ左のポケットに移します。つまり左のポケットが達成した数、右があと何周かという数になります。この石はうちのマンションの庭に敷いてあるのをちょっと拝借していますが、小さく白く軽い石です。ある時、走っていると一つそんな石が落ちていました。何かの拍子にポケットから落ちたかと思って拾おうとしたら、それは鳥の落とし物でした。そうです、鳥たちもこのグランドを共有している常連です。

 

1周400メートルのグランドを8周ということは、3.2キロです。このくらいは楽々と走れるようになる日を夢見ていますが、今のところやっとこせで回っています。でもそれだけに毎回「やったー!」という感慨を味わうことができます。それにしてもマラソンを走る人たちはすごい忍耐力だとつくづく思うこのごろです。(終)


Post a Comment