WWGM

Walk With God Ministries


24 12月

Merry Christmas イエスさまのお誕生日を心よりお祝い申し上げます            WWGM 坂 達也  柚実子


Merry   Christmas 
イエスさまのお誕生日を心よりお祝い申し上げます
           WWGM       坂 達也  柚実子
   クリスマスといえば「光の祭典」と言えないでしょうか。特にアメリカでは、都会でも田舎でも、飾り付けたクリスマス・ツリーをはじめとして、家の前庭とか屋根・窓の輪郭を電球と種々の飾り物で美しく飾り、夜でもその飾り付けで辺り一面がこうこうと光り輝いている今は、一年を通して街が最も美しく輝いているシーズンです。
 イエスさまがお生まれになったときは、色々な超自然の奇跡が起きましたね。イエスご誕生のストーリーを聖書で何度読んでも、その奇跡の情景に圧倒されます。中でも預言者イザヤはやみの中を歩んでいた民は、大きな光を見た。死の陰の地に住んでいた者たちの上に光が照った。」(イザヤ9:と言い、イエスを「大きな光」と称しました。イエスはご自身が創造者として、被造物を肉の光を必要とするものとして造られただけでなく、霊的な光をも必要とするように造られたと信じます。特に創造主として主イエスは、この目に見える全宇宙とその中に住む生き物を人間のために造られたのですが、その人間こそ最も霊の光を必要とします。また、イエスご自身も「わたしは、世の光です。わたしに従う者は、決してやみの中を歩むことがなく、いのちの光を持つのです。」ヨハネ 8:12)と言われましたが、まさにイエス・キリストとはすべての人を照らすそのまことの光」(ヨハネ 1:9)としてお生まれになったのです。すなわち、神は真の霊の光が輝く光そのものです。ですから聖書には「神の栄光 glory of God」と言う言葉が数多く出て来ます。それと同時に、その神の輝く光を「見よ behold、 see 」という意味の言葉が旧・新約聖書を通じて、それこそ数えられない程、何千という回数使われています。これを知っただけでも、人間が光を見上げること、しかも「心の目がはっきり見えるようになる」(エペソ1:18)ことがいかに大切であるかがわかります。
 その良い例の一つが2コリント3:18です。そこにはわたしたちはみな、顔おおいなしに、主の栄光を鏡に映すようにつつ (beholding 栄光から栄光へと、主と同じ姿に変えられていく。これは(聖)なる主の働きによるのである。」【口語訳】と書かれています。ここで書かれている「栄光から栄光へと、主と同じ姿に変えられていく」の「変えられる」とは英語のトランスフォーム「変革される」という意味です。そして後に続く2コリント4:6では「『光が、やみの中から輝き出よ。』と言われた神は、私たちの(暗い)心を照らし、キリストの御顔にある(輝く)神の栄光を知る知識を輝かせて(与えて)くださったのです。」とあります。
 ここで私は、ルカ9:28で「・・イエスはペテロとヨハネとヤコブとを連れて、祈るために、山に登られた。祈っておられると、御顔の様子が変わり、御衣は白く光り輝いた。」と書かれているのを思い出します。いわゆる山上の変貌と言われるところです。イエスが祈られるとイエスの御顔が変わり、ものすごく輝き出しました。ここでの「変わる」という言葉は英語ではトランスフィギュアですが、原語では3:18のトランスフォームと同じmetamorphoo ですから同じ意味です。これは何を意味しているのでしょうか。
 そこでもう一つ思い出していただきたいことがあります。それは罪を犯す前のアダムとエバは裸であったにも関わらず、その身体は光り輝く光の衣を着ていたのが、罪を犯すと同時に彼らが裸であることに気が付いて神から隠れたことが創世記3:7−11に書かれています。ということは、山上で祈った時にイエスの御衣が光り輝き出したことと、罪を犯す前の裸のアダムとエバが着ていた「輝く光りの衣」と同じ状態であったことを、神は山上で祈るイエスの変貌(トランスフィギュア)を通して私たちに見せてくれたのであると思います。
 イエスは神でありながら、私たち人間と同じ人間としてこの世に生まれて来られ、人間として生きられ、しかも罪を犯さなかった。そして、私たちの罪を背負って十字架に付いて死なれ、甦って、永遠の命を持つ霊の身体に変わられるという模範を示されただけでなく、私たちがキリストを信じ、キリストと共に十字架につき、キリストと共に死に、キリスト共に蘇り、キリストと共に永遠の命で生きる、いや、キリストが私たちの中に生きていて、私たちは神の神殿であり、同時に私たちも天の神の右座にキリストと共に座して生きることを願っておられるのです。私たちはキリストのからだであり、一心同体となる花嫁です。
 ですから私たちが天を見上げて祈る時、キリストを心の目で見上げつつ、じっとキリストを見つめて時を過ごす時に、私たちはキリストの栄光から栄光へと変革され、私たちの内面がキリストに似た者へと変えられて行くのであると信じます。それはキリストが多くの時を父なる神を見上げ、見つめて時を過ごされたからであり、弟子たちは主にそのような父との親密な祈り方をどのようにすればよいのかを教えてもらいたいと願ったのです。
 ここで私は、私の著作「主を見つめて待つー霊に目覚め・神の声を聞く方法ー」で触れた「コンテンプレイテイブな祈り」の重要性 を改めて強調したいと思います。私は最近改めてこの祈りの必要なことを感じ、毎日実行していますが、この祈りによって私たちのうちにおられる聖霊の臨在をより身近に感じ、主と共に歩む助けとなっています。それと同時にこの祈りによって私たちの心・魂が栄光から栄光へと変えられ、私たちの内面が真にキリストに似た者に変えられることと共に、私たちが主からいただいたデステニーを正しく歩むための導きと力をいただけることへの確信を覚える次第です。
 最後に量子論と量子力学が、その基盤において、人間の見ることによって(科学者は観測と言いますが)、元来波長として流れる光子とか電子、その他の量子自体が個々に持つ「意識」に作用し、その量子の流れを見つめる人の心・思いに沿ってこの世のものに具体的に具象化、あるいは組み立てられ、造られて行くことが実験的に証明されていることは新年に改めてご紹介しさせていただきたいと思っておりますので、お祈りくだされば幸いです。
 それでは、どうぞ皆さま、新しい年に向かって主と、皆様方のグループ・ご家族と一層の親しいコイノニアの関係に入れますように、心からお祈りしております。(終り)

14 08月

二つの椅子     坂 達也        2018年8月14日


二 つ の 椅 子

                   坂  達 也

 

 

 私は最近両目が急に見ずらくなりました。実は4−5年前に医師から白内障の手術を受ける時が来たと言われていましたが、恐らく信仰で少し癒されてよくなっていたものが急に元の悪い状態以下に悪くなったと思われ、その手術を行いました。そしてその後、立て続けに痛風(左足親指付け根が痛み出す)から帯状疱疹(背中左側から左腕手首まで)に発展しました。どちらも主な原因がストレスにあり、いずれ過激な仕事をしていた若い頃やったものの再発です。そして未だ疱疹が治り切らない前に、突然急性一過性脳虚血と思われる発作が起き(これは脳梗塞の初期に起こる症状)急患で二日間入院してMRI検査等の結果でそれが分かりました。今は自宅で静養中ですが、更に精密検査を受けております。ということで現在は身体全体が弱っておりますが、少しずつ良くなっており、やっとコンピューターの前で作文ができるように回復しましたので、これを書かせていただいております。

 就きましては、最近たまたま私たちのミニストリーが始まった頃に季刊誌として書いていた「マウンテンパークだより」2001年秋号に私が書いた文章に目が止まりましたので、それを下記の通りご紹介させていただきます。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 私もクリスチャンになってからいつの間にか30年近く経ちました。しかし何年経ってもいつもハッとすることが一つあります。それは今の自分は信仰で生きているのかどうかという反省です。少々大げさに言えば、クリスチャンは常に一つの意思決定を迫られていると言えます。それは一瞬一瞬、自分の身分証明を要求されているようなものではないでしょうか。

 フランシス・シェフアー師の表現を借りれば、クリスチャンは常に二つの椅子のどちらかに座って生きていると言います。一つは信仰の椅子、もう一つは不信仰の椅子、すなわち古い肉のままの自分で生きている椅子、そのどちらかに座って生きています。そして一日何回椅子を変えようと、いつもどちらかの椅子に座っていて、中間とか両方の椅子のどちらかの椅子に同時に座っていることはあり得ないというのです。

 クリスチャンになった後も、私は長い間不信仰の椅子にどっかり座ったままで、一生懸命信仰で生きようとして来ました。別の言い方をすれば、古い自分をよくしようと努力していました。古い自分(自己中心の魂の部分)を懸命に殺そうともしていました。しかしパウロはこれは全く無駄なことであると言います。私は長い間のこの無駄な努力を重ねた結果、最近やっとその間違いが実感として分かって来たのです。

 クリスチャンの内には、死んだ筈ですが実はピンピン生きている「古い自分」と、生まれ変わった「全く新しい自分」という二人の人間が共存しています。信仰で生きるには、古い自分は無視して(臭いものには蓋をして)新しい主と共にボーンアゲインした自分で生きる(主と共に、というより主ご自身が生きてくださる)ーつまり椅子を変えるしかないということです。

 

 シェファー師は「不信仰の椅子に座ったままでクリスチャン生活を送ろうとすると、たとえどんなに大きな声で賛美をし、どんなに熱心に宣教活動しても、それはほとんど全て(主の御心ではなく)自分で考えた肉と魂の行いでしかない。そこでは自分が宇宙の中心に置かれていることに変わりはなく、その人のクリスチャンライフの全てが遊戯であり、その人がどんなに戦うふりをしても、その人は所詮「おもちゃの兵隊」でしかない、なぜなら霊の戦いは肉では闘えないので全く役に立たない兵隊であるからだ、と言っています。付け加えるならば、そういう人は、自分の論理から出た「頭のクリスチャン」でしかないと厳しく決めつけています。そして、「信仰から出ていないことはみな罪です。」(ロマ書14:23後半)を強調しています。「信仰がなくては神に喜ばれることはできない。」(ヘブル11:6)どころか、「信仰から出ていないことはみな罪」であるならクリスチャンにとってこれは大変なことではないでしょうか。

 

 最近久し振りにシェファー師の「True Spirituality] を読見返して見て、もう一度上記の信仰のあり方の秘訣を学んだことは大変有益でした。

 今朝も起きて直ぐ、自分は今信仰の椅子に座ることをはっきり決意したところ、いつものように早朝の「主を見上げて待つ」祈りに入るやいなや、主のすばらしい御臨在の中に飛び込んで行くことができ、喜びが溢れ始めました。又、日中車を運転していたときでしたが、はっと思い出して信仰の椅子に坐り直す意識を持った途端に、喜びと主への賛美が心の内に迸り出ました。ハレルヤ。

 

 ところで「信仰で生きる」とはどういうことでしょうか。簡単に言えば、「私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。・・・」(ガラテヤ2:20)を信仰で生きることです。少し難しくいえば、「自分のなるべき姿、約束されている身分と責任を今現実のものとして生きるということではないでしょうか。

 

 古い自分ではなく、新しく主と共に蘇った私たちは、神の神殿であり、神の御霊が中におられ、イエスキリストの全権大使としての権威と力を備えた神の世継ぎの一人であるという大変な身分なのですね。しかも神が自分の中に住んでおられるだけでなく、自分もキリストの中に住む、つまり父の右座にキリストと共に位置するという既に今、神の家族の一員であるという、これが私たちクリスチャンの身分証明書であることを、そしてその特権と責任を帯びた人間であることを忘れてはならないと思います。

 ということで皆さまも、この辺りでぜひ一度ご自分の信仰の生き方をチェックされることをお勧め致します。 【以上で2001年文章を終わります】

 

 

私に今起こっていることの意味

 

 上記に書いた文章に照らし合わせて、私の身体に今起こっていることが何を意味するかは明らかです。そしてこの現実が神からの厳粛かつ重要なメッセージを意味することに気付き、心から反省するに至りました。

 実は上記の文章を書いた2年後の2003年春に、私は最初の拙本「主を見つめて待つー霊に目覚め・神の声を聞く方法」の初版を出版しました。この本をお読みいただいた方なら、この「主を見つめて待つ」が上記の文章「二つの椅子」の内容に基づいたテーマを中心として書かれていることにお気付きになられると思います。そうであるとすれば、明らかに私は、自分自身の書いた「クリスチャンの目標」に沿った「信仰の椅子に座った生き方」が15年後の今、出来ていないが故に、疲れ果てた瀕死の病人になったことにお気付きになるはずです。すなわち、正直に申し上げて、私自身が提唱しながら、その生き方がいかに難しいか、私自身が見事な失敗の見本でもあることが一目瞭然です。それを主から今回気付かされ、身を低くし自分の至らなさを悔い改めております。お赦しください。

 

 しかしその主が、私を今回主にあって蘇らせくださる約束を私ははっきりと信仰で受け取りました。

 

 就いては、最近私たち夫婦が送ったお見舞い状に対しご返事をいただいたヘンリー・グルーバー先生からの貴重な励ましをいただいたことを付記させていただきます。その励ましとは下記の4つのみ言葉でした。(但しヘンリー師には私が今このような状態になったことを知らせてはいませんので、ご自身に起こった今回の奇跡的な癒しに対するご自身の見解を書かれたものです。)

 

1ペテロ5:8−11 「身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、食い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています。堅く信仰に立って、この悪魔に立ち向かいなさい。ご承知のように、世にあるあなたがたの兄弟である人々は同じ苦しみを通って来たのです。あらゆる恵みに満ちた神、すなわち、あなたがたをキリストにあってその永遠の栄光の中に招き入れてくださった神ご自身が、あなたがたをしばらくの苦しみのあとで完全にし、堅く立たせ、強くし、不動の者としてくださいます。どうか、神のご支配が世々限りなくありますように。アーメン。」

 

Ⅲヨハ1:2ー3  「愛する者よ。あなたが、たましいに幸いを得ているようにすべての点でも幸いを得、また健康であるように祈ります。兄弟たちがやって来ては、あなたが真理に歩んでいるその真実を証言してくれるので、私は非常に喜んでいます。」

 

ヘブル11:25 ー27 「罪の楽しみを受けるよりは、むしろ神の民とともに苦しむことを選び取りました。 彼は、キリストのゆえに受けるそしりを、エジプトの宝にまさる大きな富と思いました。彼は報いとして与えられるものから目を離さなかったのです。信仰によって、彼は、王の怒りを恐れないで、エジプトを立ち去りました。目に見えない方を見るようにして、忍び通したからです。」

 

ロマ 8:18 ー39「今の時のいろいろの苦しみは、将来私たちに啓示されようとしている栄光に比べれば、取るに足りないものと私は考えます。被造物も、切実な思いで神の子どもたちの現れを待ち望んでいるのです。それは、被造物が虚無に服したのが自分の意志ではなく、服従させた方によるのであって、望みがあるからです。被造物自体も、滅びの束縛から解放され、神の子どもたちの栄光の自由の中に入れられます。・・・そればかりでなく、御霊の初穂をいただいている私たち自身も、心の中でうめきながら、子にしていただくこと、すなわち、私たちのからだの贖われることを待ち望んでいます。私たちは、この望みによって救われているのです。・・私たちは、忍耐をもって熱心に待ちます。 御霊も同じようにして、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、どのように祈ったらよいかわからないのですが、御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます。・・・神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。なぜなら、神は、あらかじめ知っておられる人々を、御子のかたちと同じ姿にあらかじめ定められたからです。それは、御子が多くの兄弟たちの中で長子となられるためです。神はあらかじめ定めた人々をさらに召し、召した人々をさらに義と認め、義と認めた人々にはさらに栄光をお与えになりました。では、これらのことからどう言えるでしょう。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。私たちすべてのために、ご自分の御子をさえ惜しまずに死に渡された方が、どうして、御子といっしょにすべてのものを、私たちに恵んでくださらないことがありましょう。神に選ばれた人々を訴えるのはだれですか。神が義と認めてくださるのです。罪に定めようとするのはだれですか。死んでくださった方、いや、よみがえられた方であるキリスト・イエスが、神の右の座に着き、私たちのためにとりなしていてくださるのです。私たちをキリストの愛から引き離すのはだれですか。患難ですか、苦しみですか、迫害ですか、飢えですか、裸ですか、危険ですか、剣ですか。「あなたのために、私たちは一日中、死に定められている。私たちは、ほふられる羊とみなされた。」と書いてあるとおりです。しかし、私たちは、私たちを愛してくださった方によって、これらすべてのことの中にあっても、圧倒的な勝利者となるのです。 私はこう確信しています。死も、いのちも、御使いも、権威ある者も、今あるものも、後に来るものも、力ある者も、高さも、深さも、そのほかのどんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません。」

 

 ヘンリーグルーバー師は、今までに少なくとも3度の死の苦しみに会いましたが、今回主が彼を3度目の奇跡的「蘇り」の経験を下さったと最近のビデオで証しています。

 私たちは1995年に神のご計画によってグルーバーご夫妻と出会い、日本の愛知県におられる安田先生ご夫妻の招きによって泉の森の開所式に参りました。それ以来ヘンリーグルーバー師は毎年2回か3回、この23年間欠かさず日本を訪れて下さった大変な主の器です。私たちは最初の10年間師にお供し、後は森明先生にバトンタッチして現在に至っております。(加えて、沖縄にも別途毎年欠かさず訪問されています。)

 

 グルーバー師の言われていることは、私たちクリスチャンで「主に選ばれた者」とは、主と同じ十字架の苦しみを受けて培われる「霊的訓練」を何度転んでも起き上がり忍耐を持って「死ぬまで」あるいは「主の再臨まで」喜んで走り続ける者の姿ーそれを言えば、上記のみ言葉はみな、キリストの「使徒」たちが綴った「自分の十字架を担いで主の後を追う」実際の姿を血の涙で綴ったものです。

 

 実は「真の救いー永遠の命」とは、それ程尊く価値のあるものであることを、私たち自身が、後から主に従ってついて来る後輩の「求道者」に見せて励まし伝えねばならないと思うのです。それが福音でなくて何でしょうか。

 

 私にとっては、それが2コリント3:18に書かれている「私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、鏡のように主の栄光を反映させながら、栄光から栄光へと主と同じかたちに姿を帰られて行きます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。」 の御言葉の意味するところであると信じます。(終わり)


25 06月

先々週の「サイラス・トランプ」で見落としていましたので追補します 坂 達也


サイラス・トランプ(45代アメリカ大統領)はイザヤ書45:1に、その前から続く文章の、前章の44:28で「わたしはクロス(サイラス)に向かっては、『わたしの牧者、わたしの望む事をみな成し遂げる。』と言う。エルサレムに向かっては、『再建される。神殿は、その基が据えられる。』と言う。」と書かれていることが、世界が驚く中で(闇雲に)トランプ大統領が既にアメリカの大使館をエルサレムに移したことによって、サイラス王と同じ事をしていますからトランプがクロス王の再現という「預言の成就」が既に為されていると思われる事を追記します。それと45:13(お読み下さい)も、トランプ大統領がイスラエルとエルサレムを強力にサポートすることが書かれていますが、これもこれから実現することが期待されます。以上です。


12 06月

トランプ大統領と金北朝鮮主席との最初の会談が終わって        坂  達 也  2018年6月13日


トランプ大統領と金北朝鮮主席との最初の会談が終わって

 

                 坂  達 也

 

 

待ちに待った日がやって来ました。特にこの会談が、その数日前に行われたカナダでのG7会議を途中で退席してシンガポールに向かったトランプ大統領だけに、これほど世界中から誹謗、批判と疑いの目で迎えられた会談は世界の歴史の中でも珍しいと思います。G7では、トランプ氏はまさに世界一の大悪人というレッテルが貼られました。特にアメリカで大きく報道されたニュースでは、会議の最後の方で興奮してトランプ氏に詰め寄り囲んだ6人の元首たち、特にドイツのメルケル首相がトランプ氏に厳しく詰問する姿は異例の事態でした。

 

さて、シンガポールの会談で話合われたことの内容は、正式の声明文が発表されていますので、要旨を私が申し上げるまでもありません。そこで、会談が終わった後で、トランプ大統領が会場の外に出て来たところを最初に捉えた元フォックスニュースにいて、今はボイス オブ アメリカの記者をしているグレタさんが行った記者会見の内容をかいつまんでお話ししたいと思います。尚、この会見報道を知ったのは、フランクリングラハム師がフェイスブックに載せていたからです。このグレタさんという記者は、大統領と長年親しくインタビューして来た間柄で、特に北朝鮮の事情に詳しく、恐らくグラハム師と同じ程私も全幅の信頼が置ける、久し振りに画面で会った懐かしい方です。以下がその要旨です。

 

1)トランプ氏の金正恩氏に対する印象は?=確かに金氏はタフで荒っぽい男であることは歴史が証明している。しかし会って分かったことは、彼は頭が良く、しかも有能な交渉相手であること、そして非常に親しみの持てるファニーな人で、彼は自国の国民をとても愛していることがよく分かった。また、彼の方こそ、私がどんな人間であるかを知りたかったと思う。私が北朝鮮とその国民を愛していることを知って安心したのではないか。お互いに気心が合う相手であることを確認できて非常によかった。I like him. He likes me. それが先に分かり合えたのでこれからの交渉は順調に早く進むはずだ。

2)今回の初めての出会いで、私が彼に最後通牒を厳しく突き付けて詰めよらなかったのは間違いであったと批判する人は多いようだ。しかし、交渉ごとはあくまでビジネスであり、私たちは朝鮮半島の完全非核化が全ての前提であることを、お互いに理解し、それに合意し、今回は直接会ってそれを再確認した。考慮して欲しいことは、既に3ヶ月近い時間を掛け、具体的な項目で徹底的にビジネスライクに打ち合わせて来た結果、お互いの望むことは十分把握しているというのが事実であること。今回の会談で90%の時間は全面的非核武装の話に費やされた。

今までのアメリカの大統領たちは趣旨についての暗黙の了解だけをしたが具体的な話を(ビジネスマンらしく)しないで終わって来たからうまくゆかなかった。

 

(注:ここで別な話ですが、アメリカのNBAプロバスケットボールのロッドマンという選手がいて、金氏が彼のフアンです。そこで彼は何回も北朝鮮に招待されて金氏とは親しい仲です。そのロッドマン氏は今回もこの会議場に来ていました。その彼が昨日声明文を出し「もしオバマ大統領が今回と同じように交渉していれば、今回と同じ結果を得ていたと私は確信する」と語っています。)

 

3)私が何十万人というアメリカの兵隊が過去に戦死していること、その遺族が遺骨を極力見つけて欲しいという願いをずっと持って来た事実を話し合った。

 

4)北朝鮮に対する経済制裁は引き続き続行する。また、韓国から米国軍の撤退を要求する話は出なかったし、しなかった。

 (以上はトランプ大統領のインタビューで、これ以降は私の意見です。)

 

私は上記4においてトランプ大統領の聡明さを見ます。なぜなら、軍事訓練は少し控えるとトランプ大統領は言いましたが、彼は今後も経済制裁を続ける意向を変えていません。そうである以上、制裁によって目下経済的に最大限に困っている北朝鮮側は、世界が承知する非核化交渉を遅らせる余裕は全くないことをトランプ大統領はよく承知しているからです。

 

私は前にも再三強調しましたが、トランプ大統領は政治家ではなく、海千山千のワンマンのビジネスマンです。その交渉の仕方は、時にはドスを効かせたり、威嚇したりと言う、人に嫌われるようなやり方をするかもしれませんが、言ったことは実行する人です。それよりも何よりも、彼にとって今は、国民に約束したことは何としてでも果たす=「アメリカ第一」の考え方に徹していることです。

それと同時に、トランプ大統領は、彼以前の二、三代のアメリカの大統領が自国のことを真剣には考えずに無責任な外交をして来た結果残したツケを何とかして是正することを最重要に考えている人でもあることです。それがG7の会議で如実に表れていました。寄ってたかって彼を非難する人たちに向かって、彼は、それならいっそ、関税を全廃にしようと言いました。特にカナダとか中国がアメリカに対して物によっては物凄い高い関税を掛けていることを知って私は驚きました。

従って彼の見方とかやり方は、アメリカの政治家やメディアには全く理解されていないことが今回もよく分かりました。又、日本の政治家やメディアも全く理解していないことも分かりました。特にC N Nのようなリベラルな情報を頼りにしている日本のメディアがトランプ氏を到底理解できないのは当然であると思いました。

 

しかもトランプ大統領は、交渉は厳しくても心は真っ直ぐで正直、その一方で思いやりも十分に持っている人です。ですから、彼は金氏がシンガポール辺りまでのこのこ出て来て、どれほど人を恐れ、信用していないかがよく見えたと思います。金氏が求めているのは本当に安心して頼れる相手ではないでしょうか。それに気がつかないトランプ氏ではない、非核化交渉を短期に成功させるためには、金氏を威圧的に早くやれと脅すよりも、むしろ最初にトランプ氏が彼を暖かく迎い入れることによって、彼の立場を保証し国に対しても十分な経済援助をすると約束するトランプ大統領の意向をいち早く金氏が信用できるように励ます態度を取ることこそ「急がば回れの上策」であると考えていると私は見ました。

第一、北朝鮮は敗戦国ではないのです。対等の独立国であることに十分配慮して交渉するのは当然です。それによって金氏が逆に、中国、ロシヤ、イラン等の国々こそ、本当には信頼できない相手であることを分ってもらえ可能性も十分にあると思います。

但し、これから中国、ロシア、イラン等が、北朝鮮に大きく干渉してくることが十分考えられことが懸念されます。

 

次に申し上げたいことは、トランプ氏がクリスチャンになって、その信仰が成長して来ていると言う事実です。それが先日ホワイトハウスで行われた祈祷会でよく分かりました。彼はまるでミショナリーか説教者のように振舞って人々を驚かせ、私も感銘を受けました。最近のアメリカの歴代大統領ではそのような人はおりません。トランプ氏が本物のクリスチャンであること(多少粗野な言語は別にして)を無視しては、もはや彼の行動は理解できないと私は確信します。

 

北朝鮮にリバイバルが来ることが祈られた

 

下記の情報はランスウオールナウ師のフェイスブックから引用したものですが、金氏のひいお爺さんはクリスチャンであったそうです。それはちょうど1904年に英国ウエールス地方で起こったエバンロバーツ師による大リバイバルの後に、その世界的なリバイバルの波が北朝鮮にも波及した結果、今の北朝鮮の首都であるPyongYoung 平壌に大きなリバイバルが起きました。当時平壌は「東洋のエルサレム」と呼ばれる程のクリスチャン都市となり、250万人の人口の20%がクリスチャンになり、今でもクリスチャンの人口比率は日本より高いのではないでしょうか。

ついては、このシンガポールでの会談に先立って、シンガポールの主要なクリスチャンリーダーたちが呼び掛けて、何千人ものとりなし手による祈りが集結された結果、金氏の上に重くのし掛かっている闇の力の呪いを打ち破ることができたそうです。そしてその打ち破りが起こった時に、すかさず金氏が彼のひいお爺さん(たち、すなわち当時のクリスチャンたち)に霊的に整列されるように祈ったそうです。

従ってこのトランプ/金会談を機に、これから北朝鮮にリバイバルが送ることを多くの人たちが祈っていると言いますから、日本の皆様もぜひお祈りください。私は北朝鮮にこそ主はリバイバルを起こされても全く不思議はないと信じます。

 

又、(預言者である)ウオールナウ師は、「ドナルド」トランプ大統領と一時代前の「ロナルド」レーガン大統領には、天から同じ御使いが送られていると言います。レーガン大統領は当時の東ドイツと西ドイツを分けていた「ベルリンの壁」が壊され時の大統領で、当時ソビエトの大統領はゴルバチョフ氏でした。しかも、レーガン氏が思い切って「ゴルバチェフ氏よ、壁を壊わせ!」と要求した日は1989年6月12日であり、又今回、北朝鮮と韓国の壁が壊されるべくトランプ大統領と金代表が会談したのも6月12日であったのです。

 

最後に申し上げますが、ウオールナウ師はトランプ大統領を「サイラス(クロス)トランプ」と呼んでいます。それはイザヤ書45:1−2を引用して、主から、トランプ氏が神に召されてアメリカの大統領になるという預言を受けたからです。その他にも私の知っている限り十人近くの人がトランプ氏に対し同じような預言を受けております。ご参考までにイザヤ書45:1− 2に「主は油注がれた者クロスに、こう仰せられた。『わたしは彼の右手を握り、彼の前に諸国を下らせ、王たちの腰の帯を解き、彼の前に扉を開いて、その門を閉じさせないようにする。私はあなたの前に進んで、険しい地を平らにし、青銅のとびらを打ち砕き、鉄のかんぬきをへし折る。』」と書かれていることをご紹介します。(終わり)


27 02月

ビリー・グラハムの死が世界に大リバイバルをもたらす       坂   達 也      2018年2月27日


リバイバルがやって来る!誰がその火を点け、

     誰がその実となる未信者を導くのか (その三)

 

ビリー・グラハムの死が世界に大リバイバルをもたらす

 

               坂   達 也

 

 

ビリー・グラハム師が99歳で天に召されました。彼は生涯を通じて、2億1千5百万人の観衆に向かってゴスペルを語り、それにラジオとテレビの聴衆を加えれば、その総数は少なくとも220億の人たちが彼の福音のメッセージを聴いたと云われ、そして、その内少なくとも3億2千万人の人が救われたと云われます。人間の歴史において、未だかってこれ程の宣教活動をした人はいません。

 そのグラハム師が云われた言葉の中で、私が最も学ぶべき感銘した言葉を一つ挙げるとすれば、師が「エヴァンジェリストとして成功する秘訣は、もっと多くの時間を聖書の学びと祈りに費やすことである。」と云われた言葉です。

 

ついては多くの預言者が、神から彼に対する預言をいただいています。今回そのうちの二人の預言をご紹介します。

最初に、オーストラリヤの預言者ラナ・バウサーLana Vawser 師の預言ですが、彼女は、主が、二年前の約二ヶ月の間、断続的に、ビリーグラハム師に関する預言的な夢を見せてくださったと云い、その冒頭で、先ずビリー・グラハム師個人の家庭での生活の様子をビジョンで見たと証ししております。

 

 

1)ラナ・バウサーLana Vawser 師の預言

 

私は夢の中で、ビリーグラハム師が天に召される時が来たら、エリシャがエリヤに願った「エリヤの二倍の霊の油注ぎ」(2列王記2:9)を地に解き放つと主が云われるのを聞きました。エリシャのミニストリーとは、めざましいしるしと奇跡、そして顕著な預言的宣言と命令に満ちたものでした。この「天からの布告」は夢の中で二度与えられたので、それが「証しすべき天命」であると私は受取りました。そしてその瞬間、私の回りの大気に電気が走りみなぎるのを感じたのです。それは聖霊による力であり、聖霊が一つの時代が終り、次の新しい時代の始まり(ニュービギニング)を告げる——その時代とは、人間の歴史始って以来最高の霊の働きによる「最大のハーベスト」の時に入ることを意味します。

 

ビリーグラハムの死は、イエス・キリストの福音に対する「師の油注ぎ」がこれからの時代の働き人全体に大きく注がれることを象徴します。それは霊に満たされたビリーグラハム師の口からほとばしり出た、純粋にして美しく、且つ単純でストレートなメッセージにこそ力があり、それが今の時代に最も必要な「霊の覚醒 great awakening 」をもたらすと確信します。その覚醒はエバンジェリストだけではなく、すべてのクリスチャン信仰を持つ者の心に宣教の火を点けるものであるのです。

彼の死が、これから収穫にたずさわる人たちに、油注がれた収穫のマントを着せ、大きな霊的シフトを地上のあらゆる場所にもたらします。そのシフトは既に始っていて、これからどんどん加速されて行きます。それに従って神の栄光の輝きが目に見えて増して行くでしょう。

キリストにあっての義と真実の実、それに神の愛の炎が益々増し加えられ、既に救われた人たちの多くが、主イエスに遭遇する経験をし、初めて救いの真のゴスペルに触れたかのように、改めて救われる経験をもう一度するでしょう。

 

多くの人たちが預言のマントをいただいて、主がされておられることをビジョンを通して霊の目で見る能力と油注ぎが増し加えられます。それはエリシャが若い従者の目を開いて、見えるようにしてくださいと主に祈ったようにです。(2列王記6:17)それが倍増する油注ぎがいただけるのです。そして主から御ことばをいただき預言することによって、天で行われていることを地で行う、そのための主のやり方を知り、宣言し、人に教える、そうすることによって癒しを含む多くの回復の奇跡とか realignment 再調整、再配列、その他考えられないような神の力を発揮することができるようになります。

 

私たちがビリーグラハム師の死後、彼がそうであったように、師のきよい、へりくだった、誠実で愛に溢れ、すべてを主に委ねる生き方を踏襲するように主から示されました。それがビリー・グラハムの神聖さとへりくだりのマントと云えます。そして、主は最後の収穫の時に私たちが最も注意すべきことは、プライドと傲慢さを持たないこと、そして恐れないことであると強調されました。すなわち、最も重要なことは、私たち自身のしたいことのアジェンダとか、自分たちの考えで刈入れの仕事を行わないことです。私たちが主ご自身の考えとやり方ですべてのことを行うことに徹して初めて、最後の大収穫と聖霊のムーブメントになります。(以上でラナ・バウサー師の預言終り。)

 

次に、ランス・ウオールナー師の預言をご紹介します。師は先ず、2006年に預言したキム・クレメント師の預言のことばと、その後で、同じ2006年にベニーヒン師とマーク・シュロナ師がそれぞれ預言し合ったテープの録画を紹介します。この三人の預言は、前に紹介したラナ・バウサー師の預言とほぼ同じであり、どちらもビリー・グラハム師が死ぬ日に、エリヤのマントが弟子のエリシャに渡されたと同じように、ビリー・グラハムのマントが地に解き放たれることを預言し、それが次の世代に大きな影響を与えることを預言しました。その後でウオールナー師が、キム師とベニーヒン師/シユロナ師の預言の解釈という形で、ウオールナー師自身の預言的考えを次のように説明します。以降はウオールナー師のメッセージです。

 

 

2)ランス・ウオールナー師の預言のことば

 

ビリー・グラハム師は、エリヤのような偉大な聖人が天に召されたとき、エリヤのマントがエリシャの上に落ちたように、天に召される日にビリー・グラハムのマントが地に解き放たれます。そのマントは、それ迄神によって隠され、長い間霊的訓練を受けて来た一団のクリスチャンの上に落ちるのです。そしてそのマントを纏った彼らがヨルダン川を渡ります。

ビリーグラハムは確かに神から特別に与えられたマントを持った人でした。世界185の国々を廻って宣教し、彼程アメリカの歴代大統領を含む世界の多くの国家元首と政治家に会って、個人的に神を説き、交わりを持ったエヴァンジェリストは他にいません。まさに彼は「国政のエヴァンジェリスト」というにふさわしい人です。

世界には、GDP順にいって1位アメリカ合衆国が22兆ドル、次はその半分の中国で11兆、3位は日本の4.8兆ドル、4位ドイツ3.4兆、5位英国2.5兆ドルと大国が続く中で、1兆ドル以下の小国が170カ国もあります。そこで神はトランプ大統領を起し、圧倒的世界一の経済国であるアメリカの地位を維持させるとともに、世界に台頭する悪魔の配下にいるグローバリストたちを抑える役目を果たさせるのです。

トランプ大統領は、既に自分が公にクリスチャン信仰を持っていることと、イスラエルと世界のクリスチャン国を助けることを約束しております。そしてイスラエルの首都はエルサレムであることを世界に向かって宣告しただけでなく、アメリカは大使館をエルサレムに移すことを前倒しでこの5月に実行すると最近発表しました。

それと時を同じくしてビリー・グラハムの死を期して、彼のマントを着た真の神の宣教の精鋭軍団が世界中で起こされますが、それは既成のクリスチャン教団教派が大きくなったのではなく、むしろ個人として世界中に立ち上がり、神によって世界に解き放たれる人たちであり、この人たちによって世界中にリバイバルが起こされます。

今はその時に入ったのです。サイラス(クロス王)の再来といわれるトランプ大統領(訳者注:これはウオールナー師自身が以前に主からいただいた預言です)が今後世界の政治家に協力を呼びかけ、世界中に宣教のための大競技場を提供させる等の便宜を図る一方で、ビリー・グラハムのマントを着た多くの若い宣教の精鋭たちが世界中に起こされ、出て行きます。その人たちとは、今30歳前後のミネリアムと云われる世代の若い人たちが中心です。その人たちの多くは、ごく普通のクリスチャンであって、単にリバイバルという個人の「魂の救い」だけに携わるだけでなく、むしろ、グラハム師のマントが世界の政治家に関わったように、地に御国を建ち上げるという主の本来のご計画に沿った、国家 nations という単位で、国そのものを大きく改革することが最終的な目的であり、デスティニーであるということにご注目ください。

従ってこの若者中心のリフォーマーたちが、国の政治経済、工芸文化、芸術からメデイア関係に至る迄のあらゆる分野に進出し、天から前代未聞の全く新しい創造的なアイデアと知恵をいただきながら必要な奇跡を起こすのです。こうして170カ国の小国に宣教が押し進められ、世界全体に終末の大収穫がもたらされるというのが主の御心です。(ウオルナー師のメッセーメッセージ終わる。)

 

========

 

以上、私はビリー・グラハム師の死を迎えるに当っての画期的な預言を二、三ご紹介しましたが、もう一つ上記のウオールナー師のメッセージに付け加えるとすれば、彼はメッセージの途中で、晩年のビリー・グラハム師自身が自分がしたことを顧みて述懐しているビデオテープを紹介したことです。その中でグラハム師は自分が語って来たことを一言でいえば十字架のメッセージであることを強調しておられたことが印象に残りました。

 

さて最後にお伝えさせていただきたいことがあります。それは昨日トランプ大統領からの発表があり、この2月28日と3月1日の二日間、ビリー・グラハム師の遺体がワシントンDC米国議会議事堂のキャピタル・ロタンダといわれる大ドームの下に運ばれ、師の特別の功労を称えるべく(国葬に準ずる)特別に安置され一般の人々に公開されます。その後の3月2日にビリー・グラハム師の生誕の地ノースカロライナ州シャーロット市にある師の記念図書館にて告別の葬儀が行われ、それに大統領が出席します。その後で遺体はその地に埋葬されることになったようです。

 ところで、シャーロット市といえば、同じ町に「スーパーナチュラル」ミニストリーでおなじみのシッド・ロス師の住まいとミニストリーの本拠地があります。また、そこからそれ程遠くないところにリック・ジョイナー師の本拠地もあります。ロス師は昨日の放映で、このビリー・グラハム図書館をぜひ訪問することを奨めるとともに、この図書館内には一つの樹を切り倒した古い根株があることを紹介しました。

それは昔グラハム師がバイブル・カレッジに在学中の或る夜、自分の信仰に疑いが起きた時、この切り株に聖書を持ってひざまずき、必死の思いで主に「私は主のみ言葉が書かれているこの本をよく理解できません。しかし今夜、私は主に向かって、この本に書かれているすべての言葉を信じます。」と泣きながら決意の宣誓をし、その信仰の告白と嘆願が本日のグラハム師の偉業を築き上げたと書かれているそうです。すばらしいではありませんか。ビリー・グラハム師は数日後に、この切り株のあるご自分の出発点とも云える記念図書館に帰って来て埋葬されるというのです。この場所は彼の肉の生家としての出発点であるとともに、この世で主からいただいたデスティニーを成し遂げて帰って来た地であるとも云えましょう。誠に神のなさることは何と奇しくすばらしいではありませんか。ハレルヤ!(終り)


 Page 2 of 32 « 1  2  3  4  5 » ...  Last »